ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

角館山荘 侘桜

〒014-0515 秋田県仙北市西木町門屋字笹山2-8
角館山荘 侘桜
〒014-0515 秋田県仙北市西木町門屋字笹山2-8
TEL: 0187-47-3511
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.3 に投稿 獲得票数:11 投稿者: らく認証済
2018年2月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
角館の里山に豪壮な旧家の面影を伝える、洗練された高級旅館

角館にほど近い山あいにある、10室全ての客室に半露天風呂を備えた旅館です。今回は和洋室タイプの客室に、平日1名1泊2食付き50,000円(消費税込み)のプランを利用して宿泊しました。

角館駅もしくは武家屋敷通りにある「さとくガーデン」というギフトショップからの送迎があります。一番早い時間の送迎車をお願いしたところ、14時に迎えに来て下さいました。チェックイン時間は15時からですが、早めに迎えに来て下さったおかげで寒い中時間を潰す必要がなく助かりました。送迎車は15分程で宿へ到着します。

送迎車を降りると数名のスタッフさんがにこやかに出迎えて下さいます。立派な門をくぐり、母屋へと案内されました。母屋は岩手県内より移築された、重厚な造りの古民家です。囲炉裏をかこむ囲炉裏ラウンジ、欄間やガラス戸の細工が美しい大広間、神棚など意匠をこらした設えは、豪壮な旧家といった趣です。チェックイン手続きは囲炉裏ラウンジで行いました。その際、ウェルカムドリンクのお抹茶と梅の羊羹をいただき、美味しいだけでなく季節感のあるおもてなしに嬉しくなりました。なお、囲炉裏ラウンジは夜は囲炉裏バーとなりお酒を楽しむ事もできます。

チェックインの時間までは30分程あったのですが、お部屋の用意が出来ているという事で早めに案内して下さいました。母屋から客室棟へは一旦外廊下を通ります。大した距離ではありませんが、この時期は寒さを辛く感じる方もいらっしゃるかもしれません。館内はシンプルで上品な和の設えとなっています。豪華ではありませんが、客室の扉には伝統工芸「樺細工」が施されていたりと、こだわりが感じられました。

案内されたのは「遠雷」という母屋から一番遠い客室です。貸切露天風呂には近く、不便には感じませんでした。客室はとても広々としていて、玄関や踏込にもゆとりがありました。4.5畳の畳のスペースとその奥にはツインベッドが置かれた寝室、そして大きな窓の手前に板の間のリビングが続きます。畳と板の間は床暖房で足元がほんのりと温かくとても気持ちが良いのですが、畳には座椅子もなく、荷物を置くだけの場所だったのが残念でした。せっかくの床暖房ですし、小さな座椅子があればより寛げると思います。リビングにはソファが置かれ、大きな窓からは長閑な里山の風景が広がります。一面の雪景色と大きなつららを眺めながら、ゆったりと寛ぐ事ができました。外にはデッキもあり、暖かい季節でしたらデッキでティータイムを楽しんだり、お風呂上りに涼むのに良さそうでした。

家具や小物にもこだわりが感じられとても素敵な客室ですが、加湿器がなくとても乾燥する事と、エアコンをつけると何故か重低音が響くのが気になりました。また、掛布団はこの時期にしては薄手であまり温かくありません。毛布は用意されていませんので、寒がりな方はお借りした方が良いかもしれません。

パウダールームも広く、高級感の漂う造りでした。こちらにも床暖房が入り冬でも快適です。備品にもこだわりが感じられ、特にHotmanとコラボしたというタオル類は肌ざわりの良い上質なものでした。バスタオルが2枚、フェイスタオルが1枚、バスローブも用意されていて、タオルウォーマーもあるので困る事はありません。館内着は浴衣が1枚ですが、室内用のパジャマも用意されていました。

