ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

杣人の里 挽家(そまびとのさと ひきや)の口コミ・宿泊記

1位

杣人の里 挽家(そまびとのさと ひきや)

〒508-0421 岐阜県中津川市加子母6406
1位/18件中 - 中津川市の旅館
杣人の里 挽家(そまびとのさと ひきや)
〒508-0421 岐阜県中津川市加子母6406
TEL: 0573-79-2301
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.5 に投稿 獲得票数:9 投稿者: waka
2017年7月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
里山の自然に包まれ美食を堪能できる一日二組限定の和風モダンなお宿

「杣人の里 挽家」は景観豊かな里山の自然に包まれた和風モダンなお宿で、ご夫婦で営んでおられます。7月下旬の平日に宿泊し、2名1室、1泊2食付きで49,840円(1人24,840円)でした。

中津川インターから40kmほどの緑深い長閑な場所にあります。ご主人と奥様が笑顔で迎えてくださり玄関で荷物を下ろすと、まずお庭を案内して頂けました。お庭といってもその敷地は4000坪もあり、その風景はまさに里山そのものです。草木の茂る庭には湧き水がせせらぎをつくり、その湧き水をひいて造られた池には大きな鯉が悠々と泳いでいます。さらに奥へとすすむと水田の景色が広がります。無農薬の田んぼには季節になると蛍が飛び交うそうです。遊び心を感じる木製ブランコや星見デッキチェアなどに腰を下ろして自然の中でゆったりとした時間を過ごすことができます。

母屋の共用部のロビーは広さは約30畳とゆとりがあり、照明も落とし気味でカウンターテーブルやロッキングチェアなども備えた落ち着ける空間になっています。ロビーには冷蔵庫が置かれており、ドリンクやアルコールなどを飲みながら寛ぐことが出来ます。ご家族や仲間内で貸切にされてロビーで集まり就寝までのひと時を過ごしたり、窓際で静かに書物を読みふけったりと様々な過ごし方が出来る場所です。ここでウェルカムスイーツを頂き、その際に周辺の観光場所、お宿の設備や食事について丁寧に案内して下さいました。

ご主人も奥様も、所作や言葉の選び方の一つ一つがとても丁寧で、温かいお人柄が伝わってきます。ほど良い距離感の中で打てば響くような応対と、細やかな心配りは一長一夕で身に付いたものではなく、常におもてなしの高い意識をもって接客されてきたことを感じるような申し分のない接客応対でした。

ロビーの奥が客室になっております。今回は、半露天風呂付きの「陽(ひなた)の間」に宿泊させて頂きました。端正な琉球畳の和室と二間続きのフローリングのベッドルームで、2人で過ごすには充分な広さです。築140年の古民家を改装されておりますので、梁や天井は低めで、普段高い天井に慣れている方には少し圧迫感を感じるかもしれません。建具には経年に伴う傷や劣化も見られますが、それも魅力に感じるような落ち着ける客室です。清掃も行き届いており、快適に過ごすことが出来ました。

柔らかく肌触りの良い作務衣に充分な数のタオルとバスタオル、アメニティも一揃い用意されています。高級品ではありませんが、クレンジング洗顔がバスルームと洗面スペースのどちらにも置かれていたり、爪切りや老眼鏡などの備えからも不便に感じることがないようにという心配りを感じることが出来ました。

客室の半露天風呂は、窓を全開にできるため開放感があります。浴槽も大人2人が足を伸ばして寛げる広さでした。基準値以下のため、温泉ではありませんが天然ラドンが混入しているそうです。常に適温に保たれており、何度も湯浴みを楽しむことが出来ました。バスルームからもウッドデッキに出られるようになっており、ハンモックやデッキチェアで湯上りに涼むことも出来ます。

