ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

福住楼

〒250-0315 神奈川県足柄下郡箱根町塔之沢74
福住楼
〒250-0315 神奈川県足柄下郡箱根町塔之沢74
TEL: 0460-85-5301
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.2 に投稿 獲得票数:6 投稿者: ぽぽぽぽぽ認証済
2018年4月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
歴史的価値のある建築物に泊まれる温泉宿

「福住楼」は箱根塔ノ沢温泉に建つ歴史ある旅館で、建物は登録有形文化財に指定されています。

チェックインは15時からなのですが、お宿には14時半頃に到着しました。引き戸を開けるとすぐに若い男性スタッフが出迎えてくれたのですが、まだお部屋の準備が出来ていないとのことで、オープン前の2階にあるバー「帰郷」で待つことになりました。バーの天井には温かい色彩のステンドグラスがはめ込まれており、レトロな雰囲気を醸し出していました。しばらくしてお部屋に通されたのですが、チェックインの手続きは15時に担当の中居さんがお部屋に来て行いました。まずお茶とお菓子がだされ、それをいただきながら記帳をすませると、館内とお部屋の説明があり、食事の時間を決めました。

宿泊したのは「桐三」という和室8畳間に広縁がついたお部屋でした。4月の平日、一人で泊まって、1泊2食付きで24,850円+入湯税150円でした。ここは、文豪川端康成が好み、執筆活動を行ったお部屋だそうです。お部屋の両側に窓があったのですが、雨が降っていたせいかあまり自然光が入らず少し暗く感じました。内装は純和風で、入り口の引き戸には丸いガラス窓がついていたり、障子の木枠が杉の模様になっていたり、障子の後ろの窓が丸窓だったりと凝った造りでしたが、床が歪むなど建物の古さからくる劣化もありました。このお部屋は外から鍵がかけられず、外出する時、貴重品を金庫に入れなければならず面倒でした。こちらのお宿のほとんどのお部屋にはトイレとお風呂がついていません。そのためお風呂は半地下にある大丸風呂、岩風呂、家族風呂を、トイレは館内に数か所あるトイレを使います。泊まったお部屋に一番近いトイレは男女共用で個室は洋式と和式の両方がありました。洗面台が手水鉢で、柄杓で水をすくって手を洗うようになっていたのには驚きました。

お部屋には浴衣、羽織、足袋、バスタオル、手ぬぐい、歯ブラシが置かれていました。飲み物は急須で入れる緑茶とほうじ茶にポットに入った冷たい水が用意されていました。冷蔵庫もありますが、中は空でした。必要な場合は館内に設置された自動販売機を使うかルームサービスをオーダーします。

食事はお部屋でいただきました。夕食は18時か18時半か選べます。お品書きはありませんでしたが、いただいたのは桜をテーマにした会席料理でした。桜の花が飾られた器に入った5種盛り合わせでは鯛のお寿司を塩漬けにした桜の葉でくるんだり、桜豆腐にはほんのりと桜の香りがつけてあったり、蒸し物には桜色のおこわに桜の風味を加えて金目鯛で巻いたり、と春を感じさせるコースでした。濃厚な出汁にくぐらせて食べるしゃぶしゃぶは具材にしっかりと出汁の旨みが移りおいしくいただけました。お造りも新鮮で、マグロの中トロは口に入れるとすぐに蕩けていきました。品数も量もあり満足できるコースでした。

朝食は8時か8時半か選べます。和と洋の2コースがありどちらか好きなほうを選べました。私は洋コースを選んだのですが、実は洋コースは外国人のためのコースだそうで、日本人は和のコースと決まっているのを中居さんが勘違いして案内してしまったとのことでした。内容はオムレツ、ソーセージ、サラダ、フルーツ、パンに最後にコーヒーか紅茶かをチョイスできました。

