ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

里山十帖の口コミ情報・宿泊予約

1位

里山十帖

〒949-6361 新潟県南魚沼市大沢1209-6
1位/86件中 - 南魚沼市の旅館
里山十帖
〒949-6361 新潟県南魚沼市大沢1209-6
TEL: 025-783-6777
みんなの満足度
3.9 詳細評価
接客対応
3.8
清潔感
3.9
客室
3.9
食事
4.0
コスパ
3.4
立地
3.9
スパ・温泉
4.1
みんなの平均予算
30,000円未満
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 1泊 1泊 2泊 3泊 4泊 5泊 6泊 7泊 8泊 9泊 10泊 11泊 12泊 13泊 14泊 大人2名
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児(寝具のみ)
幼児(寝具・食事なし)
設定
子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。その他の予約サイトにつきましては直接ご確認ください。
解除
空室・最安値を検索
一休.com
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
3
良い
3
普通
0
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
2
家族旅行
3
友人・知人
0
一人
1
全文表示簡易表示
1 - 6件目 / 合計 6件
この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.1 2016年10月3日に投稿 獲得票数:5 投稿者: 美湯
2016年9月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
新潟県の秘湯大沢山温泉の一軒の古民家宿を、雑誌「自遊人」の編集長がフルリノベーションして2014年5月に再オープンさせた時から、是非宿泊してみたいと憧れていました。 9月下旬の平日に夫婦で宿泊しました。大人二名二食付き 季節のスペシャリティプラン「里山十帖」一人当たり29820円(税・サービス・入湯税込)でした。HPからの早期予約で30%オフでしたので、通常料金よりお得でした。 全12室の客室は山を望む6室、森が間近な6...

新潟県の秘湯大沢山温泉の一軒の古民家宿を、雑誌「自遊人」の編集長がフルリノベーションして2014年5月に再オープンさせた時から、是非宿泊してみたいと憧れていました。

9月下旬の平日に夫婦で宿泊しました。大人二名二食付き 季節のスペシャリティプラン「里山十帖」一人当たり29820円(税・サービス・入湯税込)でした。HPからの早期予約で30%オフでしたので、通常料金よりお得でした。

全12室の客室は山を望む6室、森が間近な6室で、各々デザイン、家具が違います。HPで全て客室の詳細が確認できるので、好みの部屋を選んで予約できます。座布団のようでいて座るとしっかりしている「タトーネ」というイタリア家具に一目ぼれし、そちらが設置されている部屋を選びました。

生憎の大雨の中、玄関前に車を停めると、スマートな男性スタッフが迎えてくださいました。荷物を下ろし、車は少し先の駐車場まで停めに行きました。高い天井に幾重にも組まれた重厚な梁が見事なロビーには大木のオブジェが中心にあり、その大きさに圧倒されました。こちらではスリッパの用意がないので、素足のまま二階のラウンジ「小屋組み」に通されました。真っ赤なデザイナーズチェアーと「豪奢」という形容がピッタリの小屋組みのコントラストが美しく、ここに来られてよかったと胸が高鳴りました。

ウエルカムスイーツは、地酒の酒粕を使ったベークドチーズケーキです。酒粕の香りがほんのり漂うしっとりとした生地は、チーズ嫌いの私でも美味しくいただけました。このラウンジでは無料でコーヒー・紅茶・ナッツやクラッカー・ドライフルーツなどいつでも楽しめます。19時からはバータイムになり、洋酒などが用意されていました。ラウンジはもう一か所、客室棟近くに「hito-bito」があり、同じように開放されていました。その隣にはライフスタイルショップ「THEMA」があり、館内で使われている家具や食器、食品が販売されています。

