ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

インターコンチネンタルホテル大阪

〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-60
インターコンチネンタルホテル大阪
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-60
TEL: 06-6374-5700

インターコンチネンタルホテル大阪のレストラン

オールデイダイニング NOKA

国際色豊かな料理の数々を、お客様の目の前で調理するオープンキッチンスタイルで、心ゆくまでお楽しみください。
06:30 ~(22:00)
※アラカルトは営業時間中オーダー可

【Buffet】
朝 06:30 ~ (10:30)
昼 11:30 ~ (14:30)
夜 18:00 ~ (21:30)

ピエール

料理長・大久保晋が牽引するキッチンチームが、ユニークなお料理の数々をお届けします。煌びやかな夜景と共に、新しいスタイルのフランス料理を。
昼 11:30 ~ (14:00)
夜 18:00 ~ (21:30)

バー adee

インターコンチネンタルホテル大阪20階の、艶やかでスタイリッシュなバー「adee(アディ)」バータイムにはDJプレイも!
営業時間 月~木曜日 16:00-24:00
金~日、祝日 11:30-24:00
※ワンプレートランチは金土日および祝日の11:30-14:00のみの提供となります。

STRESSED

忙しく ”ストレスフル” な日々の生活の中でほっと一息。窓に映る木々が心地良いパティスリー「STRESSED」。
10:00 ~ 20:30(20:00)

ラウンジ 3-60

現代的なデザインと居心地の良さを兼ねそろえた空間で、ジュエリーのように美しいセイヴォリーとスイーツを愉しむ優雅なひとときを。
【毎日】
8:00 ~ 22:00
【毎日】
アフタヌーンティー 12:00 ~ 17:00(120分制)
‐1部 12:00 ~ 14:00
‐2部 14:00 ~ 16:00 / 14:30 ~ 16:30
‐3部 16:30 ~ 18:30 / 17:00 ~ 19:00
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

5.0 に投稿 投稿者: ヨナグニ認証済
2014年3月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
ラグジュアリー感と快適性を兼ね備えた大阪屈指のホテル!

2013年に大阪駅前に開業した話題の複合商業施設「グランフロント大阪」内にあるホテルです。開業以来、ずっとこのホテルに泊まりたいと思っていたのですが、念願かなって初めて宿泊しました。
大阪駅とグランフロントは、連絡通路で結ばれています。駅を降りてからホテルに至るまでの光景も、巨大な吹き抜け空間があったり、デザイン性豊かな建築物があったりと、とても楽しいもので、歩いていて退屈する事はありません。
ホテルの入り口は、グランフロント大阪内のコンコースに面していますが、ホテルを示す看板は小さくあまり目立ちません。
「グランフロント大阪」自体もとても素晴らしい建築物ですが、ホテルの黄金色の自動ドアをくぐると、そこからは近未来空間とも呼ぶべき「インターコンチネンタルホテル大阪」の世界が広がります。
結論から言うと、大阪を代表する屈指のホテルだと思います。今までインターコンチネンタルのブランドを掲げるホテルに何度も宿泊しましたが、その中でも群を抜いて素晴らしいホテルです。
まずはロビー。天井が高い吹き抜けの構造で、大きく取られた窓からは大阪の街を見下ろすことが出来ます。淀川にかかるいくつもの橋梁は、大阪ならではの光景です。
フロントの周辺は、随所にオリエンタルなムードを感じさせるスタイリッシュな雰囲気です。お客さんも欧米人から東南アジアのかたまで幅広く、大阪が国際都市である事を再認識する次第です。
宿泊したのは「デラックスルーム」。ドアを開けて室内に入ると、今まで見た事のないホテルルームの光景が随所にありました。
部屋の広さは50平米ほどだと思います。とてもゆとりのある広さですが、随所に調度品であったり家具であったりが配置されており、「だだっ広い」という印象は受けません。
室内は、木の温もりを活かした造りと色彩で、落ち着きを感じるとともに、ラグジュアリー感に溢れています。色温度の低い照明で照らされた室内と、窓越しに見える大阪の夜景は、これからこのホテルで過ごす時間への期待をますます高めます。
ついつい荷物をほどくより前に、「室内散策」に勤しんだのですが、見た目の豪華さだけでなく、機能性と快適性にも重点をおいて作られた部屋だという事が分りました。
まず目に飛び込んだのが「特大のオットマン付きチェアー」。足を伸ばして寛ぎ、テレビを見ながらドリンクをいただくのが最高の贅沢です。50インチほどの大画面のテレビは、音声は「BOSE社」製のスピーカーから出るように配線されており、迫力の低音を味わえます。
窓には、遮光ブラインドとレースのブラインドが設置されていますが、ともに枕元のリモコンスイッチで開閉できるシステムです。
無料の飲み物は日本茶とコーヒーがありますが、前者は石を模した置物の上に急須と湯呑茶碗がセットされる手の込みよう。後者のコーヒーセットは、使い捨てカートリッジ式のネスプレッソマシーンとともに、さりげなくホテルのロゴがプリントされたミネラルウォーターが置かれています。
有料のミニバーには、ワインのハーフボトルや大吟醸酒まであり、もはや「ミニバー」という範疇を超えるものでした。
バスルームはとても広くて快適です。一般的な埋め込み型のバスではなく、ガラス張りのバスルームに「浴槽」が置かれた形です。バスルーム全体がユニットになっているので、シャワーやバスのお湯がはみ出て水浸しになる事を気にする必要はありません。
アメニティは、アメリカの高級フレグランスブランド「アラグリア」で統一されています。このブランドを使っているホテルは、私が宿泊した中では初めてでした。もちろん持ち帰る事が出来ます。
シャドウとなる扉を開けることにより、バスルームから室内を、そして窓越しに大阪の夜景を見ながらのバスタイムも楽しめます。
更に特筆すべきはタオルです。今まで使用した中で最高の肌触りと吸湿性でした。細かな点までとても気配りがなされている事を感じました。
チェックイン時に、既にターンダウンは終えられていたのですが、グランフロントで食事を終え、部屋に戻ると、枕元には3色の「お団子」が置かれていました。チョコレートではなく、お団子というのが面白い発想です。
朝食はロビーフロアのレストランでいただきます。窓が大きく取られているので、とても明るい店内は開放感に溢れて快適です。
パンケーキや、オムレツと言った調理に時間のかかる料理は、オーダーをしておくと、あとからテーブルまで届けてくれるシステムになっており、待ち時間にイライラする事もありません。
レストラン内にはあちらこちらにオブジェが配置されるなど、センス溢れるデコレーションがなされていて、視覚的にも色々な刺激を受けます。
滞在全般を通じて感じたのは、あらゆる面においてとてもレベルの高い素晴らしいホテルであるという点です。
私たちは当初の予定を変更して大阪観光の時間を少し削り、チェックアウト時間ギリギリまでホテルタイムを楽しむことにしました。
こちらのホテルに滞在する事そのものがラグジュアリーで貴重な時間と感じたからです。
木曜日の宿泊と言う事もありましたが、東京のホテルに比べるとかなり手頃な宿泊料金なので、是非また宿泊してみたいと思います。
その際は、出来るだけホテル滞在時間が長くなるようなスケジュールを組みたいと思っています。

接客対応

清潔感

客室

食事

コスパ

立地

備考・アドバイス

とても快適なホテルなので、出来るだけ滞在時間を長くとるようなスケジュールを組むことをお奨めします。

インターコンチネンタルホテル大阪周辺のホテル・旅館