ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

星のや竹富島

〒907-1101 沖縄県八重山郡竹富町竹富
星のや竹富島
〒907-1101 沖縄県八重山郡竹富町竹富
TEL: 0570-073-066
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 に投稿 獲得票数:14 投稿者: chokotto認証済
2018年12月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
竹富島の伝統的な町並みを再現した集落で暮らすように過ごす、贅沢なリゾートホテル

12月の日曜日から夫婦で連泊しました。120日前の優待プランを利用したので、宿泊料金は通常の50%オフでしたが、予約と同時に100%のキャンセル料金が生じます。またこのプランは2泊から9泊までが対象です。

客室タイプは和洋室のギャンギを選択しました。一人あたり1泊食事なしで11250円(税・サ込み)です。この他に滞在中はレストランを利用したので、朝食は3500円、夕食は12000円(どちらも税・サ別)の食事代がかかりました。

港からホテルまでは、毎時15分と45分にお迎えがあります。14:15発の第一便は私たちだけで、レセプション棟で一息ついたあと、すぐにカートで客室まで案内して下さいました。

島内には3つの集落がありますが、敷地内は4番目の新しい集落と言われる通り、竹富島の伝統的な町並みが見事に再現されています。滞在中はこの中の一軒家を丸々利用できるので、島の住人になったような気持ちになれました。

チェックインは室内で月桃茶とお茶菓子を頂きながら行い、同時に食事や過ごし方についても説明を受けました。ホテルと島の中心地はやや離れているので、島が初めての方は、この時にしっかり相談されると良いです。島の中心地までは無料の送迎バスとレンタサイクルが利用できますが、送迎バスは定時発着で停車場所が限られます。またレンタサイクルは日没後は真っ暗になるので使用できません。ホテルから集落に続く道は、かなりデコボコで走行しにくそうでした。

オープンな造りが魅力の建物ですが、滞在中は縁側の窓を閉めて過ごしました。風が通り抜ける心地よさや、雑誌やテレビで見る鮮やかな景色を見たいなら、冬は避けた方がよいですが、台風の心配がないので旅行の予定は安心して組めます。雨が降った時間帯もありましたが、晴れるとジリジリとした暑さが戻ってきて、南の島らしさは充分に感じられました。

「ギャンギ」のリビングは畳敷きで、壁際にはディベット、ベットルームには幅の広いベットが2台ならんでいて、どこでもすぐに横になってゴロゴロできます。テレビはないので、お好きなCDか音楽プレーヤーを持参されるとよいでしょう。室内はウォークインクローゼットを通ると一周できる間取りで、使いやすかったです。アメニティは一通り揃い、パジャマの他に作務衣もあって、共用スペースでの着用も可能でした。外履き用にはビーチサンダルが用意され、足袋靴下もありました。冷蔵庫は有料でしたがミネラルウオーターは無料で、その他にティーパックの煎茶とオリジナルのハーブティー、レギュラーコーヒーが用意されています。

夕食はダイニングで「島テロワール」と名づけられた冬限定のコース料理を頂きました。島の食材をフレンチの手法で調理した、見た目も美しいお料理です。島の名産、車エビをメインに構成されたコースは、ビスクスープでは車エビの濃厚な旨みを、車エビと豚のショーソン(パイの包み焼き)では、サクサクのパイとプリプリのエビ、ジューシーな豚肉の絶妙なハーモニーを楽しめました。全てのお料理がやさしく上品な味わいでレベルが高かったと思います。デザートは泡盛をつかったものでしたが、アルコールが苦手な私たちのために、別メニューを作って下さり、さり気ない心遣いが嬉しかったです。ダイニングの雰囲気、お料理の盛り付け、味も素晴らしく、満足度の高い夕食でした。

夕食はダイニング以外に客室で頂く鍋料理(冬期外は庭先でBBQ)や単品料理などもあります。また夜間でも島内の飲食店に出かけられるよう「ゆいまーる号」という無料送迎バスがありました。

朝食は4種類のメニューがあり、ダイニングで予約不要で頂けます。その日の気分で時間とメニューを決められる気軽さが良いと思いました。「琉球朝食」は伝統的な重箱料理を小さくまとめたもので見た目も可愛らしく、色々な味を楽しめました。ご飯は白米とジューシー(沖縄の炊き込みご飯)から選択でき、御替わりもできます。周りを見るとこの「琉球朝食」をオーダーしている方が多かったようです。「ゆし豆腐粥朝食」は島豆腐を使ったお粥に小鉢と汁物が付きます。お粥の塩加減が丁度よくて、とても美味しいと思いました。このお粥も御替わりができます。朝食はこの他に洋食とシリアルのメニューがありました。

過去に数回、島内に宿泊しているので、今回は室内でゆっくり過ごそうと決めていましたが時間を持て余してしまい、滞在中は共用スペース”ゆんたくルーム”にたびたび足を運びました。

”ゆんたくルーム”は24時間オープンしています。ネスプレッソやシークワーサージュースなどの飲み物や、ちんすこう等のおやつが置いてあり、時間帯によっては泡盛カクテルや、紅イモのお菓子「うむくじアンダギー」を頂けるサービスも加わります。また一日を通して催しがあり、ストレッチや三線の演奏会、小物を作る講習会などがありました。プライベートを重視したお籠り系のホテルかと思っていましたが、いつ行っても館内は満席に近く、講習会も大盛況で、ゲストと顔を合わせる機会は多かったです。

お会いしたスタッフは、どなたも身だしなみが整い、言葉遣いも所作もたいへん丁寧でした。長髪女性はシニヨンと決まっているらしく、髪形をキリリとまとめた姿が印象に残ります。小さなお子さんや一人客に積極的に話しかける姿を何度かお見かけし、接客に対する意識も高いと思いました。また顧客情報もきちんとチェックされているようで、私の誕生日が近いからと、チェックアウト時にプレゼントを頂いた時は驚きました。

ゆっくり流れる”島時間”に癒されながら、都心にある高級ホテルのような接客とお食事で、ラグジュアリー感も味わえるホテルです。非日常的な旅を探している方におススメです。

接客対応

リゾート地なので、もう少し親しみやすい雰囲気があっても良い気がしますが、言葉遣いも所作もたいへん丁寧な接客でした。

清潔感

室内は綺麗に清掃されていました。集落を再現した町並みは手入れが行き届き、どこを見てもとても綺麗でした。

客室

外観は島の伝統的な建物ですが、室内の設備は充実しているので快適に過ごせます。

食事

夕食は島の食材をフレンチの手法で調理した、見た目も味も素晴らしいお料理を頂けました。朝食も充実した内容で美味しかったです。

コスパ

オフシーズンの早割プランではありますが、人気の高いリゾートホテルを1万円台前半で利用することができたのでコスパは良かったと思います。

立地

島の中心地から離れていますが、無料の送迎バスやレンタサイクルがあります。

温泉・スパ 未評価

温泉施設はありません。

備考・アドバイス

今回のプランは、タオル交換とゴミ回収のみ行い、シーツ交換はナシの条件付きです。その通りシーツ交換はありませんでしたが、ベットメイキングはされていて、アメニティの補充もあり、翌日も気持ちよく過ごせました。

ホテルでは、フライトの2時間くらい前までに島を発つようにと案内があります。

インルームダイニングのメニュー(一例)
牛の鉄板焼き御膳、海鮮しゃぶしゃぶ御膳、ハンバーグ御膳 各5500円
チャンプルー定食 2600円、お子様ランチ 2700円
ジューシーおにぎり 3つ 1100円、牛スジカレーライス 2000円
ソーキそば 1400円 など