記帳と食事時間の確認が終わると部屋に案内していただきました。3階305号室たたみツインの部屋の中心には、楽しみにしていた「タトーネ」が鎮座していました。早速座ってみたところ、固めのクッションがお尻にフィットし心地よかったのですが、背もたれがないのでしばらくすると疲れてきてしまいました。40平米ほどの広さですが白を基調としたシンプルモダンの内装にアクセントのイエローの壁紙が映え、大きな窓からは森が見渡せ開放感のある素敵な部屋でした。シーリー製のセミダブルのベットはとても寝心地がよく、横になった途端、眠りについてしまいました。オーガニックコットンのバスタオル、フェイスタオル、館内着はすべて一枚で、タオルウォーマーで乾かすようになっています。フェイスタオルのみ持ち帰りが可能です。洗面室はトイレと一体となっていて、狭くて使いにくかったです。女性用の基礎化粧品は使いきりのものが最低限用意されているだけなので、こだわりのある方はご自身のものをお持ちになることをおススメします。冷蔵庫の中に、ミネラルウォーター、ウーロン茶、ビールが2本あり全て無料でした。

大浴場「湯処 天の川」は2階で、内湯と露天を備えた浴室が左右二カ所あります。22時に男女が入れ替わるので両方に入ることができます。脱衣所と内湯は狭く、3,4人が入ると窮屈に感じました。内湯のお湯は少し熱めなので長湯はできません。露天風呂はまさに絶景でした。到着した日は雨模様でしたが、雲海の上に浮かび上がる巻機山の稜線と森林の深い緑が絵のような美しさでした。目の前に遮るものがなく自然と一体になっての湯浴みは、身も心も解放させてくれます。茶色い細かな湯花が浮く、ヌルトロのお湯に包まれて至福の時が過ごせました。夜には天の川が見られるはずでしたが、大雨になってしまい見られなくて残念でした。これだけのロケーションの絶景露天はなかなかないので、評判になるのも頷けます。温泉棟の入り口にはハンモックのある「夕涼みテラス」があり、お茶とビールが用意されていました。

夕食は、メインダイニングでいただきました。無農薬と有機野菜を中心とした全十品の創作料理でした。手間暇をかけて丁寧に作られたと実感できるものばかりで、地場物の珍しい野菜を味わうことができ、非常に満足できました。津南人参のスープは黄色で、甘みとコクがありさっぱりいただけました。「あゆこそば」は焼鮎をほぐして、パスタソースのように蕎麦に絡めたものですが、鮎と蕎麦のうまみが合わさり絶妙でした。素材が生かされたアイディア満載の品に感嘆いたしました。給仕を担当したのは若い女性でしたがとてもよく勉強されていて、こちらの質問にきちんと応えていただけたことも楽しい時を過ごせた要因の一つだと思います。

朝食は、プライベートダイニングの個室でいただきました。大皿に盛られたお惣菜はどれも優しい味付けで朝食にぴったりでした。イワシの生姜煮は骨まで柔らかくほっくりと炊きあがっていました。野菜鍋は自分達で作ります。お味噌を自分好みの濃さで溶けるので、とても美味しく仕上がり印象に残りました。健啖な方には少々物足りないかもしれませんが、炊きたての南魚沼産コシヒカリが何よりのごちそうということで、おかわりを沢山なさる方が多いそうです。朝食のお米は前日までに申し出ると玄米を選ぶこともできます。

館内は様々なアート作品が展示してあり、どこを撮っても絵になるこだわりの空間で、カメラを片手に歩き回るのが楽しかったです。また、ラウンジやテラス、玄関前に常に無料ドリンクやスナックがあるので、館内で過ごす時間も快適な滞在となりました。生憎のお天気で、楽しみにしていたお散歩ツアーは中止になり、絶景露天からの星空や日の出は見られませんでしたが、好天に恵まれれば里山の美しい景色を堪能できることでしょう。スタッフの方はお若い方が多いのですが、マニュアル的な対応ではなく、素朴な心がこもった対応が心地よかったです。オーガニックの食材を使った美しい創作料理と、絶景露天、館内を楽しむだけでも十分な満足感を得られます。静かな里山で五感を研ぎ澄ます一日を送り、リフレッシュしたい方に是非おすすめしたいお宿です。豪雪地帯なので、雪見露天を楽しみに再訪したいと思いました。

