ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

箱根 時の雫の口コミ情報・宿泊予約

8位

箱根 時の雫

〒250-0404 神奈川県足柄下郡箱根町宮の下416
8位/209件中 - 箱根の旅館
箱根 時の雫
〒250-0404 神奈川県足柄下郡箱根町宮の下416
TEL: 0460-82-4343
みんなの満足度
3.8 詳細評価
接客対応
3.9
清潔感
3.2
客室
3.9
食事
3.6
コスパ
3.4
立地
3.7
スパ・温泉
3.8
みんなの平均予算
40,000円未満
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 1泊 1泊 2泊 3泊 4泊 5泊 6泊 7泊 8泊 9泊 10泊 11泊 12泊 13泊 14泊 大人2名
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児(寝具のみ)
幼児(寝具・食事なし)
設定
子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。その他の予約サイトにつきましては直接ご確認ください。
解除
空室・最安値を検索
じゃらん一休.com楽天トラベル
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
1
良い
8
普通
0
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
5
家族旅行
4
友人・知人
0
一人
0
全文表示簡易表示
1 - 9件目 / 合計 9件
この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 2017年11月10日に投稿 獲得票数:8 投稿者: 湯桜
2017年11月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
宮ノ下の高台にある全8室のお宿です。私の誕生日と両親の結婚記念日が11月で重なることから久々に親子3人でお祝いをしたいと思い、アニバーサリープランを利用しました。アニバーサリープランにはバラの花束が付いています。料金は3名一泊2食付き、ひとり17000円、合計51000円でした。旅行サイトのタイムセール価格なので、大分お安く泊まることができました。 チェックインの時間より早めに到着してしまったので、レストランで部屋の準備が整うまで...

宮ノ下の高台にある全8室のお宿です。私の誕生日と両親の結婚記念日が11月で重なることから久々に親子3人でお祝いをしたいと思い、アニバーサリープランを利用しました。アニバーサリープランにはバラの花束が付いています。料金は3名一泊2食付き、ひとり17000円、合計51000円でした。旅行サイトのタイムセール価格なので、大分お安く泊まることができました。

チェックインの時間より早めに到着してしまったので、レストランで部屋の準備が整うまで待たせてもらいました。レストランではサービスでアイスコーヒーとアイスティをいただきました。

客室は3階にある「プリュミエスイート」に宿泊しました。3階の客室はこの部屋だけだったので、静かに過ごすことが出来ました。118平米もある広々とした和洋室で、リビング・和室・寝室の3つのスペースが備わります。ワンルームとして使うもよし、それぞれのスペースを襖で仕切るもよし、好みの仕様に出来ます。クローゼットは2つあり、荷物が多い時には便利です。リビングに設えられたソファはデザインだけではなく座り心地も良かったです。窓に向かったバルセロナチェアに座って景色を眺めていると贅沢な気分に浸れました。

広々としたテラスから箱根の山々が一望出来ます。テラスの一角に露天風呂が備わり、景色を眺めながら温泉を堪能できます。浴槽は二人なら足をのばして浸かれる大きさです。外気の影響で温度は上下しますが、コンシェルジュが部屋に来て温度調節をしてくださいます。

ウェルカムドリンクのスパークリングワインで直ぐに乾杯が出来るようお祝いの席がリビングにセッティングされていました。更にワインクーラーに数種類の銘柄が揃っていて、ワインへの強い拘りを感じました。

パウダールームは広々としていて、スタイリッシュなデザインです。清潔感もありましたが、シャワーブースのガラス戸に水垢がこびりついていたのが気になりました。アメニティは1人ずつ専用の袋に収納されています。基礎化粧品は備え付けのMIKIMOTOのボトルセットの他、持ち帰りが出来る同じくMIKIMOTOのミニボトルセットが用意されています。タオルは1人一枚でしたが、タオルウォーマーが完備されています。このタオルウォーマーがタオルを干しておくと直ぐに乾く優れものでした。しかし結構な高温なので、誤ってタオルウォーマーに手を触れないよう注意した方が良いです。館内着には浴衣・作務衣があり、サイズはこちらから伝えなくても見立てて用意してくださいました。

レストランに併設のシガーバーではキューバやドミニカ産の葉巻が味わえます。シガーバーと聞くと敷居が高いように思えますが、1000円台からあるので気軽に利用も出来ます。その他共用施設にライブラリーとアロマサロンがあります。ライブラリーというには蔵書は少ないですが、真空管のオーディオで音楽鑑賞も楽しめます。

時の雫の館内に大浴場はありませんが、姉妹館「武蔵野別館」の大浴場が利用出来ます。バスタオルとフェイスタオルは武蔵野別館のフロントで貸してもらえます。また脱衣場に基礎化粧品も揃っているので手ぶらでの利用が便利です。浴室は苦手とするこもった臭いが気になり、温泉は塩素臭がするので客室露天風呂程の泉質の良さは感じられませんでした。

武蔵野別館に新設されたリラクゼーションルームではマッサージチェアが利用出来ます。高性能のマッサージチェアで、湯上がり後に寄って寛ぎました。また照明が抑えられたスタイリッシュな空間はとても居心地が良かったです。

夕食はレストランでいただきます。お祝いの席ということで、キャンドルサービスがありました。「和のオーベルジュ」と謳われている懐石料理は品数が豊富で中盤くらいでお腹がいっぱいになる程でした。ふくろ茸と緑豆の白和えに「いつまでも変わらず」の願いを込めて金粉が振りかけられているのは、お祝いの席には嬉しい演出でした。名物の自家製十割蕎麦は、新蕎麦の時期だったのでより香りが強く感じられました。蕎麦つゆの上に乗ったとろろはエスプーマ仕立てになっているのでより軽い口当たりになっています。メインの足柄牛のロティールは柔らかく口の中で肉汁が溢れます。トリュフ香るソースは力強い味付けですが、そのソースにも負けない牛肉の旨味を堪能しました。デザートには蕎麦粉のガレットをいただきました。十割蕎麦の香りがとても良かったので、最後まで蕎麦の香りを楽しめるのは嬉しかったです。

朝はレストランか部屋食を選べます。イングリッシュブレックファーストスタイルで、ボリュームはそれほどありませんが、サラダやフルーツなどフレッシュでみずみずしい食材が用いられています。リンゴのドレッシングは酸味のない甘さが気に入りました。ヨーグルト用の蜂蜜は栗とみかん二種類から選べます。栗の蜂蜜は濃厚な甘さ、みかんの蜂蜜はさっぱりとした甘さを楽しめます。スープとエッグベネディクトは冷めていてせっかく味は本格的で美味しいのに勿体ないと思いました。数組に対してスタッフ1人で賄っていたため、料理の配膳が遅れたのだと思います。また世話しなくスタッフが移動するので、そのたびに歩く音がレストラン内に響き渡り、ディナーの時のようなゆっくりとした時間を過ごせなかったのが残念でした。

コンシェルジュが一緒にお祝いの席の演出を考えてくださいました。恥ずかしがり屋な母のためにバラの花束はレストランで手渡されるのではなく、夕食後の客室に用意するさりげない演出にしてもらいました。事前の親身な接客はコンシェルジュと呼ぶに相応しいものでした。また姉妹館武蔵野別館のスタッフとの連携も見事で、大浴場へ行く際にはコンシェルジュから武蔵野別館のスタッフに予め連絡が行き、武蔵野別館のスタッフがバスタオルを持って玄関で出迎えてくれました。

