ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

向瀧の口コミ・宿泊記

4位

向瀧

〒965-0814 福島県会津若松市東山町大字湯本字川向200
4位/40件中 - 会津の旅館
向瀧
〒965-0814 福島県会津若松市東山町大字湯本字川向200
TEL: 0242-27-7501
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.7 に投稿 獲得票数:12 投稿者: tanuko222
2017年4月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
温かいおもてなしが心に残る、歴史ある登録有形文化財の宿

向瀧は、会津東山温泉にある、伝統的な木造建築が特徴の宿です。4月下旬の平日に、会津若松市内でお花見を楽しんだ後、母と二人で宿泊しました。川や竹垣側のお部屋に宿泊する「お気軽プラン」で、一人あたり一泊二食付、17,430円(税込)でした。

市内を巡る周遊バスを降り、少し歩くと、目の前に向瀧が見えます。趣のある木造の建物は、想像を大きく上回る素晴らしさで、しばし見とれる程でした。外観の写真を撮っていると、すぐに従業員の方が出てきて、笑顔で迎えてくださいました。

宿泊したのは、一階の「らんの間」という、本間8畳+次の間5畳に、洗面・トイレのついたお部屋でした。疲れを癒すことのできるよう、ほのかな光が入るよう設計されたというお部屋は、落ち着いた雰囲気です。竹垣があり、眺望はよくありませんが、廊下に出れば、美しい中庭を眺めることができました。また、階段も少なく、お風呂にも近いので、移動に大変便利でした。

お部屋に着いてしばらくすると、仲居さんがいらっしゃり、丁寧なご挨拶がありました。自家製の桜の羊羹や、抹茶をいただきながら、ご説明をお聞きします。若い方でしたが、しっかりされていて、どんな質問にも、笑顔でお答えいただいたのが印象的でした。

向瀧で特筆すべきは、国の登録有形文化財に指定されている木造建築です。会津藩の指定保養所だったという建物を歩いていると、まるでタイムスリップしたかのような、非日常の世界を味わうことができます。館内の床は大変美しく磨かれており、宿の方が建物を大事にされている様子をうかがうことができました。

また、丁寧に手入れされた中庭には、大きな枝垂れ桜があります。残念ながら時期が少し早く、まだ蕾の状態でしたが、数週間後には、どんなに美しく花が咲くだろうと、想像しながら眺めるのも、また楽しいひと時でした。

お風呂は、100%源泉かけ流しの温泉で、「きつね湯」「さるの湯」「家族貸切風呂」の三種類あります。「きつね湯」は、蛇口のない湯治場風のお風呂で、熱めのお湯です。「さるの湯」は、窓から景色が見える、開放感のあるお風呂で、入りやすい温度が特徴です。入浴中、滝の音や鳥のさえずりを楽しむことができ、一番気に入ったお風呂でした。また、「貸切家族風呂」は、三つのお風呂が隣合っており、予約なしで自由に入ることができ、大変便利でした。いつ利用しても、前の方の使用済タオルが片付けられており、常に清潔に保たれていることに感心しました。

食事は、お部屋でいただきます。最初に先付や前菜が用意された後は、一品一品、熱いものは熱く、冷たいものは冷たい状態で提供されました。「雪中あさつき」や「雪中キャベツ」等、寒い会津地方ならではの食材を使った、春を感じるお料理は、美しく、器にもこだわりを感じました。

その中でも、「春が来た!甘ーい雪下にんじん」というお料理は、揚げた人参が大変甘く、彩りも華やかで、心に残る一品でした。また、会津藩直伝の「鯉の甘煮」は、全くクセがなく、とても柔らかく煮込んでおり、どんどん箸が進みました。ボリュームがある為、食べきれない場合は、お持ち帰り用に包装していただけるそうです。その他、桜の香りが漂う「会津雑穀古代米」や、具がたっぷりの「こづゆ」等、会津産にこだわったお料理は、どれも大変美味しく、手の込んだものでした。

朝食は、「紅鱒のせいろ蒸し」や、向瀧オリジナルの温泉卵「玉三郎」等、朝食らしいメニューが並び、程良いボリュームです。契約農家直送という会津のコシヒカリが大変美味しく、朝から食が進みました。

二日間を通じ、たくさんの従業員の方と接しましたが、どの方も、大変親切で、温かいおもてなしの心を感じることができました。

例えば、布団を敷いている男性に観光の質問をしたところ、いったん手を止め、地図を見ながら、丁寧に説明してくださったのには感心しました。また、帰る際には、十人以上もの従業員の方が並び、私達が見えなくなるまで、ずっと手を振って見送ってくださり、宿を去りがたく思う程でした。