接客対応

お若いスタッフが中心ですが、素朴な心のこもった対応をなさる方が多いです。こちらの要求に丁寧に応えようとする姿勢を感じました。

清潔感

素足で歩いても気持ちのいい磨き抜かれた床など、フルリノベーションして数年なので非常に綺麗でした。

客室

シンプルイズベストの心地よい空間に癒されます。イタリア製の家具等がさりげなく置かれ、モダンでお洒落な部屋でした。

食事

地場野菜中心の創作料理ですが、見た目の美しさだけでなく、アイデア、味とも素晴らしいです。魚・肉料理が少ないので健啖な方には物足りないかもしれません。

コスパ

秘湯にあって温泉だけでなく、斬新な施設とこだわりの料理を堪能できる宿は希少なので、コスパはいいと思います。

立地

豪雪地帯の山間部ですが、日本の原風景に出会えます。四季折々の里山の景色を堪能できる自然豊かな立地です。

温泉・スパ

絶景露天の眺望は本当に素晴らしいです。循環しているとはいえ、ヌルトロの肌にまとわりつくような泉質は疲れにくく最高でした。

備考・アドバイス

スリッパなしだと無垢材の床のぬくもりを感じることはできますが、磨かれた床に靴下だと滑ってしまうこともありました。足元に自信のない方は滑り止めのついた靴下などお持ちになることをおススメします。

16時から悪天候以外は「裏山お散歩ツアー」があります。

館内はWifiが使えます。

キャスターケースは無垢の床材が傷むため、転がさずに運ぶようにお願いされます。

オーガニックをテーマにしているため、カップラーメン、コンビニのお弁当等の食材の持ち込みは禁止です。ワイン・シャンパンは1本当たり3000円の持ち込み料を支払えば持ち込めます。

全館禁煙ですので、愛煙家の方はお気を付けください。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 2016年2月7日に投稿 獲得票数:2 投稿者: みぃ
2016年2月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
例年より積雪量が少ないと言われる新潟県ですが、2月に入るとだいぶ雪が増えているようでした。直前に確認し自家用車での訪問を断念し、無料送迎のあるJR大沢駅まで公共交通機関で伺いました。 無事に宿に到着すると、美しいデザイナーズチェアーが並ぶ古民家に通されました。築150年、天井は10メートルの高さといわれる建物は風格があります。純和風ではなく、太い梁とデザイナーズチェアが共存している不思議な魅力を持つ空間でした。チェックインは...

例年より積雪量が少ないと言われる新潟県ですが、2月に入るとだいぶ雪が増えているようでした。直前に確認し自家用車での訪問を断念し、無料送迎のあるJR大沢駅まで公共交通機関で伺いました。

無事に宿に到着すると、美しいデザイナーズチェアーが並ぶ古民家に通されました。築150年、天井は10メートルの高さといわれる建物は風格があります。純和風ではなく、太い梁とデザイナーズチェアが共存している不思議な魅力を持つ空間でした。チェックインは簡単なものでしたが、ベテランスタッフと慣れていない方の応対の差がみられ、気になりました。

今回利用した客室は、201号室のメゾネットタイプで2名1泊2食付き1人あたり48,000円のプランでした。このプランには夕食「自然派新潟ワイン&無濾過生原酒 5種類」 8,500円と「里山十帖」コース12,800円が含まれています。

客室は、オシャレな雑貨屋さんという雰囲気で、高級感よりもかわいらしさを感じました。女性に人気があるのもうなづけます。アメニティ類やタオルもオーガニックのものが用意され、館内着も靴下もオシャレでした。客室露天風呂は小さめで、1人で利用する大きさでした。この宿のあたりは南魚沼の中でも雪が多く、メゾネットの1階部分(宿泊棟の2階の部屋)が雪でうまることもあると聞き、メゾネットタイプを予約しました。ところが雪はそれほど深くなく、メゾネット1階部分からも眺望を楽しむことができました。また庭に出て雪遊びをすることもできます。2月上旬はパウダースノーの時期なので、雪の上を歩くだけでも十分楽しめました。

毎日16時からは、「輪かんじき散歩」があり、予約なしで無料参加できます。初めて装着した「かんじき」ですが、雪の上を歩きやすい便利な履物です。ずぼずぼと音を立てながら、山の斜面を歩きまわり個人的にはとても楽しめました。朝6:30からのスノーシューツアーは1人5000円と有料で、スノーウエアを1500円で借りることができます。7日前に予約が必要ですのでご注意ください。