武蔵野別館の豊富なパブリックスペース全てを利用できますが、殆どの方が客室で過ごすそうです。それも納得できる居心地の良い客室でした。非日常的な空間はお祝いにはぴったりの宿でした。夕食はボリューム、食材の質も申し分なく、スタイリッシュなレストランの雰囲気も素敵でした。

接客対応

コンシェルジュと呼ぶに相応しい丁寧な接客です。しかしフロント業務の時間が短く、朝食時はスタッフ不足を感じました。

清潔感

綺麗にされていましたが、唯一シャワーブースのガラス戸に水垢がこびりついていたのが気になりました。

客室

118平米のゆとりある造りです。家具のセンスも良く、特別な一時を過ごせます。

食事

「和のオーベルジュ」を謳うに相応しい料理の数々です。朝食はエッグベネディクトなど温かい料理が冷めていたのは残念でした。

コスパ

今回タイムセール価格ですが、1人あたり3万円台の宿泊料金でも割高には感じないと思います。

立地

高台にある宿なので、箱根の山々を一望できる開放的な景色を堪能できます。

温泉・スパ

源泉かけ流しで泉質が良かったです。目の前の木柵が多少景色を遮っていましたが、それでも充分景色を堪能できました。

備考・アドバイス

夕食は6時から7時の間に好きなタイミングでスタート出来ます。朝食は8時半、9時、9時半のスタートから選べます。

レストランは浴衣や作務衣での利用は不可で、私服に着替える必要があります。しかしドレスコードはないので、ラフなスタイルの方が多く、堅苦しさはありませんでした。

レストランの席は先着順で好きな席を選べます。しかし、当日の3人利用は私たちだけだったようで、3人用にセッティングされているのは一席しかなく、選択の余地はありませんでした。

4.0 2017年6月30日に投稿 投稿者: eviancop
2017年6月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
6月下旬に箱根は宮ノ下にある、株式会社武蔵野が経営する3施設のうちのひとつ「時の雫」を訪問しました。平日2名で6万円強(夕朝食付き)で全室スイートルーム、客室露天風呂付の設えになっています。 訪問の1週間前に施設から予約確認の電話が入りました。宿泊の可否、交通手段、食事の際に苦手な食材はあるか等の確認でした。電話の口調も穏やか、明瞭で、施設への期待が膨らむやり取りでした。 宮ノ下の交差点を小涌谷方面へ入り、ほどなく「武蔵野...

6月下旬に箱根は宮ノ下にある、株式会社武蔵野が経営する3施設のうちのひとつ「時の雫」を訪問しました。平日2名で6万円強(夕朝食付き)で全室スイートルーム、客室露天風呂付の設えになっています。

訪問の1週間前に施設から予約確認の電話が入りました。宿泊の可否、交通手段、食事の際に苦手な食材はあるか等の確認でした。電話の口調も穏やか、明瞭で、施設への期待が膨らむやり取りでした。

宮ノ下の交差点を小涌谷方面へ入り、ほどなく「武蔵野別館入口」の看板が見えるのでそこを目印に進みます。駐車場は併設する「武蔵野別館」と共用です。その旨も事前の電話連絡の際に教えてもらっているので、混乱することもなく施設に到着できました。チェックインは15:00~で、翌日の12:00まで滞在できるので十分にロングステイが楽しめます。

スタッフにお出迎えをいただき施設に入ると、すぐに客室に通されます。ロビー部分もあるのですがそこまでのスペースはなく、チェックインは客室で行われます。全館で8室のみ、フロアにも3部屋しかありませんので、雑然とした感じは全くなく、十分なプライベート感が保たれていると感じました。ウェルカムドリンクはスパークリングワイン。併設施設の大浴場が使用できること、夕食時は浴衣NGなど、ひとしきりの説明をしていただけます。

リビング中央にあるリクライニングチェアはフットレスト付き。強羅方面を大きな窓から一望できる景観は爽快です。今回の部屋は「角部屋」だったので、2面から光が差し込み解放感は十分。眼下には箱根登山鉄道が走り、電車の音が鳥の囀りと共に部屋まで届きます。ベランダに出ると手に届く距離に緑があり、翌朝はここで朝食をとることもできるそうです。お正月には箱根駅伝のランナーも見えるのでは?

冷蔵庫には多種多様なドリンク(アルコール)が用意されております。ただ、あくまでも「ミニbar」という扱いであり、無料で手に取れるものではありません。館内には売店等もありませんので、部屋内で飲食を考えている方は事前に購入されたうえで来館をされるのが良いと思います。コンビニも歩いて行ける距離にはありません。

ひとつ気になったのはテレビの位置です。この施設に宿泊する人にはテレビを見るより自然を感じてリラックスをして欲しい、というコンセプトかもしれませんが、部屋に入った時にあるリクライニングチェアの位置からはテレビは見れません。ベットスペースから見るしかない形です。リビングから見るにはチェアを移動させテレビの角度を変える必要がありますのでご留意ください。また、滞在中「電波状況が悪いため」映像が乱れることが頻出しました。気象状況の為か施設の問題かわかりませんが、落ち着いて番組を見ることはできませんでした。

客室露天風呂へは洗面所、シャワールームから導線が続いているので、とてもスムーズに移動ができます。シャワールーム部分から壁面が檜を使用しているので、その香りが広がります。露天風呂からも外の景観が望めますが、フルオープンというわけではないので、正確には「半露天風呂」になると思います。それでも風を感じながらの湯浴みはとても贅沢な気分になります。湯温の調整をすることができないので、必要な場合はスタッフに連絡と説明を受けておりましたが、私たちには適温でその必要はありませんでした。強力なタオルウォーマーがあり、体を拭いたタオルもすぐに乾くため、ストレスなく何度も入浴を楽しめました。

夕食は18:00から開始され、私服での来席が求められています。ダイニングに着いた順に席をチョイスできるシステムになっています。ダイニングの雰囲気は照明が落とされたシックな感じで、テーブルウェアもレストラン然としておりますが、出されるメニューは和洋折衷。「amuse」もあれば「吹寄せ」「お凌ぎ」もあるという、和食と洋食をミックスした、よく言えばいい所とりの構成となっています。バランスとコースの流れを心配しましたが、食べ終わってみると別段違和感なく楽しむことが出来ました。私の中ではじゅん菜と鱧が入った椀物と、手打ちの蕎麦が出色でした。蕎麦は自家農園で栽培、この施設で手打ちをしているというプレゼンがあったのですが、出汁が素晴らしく何杯でもいけそうでした。他方、メインの足柄牛ですが、事前に肉の塊を見せてもらい、ステーキ的な調理がされると思っておりましたが、実際はローストビーフに近い食感でした。想像と異なり少々肩透かしをいたしました。

朝食はダイニングか部屋のどちらで食べるかを選択できます。私たちは部屋を選択し、時間になるとスタッフの方がセッティングをしてくれます。朝、わざわざ着替えてダイニングに行く必要がないのでとても楽でした。テーブルが簡易的な物なので少々ガタつきましたが、野菜・フルーツを中心とした体に優しいメニュー構成。食後はコーヒーか紅茶がチョイスできます。食事が終わっても、セッティングはチェックアウトまでそのままにしておいて良いので、気兼ねなく食後の時間を過ごせます。

朝食が終わっても、チェックアウト(12時)までかなり余裕があるので、再度湯浴びを楽しむことも可能です。余裕をもって準備もできるので、最後までゆったりとした時間を過ごすことが出来ました。

