ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

海と入り陽の宿 帝水の口コミ・宿泊記

1位

海と入り陽の宿 帝水

〒010-0673 秋田県男鹿市戸賀塩浜壷ヶ沢31
1位/13件中 - 男鹿の旅館
海と入り陽の宿 帝水
〒010-0673 秋田県男鹿市戸賀塩浜壷ヶ沢31
TEL: 0185-37-2331
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.5 に投稿 獲得票数:12 投稿者: 温泉猫
2017年8月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
日本海を一望する美しい景色と創意工夫のある食事が魅力の温泉旅館

男鹿半島西側の海辺に佇む温泉宿で、天気が良いと海に沈む美しい夕日を眺めることができる立地です。宿の近くには男鹿水族館と遊覧船乗り場があり、観光の拠点としても便利な立地かと思います。男鹿駅から送迎をお願いしました。駅から宿までは車で40分程ですが、海岸線を通るので海を眺めながらのんびりドライブ気分で向かいました。

宿に到着すると外でスタッフ数名の出迎えがあり、スタッフが荷物を持って下さり、ラウンジに案内されてチェックイン手続きを行いました。館内の説明や食事時間など基本的な確認事項の他に、周辺の観光ガイドのパンフレットを下さったり、帰りの電車時間を調べて下さったりとチェックアウト後のことも気にかけて下さる大変丁寧な対応でした。ラウンジでウェルカムドリンクとスイカゼリーが振る舞われ、さっぱりとしたスイカゼリーが喉に心地よく、暑い日にぴったりの嬉しいスイーツでした。

お部屋は西の風和室、北の風和室、北の風特別室の3タイプがあり全29室です。西の風和室に宿泊して、1名1室約26,000円(平日料金、夕朝食付)でした。西の風棟は本館(旧館)で、ロビーやラウンジのある新館と比べて建物全体が古く感じました。西の風棟にはエレベーターが無く、2階へは階段を使います。ちなみに、北の風棟は新館にあり、エレベーターも完備していて新しい造りです。

西の風和室は、和室12畳+広縁+トイレの間取りです。お部屋は古さを感じる造りですが、窓からは日本海を一望できる眺めのいいお部屋でした。予約時にお部屋の説明でテレビ無しとなっていましたが、ブラウン管テレビが置いてありました。ただし、テレビは画質が悪い上に1チャンネルしか映らず、画面の中央にエラーメッセージが表示される状態で、実質視聴不可でした。映らないブラウン管テレビを置くくらいなら撤去した方がいいのではないかと思いました。トイレは玄関横にあるのですが、洗面台はお部屋の奥の広縁に設置されていてトイレと離れているのが不便でした。玄関と広縁は段差があり、足元に注意が必要な為、足腰の弱い方には不向きかと思います。

お部屋の広さは西の風和室も北の風和室も同じくらいです。お部屋の古さや多少の設備面の不便を気にされない方でしたら、西の風和室の方が料金が安いのでおすすめですが、お部屋でテレビをご覧になりたい方や設備の充実した新しいお部屋を好む方には北の風和室がおすすめです。

館内着は浴衣と作務衣で各サイズがロビーに置いてあります。バスタオルは1枚で、タオルハンガーは小型でバスタオルを広げて干せず、タオルが乾きにくくて不便でした。タオルは2枚用意していただきたかったです。アメニティは必要最小限で基礎化粧品はお部屋にはありません。大浴場にはクレンジングと乳液しかありませんでしたので、女性は基礎化粧品を持参なさった方が宜しいと思います。

館内にはお土産処の他に駄菓子コーナーがあり、駄菓子専門店並の豊富な駄菓子とおもちゃがあり、子供連れに喜ばれると思います。ラウンジは天井が建物2階分の高さがあり、一面がガラス張りで明るく目の前の海を望む素敵な空間でした。大浴場とお部屋の間に位置しているので、お風呂上りには毎回ラウンジで海を眺めて一休みしていました。

大浴場は新館1階にあり、男湯と女湯の入替はありませんでした。浴室にはシャンプーバーが設置されていて好みのシャンプーを選ぶことができました。内風呂は10人以上入浴可能な広めの浴槽で、ラウンジ同様に窓が天井の高さまであり入浴しながらパノラマのオーシャンビューを堪能できます。露天風呂は内風呂よりは小さく定員4人程度の浴槽ですが、視界を遮るものが一切無く、目の前の海を眺め潮風を感じながらの入浴はとても気持ち良かったです。温泉は循環ろ過と塩素消毒をしていますので、温泉の質重視の方には不向きかもしれません。塩素のにおいはせず、湯加減も程よく、何よりも海一望の景色が素晴らしく温泉を満喫しました。

食事場所は西の風和室に宿泊の場合は、海の見えない広間での食事になると宿泊プランに記載がありましたが、海の見える食事処に案内していただけました。基本的には新館客室のお客様を優先的に海の見える食事処に案内するようですが、この日は新館の宿泊客が少なかったこともあり、ご厚意で食事処に変更して下さったみたいです。食事処は西側に面していて、この日は雲が多くて夕日は見えませんでしたが、天気が良いと沈む夕日を眺めながら食事ができるそうです。

