ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

タカミヤ湯の浜テラス 西洋茶寮 -SEIYO SARYOーの口コミ情報・宿泊予約

ホーム > 人気エリアから探す > 山形県のホテル・旅館 > 鶴岡のホテル・旅館 > タカミヤ湯の浜テラス 西洋茶寮 -SEIYO SARYOー
2位

タカミヤ湯の浜テラス 西洋茶寮 -SEIYO SARYOー

〒997-1201 山形県鶴岡市湯野浜1-25-1
2位/14件中 - 鶴岡のホテル
タカミヤ湯の浜テラス 西洋茶寮 -SEIYO SARYOー
〒997-1201 山形県鶴岡市湯野浜1-25-1
TEL: 0235-75-2188
みんなの満足度
3.0 詳細評価
接客対応
3.2
清潔感
2.8
客室
3.0
食事
3.2
コスパ
3.2
立地
2.8
スパ・温泉
2.8
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 1泊 1泊 2泊 3泊 4泊 5泊 6泊 7泊 8泊 9泊 10泊 11泊 12泊 13泊 14泊 大人2名
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児(寝具のみ)
幼児(寝具・食事なし)
設定
子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。その他の予約サイトにつきましては直接ご確認ください。
解除
空室・最安値を検索
じゃらん楽天トラベルJTB一休.com近畿日本ツーリストるるぶトラベル
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
0
良い
0
普通
1
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
1
家族旅行
0
友人・知人
0
一人
0
全文表示簡易表示
1 - 1件目 / 合計 1件
この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.1 2017年12月30日に投稿 獲得票数:12 投稿者: たび金魚
2017年12月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
蔵王温泉で創業し、山形県内に12の宿泊施設を有するタカミヤグループが運営する海辺のオーベルジュです。料理が評判と聞き、12月の平日に2名2食付き28,000円(税サ込)で宿泊しました。 電車の時間に合わせて送迎をお願いすると、スタッフが駅のホームまで迎えに来て荷物を持ってくださいました。ただ荷物は車の助手席の足元に置かれたのが残念です。15分ほどでホテルに到着しました。宿は湯野浜温泉の高台に建ち、200メートルほどのところには日本海の荒...

蔵王温泉で創業し、山形県内に12の宿泊施設を有するタカミヤグループが運営する海辺のオーベルジュです。料理が評判と聞き、12月の平日に2名2食付き28,000円(税サ込)で宿泊しました。

電車の時間に合わせて送迎をお願いすると、スタッフが駅のホームまで迎えに来て荷物を持ってくださいました。ただ荷物は車の助手席の足元に置かれたのが残念です。15分ほどでホテルに到着しました。宿は湯野浜温泉の高台に建ち、200メートルほどのところには日本海の荒れた海が見えます。築10年ほどになるそうですが、強い潮風にさらされるため、外装は錆や水垢が目につきました。

シーズンオフの12月ということもあって、照明を抑えたシックなロビーはとても静かでした。フェラーリをデザインするイタリアのピニンファリーナ社でデザインディレクターを務めた山形県出身の奥山清行が手がけた椅子やカーペットなどが置かれています。加えて、館内の各所には額に入ったエルメスのスカーフが飾られて、さり気ない上質さが伝わってきました。ソファでウェルカムドリンクをいただきチェックインをしました。その際夕食のメインディッシュを3種類から選びます。

案内された客室はオーシャンビュー・デザイナーズツインの203号室で、24平米あります。壁の1面がワインレッドと黒の組み合わせで、落ち着いた雰囲気でした。横幅の広い窓があって適度な解放感がありますが、目の前の樹木や高層のホテルなどで、眺めがいいとはいえません。とはいえ、遠くに真冬の海を垣間見ることができて、北国の海辺の町に来たことを改めて実感しました。

床はフローリングですが、寝具の置かれた小上がりが畳になっていて使い勝手がよかったです。木造部分の小傷や畳の擦り切れなど経年劣化が見られますが、気になるほどではなく、見える範囲はキレイに保たれていました。ただクローゼットの下の物入れにバッグを入れたところホコリがついてしまったので、清掃が細部にまで行き届いていないようでした。