パウダールームの隣に客室半露天風呂があります。浴槽は大人が3人で入っても余裕がある大きさで、少しとろみのある源泉がかけ流されています。大きなガラス戸を開けると露天風呂のような開放感の中での入浴を楽しめますが、少々建付けが悪いようで開閉に苦労しました。また、この時期はガラス戸を開けたままにしておくと凍結しやすいので、浴室を使用しない時は閉めておいた方が良さそうです。

館内に大浴場はありませんが、貸切で利用できる露天風呂があります。一旦客室棟を出て屋根のない通路を通らなければいけません。この日はとても寒く雪も降っており、客室に用意されている羽織では寒さをしのげなかった為、自分のダウンコートを羽織ってお風呂へ向かいました。貸切露天風呂の利用時間は30分で、チェックインの際に予約を入れます。この日はゲストがそれ程多くない事もあり、チェックイン後すぐの時間帯と、翌朝も利用する事ができました。屋根がなく、開放的な露天風呂で、客室のお風呂と同じく源泉かけ流しです。広い浴槽に浸かると、より里山の自然が身近に感じられ、30分の利用時間があっという間に過ぎていきました。なお、貸切露天風呂にタオルの用意はありませんので客室から持参する必要があります。

夕食は母屋にある個室のダイニングでいただきます。南麻布の「分とく山」の総料理長が企画演出されているそうで、程良く洗練された懐石料理は東北の食材が多く使われており、郷土料理とはまた違う東北らしさが感じられます。どのお料理にも工夫が感じられ、特に焚き合わせの「大平山ポークの角煮」は、じゃがいもの餡がよく絡み、味はもちろん食べ応えにもたいへん満足しました。その他、お造りは鮮度が良いのはもちろん、添えられた自家製土佐醤油の上品な甘さと鰹の香りが印象に残りました。夕食は全体的にしっかりした味付けでしたが、濃すぎるという事もなく、お酒を楽しみながらゆっくりと味わう事ができました。

朝食も同じダイニングでいただきます。旅館の和朝食らしい内容で、おかずの種類・味ともに満足しました。特に茶粥は香りもよく、とても美味しかったです。また、食後のデザートに出された秋田の郷土料理「あさづけ」は初めて食べましたが、お米の粒の食感と優しい甘酸っぱさが絶妙でした。

スタッフの方々は、どの方も上品な物腰で、接客にも余裕が感じられます。笑顔や敬語も自然でした。また、夕食の際には食材や調理方法など様々な質問をしたのですが、その場ですぐに答えて下さり、よく勉強されているのが垣間見えたような気がしました。

決して派手さのある宿ではありませんが、控えめながらも、この地の伝統的な美しさにこだわった高級旅館という印象です。広々とした設備の整った客室で、里山の風景を眺めながら寛ぎの時間を過ごされたい大人の方におすすめだと思います。

接客対応

スタッフの方は皆さんとても丁寧で、接客に余裕が感じられました。

清潔感

清掃が行き届いており、とても綺麗に維持されています。

客室

広々とした客室でインテリアにも高級感とこだわりが感じられます。隣室や廊下から音が響くという事もありません。

食事

夕食は見た目にも美しい懐石料理を美味しくいただきました。朝食も満足のいく内容でした。

コスパ

1名泊の料金はお高めの設定になっています。2名以上での宿泊ですと高CPに感じると思います。

立地

角館の駅から送迎車で15分程と遠くはありませんが、山間の一軒宿らしらしい趣が感じられます。

温泉・スパ

良質な温泉を広々とした客室半露天風呂、貸切露天風呂で満喫する事ができます。貸切露天風呂は屋根がありませんがその分開放感がありました。

備考・アドバイス

・Wi-Fiは問題なく繋がります

・「侘桜」のゲストは武家屋敷通りにある「青柳家」の入館料が無料となります。同じく武家屋敷通りにあるギフトショップ「さとくガーデン」では観光中の手荷物を預かっていただけます。

・貸切露天風呂の脱衣室は暖房が効いていますが、早朝の時間帯は室内が暖まっておらずとても寒いので要注意です。