ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

ちいさな島宿cago <竹富島>の口コミ・宿泊記

1位

ちいさな島宿cago <竹富島>

〒907-1101 沖縄県八重山郡竹富町竹富362
1位/20件中 - 西表島の旅館
ちいさな島宿cago <竹富島>
〒907-1101 沖縄県八重山郡竹富町竹富362
TEL: 0980-85-2855
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.5 に投稿 獲得票数:5 投稿者: ranran
2017年3月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
竹富島の美しい集落の中にひっそり佇む大人の隠れ宿

3月の土曜日に一人で宿泊しました。ヴィラ宿泊で1泊朝食付き、15時チェックイン/10時チェックアウトの内容で予約し、13800円(税込)でした。

石垣に囲まれた赤瓦の民家や白砂の道が連なる竹富島の西集落にあり、観光名所でもある「なごみの塔」のすぐ近くに位置する小さなお宿です。日中は石垣島などからの日帰り観光客が行き交いかなりの賑わいをみせる地区ですが、石垣の門を一歩くぐると静かでゆったりとした別世界が広がっています。客室は中庭を挟んだ「ヴィラ」2棟と、母屋と連なる「デラックス」の1室のみで1日3組限定のお宿です。

宿泊した20平米の「ヴィラ」は、中庭に面した開口部2面が大きなテラス窓になっており、シーリングファンが付いた天井は高く開放感がありました。玄関はなく、テラス窓から出入りをします。室内の家具備品は小さな冷蔵庫、アイアン&ウッド製のチェアとテーブル、シングルベッド2台(ダブル・ツインに設定可能)のみとシンプルです。

バスルームのドアはなく、主室とは布で仕切られています。洗面台の前の壁面には鏡はついておらず、かわりに拡大鏡が置かれています。室内にも姿見がないのは少々不便でした。歯ブラシやブラシなどのアメニティはなく、ボタニカのシャンプー&コンディショナーなどがボトルで置かれています。ナイトウェアやスリッパなどもありません。

こちらは朗らかでお話好きな奥様と物静かで優しそうなご主人、福岡出身のお二人で経営されています。建物はもともと14〜5年前に建てられたB&Bだったそうで、購入後にリノベーションを施して3年前にオープンしたのだそうです。

母屋のテラスや中庭のテーブルがチェックイン手続きをするレセプションやダイニングとして使われていて、南国らしい開放感に溢れています。客室には鍵がなく、一旦チェックインした後は出たり入ったりが自由で門限もありません。客室のほか、ジャズやボサノバが流れるテラスで過ごしたり、集落や海へ出かけたりと思いのままの時を過ごせます。

小さなお宿の質を保つため、こちらには独自の宿泊ルールがあります。泊まることがきるのは30歳以上で、子連れの場合のお子さんは1人までです。また、母屋に続く「デラックス」客室はリピーターのみ予約が可能です。朝食付きか朝夕食付きから選択しますが、夕食は連泊の場合に限り1滞在に1回のみとなっています。キャンセルチャージは予約した時点から発生し、31日前までは宿泊料金の50パーセント、30日前からは100パーセントとなっているため注意が必要です。宿泊前には年齢と石垣島への到着便の確認メールが届きました。決まり事が多い印象で、何やら神経質そうなオーナーさんがいる堅苦しいお宿なのでは…と心配しつつ向かいましたが、実際はまったくそんなことはなく、とてもおおらかな雰囲気につつまれた居心地のいい場所でした。

お二方とも異業種から転業されたそうですが、お料理は奥様、コーヒーとパン焼きはダンナ様が担当され、いずれも玄人はだしです。テラスでいただいた朝食は野菜やフルーツが豊富でヘルシーな上、彩りも鮮やかで見た目にも美しく美味しく、朝から気持ちをウキウキとさせてくれる内容でした。

中庭には小さいながらも水深が2メートルあるというプールがありますが、季節のせいか遊泳禁止になっていました。食事は屋外のテラスの席が基本ですが、天候が悪い場合には母屋の地下にあるダイニングで供されるそうです。

たった1泊の上、夜は用事があって長く外出していましたが、滞在時間のわりには信じがたいほどゆっくりのんびりとできました。建物や中庭のある空間全体からくるもののほか、オーナーご夫妻の付かず離れずの距離感もこうした心地よさにつながっているような気がしました。次回はぜひとも連泊してディナーもいただいてみたいと思います。

民宿よりもよりプライバシーを大切にしたい方、のんびり静かに過ごしたい方におすすめですが、向かい合ったヴィラはカーテンを閉めなければ互いの室内が見えますし、夕朝食時には他のゲストと同じテーブルになることもあります。隠れ家的な宿ですが、カップルなどのお籠り宿とはまた違っています。ルールも細かくありますので滞在の目的に合わせて選ばれるとよいかもしれません。

接客対応

とてもおおらかな雰囲気につつまれた居心地のいい接客でした。

清潔感

清掃は行き届いていました。

客室

20平米の「ヴィラ」は、中庭に面した開口部2面が大きなテラス窓になっており、シーリングファンが付いた天井は高く開放感がありました。

食事

テラスでいただいた朝食は野菜やフルーツが豊富でヘルシーな上、彩りも鮮やかで見た目にも美しく美味しく、朝から気持ちをウキウキとさせてくれる内容でした。

コスパ

人気集落の真ん中で一戸建てのヴィラを独占でき、美味しい朝食がついている点から考えますとコスパは良いと思われます。

立地

石垣に囲まれた赤瓦の民家や白砂の道が連なる美しい集落にあり、観光客で賑わう地域にも関わらずゆったり静かに過ごせる穴場的立地です。

備考・アドバイス

竹富島では夕食を食べられるお店があまり多くはありません。素泊まりの際はあらかじめお店を決めて早めに行かれることをおすすめします。

お宿ではワインやビールなどのアルコールも用意されていますが食べ物はありません。島内にはコンビニはなく1軒ある売店も品揃えは少なく夕方には閉まります。多少の飲食物や必要となりそうなものは島へ渡る前に準備されることをおすすめします。

船着き場へのお迎えはお願いできますが、石垣島出発14時半以降の便からとなっています。チェックアウト後は宿に荷物を置いて置く事はできませんが、港のターミナルまで運んでくださり1つ500円でカウンターに預けることが可能です。

通りからの出入り口通りからの出入り口通りからの出入り口看板通りからの出入り口のサインレセプションを兼ねた母屋のテラスレセプションを兼ねた母屋のテラステラスのダイニングヴィラ外観ヴィラと母屋の間中庭テラス中庭のテーブルヴィラと中庭テーブルプール上垣根母屋テラス母屋テラス母屋テラスのライブラリコーナー母屋テラスのライブラリコーナーお洒落な蚊取り線香たて母屋テラス右:ヴィラ 中央:中庭 奥:母屋中庭とヴィラ「デラックス」客室からつながるテラス「デラックス」客室専用テラス中庭お料理用のハーブ宿泊したヴィラウェルカムドリンク冷蔵庫の上殺虫剤と懐中電灯が入っている朝食朝食朝食朝食朝食 ご主人手作りの美味しいパン

ちいさな島宿cago <竹富島>周辺の旅館