夕食は、きりたんぽ鍋の具材を夏らしく冷製テリーヌ風にしたものや、茄子を丸ごと1個酢の物にしたりと斬新な発想の料理が多かったように思います。ご飯はとうもろこしご飯で、1組ずつ土鍋で炊き上げるのですが、仕上げにバター、黒胡椒、大葉を加えて混ぜ合わせます。パンチの効いたピラフのような味わいで美味しく、温泉宿の炊き込みでこのような味付けは初めてで強烈に印象に残りました。船盛りや煮魚、焼魚など定番の海鮮料理を好む方には不向きかもしれません。一風変わった味付けながらどれもお味は良く私は美味しくいただけました。

朝食は鮪のぬたや塩辛など海辺の宿らしい一品もあり、バランスのとれた内容で美味しくいただけました。

接客はチェックインやチェックアウトの際の対応は大変丁寧で、チェックアウト後のことまで気にかけて下さって細やかな配慮を感じました。食事処のスタッフは明るく話しやすい方でしたが、料理の説明が簡単すぎて、お品書きにも抽象的な表現しか書かれていなかったのでもう少し詳しく説明して欲しいと思いました。

宿の周囲には視界を遮るものが何も無く、お部屋や大浴場から眺める日本海の雄大な自然の景色は大変美しく癒されました。食事は好みが分かれるかもしれませんが、海辺の宿の定番の海鮮料理とは一線を画す個性的で驚きのある内容で、美しい景色と並ぶこの宿の魅力だと感じました。

接客対応

チェックインとチェックアウトは細かいところまで配慮した大変丁寧な対応でしたが、食事処のスタッフが料理の説明が簡略すぎる点が少し気になりました。

清潔感

掃除が行き届き新館は綺麗でしたが、西の風棟は老朽化を感じて設備面で不便に感じることもありました。北の風棟に宿泊の場合は老朽化は気にならないかと思います。

客室

窓からは海を一望できて眺めは素晴らしいと思いましたが、古さが目立つお部屋で設備やアメニティは不足と感じる部分もありました。

食事

斬新な食材の組み合わせや味付けの品が多く、一見奇抜に感じる料理もありましたがお味は良く美味しくいただけました。

コスパ

妥当だと思います。

立地

宿の周囲には視界を遮るものが無く、日本海の雄大な景色を堪能できます。男鹿駅から送迎があります。

温泉・スパ

内風呂も露天風呂も美しい海を眺めながら開放感のある湯浴みができます。

備考・アドバイス

西の風和室はWi-Fi非対応です。
北の風和室、新館共用部はWi-Fiに対応しています。

西の風和室、北の風和室それぞれ喫煙室と禁煙室があります。予約の際に、喫煙、禁煙の希望を伝えると宜しいかと思います。館内は禁煙で、喫煙所は玄関の外のみでお部屋からは距離があります。

送迎は事前予約制です。電車の到着時刻に合わせての運行で、行きは14時40分発と16時30分発の2便あります。帰りは宿9時30分発の1便です。
(2017年8月現在)

西の風棟(本館)玄関、ロビーフロントロビーお土産処駄菓子屋コーナーなまはげのお面ラウンジラウンジウェルカムドリンクとスイカゼリーラウンジからの眺めラウンジの外の石庭手前の建物:ラウンジ、奥の建物:西の風棟ロビーに作務衣と浴衣の各サイズが用意されています。新館通路自動販売機大浴場入口大浴場 脱衣所大浴場 脱衣所大浴場 クレンジング、乳液大浴場 ドライヤー大浴場 冷水大浴場大浴場 シャンプーバー大浴場 洗い場大浴場 バスアメニティ大浴場大浴場大浴場大浴場からの眺め大浴場 露天風呂大浴場 露天風呂からの眺めラウンジ前より撮影。ラウンジ横の通路の先は西の風棟(本館)。西の風棟2階へは階段を使います。(エレベーター無し)西の風棟の廊下玄関正面奥のドア:トイレ、右奥のドア:玄関館内履きトイレ西の風和室西の風和室西の風和室西の風和室西の風和室ブラウン管テレビ1チャンネルしか映らず、エラーメッセージが表示され視聴不可クローゼット羽織タオル、アメニティ、洋服ブラシ金庫浴衣、足袋作務衣電気ポット、お茶セット急須、湯呑みチェックインの際にいただいたガイドブック広縁お部屋からの眺め西の風和室タオルハンガー西の風和室洗面台、冷蔵庫ドライヤー消臭スプレーコップ、ティッシュ冷蔵庫食事処食事処からの眺め食事処夕食食前酒きりたんぽの冷製仕立て秋田ブランド肉の串揚げ夏の椀物お造り稲庭うどん穴子和牛と鮑の石焼き茄子の酢の物とうもろこし御飯御食事とうもろこし御飯赤出汁香の物ほうじ茶あんみつ西の風和室夜食のいなり寿司夕食後にお部屋に用意された冷水朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食