ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

四季を味わう宿 山の茶屋の口コミ・宿泊記

53位

四季を味わう宿 山の茶屋

〒250-0315 神奈川県足柄下郡箱根町塔之沢171
53位/208件中 - 箱根の旅館
四季を味わう宿 山の茶屋
〒250-0315 神奈川県足柄下郡箱根町塔之沢171
TEL: 0460-85-5493
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.1 に投稿 獲得票数:10 投稿者: 温泉猫
2017年4月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
4か所のお風呂で湯めぐりを楽しめる、吊橋を渡った先にある温泉旅館

箱根の塔ノ沢温泉の渓流沿いにある宿です。箱根湯本駅から乗合送迎バスで宿に向かいました。(所要時間約5分)バス停は吊橋の前にあり、吊橋を渡って急な坂を上ると宿があります。玄関に入ると小さなフロントがありますが、直接お部屋に通されてお部屋でチェックイン手続きを行いました。部屋付きのスタッフがいて、チェックインからチェックアウトまで同じ方が担当して下さいました。中国人のスタッフで、日本語がたどたどしい部分もありましたが、終始笑顔でお世話して下さって好印象でした。

お部屋は和室基準室、露天風呂付客室、露天風呂付特別室などがあり、全15室です。和室基準室に宿泊して、1名1室約33,000円(平日料金、夕朝食付)でした。

お部屋は和室12畳+広縁の間取りです。古いお部屋ですが、テレビや電話などは時代箪笥に収納されていて、お部屋全体がすっきりとした印象で、必要に応じてメンテナンスもされていて古さを感じさせない清潔感がありました。木造建築のため音は響きやすく、音に敏感な方には不向きです。窓一面を対岸の木々が埋め尽くし、緑豊かな風景が広がっていました。

洗面所とトイレは後付けみたいで比較的新しいものの、洗面所は和室手前の玄関横にあり、トイレは広縁の端にあって離れているので不便に感じました。アメニティは基礎化粧品や整髪料等ボトルのものが置いてあり、基本的なものは概ね揃っていました。浴衣もバスタオルも1枚でしたが、3万円超の料金であればどちらも2枚用意して欲しいと思いました。

館内は小ぢんまりとしていて、1階のフロント横に小さなショップがあるのと、2階のバーコーナー以外は客室とお風呂があるのみです。お風呂に行く以外はお部屋で過ごすおこもり度の高い宿です。また、館内にはエレベーターが無く、傾斜地に立地しているため階段が多いです。足腰の弱い方には不向きかと思います。

お風呂は全部で4か所あり、時間帯によって男女入替があります。タオルはお部屋から持参する必要がありますが、基礎化粧品やシャワーキャップなどのアメニティは脱衣所に用意があります。かじかの湯は内風呂で、10人前後入浴可能な浴槽で古い造りでした。岩戸の野天風呂は、4m75cmもの高さのある巨大な岩がそびえ立つ迫力あるお風呂です。こちらは目隠しの柵が低く、4か所のお風呂の中で一番景色が良さそうでしたが、女性は夜のみで明るい時間に入浴できないのが残念でした。渓谷の野天風呂と竹の湯は離れた場所にあり、外を歩く必要があります。外通路には段差や階段もあるので雨の日は利用しにくいように感じました。渓谷の野天風呂は岩風呂で、近くを流れる川のせせらぎを聞きながら入浴できます。こちらは15時から24時までは予約制の貸切風呂になります。広い露天風呂を貸切にできて贅沢に感じました。ファミリーや大人数のグループでも貸切で伸び伸びと入浴できると思います。竹の湯は一番新しいお風呂で脱衣所や浴槽も綺麗でした。竹の湯には「月」と「兎」の2つの露天風呂があります。塀で囲まれていますが、塀の外側にある竹林を眺めながら入浴ができます。お湯は源泉掛け流しと循環を併用しているので、源泉掛け流しにこだわる方には不向きかもしれませんが、塩素のにおいも無く適温で快適に入浴できました。お風呂の種類が多く、湯めぐりを楽しめました。

食事は部屋食です。最初から麦茶の入ったピッチャ―を用意して下さって、お酒が苦手な私には嬉しいサービスでした。裏山で採れた新鮮な筍を使った筍ご飯は美味しかったですが、夕食全体としては感動するような品も無く味は普通だと思いました。凝った味付けのソースや味噌などを使っていましたが、私の口には合わず、もう少しシンプルな味付けでいただきたいと思う品もありました。朝食も品数は多いものの、無難な内容に感じました。

