ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

オーベルジュ はなぶさ 日光

オーベルジュ はなぶさ 日光
〒321-1421 栃木県日光市所野1458-1
TEL: 0288-25-7778
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.9 に投稿 獲得票数:10 投稿者: あねもね認証済
2018年11月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
シェフのセンスが光る絶品創作料理をいただけ、5室の離れでプライベートな時間を過ごせる本格オーベルジュ

11月の平日に夫婦で伺いました。こちらの宿は5室の離れに半露天のジャグジー風呂などを備えたオーベルジュです。1年程前に着任された下元シェフは世界料理オリンピックで賞に輝いた経歴があるそうで、評判の良い料理を楽しみに訪問しました。スタンダードな「蓮」のお部屋を平日限定プランで利用して2名1泊2食付で56160円(税サ込)の宿泊料金でした。

当日は車で伺いました。送迎は行っていないようですが、東武日光駅やJR日光駅から徒歩10分程で来られます。チェックイン時間より少し前に到着しましたが、女性スタッフさんがにこやかに迎えてくださいました。ロビーは大理石のタイル張りで調度品や家具などに高級感が感じられます。ウェルカムドリンクは紅茶などの他に、ビールやスパークリングワインを選ぶ事もできました。

離れの客室は3室がスタンダードなタイプで、2室が特別室でした。それぞれ趣の異なる内装ですので、予約時にお部屋選びをするのも楽しい時間でした。今回はスタンダードなタイプの中から「蓮」のお部屋を選びました。客室へは中庭を通って向かいます。晩秋でしたので草花の彩は寂しいですが、手を入れすぎていないお庭の中に客室が点在する様子は、外国のような雰囲気があり素敵でした。時折木の実を食べに野生の猿が訪れる事もあるそうです。

「蓮」はリビングとベッドルームが一続きになったワンルームタイプのお部屋です。天井の化粧梁や磨きあげられたフローリングに木の温かみが感じられました。ベッドのヘッドボードには大谷石の装飾があり、レトロ感のある照明の灯りに映えており好みの内装です。室内にはスティックタイプのフレグランスが香っており、洗面スペースにもミスト放出式のフレグランスが置かれています。良い香りですが匂いが強く感じる事もありましたので、どちらか1つで良いように思いました。セミダブルのツインベッドはサータ社の物で、程良い弾力で寝心地が良かったです。

洗面スペースとトイレは同じ空間にあります。すっきりしたレイアウトですが、鍵がかけられないのが気になりました。また、トイレはバスルームのすぐ隣にあり、トイレを使用するとバスルームから見えるような造りです。どちらかが入浴している時はトイレを使いづらく、不便に感じました。

バスルームは2名で入れるサイズのジャグジーがあり、開閉式の窓をフルオープンにすると露天風呂のように入れます。温泉ではありませんが、用意されていた入浴剤を入れて、お部屋専用の庭の紅葉を眺めながら優雅な湯浴みを楽しみました。居室や洗面スペースは古さを感じずキレイですが、ジャグジーは経年による傷みが見受けられ、泡の勢いも弱く5分ほどで停止してしまうため、その都度スイッチを押し直さなければならないのが面倒に感じました。

男女ともに色浴衣を選べ、レストランでの着用も可能です。羽織のかわりにお尻まで隠れるゆったりしたニットが用意されており、暖かく出かけられました。薄手のナイトウエアがありましたが、バスローブの用意があると尚良かったです。バスタオルは1人1枚です。強力なタオルウォーマーのおかげで、ふかふかに乾いた状態で使用できました。洗面スペースに床暖房が入っていたのも助かりました。

女性のみロクシタンのバスアメニティをいただけたのは嬉しかったですが、基礎コスメの用意はありません。宿泊料金を考えると用意があっても良いように思いました。冷蔵庫の飲物はお水とお茶、氷は無料ですがワインやビールは有料です。電子レンジや紙皿、割り箸を備えていましたので、おつまみを持ち込んで夕食までお酒などを楽しまれるのも宜しいかと思います。

夕食は18:30からレストランでいただきます。ドリンクメニューはワインや日本酒など産地にこだわらないセレクトで、予想よりも手頃な価格でした。スパークリングワインのボトルをお願いしましたが、最初の一杯のみ注いでくださり、後は自分達で注ぎました。この日は私達を入れて2組のゲストをスタッフさんお一人で配膳しておられましたが、少々余裕のない対応も見られ、料理の説明もあっさりしていたのが少し物足りなく感じました。

楽しみにしていた創作料理は、序盤は小さなポーションが続いて見た目も無難でした。ですが、クリスマスのリースから着想を得たという「お造り」の美しさに感嘆の声をあげてしまいました。朝〆の鯛や本鮪の中トロ、日光『海老屋』の特製湯波などを山葵のクリームソースでいただきます。添えられたたくさんの野菜と一緒にサラダのようにいただくお造りは斬新で、箸がすすみました。魚料理の「ロブスターと帆立のパイケース包み」もソースが多いのにパイはサクサクのままで食感を楽しめ、濃厚な海老の風味が口中に広がります。コースの最後は「焼きリゾットのお茶漬け」もしくは「はなぶさ特製カレー」を選べました。1つずつ頼んで夫とシェアしましたが、スパイスと果実の甘さを感じる複雑な味わいのカレーが強く印象に残りました。

食後にシェフが挨拶に来てくださったので、独創的で素晴らしいお料理に感激した事を伝えると、以前は熱海の有名ホテルで料理長をしてらした事や、料理や食材に対する真摯な想いを熱く語ってくださり、食後の感動が更に深まりました。

朝食はご飯と共に明太子や漬物などが供され一見和食のようでしたが、後からポトフやふわふわのスフレオムレツ、時鮭のレモンバタームニエルなどが運ばれ、和洋を楽しめる内容でした。夕食同様に素材の質が高く、どれも大変美味しくいただけました。

オーベルジュですので食を目的に訪問される方が多いかと思いますが、上質なインテリアの客室は思った以上に居心地が良く、ジャグジーを楽しみながら非日常に浸れます。選りすぐりの食材をシェフの高い技術やセンスによっていただけるのは至福で、料金に相応しい満足が得られました。下元シェフは今後異動される可能性があるようですが、美食を愛する方にぜひ足を運んでいただきたいお宿です。

接客対応

接した女性スタッフさんは多少説明があっさりしていましたが、快活で明るい雰囲気でした。シェフも大変気さくな方で興味深いお話を聞かせていただきました。

清潔感

一部に経年による変化が感じられる部分もありますが、不自然に感じる程ではありません。ロビーなどの共用部も客室も、清掃が行き届いており快適に過ごせました。

客室

「蓮」は落ち着いた配色の内装で高級感が感じられ、2名でゆったり過ごせました。独立した離れですので物音などは気にならずプライベートが保たれています。

食事

シェフの知識や技術が結集した創作料理をいただけます。お味はもちろん食材の組合せや盛付けセンスも素晴らしく、感嘆の連続でした。

コスパ

こちらでしか味わえない創作料理は大変印象に残りました。お部屋の居心地も良く、料金に相応しい滞在ができました。

立地

日光駅からアクセスが良く、日光東照宮などの観光にも便利な立地かと思います。

温泉・スパ

温泉ではありませんが客室にジャグジーを備えており、露天風呂の用に湯浴みを楽しめます。

備考・アドバイス

・客室でWi-Fiの利用が可能です。快適に使用できました。

・基本的には大人2名での利用を前提としているようです。(2名以上で利用されたい場合は要相談)

・東武日光駅、JR日光駅から徒歩10分前後で来られます。

オーベルジュ はなぶさ 日光周辺のホテル・旅館