ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

那須別邸 回の口コミ情報・宿泊予約

1位

那須別邸 回

〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本206
1位/66件中 - 那須の旅館
那須別邸 回
〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本206
TEL: 0287-76-3180
みんなの満足度
3.6 詳細評価
接客対応
4.0
清潔感
3.6
客室
3.7
食事
3.4
コスパ
2.8
立地
3.7
スパ・温泉
3.7
みんなの平均予算
40,000円未満
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 1泊 1泊 2泊 3泊 4泊 5泊 6泊 7泊 8泊 9泊 10泊 11泊 12泊 13泊 14泊 大人2名
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児(寝具のみ)
幼児(寝具・食事なし)
設定
子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。その他の予約サイトにつきましては直接ご確認ください。
解除
空室・最安値を検索
JTB一休.com楽天トラベル
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
1
良い
3
普通
0
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
1
家族旅行
3
友人・知人
0
一人
0
全文表示簡易表示
1 - 4件目 / 合計 4件
この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.8 2017年10月23日に投稿 獲得票数:5 投稿者: 湯桜
2017年10月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
全9室が70平米以上の広さを誇るオールスイートという高級志向の旅館です。料金は休日利用、2名一泊2食付き、1人あたり35500円、合計71000円でした。予約サイトのタイムセールプランを利用したので、通常よりも少しお得な価格になっています。 宿まではタクシーで向かいました。本館「山水閣」の前で待機しているスタッフがタクシーを誘導してくれます。別邸は本館横の細い通路を進んだ先にあり、専用の入り口が設けられています。保養所だった建物を...

全9室が70平米以上の広さを誇るオールスイートという高級志向の旅館です。料金は休日利用、2名一泊2食付き、1人あたり35500円、合計71000円でした。予約サイトのタイムセールプランを利用したので、通常よりも少しお得な価格になっています。

宿まではタクシーで向かいました。本館「山水閣」の前で待機しているスタッフがタクシーを誘導してくれます。別邸は本館横の細い通路を進んだ先にあり、専用の入り口が設けられています。保養所だった建物をリノベーションしたお宿ですが、巧く改装されているので建物の古さは全く感じませんでした。

館内に入るとまずはラウンジ「206」に案内され、チェックインの手続きを行います。ラウンジには多種多様なソファや椅子がセッティングされています。スタイリッシュなソファや椅子がラウンジに融和していて、それぞれがインテリアとしての役割も果たしています。ソファに腰掛けると黒豆抹茶パウンドとメグスリノキのお茶を出してもらいました。ラウンジは夜になるとバーとして利用できます。バーと言ってもアルコールだけではなく、パフェなどアルコールが飲めなくても楽しめるメニューがあります。

ラウンジに併設のテラスからは中庭が見渡せます。緑豊かな中庭を眺めながら語らうも良し、読書をするも良し、思い思いにゆっくりとした時間を過ごせる居心地の良いスペースでした。

今回利用した「其の参」は一番リーズナブルに泊まれる客室ですが、広さは70平米もあり、ゆとりのある造りになっています。主室と寝室はそれぞれ明るさを抑えた落ち着きのある空間です。食事が夕朝ともに部屋食なので寝室が独立しているのが良かったです。

土間のように造られた主室は、スタイリッシュの中に懐かしさも感じるデザインです。主室側からテラスに出られ、木立に囲まれた緑豊かな景色に心が休まりました。寝室にテレビがないので就寝時以外は主室で過ごしました。寝室に備えられているデスクに椅子が用意されていれば読書に便利だったと思います。

室内着には浴衣、就寝時用にはナイトウェアが用意されています。バスローブは裏側がタオル地になっているため着心地が良く、湯上がり後はバスローブ一枚で過ごしても快適でした。バスタオルは1人3枚用意されている上に、タオルウォーマーも完備されています。このタオルウォーマーがバスタオルやバスローブを掛けておくと直ぐに乾く優れものでした。

基礎化粧品は山水閣オリジナルです。メグスリノキの樹皮からとれるエキスがふんだんに使われていて、刺激性が少なく爽やかな香りが気分を上げてくれます。肌に優しいオーガニック基礎化粧品が好きなので、自宅でも使用したく本館のお土産売り場で購入しました。アメニティも無造作に並べられているのではなく、桐箱に納められているのは高級感があり良かったです。

客室露天風呂は5〜6人が一緒に入浴しても余裕のある大きさです。源泉が熱いので、かなり水で薄めないと入れませんでしたが、保湿性に優れた温泉でした。四方壁に囲まれているので解放感はありませんが、天候に左右されず利用できる造りで雨の日には快適です。昼間は気になりませんでしたが、照明が弱く夜になるとかなり暗かったので、ライトアップに関してはもう少し工夫が必要かと思いました。

別邸に大浴場はありませんが、別邸の宿泊客は本館の大浴場と貸切家族風呂が利用出来ます。本館へは中庭を通らなければ行けないので、雨の勢いが強い日だと移動は大変です。大浴場は内湯のみで、スタイリッシュな客室露天風呂とは異なるレトロな雰囲気を楽しみました。貸切家族風呂は利用せず見学させてもらっただけですが、思った以上に広々とした浴室で、本館に宿泊した際にはぜひ利用したいです。脱衣場の清潔さも好印象でした。

本館のラウンジでは珈琲やウェルカムティとしていただいたメグスリノキのお茶、宿オリジナルの柚子酒がフリードリンクです。柚子酒はアルコール度数が低く、さっぱりとしていて飲みやすかったです。

夕食はボリュームのある懐石コースです。ガラスの器や渋めの色合いの陶器など、様々な器で料理を演出しています。また松茸など季節物の食材が用いられているのも良かったです。名物の豆乳しゃぶしゃぶは豆乳出汁に隠し味として味噌を加える一工夫があり、よりマイルドな仕上がりになっています。鍋の具材はお代わりも出来、特にA5ランクの和牛がお代わり出来るのはコストパフォーマンスにも優れていると思いました。デザートの柚子プリンは濃厚で滑らかな舌触りが気に入り、スイーツ好きの私も唸りました。夕食後には夜食のおにぎりを用意してくださいます。

朝食はシンプルながら、どれも美味しく丁寧に作られているのが分かる品々です。ドリンクは牛乳・トマトジュース・オレンジジュース・リンゴジュース・グレープフルーツジュースから、卵料理は厚焼き玉子・温泉卵から各自一つずつ選べます。上品な京風厚焼き玉子は出汁たっぷりで、優しい味付けです。鯖の塩焼きは少し冷めていたのが残念でした。

どの方も丁寧な対応で、笑顔がとても素敵でした。若いスタッフの方が多いですが、上品な仕草は高級旅館に相応しいものです。宿泊日前に電話でアレルギーや苦手食材の確認があり、鮎が苦手だと伝えると夕食の鮎の塩焼きはカジキマグロの西京焼きに変更してくれていました。

洗練された静寂な空間に癒されました。広々とした露天風呂付きなので、お籠り目的で利用しても良いと思います。唯一残念だったのは、紅葉を期待していたところ、敷地内の木々が色付くのは例年11月に入ってからのようで、まだまだ緑たっぷりの景色だったことです。それでも充分景色を楽しめましたが、ホームページで見る紅葉の景色がとても素敵だったので、次回は紅葉の時期に再訪したいと思いました。

接客対応

若いスタッフがメインですが、どの方も丁寧な接客でした。すれ違う際にはきちんと通路の端に寄り丁寧なお辞儀をしてくれました。

清潔感

保養所としての名残はあまり見当たらず、館内は綺麗でした。

客室

洗練されたデザインで、高級感があります。しかし寝室にテレビや椅子がないので、寝る為だけのスペースになってしまっていたのはもったいなかったです。

食事

盛り付けが美しく、上品な味付けです。食材の質もよく、鍋の具材はお代わりが出来るのでボリュームも申し分ありませんでした。

コスパ

宿泊料金相当の満足感は得られたと思います。ひとりあたりの料金が3万円を越しますが、特に割高に感じることもありませんでした。

立地

周囲はとても静かな環境で、隠れ宿のような趣があります。ゆっくりと過ごすのに適した空間でした。

温泉・スパ

客室露天風呂は5〜6人が入れる大きさに驚きました。泉質の良い温泉が源泉かけ流しというのも魅力です。

備考・アドバイス

冷蔵庫の中は全てフリードリンクです。エスプレッソマシーンも自由に使え、珈琲豆がなくなると追加もしてくださいました。

夕食は18時か18時半、朝食は8時か8時半スタートです。

客室でWi-Fiが使えます。

無料のシャトルバスは事前予約制です。今回はタクシー利用でしたが、バスを利用した場合、上り坂と下り坂が交互に続く道のりは少し大変だと思いました。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.9 2016年12月30日に投稿 獲得票数:4 投稿者: kinako
2016年12月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
12月下旬の平日、料金は2人で合計額76000円(税込み)の2食付きプランを利用しました。最寄りのバス停から宿までの道中はアップダウンが激しく、一苦労でしたが、私たちの姿を遠目に見掛けるとスタッフが走って迎えに来て下さり、宿まで誘導してくれました。またインカムでスタッフ間のやり取りをすることでスムーズに宿泊客を迎えるための連携が取られていました。 別邸回は2000坪の敷地に全9室という贅沢な造りの高級宿です。以前は銀行の保養所だっ...

12月下旬の平日、料金は2人で合計額76000円(税込み)の2食付きプランを利用しました。最寄りのバス停から宿までの道中はアップダウンが激しく、一苦労でしたが、私たちの姿を遠目に見掛けるとスタッフが走って迎えに来て下さり、宿まで誘導してくれました。またインカムでスタッフ間のやり取りをすることでスムーズに宿泊客を迎えるための連携が取られていました。

 別邸回は2000坪の敷地に全9室という贅沢な造りの高級宿です。以前は銀行の保養所だったらしく建物自体は古いのですが、館内は改装されており、老朽化は感じられませんでした。またスタイリッシュなインテリアと、障子がふんだんに用いられた和と洋のコントラストが魅力的でした。

 ウェルカムドリンクとスイーツはBARラウンジで頂きました。ウェルカムドリンクの目薬の木で作られたお茶は独特な風味が楽しめます。ウェルカムスイーツの黒豆抹茶パウンドケーキは甘さ控えめでお茶請けには良いと思いました。

 客室は「その弐」に泊まりました。主室と寝室が独立しており、それぞれ趣向が凝らされたデザインに纏められていました。収納棚が障子戸で隠されており、生活感のない非日常的な空間が演出されていると感じられました。珈琲マシーンが置かれているので淹れ立ての珈琲を味わうことが出来ました。また冷蔵庫の中身はフリードリンクです。吐き出し窓からウッドデッキテラスに出ると、目の前にはプライベートガーデンが広がります。テラスには椅子やテーブルなどが置かれておらず殺風景だったので、プライベートガーデンを眺めながら寛げるようガーデニングチェアーなどを置いてあれば良かったと思いました。

 寝室には寝心地の良いベッドの他、デスクが設置されているので作業にも便利でした。暖房設備が目隠しされているなどデザインにも凝られた空間でした。しかし寝室にはテレビが置かれていないのが残念でした。収納棚には浴衣と寝間着が用意されているので就寝時にも寛げました。

 洗面所にはバスタオルが1人3枚ずつ用意されている他、タオルウォーマーが設置されているので、入浴後はいつも快適でした。タオルウォーマーには予めバスローブが温められていました。アメニティ類は同じ宿泊代金クラスの宿と比べると少な目に感じました。本館「山水閣」のオリジナルスキンケアセットが置かれていましたが、メイク落としの備えがないのが気になりました。女性の方は持参なさった方が良いと思います。洗面台が全て木で出来ているのはとても珍しく、スタイリッシュなデザインに感じました。

 別邸回には大浴場はありませんが、全室温泉付きです。「その弐」の客室温泉は桧風呂でした。浴槽は家族やカップルで一緒に利用しても充分な広さがあり、贅沢な気分になれました。泉質は単純温泉です。客室内まで硫黄の香りがかなり漂っていましたが、近くの源泉の香りが移っているだけで硫黄成分とは関係ないようです。美肌成分のメタケイ酸がたっぷりと含まれているようで肌が潤い、女性には嬉しい効果が感じられました。また疲労回復効果もあるらしく、柔らかいお湯で湯疲れせず長湯が出来ました。

 シャワーブースが別に用意されていますが、暖房設備が整っていないので、寒い時期に利用するには少し不便に感じられました。しかし洗い場は広々としており、またシャワーがミストシャワーに切り替えられるもので使い勝手は良かったです。棚には山水閣のオリジナルヘアケアセットが置かれていました。

 夕食は部屋食で、18時、18時半、19時の開始時間から選ぶことが出来ます。内容は一品一品配膳される懐石料理です。各席のペースに合わせて配膳されるので、アルコールや会話を楽しみながら優雅に食事を取ることが出来ました。全体的に盛り付けの華やかさに欠けていたのが残念でしたが、器は栃木の名産益子焼を始め、オーナーにより一つ一つ吟味して選ばれた美しいものが使われていました。

 先付けや前菜に高級食材は用いられていませんでしたが、真空調理法で作られた地鶏の柚子胡椒和えはパサつきが全くなくしっとりとしていて美味しかったです。那須黒毛和牛の味噌煮込みはかなり味が濃く、辛くて食べずらかったです。お造りの量は少なく、鮮魚よりも湯葉の方が美味しく感じられました。豆乳しゃぶしゃぶに用いられているA5ランクの那須黒毛和牛は口の中でとろけるような柔らかさがあり、一級品でした。隠し味に味噌が使用された豆乳出汁は上品な鰹出汁で割られているのでスープとしても美味しく頂けました。デザートの柚子プリンは濃厚かつ舌触りがとても滑らかで絶品でした。ボリュームがあるとは思いませんでしたが、夜食におにぎりの準備がある他、別注料理が豊富に揃っているので沢山召し上がりたい方も大丈夫だと思います。別注に豚の角煮を頼みましたが、味付けがしっかりしているのでご飯によく合いました。

 夕食後、21時からBARラウンジを利用することが出来ます。細部にまで凝ったデザインの種類豊富なソファーが設置されており、お洒落なインテリアで統一されたラグジュアリー空間が広がります。ライトアップされた中庭を眺めながらアルコールと会話が楽しめるようになっていました。また、あんみつやパフェの準備もあるので、アルコールを嗜まれない方でも気軽に利用出来ると思います。朝はBARラウンジで珈琲が頂けます。宿の玄関横にあるギャラリーには同じく多種多様なソファーが置かれており、喫煙所として利用出来ます。

 別邸回の宿泊客は山水閣の共用施設を利用することが出来ます。庭を通って行き来することが出来ますが、夜になると足元が見えづらく不便でした。夜通し入れる大浴場の他二カ所の貸切風呂があります。今回『洞(うろ)』を利用しましたが、脱衣場、浴槽共に清潔感と広さがあり、ハイセンスなデザインの客室露天風呂とは異なるノスタルジックな雰囲気を味わえたのが良かったです。お休み処では18時までオリジナルゆず酒が振る舞われます。ロビーに併設されている売店にはウェルカムスイーツとして頂いた黒豆抹茶パウンドケーキが販売されている他、お土産選びに良いランイナップに感じられました。アロマトリートメントルームがあるのは女性に嬉しい設備だと思います。

 朝食は8時から9時の間に取ることが出来ます。卵料理は出汁巻き卵か温泉卵から選ぶことが出来ます。出汁巻き卵をチョイスしましたが、上品な味付けは朝に相応しかったです。おかずのラインナップはそこまで多くはなく、手の込んだ料理がなかったのが残念でした。盛り付けや器も目をひくものはありませんでした。食後の飲み物は夕食同様に珈琲、紅茶から選ぶことが出来ます。

 チェックアウトは11時なので朝食後もゆっくりと客室で寛げました。またフロントは本館山水閣にしかありませんが、チェックアウトの手続きはフロントに出向かずとも客室で行えるのが便利でした。今回利用したプランは片道タクシー送迎付きでしたが、通常のタクシーではなくロンドンタクシーを手配して下さり、最後まで旅の情緒を味わわせてくれたのが良かったです。

 食事面では特に感動は得られませんでしたが、客室の居心地がとても良く、非日常的な空間で寛ぎたい方にはお勧めのお宿です。またBARや館内のインテリアも一つ一つに拘りが感じられ、ハイセンスなデザインを好まれる方も満足出来ると思います。スタッフは礼儀作法がきちんとしており、高級旅館に相応しい品のある振る舞いでした。スタッフの人員も充分で、館内を歩いているとよくスタッフとすれ違い、解からないことがあれば直ぐに聞くことが出来ました。

接客対応

スタッフ数が多く、敷地内でスタッフが常に巡回しており安心感がありました。またすれ違う際には丁寧なお辞儀があり、上品な振る舞いは高級旅館に相応しかったです。

清潔感

建物自体は古いのですが、館内は改装されており綺麗でした。掃除も行き届いており、細かな細工が施されたインテリアは一つ一つ美しく磨き上げられていたのが良かったです。

客室

収納棚を障子で目隠しするなど非日常的な空間を演出していると感じました。しかし隣の客室の足音がこちらまで結構響いてきました。

食事

しゃぶしゃぶで使用されていた那須の黒毛和牛がとても美味しく、豆乳との相性も良かったです。朝食は全体的に手の込んだ料理が少なく感じました。

コスパ

食事を重視する方には物足りない印象を与えると思いますが、客室のデザインや居心地の良さ、広々とした客室露天風呂を独占出来るので優雅な気分になりました。

立地

那須街道から近い割には静かな佇まいで、ゆっくりと過ごすには良い環境です。景色はそこまで良くはありませんが、敷地内に木々が生い茂り、森の中にいる気分になれます。

温泉・スパ

メタケイ酸がたっぷり含まれているようで肌の角質が落ち、滑らかな肌になります。山水閣の大浴場、貸切風呂と合わせて湯巡り気分を味わえたのが良かったです。

備考・アドバイス

宿と駅の往復に、無料のシャトルバスが利用出来ます。バスは宿泊日3日前までに予約が必要です。

 館内、客室共にWi-Fiの利用が可能です。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.5 2015年7月25日に投稿 獲得票数:4 投稿者: あねもね
2015年7月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
那須インターより12キロ程、那須御用邸のお隣にあるお宿へ数年ぶりの訪問です。公共交通機関を利用の場合は那須塩原駅から無料シャトルバス(要予約)が運行しています。私達は自家用車で到着しました。生憎の雨でしたが、スタッフさんが駐車場まで傘を持って迎えにきてくださいました。 全9室、全て異なる間取り・異なる露天風呂が付いたスイートルームです。保養所をリノベーションしたお宿ですがシンプルでデザイン性が高く、70~120平米近...

那須インターより12キロ程、那須御用邸のお隣にあるお宿へ数年ぶりの訪問です。公共交通機関を利用の場合は那須塩原駅から無料シャトルバス(要予約)が運行しています。私達は自家用車で到着しました。生憎の雨でしたが、スタッフさんが駐車場まで傘を持って迎えにきてくださいました。

全9室、全て異なる間取り・異なる露天風呂が付いたスイートルームです。保養所をリノベーションしたお宿ですがシンプルでデザイン性が高く、70~120平米近くある客室を揃えています。前回はBタイプに宿泊したのですが、使用しないお部屋があるぐらい広かったので、今回はAタイプのお部屋を予約しました。案内されたのが「其の三」というお部屋です。平日に2名1室で76000円の宿泊料金になります。

雨に濡れた前庭の小道を歩いて別邸専用の玄関へ。ラウンジにてウェルカムティーとお菓子をいただきます。こちらのラウンジ「206」は夕方から深夜までバーとして利用できます。マスターの作るカクテルや「夜のパフェ」などが人気で、多くのゲストに利用されていました。

案内された「其の三」は一階にあり、テラスの付いた主室は半分が畳の和室で、広縁・廊下のスペースはタイルの床です。雪見障子を開けるとテラスの先に緑が見えて、心が休まります。籐でできた丸い形のソファーが可愛らしく、それぞれに小さなテーブルも置いてあるので、飲み物などいただきながら寛ぐ事ができます。

奥にツインベッドの寝室があり、皮の素材で出来た珍しい椅子とライティングデスクを備えてます。廊下側なので窓がないのですが、それが却って落ち着き、ぐっすり眠れました。クローゼットに浴衣やナイトウエア、足袋ソックスなどが用意されています。全体的に室内の照明が暗めで、のんびりと何もせずに過ごせるよう考えられていると感じます。

広々とした洗面スペースの、木製の流し台がハイセンスです。両側の棚にタオルが3枚ずつ用意されてます。桐の箱に入ったアメニティも高級感があって好印象。基礎コスメは山水閣オリジナルの「めぐすりの木」成分を配合したもので、すっきりした香りと使い心地で前回の訪問時にも気に入って使用したのを思い出しました。高性能なタオルウォーマーに、バスローブが掛かっています。裏側がタオル地のバスローブは非常に暖かく、着心地の良い物でした。

「其の三」の客室露天風呂は、ほとんど塀に囲まれているので「半露天」と言って良いかと思います。お部屋によってお風呂の形も開放感も異なるようですが、この日は雨風が入らないこちらのお風呂がちょうど良かったです。4名は入れそうな広さなので、温度調節をする時は少々時間がかかります。腰かけられる段がついているので、のぼせる事もなくゆったりと湯浴み三昧ができました。昼間でも暗めで、お堂の中で入浴するような、静謐な雰囲気が落ち着きます。

客室の中で一点だけ気になったのが、お手洗いに匂いがこもっていた事です。こちらのお部屋だけなのかもしれませんが、高級旅館のお手洗いに清潔感が感じられないのは残念でした。

別邸のゲストは本館の貸切風呂や大浴場も利用する事ができます。2つある貸切風呂のうち、広い方が空いていたので利用しました。入り口が茶室のように狭くなっていた造りが面白かったです。2つの浴槽の真ん中から竹筒を通ってお湯が注がれています。レトロな雰囲気のお風呂ですが、浴槽の塗料が劣化していたのが気になりました。

本館のラウンジで、湯上がりにハーブティーや柚子酒を自由にいただけます。夫はさっぱりとした柚子酒を気に入ったようで、喜んでおりました。

お食事は朝・夕共にお部屋でいただきます。お部屋によって、テーブルと椅子の所もあれば、テーブル下が掘り込んである所もあるのですが、今回のお部屋は座椅子でした。正座や胡坐の苦手な夫のために、翌朝は高座椅子を用意してくださいました。とても気遣いのある担当スタッフさんで助かりました。

夕食は豆乳しゃぶしゃぶをメインにした会席料理です。しゃぶしゃぶのお肉もお野菜もお代わりできるので、満腹になります。遊び心のある盛り付けの前菜や、鮎の2種焼きなど美味しくいただきました。お酒の種類も豊富で、日本酒で作ったという梅酒が美味しかったです。

翌朝は天候が回復して、爽やかな朝となりました。朝食はご飯のお供になるような小さなおかずがたくさん出て、お櫃に入ったご飯がすすみます。食後にコーヒーや紅茶を持ってきてくださったので、籐のソファーに座ってテラスを眺めながらゆっくりといただきました。

前回同様に、素敵な滞在になりました。少々の施設の劣化を感じましたが、非日常に浸れる旅館だと思います。ギャラリー兼喫煙ルームから煙草の匂いが廊下まで漂ってきていたので、分煙を徹底してくださると嬉しいです。広い客室と露天風呂でのんびりされたい方にはオススメのお宿です。

接客対応

若いスタッフさんが多く、皆さん如才ない対応です。

清潔感

全体的には良いですが、客室のお手洗いの匂いや、喫煙室の匂いが漂ってくるのが気になります。

客室

一部屋毎に異なる間取りです。デザイン性が高く、非日常感があります。

食事

定番メインの豆乳しゃぶしゃぶが美味しい上に、おかわりもできます。

コスパ

食事内容など本館と違いがないようなので少し割高に感じますが、部屋の広い露天風呂は魅力です。

立地

那須インターからそう遠くないのに森の中にいるようで落ち着きます。

温泉・スパ

本館の貸切風呂に傷みが目立つのが残念です。客室露天風呂は素晴らしいです。

備考・アドバイス

・鍵穴の形をした露天風呂や、最も広い離れのお部屋など多様な客室があるので、用途によって吟味されると良いです。今回泊まった「其の三」は2名向きかと思います。

・冷蔵庫の飲み物は全て無料です。

・ラウンジ「206」は定休日がございます。その場合はセルフバーになるようです。

5.0 2014年2月28日に投稿 投稿者: meroth
2013年12月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
自然の中でとてもゆっくりとすることができました。建物は一昔前の日本家屋を思わせるような感じです。入ってすぐの壁がとても素敵でした。従業員は若い方が多く、まだまだ発展していくのでは?と楽しみになりました。食事もとても美味しかったです。部屋のお風呂が気持ちよく、何度も入りました。嫁はエステがとても気に入ったようです。

自然の中でとてもゆっくりとすることができました。建物は一昔前の日本家屋を思わせるような感じです。入ってすぐの壁がとても素敵でした。従業員は若い方が多く、まだまだ発展していくのでは?と楽しみになりました。食事もとても美味しかったです。部屋のお風呂が気持ちよく、何度も入りました。嫁はエステがとても気に入ったようです。

接客対応

清潔感

客室

食事

コスパ

立地

温泉・スパ

備考・アドバイス

部屋の露天風呂でゆっくりと過ごしましょう。

1 - 4件目 / 合計 4件

施設情報

施設名
那須別邸 回
かな
なすべってい かい
所在地
〒325-0301
栃木県那須郡那須町湯本206
電話番号
0287-76-3180
チェックイン
15:00(最終チェックイン:18:00)
チェックアウト
11:00
アクセス
【車の場合】
東北自動車道 那須ICから県道17号を那須湯本方面へ約12km
【新幹線の場合】那須塩原駅下車 
無料シャトルバス(※要事前予約)
タクシー(約40分 7,000円位)
路線バス 那須温泉行 つつじヶ丘下車
【電車の場合】黒磯駅下車
タクシー(約20分 4,000円位)
路線バス 那須温泉行 つつじヶ丘下車
送迎
あり(無料)
駐車場
あり(宿泊者無料)
駐車場台数: 12台
部屋数
9
設備・サービス
○ インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 ○ 露天風呂 × 貸切風呂 × 客室露天風呂 × 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 × コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く × ゲレンデ近く ○ 駐車場 ○ 送迎サービス × ランドリー × クリーニング × マッサージ ○ エステ × サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 × ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 フェイスタオル バスタオル 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り 浴衣 ナイトウェア バスローブ スリッパ 綿棒 コットン 冷蔵庫 湯沸かしポット お茶セット テレビ 金庫 衛星放送 DVDプレイヤー 洗浄機付トイレ
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS

那須別邸 回周辺の旅館