接客対応

基本は部屋に籠ることが多いので触れ合う機会は少ないと思いますが、みな好感が持てる接客でした

清潔感

室内・露天風呂も含め行き届いていたと思います

客室

景観を良く考えられた、スタイリッシュなつくり。2方向に眺望が開けているので解放感がとてもありました。テレビの位置に不満をもつ方がいるかもしれません

食事

見せ方にも気をつかった2時間以上をかけてのフルコースディナー。朝食が部屋食を選べるのも良いです

コスパ

一人単価3万5千円。近隣施設と比べると適当と思います。食事に満足できれば割安と思えるのではないでしょうか

立地

宮ノ下からも近く送迎もあり、到着までは問題ないと思います。喧騒とはほぼ無縁です

温泉・スパ

風と小鳥の囀りが心地より半露天風呂。景観的にフルオープンではないが十分に自然を感じられる

備考・アドバイス

基本的にはカップルを想定した「大人の宿」のように思います。あまり施設外に出ることもなく、部屋でのんびりと2人の時間を過ごしたいと思う人には選択肢としてとても良いのではないでしょうか。食事以外に飲食物が必要な方は来館前に購入されることをお勧めいたします

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.7 2017年2月13日に投稿 獲得票数:9 投稿者: 温泉猫
2017年1月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
箱根宮ノ下の高台にある宿で、隣にはグループ宿の武蔵野別館があります。駐車場は武蔵野別館と共用で、外でのお出迎えは武蔵野別館のスタッフが対応して下さいました。車はバレーサービスです。武蔵野別館のスタッフが時の雫の玄関まで荷物を持って案内して下さいました。館内に入ると、スタッフが笑顔で迎えて下さり、そのまま直接お部屋に通されて、お部屋でチェックイン手続きを行いました。ウェルカムドリンクはスパークリングワインで、お酒のつま...

箱根宮ノ下の高台にある宿で、隣にはグループ宿の武蔵野別館があります。駐車場は武蔵野別館と共用で、外でのお出迎えは武蔵野別館のスタッフが対応して下さいました。車はバレーサービスです。武蔵野別館のスタッフが時の雫の玄関まで荷物を持って案内して下さいました。館内に入ると、スタッフが笑顔で迎えて下さり、そのまま直接お部屋に通されて、お部屋でチェックイン手続きを行いました。ウェルカムドリンクはスパークリングワインで、お酒のつまみにカナッペも振る舞われました。お酒が苦手な私には柚子ソーダを用意して下さいました。

お部屋は全8室で、全室温泉露天風呂を備えたスイートルームとなっています。コーナースイートに宿泊し、2名泊で1人あたり約35,000円(夕朝食付)でした。お正月期間を除き、曜日に関係なく同一料金なので休前日や連休の宿泊は特にコスパが良く感じられるかと思います。

お部屋は74平米で、リビングと寝室が一緒のワンルームタイプの間取りでした。リビングにはオットマン付きのバルセロナチェアがあり、景色を楽しめるように窓向きに配してあります。チェアに座って遠くの山々を見渡すことができます。寝室は小上がりの畳の上に最初から布団が敷かれていました。枕元付近に読書灯があり、寝転んで読書もできます。寝具はイタリア製「FUTON」で寝心地が良かったです。コーナールームなので窓が2面あって明るく、広くてシックな雰囲気のお部屋でした。

部屋着は浴衣と作務衣が1着ずつ用意されています。DVDプレーヤーやiPhoneの音楽を楽しめるスピーカーなどおこもりアイテムもありました。他にもバードコールという鳥の鳴き声に似た音を出して鳥を呼ぶことができる珍しいものもありました。冷蔵庫の他にワインクーラーもありました。ワインには拘っているらしく、ワインリストも用意されていて、ルームサービスでワインを頼むこともできます。

冷蔵庫内はジュースのこぼれた後なのか、べたついていました。エアコンの吹き出し口は全体的に黒カビが付着していて不快でした。お部屋はぱっと見は綺麗ですが、隅々の清掃は不十分に感じました。

洗面所は2ボウルで広々としていて明るさもあり、使い勝手は良いのですが、結構寒かったので小型ヒーターなどあればいいなと思いました。アメニティは基本的なものは概ね揃っていましたが、基礎化粧品は無く、フロントに問い合わせるとミニボトルのセットを持ってきて下さいました。シャワールームにはボトルタイプのバスアメニティがありますが、それとは別にミキモトのミニボトルのバスアメニティも1セットありました。ミニボトルのバスアメニティを2人で1セットは中途半端で、せっかく用意するなら人数分用意していただきたかったです。バスタオルは1人2枚ずつで、タオルウォーマーもありました。バスローブもあってお風呂上りに便利でした。

お部屋の露天風呂は檜の浴槽で2人入浴できる大きさでした。お湯は源泉掛け流しですが、湯温の調整は自分ではできず、スタッフにお願いしないといけません。最初は不便に思いましたが、夜と朝の2回、湯温の調整をお願いするとすぐにスタッフが来て下さり、10分程で好みの湯加減にして下さって快適に湯浴みを楽しめました。露天風呂の目の前は目隠しがあり、格子窓から外の景色を見る感じで開放感には欠けますが、源泉掛け流しの温泉をいつでも気軽に楽しめて良かったです。

館内には大浴場は無く、温泉はお部屋の露天風呂のみとなります。広いお風呂に入浴したい場合は、武蔵野別館の大浴場を利用することができます。私は利用しませんでしたが、利用した主人曰く、武蔵野別館の大浴場は塩素のにおいがして温泉の質はイマイチだったそうです。

1階のロビーはとても狭い空間で、椅子が2脚あるものの寛げる感じではありませんでした。6階にライブラリーがあります。小ぢんまりとしていますが、ソファや椅子があって寛ぐことができます。書籍が用意されている他、真空管アンプのオーディオ機器があり、好みのCDを選んで音楽鑑賞をすることもできます。他には、ダイニング内にバーがあります。

夕食場所はダイニングで、浴衣、作務衣での利用は不可で、洋服に着替える必要があります。席は先着順で好きな席を選べました。ダイニングでのサービスは行き届いていて、チェックインの際に私がお酒が苦手と言ったのが伝わっていて、食前酒は私の分だけノンアルコールのものを用意して下さいました。料理の説明を詳しくして下さるのは勿論のこと、使う食材を事前に見せて下さったり、料理を目の前で盛り付けして下さったりと料理の演出も凝っていました。

お造りには4種類の調味料が用意されていました。鮪(トロ)は塩がおすすめと説明を受けて塩でいただくと、鮪の味、脂の甘みがダイレクトに感じられて醤油でいただくよりも美味しく感じました。蛸は苦手で普段は食べませんが、こちらで出された蛸は北海道産の水蛸で真蛸と比べて柔らかく、歯ざわりも良く美味しくいただけました。ご飯は釜炊きの活き鮑の炊き込みご飯で、鮑がゴロゴロと入っていて鮑の食感と磯の風味が豊かで印象に残りました。どの料理も盛り付けや味付けも凝っていますが、若干凝りすぎのきらいがあるように思いました。自家製十割蕎麦は、長野県で自家栽培している玄蕎麦を使った拘りの一品で蕎麦そのものは美味しかったのですが、つゆは塩味のつゆで非常に塩辛く、蕎麦の風味を損なっているように思いました。白味噌の柿田楽は中にいろんな具材が入っているのですが、田楽味噌の味が濃すぎて味噌の味しかせず、喉が渇きました。概ね美味しくいただけましたが、凝った料理が多いので、素材の味を活かしたシンプルな料理や一般的な旅館料理が好みの方には不向きかもしれません。また、料理の配膳ペースはゆっくりなのでお酒を召し上がる方でないと間が持たないかもしれません。