大浴場は男女入れ替えがあります。露天風呂からの景色は客室からと似ていますが、露天風呂からの景色は視界を遮るものがなく、真っ白な世界が広がっているのが印象的でした。物音もしないため、何か他のものに気を取られることもありません。ボーっと景色を眺めているだけで心が満たされました。大浴場の内湯は少し小さめですので、3人が利用しているときは窮屈に感じます。時間帯を選べば空いていますので、是非この絶景を独り占めしていただきたいです。

夕食は19:45と遅い開始にしたため、19:00から始まるラウンジのバータイムを利用し、お酒を少し頂きました。地元かくれいの梅酒や、ウイスキー、焼酎など迷うほどの種類があります。オーガニックが好きな方にも喜ばれそうなナッツやドライフルーツのおつまみがラウンジに用意されていました。

夕食は早苗饗 −SANABURI−の個室を指定するとサービス料として食事代の10%分の料金がかかるそうですが、今回は無料で案内頂きました。「里山十帖」12,800円のメニューは、野菜が主役で、メインディッシュは白飯でした。食事はどれも薄味ながら出汁がきいていて、その繊細な味を楽しもうとすると思わず無口になってしまいます。どれも美味しく頂きましたが、特に印象的だったのは、のどぐろと寒ブリの握りです。あらかじめ味がつけられているのですが、魚の美味しさを引き立てる絶妙な味付けでした。

お食事に合わせて、地酒が用意されるプランで、赤のスパークリングワイン、日本酒2種、白ワイン、赤ワインが順番に並びました。一般には出回らないお酒ばかりで、個人的に好きな日本酒の銘柄「かくれい」の無濾過生原酒は他のかくれいとも違う深みのある柔らかい味わいで大変満足しました。瓶詰めされた日の新聞紙でくるまれた日本酒は、ラベルを製造されていない希少価値のあるお酒だそうです。他の方も書かれているように、夕食の白米は鍋で炊きながら、蒸らしのタイミングを自分たちで見計らって行います。美味しい白飯で、ご飯を炊く過程も楽しめましたが、宿泊費を考えると、すべて宿が焚くようなサービスを選択できても良いように思います。

朝食も同じく個室に案内されます。朝食では鍋が用意され、野菜と味噌を自分たちで淹れながらおみそ汁を作ります。お野菜がたくさんのお食事は、少しお酒を飲みすぎた体にも優しい味付けでした。私は薄味が好みのため、食事の内容には満足していますが、濃い味を好む男性には物足りないようです。

天候にも恵まれ、雪が降っている様子と、雪雲の隙間から日本百名山の巻機山(まきはたやま)を眺めることもできた満足度の高い滞在となりました。雪のためか、周囲は大変静かでライティングデスクで仕事をするのも集中してはかどります。目的に合わせて、自然やアクティビティを楽しむ、部屋で仕事に没頭する、デザイナーズチェアなど気になる家具の使い心地を確かめる、山菜やお食事に興味をもつなど様々な過ごし方ができると思います。季節によって違う表情を見せますので、是非興味のある時期に宿泊されることをオススメいたします。

接客対応

シティホテルのような対応です。チェックインの時に簡単な説明があります。お料理のこと、アクティビティのこと質問すると丁寧に教えてくださいます。

清潔感

白を基調とした明るい雰囲気の建物です。フロントは古民家をリノベーションされていて古さもあり斬新でもありました。

客室

利用した201号室はメゾネットタイプで1階部分から庭に出られるタイプでした。2人で利用するには広すぎたという印象です。

食事

野菜の料理とは思えない見た目の美しさと、野菜の味がひきたつ味付けでした。夕食ののどぐろと寒ブリの握りは絶品でした。

コスパ

こちらの環境とお食事を楽しむには十分すぎるプランでした。もう少し狭いお部屋でも十分楽しめたと思います。

立地

山の中にある静かな場所です。自然を楽しむのには適している環境です。冬は積雪により交通手段が限られます。

温泉・スパ

男女入れ替えがあります。屋根がない露天風呂と屋根のある露天風呂があり、どちらも雪見風呂が楽しむことができ、素晴らしい景観でした。

備考・アドバイス

・荷物は運んでいただけますが、キャリーバッグなどキャスターを利用して荷物を運ぶことは、床材が傷むため禁止されています。

・食べ物の持ち込みに制限があります。バータイムの時間(19:00~23:00)は、ラウンジでお酒を頂けます。17:30または19:45から始まる夕食の時間と重なりますので夕食の時間を予約される際に考慮されることをオススメします。