客室のトイレと洗面は一緒で、シースルーのシャワーユニットを備えています。踏込と洗面は暖房がなくて寒く、照明も薄暗くて、スポットライトなどがあればと思いました。踏込にあるクローゼットは、扉を開けると客室の入口をふさいでしまい、使いづらかったです。

客室アメニティは必要小限ですが、無料のミネラルウォーターと玄米茶のペットボトルが人数分ありました。部屋着は、女性用のみズボンが2着ついていました。上着にシミがあったりズボンに毛玉があったりと、使用感が高い印象です。また部屋着でレストランを利用することはできません。

お風呂場は地下1階にあります。脱衣場にバスタオルが用意されていて、部屋からはフェイスタオルだけをもって行けるので便利です。浴場は男女ともほぼ同じ造りでした。温泉ではありませんが、お湯と水を加えて温度を自分好みに調整できます。浴槽は、浅くなっている部分で半身浴や寝湯ができ、くつろいで浸かることができました。洗い場は3か所あって、男女共にミキモトのシャンプー類がありますが、女風呂にはツバキといち髪とLUXもありました。

男女別の脱衣場の間に岩盤浴があって、同時に6人まで利用できます。男女共用ですが、脱衣場にある浴衣を着て利用します。ムードあふれる照明に心地よいヒーリング音楽が流れ、眠りそうになるほどリラックスできました。脱衣場には冷水と常温水のポットが用意されていて、岩盤浴の水分補給に便利でした。このほか予約制の貸切風呂が2つあり、猫脚のバスタブに浸かる「クラシックタイプ」と「ジャグジータイプ」のどちらかを1回45分利用できます。ジャグジーを利用しましたが狭く景色は一切ありません。また全体的に古くとても残念でした。

お風呂場前には休憩所があり、すっきりした味わいのルイボス・ティーが用意してありましたが、夕食後には中身がなくなってしまい、翌朝になっても補充はされていませんでした。また、脱衣場の一部の壁紙が、湿気のせいで浮いていて、メンテナンス不足の印象をうけました。

2階にラウンジがありますが、エアコンではなく石油ファンヒーターで温められていたため、時間がたつと自動停止になり、翌朝まで寒いままでした。個人的にはこうした共用スペースで過ごすことが好きなので、残念に思います。

食事は1階のレストラン「コボ・ディ・マーレ」でいただきます。室内は他の共用部とちがい白で統一されていました。ただ革張りの椅子は、革の部分が擦り切れており経年劣化が目立ちます。夕食は仏ブルターニュ地方で修行された山形出身のシェフが腕を振るうコース料理で、1品づつ運ばれてきます。給仕をするスタッフは会話の邪魔にならないよう料理の名前をさりげなく伝えるだけですが、質問をすると詳しく教えていただけます。

最初の真河豚のカルパッチョはイタリアの魚醤コラトゥーラの風味で、最初のひと口めから驚きの美味しさでした。和風の器に入った甘エビの赤黒い透明なスープは、エビの風味が濃厚で意外性がありました。リゾットは少し芯の残る「なごみ米」を使い、イタリアのグラナ・パダーノチーズがまったりとしていて、さっぱりした真イカのマリネと合わせた絶品でした。メインの肉料理は、米沢牛の「すね肉の赤ワイン煮」と庄内産「桜美豚の真空調理」を選びました。真空調理された桜美豚はレアステーキのような弾力のある歯触りで、旨みと風味が凝縮していて、これまで食べた豚肉料理とは別次元のものでした。

料理の運ばれるタイミングもちょうどよく、和洋の食器を融合させていて、大変満足度の高い夕食でした。食事を終えてレストランから出ると、外にシェフが立っていて挨拶をされました。若い方のようですが、紳士的な振る舞いに嬉しく思いました。