食事は、夕食、朝食ともに食事処で頂きました。時間の指定はできませんが、あらかじめお聞きしていた18時過ぎからの夕食でした。食事処も和風モダンな雰囲気で、日が落ちると食事と共にお酒も楽しめるような、さらにムードのある空間になります。敷地内の田んぼや無農薬の畑で収穫された旬の食材などを使った和風創作料理を頂きました。お品書きはありませんが一品づつ丁寧に説明して下さり、その説明からも食材とお料理にかける拘りを伺えます。茹でただけですがと出して頂いたとうもころしの甘さや、サラダの食感とバジルの香りは獲れたてならではの素材の良さを感じることが出来ました。そして、その素材の良さを引き出す手間を掛けられた数々のお料理の完成度の高さには驚くばかりでした。見た目にも涼しい枝豆ムースは滑らかな舌触りと香りが楽しめます。イワナを山芋で包んで飛騨なめこと占地のあんかけに、オカヒジキが添えられた一品は、ほどよく出汁のきいたあんが絡み絶品です。おかのりを練りこんだ細うどんは、硬めの食感を楽しめました。お鍋の飛騨牛ももちろん美味しかったのですが、飛騨豚の味わい深さにも驚きました。お米も無農薬で黒米と古代米をブレンドしておられ、こだわりを感じました。

朝食もバランスが良く、丁寧に味付けされた美味しいお品ばかりでした。自家製の紫蘇ジュースも甘すぎることなく、紫蘇の香りがよくさっぱりとして美味しく頂けました。出来立ての温かいお豆腐はとろけるような柔らかさで優しいお味です。お米も非常に美味しく獲れたて卵を使った卵かけご飯はシンプルながら絶品です。

全てにおいて非の打ちどころがないといっても過言ではないほど満足度の高いお宿です。周辺には、有名な観光名所はありませんが、日々の喧噪から離れてゆったりとした時間を過ごしたいという方は、このお宿に宿泊することだけを目的にこの地を訪れる価値が充分にあると感じました。四季折々の自然と、旬の食材を使ったお料理を楽しみに何度となく再訪したいと思えるお宿です。

接客対応

細やかな心配りを随所に感じ、温かいおもてなしをして下さいます。滞在中の接客のどこを切り取っても申し分のない応対でした。

清潔感

築140年の古民家を改装されておりますので、建具などに老朽化はありますがそれも魅力になっており、清掃も行き届いております。

客室

和室とベッドルームの二間続きの客室です。ウッドデッキからは夜には星空も楽しめます。静かで快適に過ごせる客室でした。

食事

敷地内の田んぼや無農薬の畑で収穫された旬の食材を使った和風創作料理です。食事を目当てに訪問する価値が充分にあると感じるほど美食を堪能できました。

コスパ

ソフト面、ハード面ともに非の打ち所がないほど満足度が高く、一日二組限定だからこそのプライベートな空間と贅沢な時間が過ごせます。費用対効果は非常に高い印象です。

立地

景観豊かで長閑な里山の風情を満喫できますが、その分アクセスは便利とは言い難いです。電車の際は下呂駅まで送迎もして下さるようです。

温泉・スパ

窓を全開に出来るので開放感があり、湯浴みをしながら遠くの山並みや星空も楽しめます。温泉の基準には満たないものの天然ラドンが混入しているそうです。

備考・アドバイス

Wi-Fi 利用可能です。

ロビーの冷蔵庫のドリンクやアルコール類には値札が貼られており申告制です。ロビーはもちろん客室やお庭にも持ち運びが出来るように籠バックも用意されています。

記帳はロビーで朝食後にコーヒーを頂きながら行いました。

飲用出来る湧き水池庭の小屋(こちらに飲み物を持ち込んで寛ぐことも出来ます)水田木製ブランコ母屋玄関横の軒先母屋玄関母屋玄関母屋ロビー母屋ロビー母屋ロビー母屋ロビー母屋ロビー母屋ロビー母屋ロビー母屋ロビーの冷蔵庫母屋ロビーのライブラリースペース母屋ロビーウェルカムスイーツ母屋ロビー奥の客室入口冷蔵庫には湧き水が入っていますシャワーキャップハンモックとデッキチェア客室ウッドデッキからの眺望食事処入口食事処食事処食事処夕食(ブランド鶏のハム、飛騨牛しぐれ煮など)夕食(枝豆ムース)夕食(獲れたてトウモロコシ)夕食(手作り刺身こんにゃく)夕食(イワナの飛騨なめこと占地のあんかけ、オカヒジキ添え)夕食(トマトとバジルのサラダ)夕食(茄子)夕食(おかのり うどん)夕食(飛騨牛、飛騨豚の鍋)夕食(飛騨牛、飛騨豚の鍋)夕食(黒米、古代米ブレンド)夕食夕食デザート(白いプリンとシャーベット)朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食紫蘇ジュース朝食デザート食事処

杣人の里 挽家(そまびとのさと ひきや)周辺の旅館