・JR大沢駅までの無料送迎をお願いしたところ、車が小さくて全員がのれないというハプニングがありました。送迎については電話で確認したほうがよさそうです。

・宿周辺は豪雪地帯の南魚沼の中でも雪が多い地域であり、車幅が狭い山道を登ります。四輪駆動以外の車はスタッドレスを装着しても走行が困難である可能性があります。ご注意ください。

5.0 2015年9月6日に投稿 投稿者: MAOMAO
2015年3月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
完全禁煙がうれしい、インテリアもすばらしく、センスのいい、、リラックスできる宿です。温泉もすばらしいです お料理がとってもおいしくて、、アレルギーやベジタリアンの方でも、相談すれば細かく対応してくれます。 野菜中心のお料理ですが、かなり満足できる内容で、味付けがちょうどよくて、バランスもいいです ちょうど誕生日だったのですが、とってもおいしいケーキを作っていただき、本当にうれしかったです 泉質もよくて、肌がつるつるになる...

完全禁煙がうれしい、インテリアもすばらしく、センスのいい、、リラックスできる宿です。温泉もすばらしいです

お料理がとってもおいしくて、、アレルギーやベジタリアンの方でも、相談すれば細かく対応してくれます。

野菜中心のお料理ですが、かなり満足できる内容で、味付けがちょうどよくて、バランスもいいです
ちょうど誕生日だったのですが、とってもおいしいケーキを作っていただき、本当にうれしかったです

泉質もよくて、肌がつるつるになるいい温泉です

お風呂に入ったあとはラウンジでゆっくり本を読んだりして過ごせます

ラウンジではハーブティー、コーヒー紅茶などの飲み物や、お菓子もサービスでいただけます。

ルームウエアはオーガニックコットンのもので、合成洗剤を使用せずに、植物性の石鹸で洗っているそうなので、安心して滞在できます

私にとっては、とにかくストレスの少ない場所で、精神的(洗練された空間)にも身体的(化学物質の曝露が少なく)にも、ストレスの少ない空間です。

こういう場所は日本中探しても、なかなかみつかりません、貴重なお宿です。

接客対応

とっても親切です

清潔感

完全禁煙でうれしいです。インテリアも素敵

客室

きれいなお部屋

食事

ものすごくおいしい

コスパ

ちょっと高いですが、オーガニックコットンのタオルがもらえたり、飲みもののサービスがとってもいいので高くないです

立地

眺めがいいです

温泉・スパ

いい温泉です

備考・アドバイス

アレルギー、化学物質アレルギー、その他、ベジタリアンや、敏感体質な方は、事前に相談すると、親切に対応してくれるので、メールなどで相談されるといいと思います

そして、香料アレルギーの私のような方でも泊まれるように、健康な方は柔軟剤や、香水などは使用しないで、アレルギーの方に配慮して行っていただけると助かります。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 2015年7月7日に投稿 獲得票数:4 投稿者: ranran
2015年7月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
新潟県南魚沼の秘湯・大沢山温泉に三軒ある宿の一軒です。食や旅をテーマとする雑誌「自遊人」の編集長がこの地の旅館を引き継ぎ、築150年の豪農古民家にフルリノベーションを加え、昨年5月にグランドオープンしたものです。コンセプトの斬新さとデザイン・クオリティの高さからグッドデザイン賞を受賞したことなどでも話題となり、予約の取りにくい人気宿になっているようです。JR上越新幹線「越後湯沢駅」から在来線で10分ほどの小さな無人駅「大沢駅...