歴史ある建物はもちろんですが、誇りを持って働いている従業員の方々もまた、この宿の宝であると感じました。大事な人と何度でも訪れたい、そんな素敵なお宿です。

接客対応

マニュアル通りではない、温かい接客が印象に残りました。

清潔感

歴史ある建物ですが、お手洗い等は新しくリニューアルされ、快適に過ごすことができました。

客室

眺望はありませんが、二人には十分な広さがあり、美しく活けられた生花や古い鏡台などの備品も素敵でした。

食事

アレルギーがあるため、いくつかメニューを変更していただきましたが、お品書きの内容も全て変更してあり、嬉しく感じました。

コスパ

リーズナブルな一万円台のプランでも、食事はお部屋食でゆっくりと楽しむことができ、リーズナブルだと感じました。

立地

会津若松駅からは、街なか周遊バス「赤べえ」又は「はいからさん」に乗り、終点の東山温泉駅下車です。

温泉・スパ

源泉かけ流しの貸切風呂が無料で何度でも使えるので、大変快適でした。

備考・アドバイス

・階段が多いので、足の悪い方は注意が必要です。階段が少ないお部屋もあるので、事前にご相談されることをおすすめいたします。

・公式HPから予約すると、持ち帰り用の「酒粕」や、夕食後にいただく宿オリジナルの「酒ケーキ」等の特典を選ぶことができました。

・クレジットカードは、大手旅行サイト等を通さず、宿へ直接予約した場合のみ、利用可能です。

・冷蔵庫は、音が気になる方がいること、また、環境面でも配慮したいという宿のご意向により設置されておらず、自動販売機もありません。代わりに、リーズナブルな価格で、ドリンクが販売されていました。

・お部屋ではWi-Fiを使うことができます。

・化粧水、乳液等のアメニティは設置されていないので、持参されることをおすすめします。

・小さな売店があり、オリジナルの日本酒やお菓子、会津地方のお土産等を購入することができます。雑貨類はセンスがよく、価格もリーズナブルでした。

玄関フロントフロント付近の古時計館内案内図売店売店売店の「赤べこ」向瀧オリジナルの日本酒と酒ケーキスタッフの作品が並ぶ「向瀧ギャラリー」一階廊下一階廊下中庭の桜の木中庭中庭中庭「らんの間」入口自家製羊羹と抹茶「らんの間」からの眺望冷水の入ったポット、タオル掛け客室の鏡台金庫客室のお花ポット、お茶セット加湿器客室アメニティ浴衣洗面台、お手洗い入口客室お手洗い「きつね湯」入口「きつね湯」脱衣所「きつね湯」脱衣所「きつね湯」「きつね湯」「きつね湯」「きつね湯」アメニティ「さるの湯」入口「さるの湯」脱衣所「さるの湯」洗面台「さるの湯」脱衣所ドライヤー「さるの湯」バスタオル「さるの湯」「さるの湯」「さるの湯」アメニティ「さるの湯」からの眺望貸切風呂入口貸切風呂「鈴の湯」入口貸切風呂「鈴の湯」貸切風呂「蔦の湯」入口貸切風呂「蔦の湯」貸切風呂「蔦の湯」貸切風呂「瓢の湯」入口貸切風呂「瓢の湯」貸切風呂「瓢の湯」夕食全景お品書き 「向瀧 春の献立」飲み物のメニュー先付 春菊と椎茸の白和え前菜 雪中あさつきの卵焼き 福島酵母牛の美酒佳肴焼き 他向付 春香る 鯉のたたき伝承の一品 会津藩直伝!江戸時代からの鯉の甘煮鍋物 雪中キャベツと車麩の味噌鍋お凌ぎ 会津雑穀古代米煮物 会津伝統の汁 こづゆ揚物 春が来た!甘ーい雪下にんじん会津こしひかり、茎立ちと豆腐の味噌汁、手作り佃煮とカブ漬けデザート 春の香「さちのか」HP予約特典の日本酒ケーキふっくらとした寝具朝食全景朝食のお品書き有機ほうれん草の鰹掛け筑前煮松前漬け紅鱒のせいろ蒸し椎茸のつくだ煮向瀧の温泉卵 玉三郎お海苔お漬ものなめこの味噌汁 田舎味噌仕立て契約農家直送 会津のまんま コシヒカリ抹茶ぷりん

向瀧周辺の旅館