ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

ヴィラブリゾートの口コミ・宿泊記

5位

ヴィラブリゾート

〒906-0503 沖縄県宮古島市伊良部伊良部817
5位/49件中 - 宮古島のホテル
ヴィラブリゾート
〒906-0503 沖縄県宮古島市伊良部伊良部817
TEL: 0980-78-6777
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.3 に投稿 獲得票数:6 投稿者: ranran
2017年3月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
伊良部島の海景色、プライベートプールを心ゆくまで満喫できる上質ヴィラ

2015年1月末に開通した全長約3.5キロの伊良部大橋で宮古島とつながる伊良部島。その静かな海辺に広がる県立自然公園内の敷地6000平米に、独立タイプのヴィラ6棟のみが点々と並ぶプライベート感の高いリゾートです。それぞれのヴィラにはウッドデッキ、専用プール、デイベッド付きの東屋があり、各棟の専有面積は330平米と贅沢な空間が広がっています。

3月下旬の金曜日に一人で宿泊しました。宿泊予約サイトの「直前割/室数・期間限定50%offラグジュアリープラン」を利用し、1泊朝食付、チェックイン14時〜/チェックアウト11時の内容で46200円(税サ込)でした。

当日は宮古島からレンタカーを利用して向かいましたが、ナビが示す地点を通過してもそれらしい建物が見つからず、何度か行き来をしました。よくよく気をつけて探したところ、沿道の下の方に「Villabu resort」と書かれた小さな看板が置かれており、奥の緑の垣根の上に赤瓦の屋根が少しだけ顔を出し並んでいるのが見えました。

車を進めると中からご案内の方がいらしてこちらの名前を確認の上、荷物を出してくださり、車はバレーパーキングの対応でした。フロントロビーとレストランのあるメイン棟へ案内され、ウェルカムドリンクをいただきながらチェックインをしました。アイスティーには香り高いレモングラスの葉がマドラーがわりに入っており、添えてあった半切りのシークワーサーは種が落ちないようにとガーゼで巻くなど、細やかなおもてなしの心が感じられました。

メイン棟から続く白砂の小道に並ぶ1番から6番のヴィラのうち、宿泊したのは最も奥に位置する6番の棟でした。ヴィラ建物の周囲は高い塀に囲まれている上、専用の門扉が設けられているため、小道から中の様子は一切見えません。客室は40平米の「ヴィラツイン」タイプで、玄関で靴を脱ぎスリッパに履き替えて上がるようになっています。高い天井にシーリングファンが回る南国らしい室内、大きな開口部からはプールや一面に広がる水平線を見渡すことができ、開放感に溢れた空間です。

室内中央にはセミダブルベッド2台とベッドサイドテーブルが配され、奥の壁一面を占める長いカウンターデスクのキャビネットには、ミニバー、金庫、テレビ、冷蔵庫などがまとめて収納されています。他の家具はラタンのテーブルとチェアセット、チェスト1台があるのみです。家具間のスペースがゆったりと取られており眺望も広がっているため、実際の面積40平米よりもかなり広く感じられました。

テレビは通常は扉付きのキャビネットの中に納められていますが、客室へご案内をいただいた際に希望を尋ねられ、上に設置していただきました。DVDプレーヤーのほかソフトのリストも置かれており、フロントに連絡をすると届けてくださいます。

冷蔵庫にはミネラルウォーター、お茶、ビールなどが入っており、すべて無料でいただけます。アイスペール入りの氷もあります。ミニバーには有料のウイスキーや泡盛などがありますが、ミニボトルではなく通常サイズのものが置かれているのは珍しいと思いました。

テーブル上には沖縄のお菓子が用意されているほか、ウェルカムフルーツを好きな時間にお願いできます。都合のよい時にフロントへ連絡をすると、よく冷えた切り立てフルーツの盛り合わせを届けてくださいます。

主室の隣にあるバスルームも明るく広々としており、仕切りのない空間に洗面ボウルが2つあるパウダーコーナー、トイレ、バスタブ、シャワーがゆとりを持って配されています。外部からの視線を排除しプライバシーを大切にと設計された模様で、海を望む窓やバスタブ横の大窓など、どれも目隠しがありませんが不安には感じませんでした。

アメニティは基本的なブラシ類の他、シャンプーなどはロクシタンのミニボトルや石鹸のシリーズがありました。珍しいところでは、ティーキャンドルとマッチ、バスタブ脇には陶器に入れられたバスソルトが置かれていました。

部屋前のテラスにはウッドデッキ、パラソル&サンベッド、デイベッド付きの東屋、5.5m×2.5m水深1.4mのプールがあります。アウトドアのスペースがかなり広く、さまざまな場所に移動しながら読書をしたり、海を眺めたりとのんびりできました。ただひとつ残念だったのは、シーズンオフのためなのかプールの掃除がされておらず、ゴミが浮きアメンボが多数泳いでいて水に浸かることが躊躇われたことでした。この時期は遊泳禁止なのか、通常でこの状態なのかはご案内がなかったため不明ですが、プール付きとうたっている以上は通年で管理が必要かと思われました。

朝食はメイン棟のレストランで「琉球定食」をいただきました。数種類から飲み物を選ぶほか、ごはんかおかゆかの選択ができます。焼きたてのグルクン塩焼き、もずく酢、海ぶどうやゴーヤー入りのサラダ、ジーマミー豆腐、ポーク玉子、ゆし豆腐などどれも素朴ですが素材もよく美味しい朝食に満足しました。レストランではディナー営業もしているほか、ルームサービスも行っています。

レストラン前の道を下っていくとプライベートビーチが広がっています。静かな白砂の浜で景観も美しく、6棟のゲストのみのための贅沢なビーチです。宿ではシュノーケリングセットや釣り竿の貸出しをしているほか、他のビーチへの送迎サービスもあります。

スタッフの皆さんはどなたも丁寧で親身にお世話をしてくださいました。客室への案内時の設備等や食事内容のご説明なども細やかでした。フルーツをお願いした時には届けにくる前にもその旨のお知らせ電話があり、朝のチェックアウト前には荷物運びのお手伝いが必要かどうかのご連絡もありました。

目の前の海景色を独占し、夕陽を眺めて過ごすのは気持ちの良いものでした。夜間にテラスへ出てみると、聞こえてくるのは波の音のみ、感じられるのは浜風、見えてくるのはドーム状の満天の星でした。私にとっては心底リラックスして過ごせた極上のリゾートでしたが、エンターテインメントや夜遊びを求める方、静かすぎる場所が苦手な方などには向かないかもしれません。

接客対応

スタッフの皆さんはどなたも丁寧で親身にお世話をしてくださいました。客室への案内時の設備等や食事内容のご説明なども細やかでした。

清潔感

客室、パブリックスペースとも清掃はよくされていましたが、プールが汚いのは残念でした。

客室

高い天井にシーリングファンが回る南国らしい室内、大きな開口部からはプールや一面に広がる水平線を見渡すことができ、開放感に溢れた空間です。

食事

どの品も素朴ですが、素材もよく美味しい朝食に満足しました。

コスパ

今回は50%オフのプランで破格でしたが、通常料金でもコスパは悪くないと思われます。

立地

県立自然公園内にあり目の前に水平線が広がり、プライベートビーチもついた素晴らしい立地です。周囲にはこれといったものがなく静かなのも魅力的でした。

備考・アドバイス

ナビを頼りに向かいましたが、なかなか場所を見つけられませんでした。暗くなってから到着される場合はさらに探すのが大変そうに思われます。あらかじめ宿に連絡し相談をするなどされた方が良いかもしれません。

伊良部島へ渡ってしまうと商店などがあまりありません。必要な物は宮古島で調達してから行かれることをおすすめします。

リゾートの看板リゾートの看板メイン棟ロビーロビーロビーロビーウェルカムドリンクメイン棟レストランのテラスメイン棟レストランのテラスメイン棟レストラン客室棟へ続く白砂の小道ヴィラ6番への小道6番ヴィラ外観6番ヴィラ敷地への入口6番ヴィラ門扉6番ヴィラ玄関前玄関玄関内、クローゼットクローゼットテレビが入っているキャビネットお願いすると上に設置してくださいますプライベートプールと東屋プライベートプールと東屋客室専用テラス客室専用テラス(東屋)客室専用テラス(東屋)客室専用テラス(東屋)にてウェルカムフルーツ 客室専用テラス(東屋)にて客室専用テラス(東屋)にてプライベートプールとヴィラプライベートプール客室専用テラス客室専用テラス客室専用テラスヴィラ外観ヴィラ外観夕景のプライベートプールバスルーム入口バスルーム窓からの眺めトイレとバスタブ開口部が多く明るいバスルームバスソルトバスタブとシャワーコーナーレストランレストランレストランレストランからの眺め琉球朝食琉球朝食(もずく酢)琉球朝食(グルクン塩焼き)琉球朝食(香物、ポーク玉子、ジーマミー豆腐)琉球朝食(海ぶどう、ゴーヤー入りサラダ)琉球朝食(コーヒー)メイン棟前の小道(海へ続く)プライベートビーチへの道プライベートビーチへの道プライベートビーチ入口プライベートビーチプライベートビーチプライベートビーチ