ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

御宿 末広

〒029-5514 岩手県和賀郡西和賀町湯川52-1-43
御宿 末広
〒029-5514 岩手県和賀郡西和賀町湯川52-1-43
TEL: 0197-82-3024
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.1 に投稿 獲得票数:5 投稿者: ranran認証済
2019年5月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
丁寧に手をかけた里山料理が自慢の家庭的な温泉宿

秋田県境に近い岩手県湯田温泉峡湯川温泉にある客室7室の小さなお宿です。ゴールデンウィークに2名で宿泊しました。予約サイトのおまかせ和室プランを利用し、1泊夕朝食付、チェックイン15時〜/チェックアウト〜10時の内容で30240円(税サ込)でした。

こちらのお宿はロビー・廊下・階段・客室など全館畳敷きになっており、玄関で靴を脱いだらお手洗い以外でスリッパを履く事はありません。全客室にバス・トイレ・洗面所がないのも特徴です。

おまかせの和室は、2階の福寿というお部屋でした。玄関ドアは格子戸になっており、踏込み部分にアルコールや冷茶が入った冷蔵庫が置かれています。冷蔵庫の物の出し入れの際に廊下から丸見えなのが少々気になりました。襖を開けると11畳の主室です。大きめの畳で天井も高いため、窮屈には感じませんでした。布団はあらかじめ敷かれており、ご案内時以外にスタッフの客室への入室はなく、客室でもロビーでもお茶出しはありません。

客室の家具はお茶セットのワゴン、座卓と座椅子、テレビと金庫などです。一段低くなった掘りごたつのようなコーナーがあり、中に小さなテーブルが置かれているのは一風変わったレイアウトです。テーブルの下の棚にはけん玉やおはじき、独楽などの玩具が手ぬぐいで隠すように置かれています。思わず懐かしくなりしばし遊びましたが、こういうサプライズは楽しいものです。クローゼットの中には浴衣、羽織、足袋ソックス、バスタオルなど用意されています。ビニールの温泉袋の中には浴用タオルと歯ブラシ、ヘアブラシなどが入っています。宿名の縫い取りの色が違っているタオルは、自分のものが一目でわかり便利でした。

廊下前をゲストがお話をしながら通る際などは声が聞こえますが、夜間や朝方などに他の客室の物音などが聞こえることはありませんでした。室内の備品などはかなり経年化していますが、掃除自体はしっかりなされていました。

大浴場は2ヵ所あり、夕食の時間に男女が入替になります。どちらもこぢんまりした浴場で内湯のみで露天風呂はありません。気泡風呂と檜風呂で、源泉100%掛け流しで加水・加温はしていません。ナトリウム-硫酸塩-塩化物質で肌あたりの優しいお湯でした。浴室は混み合うこともなく、ゆったりと湯浴みを楽しめました。浴室内のシャンプー等は天然アケビエキス配合のものがボトル詰めで置かれています。洗面所の方には統一のとれていないトイレタリーの数々や、使い掛けのアメニティミニボトルが置かれています。化粧台まわりに生活感がありすぎるのに違和感を感じました。これならば一層のこと、何も置かない方が潔く気持ちがいいと思われました。

夕食は大広間食事会場のテーブル席でいただきました。お品書きはなく、どんなものが登場するかまったくわからないのは不便ながらも楽しみでもありました。食前酒、麹と桜花 山ウドとホタルイカの酢みそ和え、コゴミのマヨネーズ和え、ワラビ1本漬け、鶏ハムサラダなど山菜がとりどりに並んだ前菜膳から始まります。続く岩魚の姿造りは、お刺身と味噌和えの2種類の味で楽しめます。骨せんべいと小魚の天ぷら、岩魚の塩串焼きと郷土色豊かな品が続きます。ここまでは食事の進捗状況をよく把握されて、ぴったりのタイミングで出ており感心していました。お次はなにやら時間がかかると思っていたところ、出て来たのはこれまで見たことがない手羽先・手羽中・手羽元がつながった大手羽揚げでした。おそらくしっかりと揚げるのに時間がかかったのでしょうか。あつあつサクサクでジューシーな大手羽はとても美味しい逸品でした。最後の「御食事」は焼いた味噌おにぎりと大きく割ったきゅうりの漬物、そして冷たい稲庭うどんです。旬のフキノトウの手作りアイスで〆となりました。

コース前半は田舎の旅館の夕食として想定内でしたが、オリジナリティある後半の展開は嬉しい誤算でした。お料理はどれも美味しく、手間がかかっていることがわかる内容でした。うかがったところ、こちらはもともと割烹から始まったお宿なのだとか。里山の食材を様々に使ったお料理を十分に楽しませていただきました。

朝食も同じ会場でいただきました。ごはん、お味噌汁、サラダ、焼き鮭、温泉卵などシンプルで家庭的な内容です。こちらにも山菜の小鉢やフキノトウ味噌、いぶりがっこ、湯田牛の牛乳など里山の品が散りばめられています。大きな木箱にたっぷりと作られた手作り豆腐も美味しく、おかわりさせていただきました。

女将さんのお話によると近隣のお宿「山人」さんは姉妹館で、こちらの「末広」さんの古い建物設備ではできなかったことを実現するために作られたのだとか。里山料理をさまざまに出すところや、ロビー内がモダンな設えになっている点、客室に昔の玩具セットがあるなど、似ているところがあると思っていたので合点がいきました。

スタッフの方と接したのは女将さんと、夕食時にサーブしてくださった娘さんだけでした。親切丁寧な応対ですが、決して過剰なサービスはなさらず、お客をそっとしておいてくださるような優しさがある接客で好感が持てました。

客室内にバス・トイレ・洗面所がないことが気になったり、多種のお風呂を楽しみたい方には向いていないお宿です。館内にはエレベーターはなく、客室や食事会場と大浴場などへの移動は階段を使わなければなりません。足元に不安のある方は予約時に相談なさると良いかもしれません。上記内容が気にならず、里山料理に興味のある方にはおすすめです。

接客対応

親切丁寧な応対ですが、決して過剰なサービスはなさらず、お客をそっとしておいてくださるような優しさがある接客で好感が持てました。

清潔感

室内の備品などはかなり経年化していますが、掃除自体はしっかりなされていました。

客室

バス・トイレ・洗面所がないお部屋です。家具や備品面では必要な物は揃っており、物音なども響かず居心地は悪くはなかったです。

食事

お料理はどれも美味しく、手間がかかっていることがわかる内容でした。

コスパ

1泊2食で温泉付きの内容ですが、客室にバス・トイレ・洗面所がないという点でコスパはそれほど良くはないのではと思われました。

立地

周囲は温泉街ですが、数件の小さな宿があるのみで商店などはありません。

温泉・スパ

浴場はこぢんまりとしていますが肌あたりの良いお湯でした。

備考・アドバイス

周囲は温泉街ですが、数件の小さな宿があるのみで商店などはありません。必要な物はあらかじめ持って行かれることをおすすめします。

御宿 末広周辺のホテル・旅館

関連ページ