お風呂は大丸風呂、岩風呂、家族風呂の3つあり、15時から翌朝の9時半まで利用できます。大丸風呂と岩風呂は男女入れ替え制で、19時に入れ替えがあります。タオル類は用意されていないので部屋から持参する必要がありました。大丸風呂は松の幹をくり抜いて作った珍しい湯船で、大と小の2つがありました。床にも壁にも天井にも木が使われていて、ナチュラルな雰囲気の気持ちのいい空間でした。湯船に腰を下ろすと、窓からは向かいの湯坂山の鮮やかな新緑がちょうどよい角度で見え、とても気持ちがよかったです。岩風呂は壁の岩から水が流れ落ちてくるダイナミックな雰囲気のお風呂でした。タイルの壁には女性の絵が描かれており、レトロな雰囲気もありました。家族風呂は予約が要らず、空いていれば自由に使えるシステムでした。他人の目を気にせず入れるのはいいのですが、湯船が小さいので今回は利用しませんでした。バスアメニティはどのお風呂にも「Kracie」のものが用意してありました。

お風呂の横には洗面台が2か所あり、1か所には「Kanebo」の男性用化粧品と綿棒、櫛、剃刀などが置いてありました。もう一か所には、鏡台があり、こちらにはドライヤーも用意してありました。

接客には満足できました。担当してくださった若い女性の中居さんは、最初にきちんと名前を名乗っていたし、ハキハキとしていてとても気持ちのいい対応をしていました。この方は話し上手、聞き上手でだいぶ会話が盛り上がり、たのしいひと時を過ごすことができました。朝食前に布団を畳みにくるのですが、希望すれば布団を敷いたままで朝食を用意することも可能と提案してくれましたし、チェックアウト後、岡田美術館に行くと話すと割引券を持ってきてくれるなど、心配りも出来ていました。ある中居さんは廊下からガラス越しに池の写真を撮っていたら硝子戸を開けてくれましたし、別の中居さんは、先方から声をかけてくれ幸せを呼ぶという蝙蝠の細工のある場所へ案内してくれました。また、ロビーにある古い襖絵についてたずねると、わざわざ奥からこのお宿のご主人と思われる年配の男性を連れてきてくれ、その方が襖絵を解説をしてくれるなど、感じがいい方が多かったです。

今回泊まった感想としては、満足できる滞在でした。古さは感じますが、文化財に指定されているだけあって建物自体は素晴らしく、欄間や障子など、細かなところにも凝った細工が施されていて、ちょっとした美術館のようで見ていて楽しかったです。日本風情もあり、外国人に人気だそうです。私が宿泊したときは17室あるお部屋は満室で、日本人は3組だけとのことでした。それでも日本人が多いほうとのことでした。また、お料理も季節感がありおいしくいただけましたし、お風呂も素晴らしかったです。接客も担当してくれた中居さんは絶妙な対応で、心地よい気分にさせてくれました。こちらのお宿はお部屋によってその間取りや造作が違うので、今度は部屋を替えて泊まってみたいです。

接客対応

担当をしてくれた中居さんをはじめ、みなさん親切で心配りができていたと思います。

清潔感

建物は古く、傷みが目立つ場所が多くありますが、掃除は行き届いていました。

客室

年季を感じますがそれが風情を醸し出していました。凝った意匠も施されていて建築的にも面白かったです。ただトイレがないのは不便に感じました。

食事

夕食は季節を感じさせる料理でおいしかったです。品数も多く、量も満足できました。

コスパ

歴史のある建物に泊まり、いい雰囲気の温泉にも入れ満足できました。コスパは良かったと思いますが、古い建物に興味のない人にはお得感が感じられないかもしれません。

立地

バス停からも近く便利でした。早川がすぐ横を流れ、緑に囲まれた落ち着いた雰囲気の場所にあり心地よかったです。

温泉・スパ

大丸風呂、岩風呂、家族風呂と3つの雰囲気の違った温泉が楽しめます。個人的には大丸風呂が気に入りました。

備考・アドバイス

共用のトイレに抵抗のある方には、お値段は高くなりますが、一部屋だけあるトイレとお風呂がついた「桜二」をお勧めします。

入り口からは想像できないほど奥に長く建物が続いており、客室によってはだいぶ玄関から距離があります。玄関にもお風呂にも比較的近いのは、竹、松、桐、梅の部屋です。また階段が急な場所もあるので、足腰に自信のない方は3階のお部屋は避けた方がよさそうです。

無料のWifiがありました。

福住楼周辺のホテル・旅館