客室係の方は気配りのできる方で食事の合間も会話が弾んで楽しく滞在できました。チェックアウトの際は荷物を持ってバス停まで見送って下さり、いい印象で宿を後にすることができました。ただし、館内で見かけた他のスタッフは人によって対応に差がありました。挨拶をする方もいれば、会釈のみの方、私を外国人と勘違いして英語で挨拶する方もいてびっくりしました。スタッフと狭い通路ですれ違った際、客に通路を譲らない方もいて残念に思いました。

宿泊した日は何組か外国人の方も宿泊されてました。木造建築の純和風旅館で、ほとんどのお部屋に露天風呂が付いていますので、日本人だけでなく日本旅館の情緒を楽しみたい外国人の方にも好まれると思います。お風呂の種類が多く、湯めぐりを楽しみたい方におすすめの宿です。

接客対応

客室係のスタッフは丁寧な対応でしたが、他のスタッフは挨拶一つとっても対応がバラバラで残念に思うこともありました。

清潔感

古い建物で経年劣化はありますが、必要に応じてメンテナンスもされていて清潔感がありました。

客室

こざっぱりとした和室で思っていたよりも広く感じました。窓からの景色は一面緑で綺麗でした。

食事

印象に残るような料理は無く、宿泊費に見合う内容ではないように感じました。

コスパ

食事の満足度が低く、やや割高に感じました。

立地

吊橋を渡った先の竹林に囲まれた宿で風情ある佇まいでした。箱根湯本駅から乗合送迎バスが運行しています。

温泉・スパ

複数のお風呂で湯めぐりを楽しめました。

備考・アドバイス

箱根湯本駅からのアクセスは、旅館・ホテル乗合送迎バスのCコース(塔ノ沢)で所要時間約5分、運賃は100円です。帰りも吊橋の前から乗車可能です。車内での両替は出来ませんので、あらかじめ小銭を用意してご乗車下さい。

お風呂は15時~21時、21時~24時、6時~9時30分の三交代制です。
時間帯によって入浴できるお風呂が異なりますのでご注意下さい。
「かじかの湯」15時~21時:女湯、21時~24時:男湯、6時~9時30分:女湯
「岩戸の野天風呂」15時~21時:男湯、21時~24時:女湯、6時~9時30分:男湯
「竹の湯(月・兎)」15時~21時:女湯、21時~24時:男湯、6時~9時30分:男湯
「渓谷の野天風呂」15時~24時:貸切風呂(予約制)、6時~9時30分:女湯
※2017年4月現在

Wi-Fiが利用できます。

玄関前の庭園ロビーフロントショップ色浴衣(1枚500円)煙草と飲み物の自動販売機貸出用DVDソフトバーラウンジバーラウンジバーラウンジからの眺めバーカウンター階段はかなり急です。露天風呂へは外履きを履いて外の通路を移動します。露天風呂への通路露天風呂への通路竹の湯「月」 脱衣所竹の湯「月」 脱衣所竹の湯「月」 アメニティ竹の湯「月」 アメニティ竹の湯「月」竹の湯「月」竹の湯「月」 洗い場竹の湯「月」 バスアメニティ竹の湯「月」 バスアメニティ竹の湯「月」竹の湯「月」からの眺め竹の湯「兎」竹の湯「兎」からの眺めかじかの湯 脱衣所かじかの湯 脱衣所かじかの湯 足つぼマッサージ機、体重計かじかの湯 洗い場かじかの湯かじかの湯渓谷の野天風呂 脱衣所渓谷の野天風呂 洗い場渓谷の野天風呂渓谷の野天風呂岩戸の野天風呂 脱衣所岩戸の野天風呂 洗い場岩戸の野天風呂岩戸の野天風呂岩戸の野天風呂廊下にある麦茶玄関から撮影。左:和室、正面奥:洗面所、右奥:水屋電気ポットお茶セット冷蔵庫(飲み物は有料)洗面所整髪料、基礎化粧品アメニティドライヤー基準室基準室基準室基準室お茶と饅頭左:クローゼット、中央:テレビの収納棚、右:押入れクローゼット浴衣、帯、足袋タオルかごバッグ金庫テレビの収納棚テレビ、DVDプレーヤー電話やインフォメーションなど収納スペースお部屋からの眺め広縁。正面奥にトイレ。トイレ夕食夕食 麦茶夕食 食前酒先八寸夕食 椀物夕食 お造り夕食 煮物夕食 組肴夕食 酢物夕食 御食事(筍ご飯)夕食 ほうじ茶夕食 デザート冷水ポット朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食

四季を味わう宿 山の茶屋周辺の旅館