新潟県南魚沼の秘湯・大沢山温泉に三軒ある宿の一軒です。食や旅をテーマとする雑誌「自遊人」の編集長がこの地の旅館を引き継ぎ、築150年の豪農古民家にフルリノベーションを加え、昨年5月にグランドオープンしたものです。コンセプトの斬新さとデザイン・クオリティの高さからグッドデザイン賞を受賞したことなどでも話題となり、予約の取りにくい人気宿になっているようです。JR上越新幹線「越後湯沢駅」から在来線で10分ほどの小さな無人駅「大沢駅」で下車し、送迎車で5分ほどの山間にあります。

7月上旬の平日に一人で宿泊しました。公式HPから予約したプランは「ひとり割 夕食セレクトプラン」で1泊朝食付22600円(サ込/税別)、別途7800円の夕食コースを選び追加しました。

送迎車で到着すると玄関前の庭園で若いスタッフ数名の出迎えを受け、案内されたロビーではウェルカムドリンクと手作りケーキをいただきながらゆっくりとチェックインをしました。翌日出発までのそれぞれの時間帯おすすめの過ごし方や、食事時間、露天風呂から見える日没や日の出時間などを一枚にまとめて書いてくださった「滞在のしおり」をいただき、これが重宝しました。

全12室の客室はすべてデザイン調度が異なりますが、面積や眺望、内装の詳細に至るまでHPで紹介されているので自分好みのお部屋が選べます。滞在したのは3階303で、50平米の露天風呂付コーナースイートでした。「クリエーター夫婦が仕事を持ち込みながら休暇を楽しむ」がコンセプトだそうです。

リビングとベッドコーナーの間にパーティションがあり、2人で滞在しても思い思いに過ごせそうでした。室内の半分は窓に面した無垢のケヤキ一枚板のデスクやハンス・J・ウェグナーのデイベッドが置かれたリビング兼ワーキングスペースです。奥へ進み、フォレスト側のバルコニーには檜の露天風呂と洗い場があります。パーティションの反対側にはセミダブルベッド2台が置かれ、隣には洗面・トイレ・シャワーがあるバスルームが続いています。お部屋の開口部は大きく、初夏の緑を存分に楽しめました。シンプルなデザインの中に木のぬくもりが感じられ、日中は陽光が差し込み、天井も高く開放感に溢れていました。

備品にはセーフティーボックス、茶器セット、オイルヒーター、壁掛けテレビがありました。タオル、館内着、バスローブはすべてオーガニックコットンで、ソープ類もオーガニックでした。フェイスタオルは持ち帰り可能で、バスタオルはタオルウォーマーを設置することで1人1枚で済むよう配慮されていました。冷蔵庫内のビールが無料なのは大歓迎でしたが、水とお茶は宿のものの方が美味しく、ペットボトルではなくピッチャーでご用意があれば嬉しいと思いました。

ベッドの高さはボトムとマット合わせて30センチほどで、ベースはシーリー製でした。上に置かれているのはラテックス製の体圧分散マットという厚さ13センチほどのもので、スプリングコイルのような部分的な硬さがないのにも関わらず全体では一定の硬さを保ち、かつ身体を包み込むような柔らかさもあるという初体験の心地良さでした。化学物質による汚染の心配がないというフランス産ホワイトダックのダウン・デュベも軽くて気持ちが良く、相乗効果もあったのか深い眠りが得られました。

泊食分離のため、夕食は別に予約が必要です。17時半~と19時45分~の二部制の後半に個室ダイニングでいただきました。コースには野菜料理を中心に海の幸やお肉などを含んだ「里山十帖」12800円と、ほとんどが野菜料理のショートコース「早乙女」7800円、他に追加料理としてしゃぶしゃぶやローストビーフ、ステーキ、常夜鍋などがあり、ゲストの食欲や好みに対応できる内容になっています。「早乙女」を選びましたが、ショートコースとはいえ品数も分量もそれなりにあり、2時間以上かけていただきました。

