ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

TOBE オーベルジュリゾートの口コミ・宿泊記

1位

TOBE オーベルジュリゾート

〒791-2120 愛媛県伊予郡砥部町宮内1622-7
1位/3件中 - 砥部町のホテル
TOBE オーベルジュリゾート
〒791-2120 愛媛県伊予郡砥部町宮内1622-7
TEL: 089-960-7501
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.5 に投稿 獲得票数:6 投稿者: はやどん
2017年3月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
「愛媛づくし」で非日常を創り上げた、センス抜群のオーベルジュ

今回訪れた「TOBEオーベルジュリゾート」は、砥部市の市街地からほんの少し山を上った場所にあります。江戸時代に造成された溜池「通谷池」のほとりに佇む瀟洒な本館と宿泊棟の2棟で構成されたオーベルジュです。あらかじめお願いしておけば、松山市内や道後温泉、松山空港など都合の良い場所へ送迎していただけます。

松山駅で迎えてくれた送迎車がイタリア車のFIAT500というところから、早速、宿のこだわりが見え隠れします。敷地内の行き来はゴルフカートを運転していただきますが、雨の日などはコンパクトなこの送迎車も稼働するそうです。

チェックインは本館のロビーで行います。黒でまとめられ、照明を落としたシックな空間で、大きな窓から見える外の風景が際立ちます。そこかしこにオブジェや器などが飾られていてさながらギャラリーのようです。こちらでウェルカムドリンクをいただきながら手続きを行います。

今回は、スタンダードルーム(58.5平米)で、平日1名夕朝食付き約53,000円のプランを予約していましたが、空室があったようで、スイートルーム(77.5平米)に当日アップグレードしてくださいました。こちらの宿は全10室で、スタンダード6室、スイート2室のほか、80.8平米のヴィラ(離れ)が2室あります。

案内されたスイートのお部屋は、大きなソファのあるリビングルームと、テーブルセットのあるダイニングルーム、ハリウッドツインのベッドルームにゾーニングされていて、大変広々しています。その隣にはバスルームとシャワールーム、トイレ、洗面所があり、それら水回り部分とは格子戸で仕切られています。内装、家具、アメニティ、どれを取ってもモダンで洗練されたデザインばかりで、どこにも隙が見当たりません。そしてそれらすべてが綺麗に調和していて、徹底した非日常空間が心地よく感じられます。

また、客室にはテレビは置かれていません。しかし、クローゼットの中に収納されており、設置していただくこともできます。部屋の世界観演出のために敢えて置いていないけど、そのポリシーを客に一方的に押し付けることなく、テレビが見たいという宿泊客には気持ちよく用意をしてくれるところも好感が持てます。

客室のお風呂は、大人2人が余裕で入れるほど深く大きな浴槽ですが、大きい分お湯を張るのに2〜30分かかります。浴槽、シャワーとも、蛇口の温度調節が難しく、適温にするコツをつかむのに少々時間を要しました。また、すべての客室のお風呂は温泉ではありません。しかし近くに日帰り温泉施設があり、こちらの宿泊客は無料で送迎付きで利用できるそうです。今回は時間の都合で利用しませんでしたが、連泊などで時間がある方にはおすすめかと思います。

食事の時間になると部屋の電話に連絡が入り、カートまたは車で本館にあるレストランまで送っていただきます。シェフの調理をダイレクトに見られ、その後ろに池の噴水を臨むことができるカウンター席で、夕食をいただきました。料理はフレンチがベースですが、所々に和のアクセントを感じます。例えば、地物の野菜と瀬戸内で獲れた魚介の前菜では、オリーブオイルと柑橘のソースに和風だしの隠し味が効いていて、魚介の甘みにだしの旨みがプラスされふくよかな味わいを堪能できました。

全体的に塩味を抑え、素材そのものの旨みを引き立てる料理が多く、個人的にも薄味が好みなので、アミューズからデザートまで、全て大変美味しくいただけ大満足の食事でした。お腹いっぱいになって部屋に戻ると、テーブルに夜食の一口おにぎりとフルーツが、スタッフの手書きメッセージカードとともに用意されていて、極上のおもてなしに心打たれました。

料理に愛媛県産の食材が多く使われていましたが、こちらの宿では食材だけでなく、ありとあらゆるものが“愛媛産”で統一されていました。料理を載せるお皿はすべて地元の砥部焼で、ガラスの器も地元の工芸家のオリジナルだそうです。また、カトラリー置きの木も愛媛の木材が使われていました。客室のランプシェードも砥部焼、タオルは今治産、またバスタイムに灯してほしいということでお風呂の脇に立てられている和ろうそくは内子の名産品です。宿の“地元愛”が伝わって来るだけでなく、多岐にわたる名産を輩出する愛媛の魅力にも気づかされました。

チェックアウトは12時なので、朝食の後もゆっくり過ごすことができます。部屋には豆から挽くコーヒーセットがあり、外の景色を眺めながら自分で手挽きしたコーヒーをいただきました。最近は全自動のマシンが用意されているホテルも多いですが、スローなコーヒータイムがこの宿にとても似合っていると思いました。

今回は、食事と滞在で100%を占める旅でしたが、このオーベルジュではそんな過ごし方が最もふさわしい気がします。観光目的ではなく、心と身体をしっかり休めるための旅にピッタリです。家族や、夫婦、親友など、心落ち着く相手との旅や、誰にも気を遣わない一人旅におすすめです。春には桜が咲きほこり、秋は紅葉が美しいそうなので季節を変えてまた訪れたいと思いました。

接客対応

滞在中、どの場面でもおもてなしの心を感じました。

清潔感

すべてが清潔で空間が凛としていました。

客室

洗練されたインテリアで居心地の良いお部屋です。

食事

上質な食材で丁寧に作られているのが味で実感できます。

コスパ

決して安くはありませんが、相応以上の満足度でした。

立地

市街地の近くとは思えない、溜池のほとりの別天地でした。

温泉・スパ

温泉ではないのが、唯一残念でした。

備考・アドバイス

スキンケアのアメニティがありませんでしたので、各自用意することをおすすめします。

宿泊棟は2階建てになっていますが、桜の季節は木が正面に眺められる1階の客室がおすすめです。

本館エントランス本館フロントロビーウェルカムドリンクはスパークリングワインロビーのテーブルのキャンドルロビーからの眺めフロントに飾ってある大きな砥部の陶器フロントのガラス工芸のオブジェフロントの調度品客室リビング部分客室:窓辺からベッドルーム方向客室:ダイニング部分とベッドルーム部分客室:ベッドから窓辺方向客室:リビングからダイニング方向枕元に桜の生花のあしらいランプシェードは砥部焼客室玄関ベッドルーム客室バルコニーソファからの眺望客室から桜の木が目の前です。噴水がオーベルジュのシンボルになっています。洗面台も砥部焼ですアメニティボックスの中身バスタイム用の和ろうそくろうそくを灯してお風呂に入りました。ろうそく用のマッチと、火消しのピンセットソフトドリンク類は無料です。手挽きのコーヒーセットコーヒーカップも砥部焼のオリジナルデザイン客室のウェルカムスイーツ客室のウェルカムスイーツ設備案内のファイルもきれいな箱にしまわれています。ベッドサイドの下に隠れるようにオーディオセットが着ごこちのよい部屋着寝巻きレストランレストランのカウンターから眺める夜の噴水レストランからの夜景カウンターの目の前で調理してくれますレストラン鮑のソテーサラダ仕立て・ネギのグリル・ネギソース安納芋のポタージュ愛媛県産ブドウのワインあこうのポワレ和牛のグリルお夜食朝食は個室でしたブロッコリーのポタージュトマトソース、柚子ジャム、バター送迎車レンタサイクル公道から宿へ入る標識本館の標識宿泊棟の標識宿泊棟への小径宿泊棟客室の表札客室棟池の対岸から見た、本館と宿泊棟