朝食は夕食と同じ「コボ・ディ・マーレ」でいただきました。まずは3種類のジュースから選びます。フレンチトーストは、卵液に1日漬けたバケットを焼いていて、外はカリッとして中はとても柔らかでした。サラダプレートの大きなエビも、ドレッシングがとても美味しかったです。朝食は一気に出てきますが、温かい料理は温かく提供されます。遠くの冬の海をながめながらゆったりといただきました。朝夕とも量がやや少なめです。お腹がすくほどではありませんでしたが、物足りなさを感じる方もいらっしゃると思います。

ホテルの内外に経年劣化が見られたり、大浴場のお茶が補充されていなかったりと残念な場面もありました。とはいえ、価格はリーズナブルでスタッフの方々には丁寧に接客していただきました。料理も大変美味しく、それを目当てに来るお客さんが多いのもうなずけます。宿を後にする時も、シェフが見送りに出てきてくださったのには驚きました。車に乗る際も、スタッフの方からお土産にローズヒップのティーバッグをひとつずつ手渡されました。ささやかな心づかいが心に残ります。また美味しい料理を食べに、季節を変えて訪れたいホテルです。

接客対応

丁寧な接客をしていただきました。

清潔感

潮風が当たる外観は傷みが目につきます。浴場の脱衣場の壁紙が浮いているなど、メンテナンス不足を感じました。また、客室の隅や棚の奥などにホコリが残っていました。

客室

キズなど少し気になるところもありますが、こあがりになっているので使い勝手はよかったです。窓外は、木の陰から海がみえますが、景色がいいわけではありません。

食事

夕食のコース料理は意外性があって、驚きがありました。朝食もひと工夫加えたスープやサラダがとても美味しかったです。

コスパ

施設の老朽化は目立ちますが、料理と客室を考えるとコスパはいいと思います。

立地

宿まで車なら庄内空港から8分、最寄りの羽前大山駅から15分ほどです。湯野浜海水浴場近くにあります。

温泉・スパ

お風呂は温泉ではなく、景色はありません。大浴場のほかに自由に利用できる岩盤浴と、ふたつの貸切風呂があります。

備考・アドバイス

1名では宿泊できません。

送迎は庄内空港と羽前大山駅からあって、3日前までに予約が必要です。また、本数は少ないですが、鶴岡駅から路線バスも利用できます。

Wi-fiについては記載したものはなく、スタッフに尋ねるとパスワードなしで利用できるとのことでした。

岩盤浴は13:00~23:00と6:00~10:00まで利用可能です。

夏は小さいながらもホテルのプールを利用できます。

建物の横にはEV車用の充電スタンドがあります。

路線バスで10分ほどのところにクラゲで有名な加茂水族館があり、山形県最大規模の湯野浜海水浴場も徒歩圏内です。市内には国宝の羽黒山五重塔があるため、旅の拠点としても利用できます。

1 - 1件目 / 合計 1件

施設情報

施設名
タカミヤ湯の浜テラス 西洋茶寮 -SEIYO SARYOー
かな
たかみやゆのはまてらす せいようさりょう
所在地
〒997-1201
山形県鶴岡市湯野浜1-25-1
電話番号
0235-75-2188
チェックイン
15:00
チェックアウト
10:00
アクセス
庄内空港から車で約8分
JR羽越本線 羽前大山駅から車で約15分
鶴岡ICから車で約20分 庄内空港ICから10分
送迎
なし
駐車場
あり(宿泊者無料)
駐車時間: 滞在中利用可
駐車場台数: 10台
部屋数
9
設備・サービス
○ インターネット ○ 大浴場 × 温泉 ○ 露天風呂 ○ 貸切風呂 ○ 客室露天風呂 × 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 ○ コンビニまで徒歩5分以内 ○ ビーチ近く × ゲレンデ近く ○ 駐車場 × 送迎サービス × ランドリー × クリーニング ○ マッサージ ○ エステ × サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 ○ ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 フェイスタオル バスタオル 歯磨きセット くし・ブラシ ドライヤー 髭剃り 浴衣 ナイトウェア スリッパ 洗顔料 綿棒 コットン 冷蔵庫 湯沸かしポット お茶セット テレビ 金庫 衛星放送 洗浄機付トイレ
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS