ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

山の宿の口コミ情報・宿泊予約

8位

山の宿

〒014-1204 秋田県仙北市田沢湖田沢字湯ノ岱1-1
8位/44件中 - 田沢湖・角館の旅館
山の宿
〒014-1204 秋田県仙北市田沢湖田沢字湯ノ岱1-1
TEL: 0187-46-2100
みんなの満足度
2.8 詳細評価
接客対応
3.0
清潔感
2.7
客室
2.6
食事
3.1
コスパ
3.2
立地
2.9
スパ・温泉
3.8
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 1泊 1泊 2泊 3泊 4泊 5泊 6泊 7泊 8泊 9泊 10泊 11泊 12泊 13泊 14泊 大人2名
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児(寝具のみ)
幼児(寝具・食事なし)
設定
子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。その他の予約サイトにつきましては直接ご確認ください。
解除
空室・最安値を検索
じゃらん楽天トラベルるるぶトラベル
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
0
良い
0
普通
2
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
1
家族旅行
1
友人・知人
0
一人
0
全文表示簡易表示
1 - 2件目 / 合計 2件
この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
2.7 2017年10月20日に投稿 獲得票数:12 投稿者: ゴン太
2017年10月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
山の宿は乳頭温泉郷「鶴の湯」の別館として、平成6年にオープンした平屋の一軒宿です。10月の平日に2人で宿泊しました。2食付き1人当たり16,350円で合計32,700円(税込み)でした。当日は車で向かいました。県道から細い道に入りますが、道路は舗装されているので不安なく移動出来ました。 玄関前に駐車場がありますが、玄関までは、十数段の階段を上る必要があります。スタッフさんによるお出迎えやお見送りはありませんので、大きな荷物がある場合な...

山の宿は乳頭温泉郷「鶴の湯」の別館として、平成6年にオープンした平屋の一軒宿です。10月の平日に2人で宿泊しました。2食付き1人当たり16,350円で合計32,700円(税込み)でした。当日は車で向かいました。県道から細い道に入りますが、道路は舗装されているので不安なく移動出来ました。

玄関前に駐車場がありますが、玄関までは、十数段の階段を上る必要があります。スタッフさんによるお出迎えやお見送りはありませんので、大きな荷物がある場合などは少し大変かもしれません。帳場で、女性スタッフさんが笑顔で迎えてくださいました。明るくハキハキした話し方で好印象でした。記帳を行い、夕食時間の確認と、無料で入浴出来る本館「鶴の湯」への送迎バスの説明を受けました。食事処やお風呂場の場所を確認しながら、お部屋へと案内していただきました。

客室は宿泊棟に9室と離れに1室の全10室となっています。案内いただいたのは宿泊棟の一番奥にある「いちい」で、和室8畳+広縁のお部屋でした。バス、トイレ付きですが、部屋のお風呂は温泉ではありません。肌寒い日でしたので、ストーブでお部屋が暖められていたのが嬉しかったです。木のぬくもり溢れるお部屋で、落ち着いて過ごせました。ただ、踏み込みから居室へ出入りする扉がきつく、開け閉めしづらかったです。また、清掃状態では、天井から埃がぶら下がっていたり、部屋の隅に埃がたまっていたのが気になりました。窓からは木々の緑と、その先に温泉棟が見えました。

お部屋に、テレビ、エアコンはありませんでした。タオル類、浴衣は一枚ずつでしたが、大きなタオル掛けがあり、ストーブの前に置いておくとすぐに乾くので便利でした。その他お部屋に用意されていたのは、歯ブラシとカミソリ、ドライヤーのみでした。お風呂場の脱衣所には、アメニティ類は一切なかったので、基礎化粧品など必要なものは持参されると良いと思います。お部屋に冷水ポットの用意がなく、また温泉棟の休憩処にも用意がなかったのは残念でした。

今年9月に、新温泉棟がオープンし、以前使われていた温泉棟は閉鎖されていました。新温泉棟は先逹川沿いに建てられていて、お部屋からの移動距離が以前より長くなりましたが、新しいお風呂を利用出来て嬉しく思いました。大浴場はなく、4つあるお風呂は全て貸切での利用となります。温泉棟入り口のボードにそれぞれの鍵が用意されていますので、利用したいお風呂場の鍵を持って行き、鍵をかけて利用します。時間制限もなく、チェックアウトの11時まで夜通し入浴可能です。

貸切風呂4つのうち、2つが内風呂となっていて、左右対称の同じ造りです。壁や床、浴槽は全て木造りで、真新しい木の香りが漂っていました。大きな一枚窓からは、緑の木々も見え明るく開放的でした。内風呂にはシャワーが備えてあります。残りの2つは岩造りの露天風呂となります。目の前に広がる自然の眺めと川のせせらぎに癒されながら、贅沢な湯浴みが出来ました。4つのお風呂は全て2~3人サイズの小さな浴槽です。青みがかった乳白色のお湯がとてもきれいで、硫黄の香りも楽しめました。

本館「鶴の湯」へは自家用車や徒歩でも行けますが、宿出発の送迎バスは1日10本あり便利です。送迎バスを利用する際は、出発の15分前までに予約が必要です。「鶴の湯」までは車で5分ほどです。「鶴の湯」には4種類の泉質の異なる源泉があり、まさに温泉三昧が楽しめます。混浴露天風呂や、女性専用露天風呂はとても広々していて開放感がありますので、滞在中、1度は足を運んでみることをお勧めします。

夕朝食は食事処で、囲炉裏を囲んでの食事となります。オープンな食事処ですが、衝立がありますので、周りの目は気にならずに食事が出来ました。奥には個室もあるようです。普段はなかなか味わえないような雰囲気の中で食事を楽しめました。

夕食は、18時、18時30分、19時から選択出来ました。囲炉裏の炭火で、お肉やつくね、キノコなどを炙っていただきます。八幡平ポークは、やわらかく肉の甘みを感じられ、白神えがお茸はコリコリした食感が楽しめました。鶴の湯名物の山の芋鍋は大鍋で用意されます。山の芋のモチモチした食感と、野菜やキノコの旨味が出た味噌仕立ての汁がとても美味しく満足出来ました。山菜やいぶりがっこなどのお漬物も美味しく、ご飯が進んでしまいました。

朝食は、7時から8時30分の間で、好きな時間を指定出来ました。囲炉裏で炙って香ばしくいただく鮎の一夜干しや、大鍋で用意されたなら茸のみそ汁など、どれも美味しくいただけました。ですが、おひつに用意されたご飯は、茶碗3杯分くらいの量だったので、たくさん食べる私達には、少し足りなかったのが残念でした。

スタッフさんは、淡々としている方が多く、概ねあっさりとした接客対応でした。ですが、チェックイン時のスタッフさんの対応と、帰り際に廊下ですれ違った清掃スタッフさん達の明るい挨拶は好印象でした。

緑に囲まれた山の一軒宿ですので、静かにのんびりと過ごせます。お風呂は全て貸切利用となり、家族やカップルで気兼ねなくゆっくり出来るのも魅力に感じました。また、本館「鶴の湯」の温泉にも入り放題なので、温泉三昧したい方にも嬉しい宿だと思います。機会があれば、冬の雪深い季節に、また訪れてみたいと思いました。

接客対応

スタッフさんは、淡々としている方が多く、概ねあっさりとした接客対応でした。チェックイン時の対応や、清掃スタッフさん達の明るい挨拶は好印象でした。

清潔感

天井や部屋の隅に埃がみられました。新温泉棟は今年9月にオープンしたばかりなので、浴室、脱衣所共にきれいで気持ち良く利用出来ました。

客室

木のぬくもりを感じるお部屋で居心地良く過ごせました。隣の部屋の話し声は意外に聞こえてきました。お部屋にテレビ、エアコンはありません。

食事

囲炉裏を囲んでの食事が楽しめます。山菜やキノコなどの山の幸や、郷土料理「山の芋鍋」がいただけます。

コスパ

宿にある4つの貸切風呂と、本館「鶴の湯」の温泉とどちらも利用出来たのでお得に感じました。

立地

緑に囲まれた山の一軒宿ですので、静かにのんびりと過ごせます。

温泉・スパ

4つあるお風呂は全て貸切で利用出来ます。青みがかった乳白色のお湯で硫黄の香りも楽しめます。

備考・アドバイス

ドコモは全館で通話可、auは場所によっては通話可、ソフトバンクは全館通話不可となっています。

Wi-Fiは利用出来ました。

本館「鶴の湯」温泉の入浴可能時間は、夜は23時まで、朝は6時からとなっています。

11月~3月の間、一部屋につき1,080円の暖房費が必要です。

湯めぐり手帖(1,800円)を購入すると、乳頭温泉郷にある7軒の宿の温泉に入浴出来ます。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
2.5 2015年7月30日に投稿 獲得票数:2 投稿者: りんご
2015年7月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
山の宿は、乳頭温泉郷にある鶴の湯の別館になります。車で向かうと、深い山の中の曲がりくねった道を通ります。公共交通機関利用だと、JR田沢湖駅下車後、乳頭温泉行のバスに乗って約40分、「アルパこまくさ」下車です。事前連絡をすれば無料でバス停までの送迎をしていただけます。 宿の駐車場に到着してもスタッフさんの出迎えはなく、玄関まで自分で荷物を運びました。玄関に行くのに少し急な階段があり、荷物が多いと大変かもしれません。フロ...

山の宿は、乳頭温泉郷にある鶴の湯の別館になります。車で向かうと、深い山の中の曲がりくねった道を通ります。公共交通機関利用だと、JR田沢湖駅下車後、乳頭温泉行のバスに乗って約40分、「アルパこまくさ」下車です。事前連絡をすれば無料でバス停までの送迎をしていただけます。

宿の駐車場に到着してもスタッフさんの出迎えはなく、玄関まで自分で荷物を運びました。玄関に行くのに少し急な階段があり、荷物が多いと大変かもしれません。フロントで記帳後、夕食の時間や、本館の鶴の湯温泉への送迎バスについての案内があります。送迎バスを希望する場合は事前予約が必要です。

山の宿は、平成六年に鶴の湯の別館としてオープンし、日本秘湯を守る会の会員でもあります。部屋は本館と離れがあり、本館は旅行サイトでのオンライン予約ができますが、離れは直接予約しかできないようです。本館は地元の材木を使って建てられており、離れは角館の古民家を移築した建物で2室しかありません。離れは本館と繋がっていますが、フロントから廊下を150メートルほど歩くことになります。

今回は、離れの「むかご」に宿泊しました。一泊二食付きで大人は14,190円、子どもは10,908円でした。部屋は、和室10畳に、広縁、ベランダ、お風呂、トイレが付いていました。部屋は10畳ですが、天井が低いのと黒い材木を使っているので圧迫感があり、狭く感じました。広縁からベランダに出ることができますが、サンダルが置かれていなかったのと、虫がたくさん飛んでいたので外には出ませんでした。ウェルカムドリンクはなく、部屋にお茶セットとお茶菓子が用意されていました。お茶菓子は鶴の湯オリジナルの「つるまん」という饅頭でした。

古民家というだけあって、柱やドア、ふすま、畳も年季が入っていました。玄関から部屋への扉は開けづらく、出入りもし難かったです。家具や椅子も古いものでした。しかし、トイレとお風呂はリフォームしたてのようで新しいものでした。壁が薄いようで、隣の部屋や廊下の足音が聞こえました。喫煙可能な部屋ですが、煙草のにおいは全くしなかったので、消臭対応の希望に配慮していただけたと思われます。

アメニティは、使い捨ての歯ブラシやタオルなどが一通り用意されていました。櫛や女性の基礎化粧品は客室にも浴場にもありませんので、用意していかれると良いと思います。部屋には時計やテレビはありません。夏でも扇風機のみで、エアコンもありません。しかし、当日の夜は涼しく快適に過ごせました。夜になると外では蛾などの虫が飛び交っていましたが、窓を開けなくても快適に過ごせたため、部屋に虫が入ることはありませんでした。冬は暖房費として一部屋1,080円かかります。

浴場は、男女別の内湯と貸切露天風呂があり、一晩中いつでも入ることができます。温泉は鶴の湯本館の白湯と同じ泉質で、硫黄ナトリウムを含んでいるため硫黄のにおいがします。本館から浴場へ行くには、距離はありませんが一度外に出ないといけません。雨が降ったときのために出入り口に傘が用意されていました。離れの場合は、本館を通って浴場まで350メートルほど歩くことになってしまいます。内湯は、大人が3名入ると窮屈になるくらい小さな浴槽で、脱衣所も広くありません。貸切露天風呂は、内湯より広くて開放感があります。予約不要で空いているときにいつでも入ることができます。しかし、洗い場がないので、内湯か部屋のお風呂で髪などを洗うことになります。また、鶴の湯本館の温泉も利用することができます。鶴の湯本館までは車で5分ほどです。

食事は朝夕共に食事処「庵」の個室でいただきました。囲炉裏の火を囲んでの食事でしたが、夏ですのでやはり暑かったです。山菜や川魚、山の芋鍋など、山の幸たっぷりで男性でも食べきれないほどのボリュームでした。朝食は7:00から8:30の間で希望をとり、同様に囲炉裏を囲んで食事をします。夕食の山の芋鍋や朝食の味噌汁は大鍋に入っており、一人2,3杯おかわりしてもまだ残るほどたっぷり作られていました。

接客については、男性スタッフさんも仲居さんも、淡々としてあっさりした印象でした。また、館内についての説明の際には声が小さく、こちらから聞き返すこともありました。

山の宿は、周囲がブナ林に囲まれ、川の水音が聞こえる自然たっぷりの宿です。テレビなどの文明機器から離れ、本当にのんびり過ごすことができます。温泉や山菜料理を楽しみに、ゆっくり過ごしたい人におすすめできる宿だと思います。

接客対応

スタッフのみなさん、笑顔が少なかったですが、とても落ち着いていました。

清潔感

山の中でしたが部屋や館内で虫をあまり見かけませんでした。

客室

部屋にテレビはありません。

食事

鶴の湯温泉名物の山の芋鍋がいただけます。

コスパ

立地

とても不便な所にあります。最寄りのバス停までの送迎があります。

温泉・スパ

秘湯の湯、乳頭温泉はとてもすばらしかったです。

備考・アドバイス

田沢湖駅からのバスは一時間に一本となっているので、計画を立てて行かれることをおすすめします。

女性の基礎化粧品と櫛は用意されていないため、持参する必要があります。

秘湯ビールを飲んでみるのもおすすめです。

1 - 2件目 / 合計 2件

施設情報

施設名
山の宿
かな
やまのやど
所在地
〒014-1204
秋田県仙北市田沢湖田沢字湯ノ岱1-1
電話番号
0187-46-2100
チェックイン
15:00
チェックアウト
10:00
アクセス
JR田沢湖駅下車、羽後交通 乳頭線で40分 アルパこまくさバス停より送迎有
送迎
あり/アルパこまくさバス停まで送迎いたします。当日バスに乗る前に田沢湖駅よりTELして下さい
駐車場
有り 15台 無料 予約不要
部屋数
10
設備・サービス
○ インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 ○ 露天風呂 ○ 貸切風呂 × 客室露天風呂 ○ 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 × コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く × ゲレンデ近く ○ 駐車場 ○ 送迎サービス × ランドリー × クリーニング ○ マッサージ × エステ × サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 × ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 フェイスタオル バスタオル 歯磨きセット ドライヤー 髭剃り 浴衣 冷蔵庫 湯沸かしポット お茶セット 金庫 体重計 洗浄機付トイレ
カード情報
VISA MASTER

山の宿周辺の旅館