朝食はダイニングか部屋食を選べます。洋服に着替えるのが億劫で部屋食にしました。朝食時間の少し前にスタッフがテーブルセットを持ってきてテーブルセッティングして下さいますが、椅子はプラスチックで座り心地が悪く、テーブルは折り畳み式の簡易テーブルで、ちょっと動かすだけでもガタガタと揺れるので落ち着きませんでした。テーブルは小さく、隙間がないくらい料理をぎっしりと並べるので窮屈に感じました。これなら着替えるのを面倒がらずにダイニングにすれば良かったと思いました。

朝食は洋食1種類です。玉子料理はエッグベネディクトで、これが主食のようでパンはありませんでした。エッグベネディクトは1人1個で、他にはスープ、サラダ、ヨーグルト、フルーツでボリュームは控えめでした。この内容だったらパンもあった方がいいと思います。エッグベネディクトはまあまあの味でしたが、サラダはベビーリーフにトマトをトッピングしただけで工夫や手間が感じられませんでした。フルーツは種類が多く彩豊かですが、旬のものは1つも無く、メロン以外は熟しておらず甘さ不足で美味しくありませんでした。味よりも見栄え重視の朝食といった感じでボリュームも無く不満でした。

チェックアウトは12時なので朝もゆったりと過ごせました。チェックアウトもお部屋での手続きとなります。

スタッフの接客はホテル寄りのスマートな対応でした。共用部はほとんど無く、食事以外はお部屋で過ごすことになります。温泉露天風呂付のスイートルーム、味や見た目だけでなく料理の提供の仕方も凝ったダイニングでの夕食など非日常感のある休日を過ごすことが出来る大人の為の宿でした。

接客対応

ホテルライクなスマートな対応でした。ダイニングでの接客が特に素晴らしかったです。

清潔感

概ね綺麗ではあるものの、エアコンの黒カビ、冷蔵庫のべたつきなど隅々の清掃が不十分でした。

客室

74平米の広々としたお部屋で、窓が2面で明るく開放感がありました。

食事

夕食は創作懐石で料理の提供の仕方、器、盛り付け、味どれも凝っていました。朝食は味よりも見栄え重視に感じました。

コスパ

立地

宮ノ下温泉の高台にあり、お部屋から山を眺めることができます。宮ノ下駅から送迎があります。

温泉・スパ

客室露天風呂は源泉掛け流しでお湯質が良く、湯浴みを楽しめました。

備考・アドバイス

館内はエレベーター完備ですが、玄関前は階段となっていてバリアフリーではありませんでした、

武蔵野別館の大浴場の利用時間は、チェックイン~24時、6時半~10時までで、浴衣のままで利用可能です。タオルは武蔵野別館で用意して下さるので、手ぶらで利用できます。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.8 2016年6月11日に投稿 獲得票数:4 投稿者: chokotto
2016年6月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
6月の平日に大人2名で訪問しました。タイムセールを利用し、一泊二食付きで一人当たり27000円(税・サ込)でした。通常ですと3万円以上の宿泊料金のようです。 私たちは電車を利用したので、最寄りの登山鉄道「宮ノ下駅」から送迎をお願いしました。始発の「箱根湯本駅」から連絡をすると、電車の到着時間に合わせてお迎えに来て頂けます。「宮ノ下」はとても小さな駅なので、ホームに降り立つと同時に、改札口に立つスタッフと送迎車が見えました。歓...

6月の平日に大人2名で訪問しました。タイムセールを利用し、一泊二食付きで一人当たり27000円(税・サ込)でした。通常ですと3万円以上の宿泊料金のようです。

私たちは電車を利用したので、最寄りの登山鉄道「宮ノ下駅」から送迎をお願いしました。始発の「箱根湯本駅」から連絡をすると、電車の到着時間に合わせてお迎えに来て頂けます。「宮ノ下」はとても小さな駅なので、ホームに降り立つと同時に、改札口に立つスタッフと送迎車が見えました。歓迎の気持ちが伝わってくる対応に好印象をもちました。

宿までは約5分ほどで到着です。チェックインの手続きはなく、そのままお部屋へと案内されます。滞在したのは「スタイリッシュ・スイート」です。

眺望は「山側」です。開放感に欠けますが梅雨時期ということもあり、うっすらと霧を纏った様子が幻想的で、深い森の中にいるような気分でした。箱根は雨が降ると山頂が霧で覆われてしまい、雄大な景色を見られない事が多々あります。すっきりと晴れた日ならば眺望を重視したいところですが、梅雨の頃は緑豊かな山側のお部屋も素敵です。

最もリーズナブルなタイプでしたが、広さも間取りも丁度良かったです。小上がりの畳スペースには、すでに布団が敷かれ、すぐに休むことができ、フローリングには座り心地の良いソファーが置かれていました。しかし、足の痛い母には使い勝手が悪い部分があったようで、畳スペースは、上り下りに苦労するだけでなく、夜間にトイレに行く際に足を踏み外さないかと心配していました。翌朝になってからフットライトのスイッチに気付いたので、お部屋の説明の際に一言添えて頂けると良かったです。またトイレの分厚いガラス扉がとても重いと苦労していました。いずれも私には気にならなかった点ですが、聞いてなるほどと思いました。お部屋の入口やエレベーター内には手摺が設置されていたので、バリアフリーは意識されているようです。

デザイン性の高いお部屋でしたが、スイッチカバーや備品の一部に埃が目立ち、ベットサイドの時計は時間がずれていました。事前にチェックできる箇所ですので残念に思いました。

テラスの露天風呂は24時間かけ流しです。浴槽の手前に踏み台があり、手の届く場所に柱があったので、母は使いやすいと気に入って何度も入浴していました。バスタオルは一枚づつでしたが、タオルウォーマーと厚手のバスローブが活躍してくれたので、いつでも気持ちよく利用できました。湯加減も丁度良く、私も何度も湯浴みを楽しみました。朝食後はいつも忙しいのですが、チェックアウトが12時なので出発前にゆっくりと入浴することができたのは、とても良かったです。

館内に大浴場はありませんが、隣接する姉妹館「武蔵野別館」の施設を利用することができます。大浴場には内湯と露天風呂があり、湯上りの休憩スペースでは冷茶も頂けます。館内はすべて畳敷きの純和風の造りで、こちらの宿とは全く異なった趣ですので、見学を兼ねながら湯巡りを楽しむのもおススメです。

夕食はダイニングで頂きます。テーブルのキャンドルが揺らめく、大人の為のダイニングといった印象です。浴衣の着用が禁止である事は雰囲気を損ねないポイントですが、湯上りに着替えなくてはならず、少々窮屈に感じました。館内を見渡すと全8室に対して、7つのテーブルが埋まっていました。梅雨の平日にもかかわらず、ほぼ満室だったようです。そのうち3組は記念日のプランで、あちらこちらで花束をプレゼントをする様子をお見掛けしました。カップルでお誕生日や結婚記念日を祝うには最適な空間だと思います。

和のオーベルジュを謳う夕食は、目も舌も楽しませてくれるものでした。目の前で盛り付けてくださる料理や、デコレーションしてくださるデザートに、お料理への深いこだわりと、ゲストに対するおもてなしの心が感じられました。ですが、アルコールを頂かない私たちにとって二時間半の食事は長かったです。また盛り付けの度に道具一式をワゴンにのせて移動するのも、キャスターの音とスタッフの靴音が響いて耳障りでした。厨房に最も近い手前のテーブルだったので尚更だったのだと思います。奥のテーブルならば静かに食事を楽しめたかもしれません。席は先着順ですので早めに行かれることをおススメします。

メニューで印象的だったのは蕎麦の実から育てているという十割蕎麦です。昆布と塩の透明な蕎麦つゆで頂くのは初めてだったので新鮮に感じました。足柄牛のローストビーフは、甘いソースがお肉の油をまろやかに包む上品な一皿で美味しかったです。

朝食はお部屋食かダイニングを選ぶことができます。私たちはお部屋食を希望しました。時間になるとスタッフの方がお料理と共にテーブルとイスを持って現れ、室内にセッティングして下さいます。美しく整えられた食卓は優雅な気持ちにさせてくれましたが、簡易テーブルなので安定が悪く、ナイフを使うたびにガタガタと揺れるのには困りました。またテーブルが小さいので食事がし難かったです。気兼ねなく頂けたのは嬉しいですが、ダイニングの方がゆっくりできたかもしれません。

お部屋のインテリアは特注のイタリア家具、ルームキーのアクセサリーはブルガリのキーリング、ダイニングのお皿はエルメス等々、お食事以外にも随所にこだわりが見えるお宿です。女友達や母娘で非日常を楽しむのも良いですが、大人のカップルが記念日を祝う場所として滞在する方が相応しいかもしれません。

接客対応

丁寧な言葉遣いと物腰で接客してくださいます。送迎も食事の応対も、とてもスムーズでした。

清潔感

室内のスイッチカバーや備品に埃がありました。

客室

デザイン性の高いお部屋だと感じました。眺望は山側ですが緑に囲まれプライベートが守られており、リラックスできました。夏は虫の侵入が心配です。

食事

こだわりの食材を使ったお食事が頂けます。ゆっくりと頂くコースですので、日頃からワインなどを嗜む方のほうが楽しめると思います。

コスパ

タイムセールプランでしたのでお得に宿泊ができました。通常価格であっても相応だと思います。

立地

箱根の山々を見渡せる立地です(山側のお部屋であっても、夕食時にダイニングから一望できるので楽しめます)送迎があるので便利です。

温泉・スパ

テラスの露天風呂が室内から見えない位置にあるので使いやすいです。柔らかいお湯で肌がツルツルになりました。

備考・アドバイス

こちらのお部屋は年配者には使い難い部分があったようです(客室露天風呂は使いやすいと気に入っていました)ご心配な方は事前に相談されることをおススメします。

お部屋には基礎化粧品の備えがありません。

冷蔵庫に有料のミネラルウォーターがありますが、就寝前の冷水のサービスはありません。

足袋ソックスはありませんので持参されると良いと思います。草履で「武蔵野別館」の大浴場へ向かう際に便利です。

4.0 2015年12月17日に投稿 投稿者: ろびなみ
2015年10月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
箱根の温泉が大好きなので、今年もお誕生日に箱根を選択。 いろいろ悩んだ結果、昨年も宿泊した時の雫に決定しました。 なんといっても、お部屋の眺望が良いし、部屋付の半露天風呂の温泉は最高。 ちょうど宿に下のほうを走る、登山鉄道の音を聞きながら温泉に入って、まったりすることができます。 お料理もとても凝っていて、器もとっても高級なものばかり。 普段味わえない、非日常の高級感を楽しむことができました。 ただ、今回ちょっと残念だった...

箱根の温泉が大好きなので、今年もお誕生日に箱根を選択。
いろいろ悩んだ結果、昨年も宿泊した時の雫に決定しました。
なんといっても、お部屋の眺望が良いし、部屋付の半露天風呂の温泉は最高。
ちょうど宿に下のほうを走る、登山鉄道の音を聞きながら温泉に入って、まったりすることができます。
お料理もとても凝っていて、器もとっても高級なものばかり。
普段味わえない、非日常の高級感を楽しむことができました。

ただ、今回ちょっと残念だったことは、バーカウンターや、客室のTV周り、ちょっとしたところの埃が目立ちましたので、これからはチェックしてもらいたいなと思いました。

帰りは、本当は駅までしか送迎してくださらないと思うのですが、岡田美術館まで送っていただきました。
また、機会がありましたら、友人と出かけたいと思います。

接客対応

清潔感

客室

埃が・・・

食事

食材も、お料理もとても凝っていて。器がすごい。エルメスは、人を幸せにしてくれます。

コスパ

大涌谷のこともあり、昨年よりお安かったような。

立地

部屋のお風呂に入ると、登山鉄道が走る音が聞こえるので、鉄道好きにはたまりません。眺望も抜群ですし、本当にほっこりします。

温泉・スパ

もう、最高です。温度調節もちゃんとしてあるので、24時間すぐ入れます。

備考・アドバイス

値段と高級志向なわりに、アメニティーは充実していません。
フロントに電話をすれば持ってきてくださいますが、そこらへんがちょっと残念です。
あと、室内の酒類も、結構なお値段です。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.1 2015年10月12日に投稿 獲得票数:5 投稿者: あねもね
2015年10月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
箱根は宮ノ下温泉の高台に位置しています。8室全てに檜の露天風呂を備えたお宿です。15時のチェックインから翌朝12時までのロングステイと、ダイニングでゆったりといただくディナーが気に入り、何度か利用しております。 今回は最もリーズナブルな「スタイリッシュスイート」に宿泊しました。平日に2名一泊二食付きで、48600円の宿泊料金です。フロントスペースが狭いためか、到着するとすぐに客室へ案内されます。客室には冷やされたウェルカムシャ...

箱根は宮ノ下温泉の高台に位置しています。8室全てに檜の露天風呂を備えたお宿です。15時のチェックインから翌朝12時までのロングステイと、ダイニングでゆったりといただくディナーが気に入り、何度か利用しております。

今回は最もリーズナブルな「スタイリッシュスイート」に宿泊しました。平日に2名一泊二食付きで、48600円の宿泊料金です。フロントスペースが狭いためか、到着するとすぐに客室へ案内されます。客室には冷やされたウェルカムシャンパンが用意されていて、乾杯をしながら簡単に宿の説明を聞きます。チェックイン時と清算時以外は必要のない限り、客室へ立ち入られる事がないので、プライベートが保たれています。

「スタイリッシュスイート」は山側のため、他の客室と比べて眺望が今一つです。登山鉄道の線路が近いようで、時折電車の音が聞こえますが気になる程ではありません。イタリア製のソファーや和ベッド(こちらもイタリア製のFUTONというマットを使用)、バルコニーにはデッキチェアを備えており、居心地良く過ごせました。

過去に「コーナースイート」や「グランスイート」を利用した事もございます。眺望と開放感を重視するのであれば、こちらがオススメです。特に最上階を占有している「グランスイート」の露天風呂は5~6人が入浴できそうな大きさで、客室も贅沢な仕様となっておりますので、特別な日に大切な方と過ごすのにピッタリだと思います。

浴衣・作務衣・バスローブが用意されています。厚手のバスローブは着心地が良く、客室露天を何度も利用したい私達はとても重宝しました。また、優秀なタオルウォーマーも活躍してくれて、ふんわりと乾いたタオルを使えます。これだけ揃っているのに、足袋の用意がないのが不思議でした。

洗面所からシャワールームへ続く、引き違いのサッシの開け閉めがスムーズではない所が難点でした。床部分の腐食が目立つのも気になります。また、網戸が無いため虫が侵入しやすいようです。

客室露天の温度はフロントに連絡して調整していただきます。今回は好みの温度だったので、調整の必要はありませんでした。朝晩の気温差が激しい地域なので、調節に苦労していると後にスタッフさんが仰っていました。浴槽の中に腰かけられるステップが付いていて、心行くまで長湯ができます。格子の付いた窓は一部開閉可能で、木々の緑や夜空を眺めながら、ゆったりと湯浴みする時間は心身共に癒されます。

時の雫には大浴場がございませんが、隣接した姉妹宿「武蔵野別館」の大浴場を深夜0時まで利用できます。一度屋外に出なければならないのが面倒ですが、広々とした伊豆石の内湯と、樽型の露天風呂を利用できるのは嬉しいです。

館内にはアロマサロン(予約制)やシガーバー、ライブラリーがございます。ライブラリーの蔵書は少ないですが、真空管のオーディオが良い音なので、毎回一度は聞きに行っています。また、夕食時に供されるコンシェルジュさん渾身の、お蕎麦を打つお部屋も覗けます。

夕食はシックなダイニングでいただきます。浴衣や部屋着での利用は不可なのでご注意ください。キャンドルが灯されたテーブルは、先着の順に好きな席へ座る事ができます。テーブル担当のスタッフさんが最初から最後までサーブしてくれて、お料理の説明も細やかで丁寧でした。

サーブされるペースはゆっくりで、約3時間程かけていただきます。客室にも小さなワインセラーがあるくらいなので、ワインの品揃えは豊富です。しかし、グラスワインが1500円と少々お高めの設定です。無濾過ビールやグラスワイン、ハーフボトルなど注文してドリンク代が1万円程になりました。もう少し手頃な価格のボトルを置いてくださると嬉しいです。

献立は季節によって変わりますが、定番の料理もございます。楽しみにしていた「水蛸」のお刺身は変わらぬ美味しさでした。コンシェルジュさんの魂の入ったお蕎麦も、より研ぎ澄まされており、勧められるがままにお代わりをいただいてしまいました。どのお料理も器や盛り付けに、細部まで美意識が感じられます。

朝食をいただく場所は、客室かダイニングか選ぶ事ができます。滞在中はなるべく部屋に入られたくないので、ダイニングでいただく事にしました。時間は遅めで、8:30から30分刻みのスタートになります。エッグベネディクトが中心のあっさりとした洋食です。スープ以外にも温かい物が欲しかったですが、フルーツやヨーグルトをたっぷりいただけてヘルシーでした。

カップルやご夫婦の記念日などに向いている宿です。夕食時に着替える必要があるので、浴衣で楽に過ごしたい方は面倒に感じるかもしれません。好みが分かれるかもしれませんが、「ここにしかない何か」がある宿だと思いますので、また利用する予定です。

接客対応

人によりますが、概ね丁寧で細やかな対応です。

清潔感

一部の経年劣化は見られますが、清掃はきちんとされています。

客室

イタリア製ソファーと和の雰囲気が融合されていて、上質さが感じられます。

食事

3時間ほどかけて、ゆっくりと楽しむ夕食の一品一品にこだわりを感じます。

コスパ

一人3万円台までなら適当だと感じます。

立地

箱根の山並を眺められる高台に位置しています。駐車スペースが坂で斜めになっているので乗り降りし辛いです。

温泉・スパ

客室露天のみですが、隣接した「武蔵野別館」の大浴場を利用できます。

備考・アドバイス

・夕食時のドレスコードは特に無いようですが、男性の短パンとサンダルは控えた方が良いようです。

・サプライズの演出が得意な宿なので、記念日などは事前にリクエストされると良いです。

・客室にミキモトのアメニティが置いてありますが、バスアメニティのみです。基礎コスメは武蔵野別館の大浴場にございます。

・連泊時は「寿司懐石」になるそうです。3泊まで対応可能です。

3.5 2015年9月20日に投稿 投稿者: のあざみ
2015年9月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
時の雫は露天風呂付きのスイートが8室だけの隠れ家のような宿で、夕食でダイニングルームに行く時以外は、部屋でゆっくりとした時間を過ごせました。 泊まった部屋は5階のスタイリッシュスイート、63平方メートルの広さは夫婦二人で過ごすにはほどよい広さでした。 同じ敷地にある武蔵野別館の玄関前に車を着けるとスタッフが出迎えて、時の雫の建物に案内してくれました。 時の雫の玄関ホールはさほど広くなく、そのままエレベータに乗って客室に...

時の雫は露天風呂付きのスイートが8室だけの隠れ家のような宿で、夕食でダイニングルームに行く時以外は、部屋でゆっくりとした時間を過ごせました。
泊まった部屋は5階のスタイリッシュスイート、63平方メートルの広さは夫婦二人で過ごすにはほどよい広さでした。

同じ敷地にある武蔵野別館の玄関前に車を着けるとスタッフが出迎えて、時の雫の建物に案内してくれました。
時の雫の玄関ホールはさほど広くなく、そのままエレベータに乗って客室に案内されました。
この建物内で泊り客のためのスペースは、露天風呂付きの客室と夕食をいただくダイニングルーム、あとはライブラリくらいです。大浴場やロビー・ラウンジといった共用施設はありません。
客室でゆったりと流れる時を過ごし、ダイニングでの至福の時を演出するこの宿のコンセプトは明確です。

私たちが泊まった客室は山の斜面に近い側にあり、早雲山や強羅の景観は望めませんが、下の道路や箱根登山鉄道の音もほとんど聞こえず、とても静かでした。

客室は和ベットが敷かれた就寝エリアとソファーが置かれたリビングエリアが一体となったスタジオタイプのスイートです。
ベランダの露天風呂へは、洗面室からシャワーとカランのある屋内洗い場を通っていくルートと、客室からベランダに出て直接入るルートがあります。

到着して直ぐに露天風呂に入った時はかなり熱かったので、スタッフに連絡して温度調整してもらいました。少し長湯ができる温度になるようかけ流しの湯量を調整してもらいましたが、翌朝に入った時もほどよい温度に保たれて快適に長湯を楽しめました。
今回泊まった部屋の露天風呂は間近に蛇骨渓谷の樹々が迫っていて、紅葉の季節にぜひ来たいと思わせる眺望でした。

ウエルカムドリンクとしてスパークリングワインが出されますが、部屋に到着して直ぐに栓を開けずに、露天風呂を入った後、ベランダでくつろぐ時にいただけるいいなと思いました。(次回、泊まる時にスタッフに聞いてみよう)

夕食は1つ下の階にあるダイニングルームでいただきます。
テーブルは特に決まっておらず、ダイニングに来た順番に自分の好きな場所を選べます。私たちは窓際の眺めの良い席しましたが、壁側の席も落ち着けて良さそうでした。

落ち着いたインテリアのダイニングルームなので、浴衣姿はダメというのも納得です。
また、この宿は6歳未満のお子さんは泊れないので、夕食は時折大人の会話が交わされる静かな雰囲気でいただくことができました。