「オーガニック&デトックス」をテーマにしているだけあり、食材はミズや独活の根、アケビの新芽、破竹などの近隣の山野草、キヌアやカカオなどのスーパーフード、エディブルフラワーや緑豆スプラウトなどの自然食を使った創作料理でした。卓上には近隣の野山で採った無農薬のハーブが飾られ、好みに応じてちぎって食べたり、料理に入れて楽しめます。化学調味料を一切使わず、使用している調味料のリストも開示されています。素材の良さに加えアイディアに満ちた料理の数々は美味しいものでした。調理方法などに興味津々でしたので、担当の方に色々お聞きしましたが非常に丁寧に答えてくださったのが印象的でした。〆にして主役でもあるのはお宿自慢の南魚沼産コシヒカリです。卓上に浸水したお米の入った土鍋が運ばれ、手順の案内書に沿って自分で炊くという趣向も楽しく、ツヤツヤ炊き立てのご飯は素晴らしかったです。

朝食も個室でいただきました。夕食が無国籍風だったのに対しこちらは家庭的な和食です。チェックイン時に選択した玄米を主食に、食物繊維に富んだヘルシーな献立が並びました。朝はだし汁のみが入った小鍋が配され、自分で具や味噌を入れて出来立てのお味噌汁が楽しめます。お味噌の量や煮え具合、具材などを好みで調節できるのは気が利いていると思いました。

大浴場「湯処 天の川」には内湯と外湯がセットになった浴室が左右2カ所あり、夜10時に男女の入れ替えがあります。その10分程度の時間を除いて、チェックインから翌朝10時まで夜間通して入浴可能です。夕日や朝日に染まる山々を望む絶景露天風呂は宿の名物にもなっています。透明のお湯に茶色い湯の花が漂うとろとろとしたお湯で、肌がすべすべになる美肌の湯です。全12室中8室に客室露天風呂があるため、こちらにゲストが集中することはなく、3度の入浴はすべて貸切状態でした。
 
母屋中二階のラウンジ「小屋組み」、夜にはミニシアターにもなるラウンジ「hito-bito」、ハンモックチェアがある「夕涼みテラス」など、館内には無料ドリンクをいただきながら寛げる場所が様々あります。客室の家具や備品のほか食品も扱うショップ「THEMA」では滞在中に体験して気に入った物を購入することができます。

滞在中はとにかく「気持ちいい」と感じることが多く、その連続でした。客室のカーペット、バスルームの床、ベッドルームの壁面、寝具、館内着など何気なく触れた瞬間に心地良さが全身に伝わるようでした。スリッパを履かずに歩く館内では、廊下の畳の感触や香り、すべらかな階段の無垢材に感動し、随所に置かれたディフューザーから香るオーガニックのアロマに癒されました。温泉に入ればお湯の肌触りや浴槽の感触、露天風呂では鳥の声、雨音、そよ風に感じ入りました。夕涼みテラスのハンモックチェアのゆらぎの感触、夕食時に目の前で炊き上がるご飯の湯気やおこげの匂いなど挙げればきりがないほど、色々な情報が身体に飛び込んでくるようでした。宿のコンセプトから種々の詳細に至るまでHPでつまびらかに公開されていますが、全身で感じる実際の感覚は想像し得ないものでした。日常生活で鈍りがちな五感を刺激し、さまざまな情報を身体に飛び込ませる心の余裕、開放感を与えてくれる舞台装置のような場所でした。わずか1泊でしたが実際の時間以上にのんびりでき、心身が活性化したような気がしました。