夕食は日本料理の形を踏みながらフランス料理の技も取り入れたもので、目にも舌にも食べる喜びを感じさせる品が続きました。

洋皿に盛り付けられた「吹寄せ」はフランス料理の前菜に見えますが、日本の秋を感じさせる一品です。
迎え椀は松茸の土瓶蒸し・・・松茸はこのスタイルでなくては。

お造りは南マグロ、水蛸と地元の魚を氷を敷き詰めた大皿で出されます。美味しいお刺身でしたが、量の割に大げさな盛り付けはあまり好きではありません。

お凌ぎに出されるお蕎麦は、時の雫のコンシェルジュが蕎麦畑から蕎麦打ちまで手がけたものです。蕎麦のいい香りが残り、ちょっと緊張感のあるコースの中休みとしてほっと一息つけるお凌ぎになっています。

焼物にあたるのが「秋の幸」の宝楽焼きでしょうか。上品すぎる松茸の奉書焼き、焼き石ばかりが目立って食べられる物が少ないお料理にはちょっとがっかりしました。

時の雫の売り物は足柄牛のロティールと活き鮑の炊き込みご飯のようです。
コンシェルジュが各テーブルをまわってこの料理に使うお肉の塊と活き鮑をプレゼンテーションして料理への期待を盛り上げていきました。
少しして出てきた足柄牛のロティールはやや薄切りで、美味しいお肉ですが物足りない一品でした。
がっかりしたのが炊き込みご飯の鮑でした。薄くて小さな鮑の片は、鮑の食感がどこへ行ったかな、といったものでした。
炊き込みご飯と一緒に出された大山地鶏のつみれ汁もちょっと鶏の臭みがあり、演出は楽しいものですが、この夜のコースの味の繊細さからは異質なものを感じました。

デザートの林檎のコンフィは、各テーブルでソースの花柄模様を描いてくれる演出で目も楽しませてくれました。
このデザートなら最後は趣向を凝らした野草茶より珈琲を出してくれた方がよかった。

夕食は和のオーベルジュを謳うだけあって料理は美味しいと思います。
ただ、目や舌を楽しませてくれましたが、食材の量に不満の残るものでした。お皿の数を減らしてでも、一つ一つの料理にもう少し満足感を持たせてもらいたかった。

朝食はほとんどの方が部屋でいただいたようですが、私たちはダイニングルームで朝の早雲山の眺望を楽しみながらいただくことにしました。
綺麗なテーブルセッティングでちょっと贅沢な気分で味わえます。

メインのエッグベネディクトとホットサンド(もう一品は卵料理以外をお願いしました)が一つのお皿で出てきてビックリ、これで2人分?それとも1人分?と目を疑うような量でした。
珈琲や紅茶はポットで出されるので、珈琲好きの私としては嬉しいものでした。
コンシェルジェにリクエストするといただける生チョコレートを熱い珈琲と一緒に美味しくいただきました。

時の雫の料理は盛り付けや演出は凝っていましたが、シニアの私たちでも量の点では物足りないものでした。でも、時の雫の露天風呂には紅葉の頃にまた訪れたいと思います。

接客対応

スタッフの来室は、着いた時の部屋への案内と説明、露天風呂の温度調整、チェックアウトだけなので、煩わしくなく落ち着けた。

清潔感

露天風呂の周りなど掃除が行き届いていない個所があった。部屋の臭いが気になり空気清浄機の送風を強にしたらかえって臭いが拡がった。

客室

二人でゆっくり過ごすのに程よい広さでした。和ベッドの床とリビングの段差は手摺などの手掛かりがないとシニアには下りにくい。トイレの扉の重さはシニアには辛い。

食事

お料理は美味しく、食事の時間も適当でさほど長く感じませんでした。炊き込みご飯の鮑は貧弱、夕食のお肉や朝食のメインは量が少ない。

コスパ

露天風呂付きの客室の広さや料理の内容を考えると適当な価格だと思います。

立地

蛇骨渓谷の深い緑に包まれた閑静な宿、部屋からの眺望もよかった。国道からのアプローチが分かり難い。

温泉・スパ

露天風呂は二人で入れる広さがあり、真近に自然を感じる静かなロケーションでとても良かった。欲を言えば武蔵野別館の貸切露天風呂は空いていても入れないのは残念。

備考・アドバイス

時の雫から武蔵野別館へは浴衣姿で行けます。手ぶらで行って、フロントで手拭いとバスタオルを借りて、大浴場と広い露天風呂に入れます。
いい雰囲気の貸切露天風呂は武蔵野別館の泊り客用で、空いていても時の雫の泊り客は使えません。

冷蔵庫の飲料水は有料です。お風呂上がりに飲みたい冷たい水(無料)の用意はありません。

朝食もしっかり食べたい人には量が少ないかもしれません。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 2015年4月5日に投稿 獲得票数:2 投稿者: みぃ
2015年3月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
2名1泊2食付きで1人あたり35,000円のプランを利用しました。 今回宿泊したのは、スタイリッシュスイート503のお部屋でした。このお宿で1番リーズナブルなお部屋です。電話で予約した際に連絡先をすべてお伝えしていたからか、チェックインは特になく、そのままお部屋に案内され、設備の説明を受けました。 63平米あるお部屋に入ると、まず赤いソファーに目がいきました。イタリア製のソファーはとても座り心地がよく、外の景色をみているだけで心が満た...

2名1泊2食付きで1人あたり35,000円のプランを利用しました。
今回宿泊したのは、スタイリッシュスイート503のお部屋でした。このお宿で1番リーズナブルなお部屋です。電話で予約した際に連絡先をすべてお伝えしていたからか、チェックインは特になく、そのままお部屋に案内され、設備の説明を受けました。

63平米あるお部屋に入ると、まず赤いソファーに目がいきました。イタリア製のソファーはとても座り心地がよく、外の景色をみているだけで心が満たされました。障子と畳とフローリングの組み合わせが和モダンと呼ぶのにふさわしく、また落ち着いた雰囲気を出していました。アクセントカラーの赤は、ソファーだけではなく、洗面所の椅子や冷蔵庫にまで使用されていましたが、派手すぎることなく落ち着きのある部屋によくなじんでいました。ベッドではなく、畳の上にイタリアへ特別注文したマットレスが2つ並べられた寝心地の良いスペースでした。和室のようにマットレスを簡単に移動させることができるのは使い勝手が良いと思いました。また大きなガラス窓があり、テラスにも椅子がありますが、障子を移動させることで視界に変化をつけることができます。カーテンやブラインドとは違った和の良さを体感できるお部屋だと思いました。また驚いたのは、ウェルカムドリンクがスパークリングワインとナッツだったことです。好みの辛口だったため、とてもうれしかったです。お部屋に用意されているドリンクはすべて有料でしたが、洋酒や焼酎のミニチュアボトルがたくさん用意されていたので、お酒が好きな方にはうれしいサービスだと思いました。そして灰皿と葉巻き用のマッチが用意されていましたので、煙草を吸う方もリラックスできる部屋だと思います。もちろん煙草の匂いは一切気にならないお部屋でした。

このお宿には、全室源泉かけ流しのお風呂がついているため、大浴場がありません。そのため同じ敷地にある「武蔵野別館」の大浴場を無料で利用することができます。浴衣のまま手ぶらで入館し、フロントでルームキーを渡すとタオルを貸してくださいます。ルームキーはひとつでしたので、フロントに行くと「お連れ様はお部屋にお戻りです」などと教えてくださるので助かりました。お部屋のお風呂は、外の気温にあわせてスタッフの方が加水しながら調整しているそうです。軽く硫黄の香りがするときもありますが、透明のお湯は癖もなく、景色もよいため、とてもよいお風呂でした。肌寒い日でしたが、入浴後に冷え症の私でも体が温まっている点が気に入り、わざわざ大浴場を利用する必要がありませんでした。

夕食は、お宿のダイニングでいただきました。食材によって、フレンチのメニューになり、和のメニューになることもありました。品数も多く12品あり、食事にかかった時間は2時間半でしたが、あっという間の楽しい時間でした。印象的だったのは、食材を目の前でみせてくださって、食材をどのように選んでいるか、どのような調理をするか説明していただいたことです。そうすることで、想像し、実際に食べるときにも楽しむことができ、また食事の後も印象に残っているため、食事の楽しみ方が増えていることに気付きました。素材を生かしている料理が多く、その日水揚げしたばかりの桜エビは、何もつけないで頂くのが1番おいしかったですし、それにあわせて、生のリが用意されていたのも非常に美味しかったです。蕎麦を育てて手打ちにしている十割蕎麦は、醤油を使わない汁でいただくため、蕎麦の味がひきたちます。さらに刻みのりがいつでもパリパリになるよう炭火で温められていた点は驚きました。

朝食の場所は、夕食と同じダイニングかお部屋を選ぶことができます。お部屋を選ぶと、係の方がテーブルとイスを用意してくださって、お食事を並べてくださいます。チェックアウトまで食事の片づけは行わないため、好きな時間に頂くことができますし、ガウンで食事できるため、とてもリラックスできました。
自然が豊かな場所なので、朝は野鳥の声が聞こえ、ときどき通過する箱根登山鉄道の音は、趣がありました。部屋に蜘蛛が来てしまったことに驚きましたが、自然を大切にしている環境なので大目にみたいところです。生き物が苦手な方にはオススメできない点が残念です。

接客対応

予約の時から、同じスタッフの方に担当していただきました。私の要望を細かく覚えていてくださって気づかっていただきました。

清潔感

きれいなお部屋でしたが、蜘蛛が部屋に入ってきたり、蜘蛛の巣を作ってしまったのが残念でした。

客室

2人で過ごすのであれば、ほどよい広さと空間だと思いました。

食事

こだわりの食材を視覚でも味覚でも楽しませていただきました。

コスパ

平日、休前日(ただし特定日を除く)が同一料金のため、土日に宿泊するとお得です。

立地

宮の下から車で5分ほどです。宮の下駅までの送迎がある点が便利です。

温泉・スパ

客室の露天風呂(屋根と目隠しあり)は、泉質も眺めもよくとても癒されました。

備考・アドバイス

家族や友人との旅行よりもカップルにオススメの宿です。

お部屋でアルコールや煙草(葉巻き)も楽しめるお宿です。飲み物は、ミネラルウォーター(エビアン)を含めすべて有料です。ワインセラーもあり、ハーフボトルのワインも選ぶことができます。

化粧水や乳液が必要な方は、フロントに連絡をすると届けていただけます。

土曜日に予約をとりたい場合は、宿に直接電話してくださいとのことでした。料金は平日と同じです。

5.0 2014年1月17日に投稿 投稿者: meroth
2013年8月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
妻へのプレゼントの旅行です。エステもお願いしました。エステティシャンの方の技術もさることながら、雰囲気やオイルの効能の説明に世間話まで。妻が素晴らしいと絶賛しておりました。ここまで喜んでもらえて私も感激です。 肝心の宿はと言いますと、ナビに出ないので「四季の湯座敷」武蔵野別館を目指して坂をひたすら登っていくと到着!すでに受付の方がいらっしゃいました。小川のようになっている小さな階段を進んでいくとロビーです。受付には男...

妻へのプレゼントの旅行です。エステもお願いしました。エステティシャンの方の技術もさることながら、雰囲気やオイルの効能の説明に世間話まで。妻が素晴らしいと絶賛しておりました。ここまで喜んでもらえて私も感激です。

肝心の宿はと言いますと、ナビに出ないので「四季の湯座敷」武蔵野別館を目指して坂をひたすら登っていくと到着!すでに受付の方がいらっしゃいました。小川のようになっている小さな階段を進んでいくとロビーです。受付には男性3人でしたが、とても丁寧な接客で同性の私からも好感が持てました。時間が早かったにもかかわらず、夕食会場となる食堂に案内してくれました。ここからの景色がすごい。絶景です。ほどなくお部屋に案内されました。部屋の窓辺にはリクライニングチェアが2個、こちらも絶景。なんにもしないでしばらく山を眺めていました。本当に感動です。部屋は白を基調として落ち着きます。風呂も最高でした。本当に時が止まります。

夕食はコース料理になっています。どれも新鮮でとーっても美味しいのですが、量が多いうえに、3時間近くかけて出されるので食べきれませんでした。それが一番の心残りです。本当に美味しかっただけに残念です!最後にシェフが来て、記念日のデザートを目の前で作ってくれました。クリームで絵を描いてくれるアートです。あまりに感動したので、満腹だけど食べられました。感謝感謝です。お酒の品ぞろえも豊富なので、誰でも楽しめると思いました。

朝食は部屋だしになります。ジュースもサラダも昨夜と同じように、とても新鮮な感じがしました。12時チェックアウトなので、もう一度お風呂に入ることができました。夏休み一番ゆっくりとできた二日間、私たち二人にとって忘れられない箱根旅行になりました。

接客対応

清潔感

客室

食事

3時間

コスパ

高いですがその価値あり

立地

温泉・スパ

備考・アドバイス

夕食はすごくお腹を空かせて、臨みましょう。

1 - 9件目 / 合計 9件

施設情報

施設名
箱根 時の雫
かな
はこね ときのしずく
所在地
〒250-0404
神奈川県足柄下郡箱根町宮の下416
電話番号
0460-82-4343
チェックイン
15:00
チェックアウト
12:00
アクセス
■電車の場合
・東京・新幹線(45分)-小田原-箱根登山鉄道・宮ノ下駅より送迎バスにて約5分
・新宿-小田急ロマンスカー(80分)・箱根湯本-箱根登山鉄道・ 宮ノ下駅より送迎バスにて約5分
■お車の場合
・厚木I.C-小田原厚木道路-国道1号線-宮ノ下(約50分)
・御殿場I.C-乙女道路-国道138号線-宮ノ下(約30分)
送迎
あり/箱根湯本駅より、宮ノ下駅の到着時間をご連絡頂ければ、宮ノ下駅で予めお待ち申し上げております。
駐車場
あり(宿泊者無料)
駐車場台数: 30台
チェックイン・チェックアウト前後のお車のお預かりをさせて頂きます。また、最寄の電車駅・バス停への送迎もさせて頂いております。
部屋数
8
設備・サービス
○ インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 ○ 露天風呂 × 貸切風呂 × 客室露天風呂 ○ 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 × コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く × ゲレンデ近く ○ 駐車場 ○ 送迎サービス × ランドリー × クリーニング ○ マッサージ ○ エステ × サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 ○ ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 フェイスタオル バスタオル ボディタオル・スポンジ 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り 浴衣 ナイトウェア バスローブ スリッパ 洗顔料 化粧水 乳液 化粧落とし 綿棒 コットン 冷蔵庫 ミニバー 湯沸かしポット お茶セット テレビ 金庫 ズボンプレッサー 衛星放送 DVDプレイヤー ポータブルオーディオ用スピーカー 無線LAN接続
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS 銀聯

箱根 時の雫周辺の旅館