接客対応

スタッフは20~30代ぐらいの若い方々でしたが、各々の言葉や考えからくる柔らかくさりげない心配り、臨機応変の接客が心地よい印象を受けました。

清潔感

見た目に掃除が行き届いているばかりでなく、床や壁面など感触の良いさまざまな建材や素材を触れたり撫でたりしても、ホコリなどが気になることはありませんでした。

客室

明るく開放感があり実用的な上、余分な物がなく、非常に心地のよい空間で落ち着けました。

食事

スーパーフードなどを無国籍風にアレンジした創作料理の夕食と、定番家庭料理の朝食とどちらも手が込んだ美味しくヘルシーな内容でした。

コスパ

心地のよい空間や設備、素材ひとつひとつにこだわった食事、様々なデザイン、泉質と眺めのいい温泉、立地、サービスの質の良さを考えれば、コスバは良いと思われます。

立地

何もない山の中ですが、この時期は蛍やサンショウウオ、カエルなどが身近で見られ、山々を望む絶景露天風呂があるなど、山間ならではの趣があり、素敵な立地でした。

温泉・スパ

露天風呂からの景色が素晴らしい上、とろとろとした泉質の美肌の湯でした。客室露天風呂は風情には欠けますがバルコニーで涼みつつ行ったり来たりしながら長湯ができました

備考・アドバイス

自然食、エコ、とろみのある温泉好きな方、建築やインテリアに興味のある方、新築やリフォームを考えている方は訪れてみてはいかがでしょうか。

露天風呂には大小の虫が浮いていることがあり、この時期は周囲にカエルが繁殖し庭に現れたり鳴き声も盛大でした。夕食の薬味にと供されたハーブは近くの野山から採った無農薬のものですが、虫食い穴だらけでした。そういう感覚や虫の存在が許せない方は滞在中落ち着かないかもしれません。

宿に泊まってまで御飯炊きや味噌汁作りをしたくないという方は、外で食事をなさることをおすすめします。泊食分離スタイルを基本としているとのことで、近隣の食事どころなども紹介してくださるようです。オーガニックをテーマにしている宿のため、コンビニ弁当やカップ麺、ファストフードの持ち込みは禁止になっていますので注意が必要です。

食事は3日前までの要予約でベジタリアン・ヴイーガン・マクロビオティックにも対応するそうです。

晴れた日の夕方にはスタッフの案内による無料の里山散策ツアーが行われています。宿周囲の自然や季節の動植物が見られ、この日は夕飯用の桑の実を採るなど食材についての勉強にもなりました。

5.0 2015年7月7日に投稿 投稿者: fourfourtwo
2015年7月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
オープンして1年少々ということで、全体的に清潔感のある宿でした。 プレオープン時に泊まった人の個人ブログを複数見ていて、サービスの質に期待をしていなかったのですが、スタッフの皆さんは全員感じが良かったです。自然な笑顔と的確な案内ができる人たちでした。 ■宿泊前に 公式サイトを熟読しておいて良かったです。特徴があるからです。 ・3階建ての古民家で、階段のみ。エレベーターがない ・車のついたスーツケースを持っていかないほうが良...

オープンして1年少々ということで、全体的に清潔感のある宿でした。

プレオープン時に泊まった人の個人ブログを複数見ていて、サービスの質に期待をしていなかったのですが、スタッフの皆さんは全員感じが良かったです。自然な笑顔と的確な案内ができる人たちでした。

■宿泊前に
公式サイトを熟読しておいて良かったです。特徴があるからです。
・3階建ての古民家で、階段のみ。エレベーターがない
・車のついたスーツケースを持っていかないほうが良い

■建物の構造
古民家に断熱や防音をできるだけ施し、便利に過ごせるように配慮してあります。
魚沼の豪雪地帯ならではの「小屋組み」がされています。小屋梁が建物デザインのアクセントになっています。小屋組みは、この地方でよく見られました。

「ロビーから階段を上ったところにあるラウンジに行くと、小屋組みがよく見えますよ」とスタッフさんに教えていただき、ラウンジでの滞在を楽しみました。
ラウンジは、ウイスキーの山崎や焼酎の海堂が置いてありました。部屋に置いてあるプレミアムモルツをラウンジに持っていって飲むこともできました。

■食事
味付けは甘くなく、しょっぱくなく、素材の濃い味を楽しめました。
自家農園でとれたというハーブの葉っぱ1枚口にするだけで力強さを感じました。

魚介類の仕事も秀逸だと思いました。サザエの味噌煮は、サザエの苦さにコクが増していました。味噌がサザエのおいしさを引き立てる名わき役になっていました。ノドグロのお寿司も目が覚めるようなおいしさです。

夕食のご飯と朝食の味噌汁は、スタッフさんの指示に従いながら自分で作るスタイルでした。良く言えば体験型ですが、火を止めるタイミングなどがわかりづらく、最高においしい出来になったのか、自信がありません。ご飯は、作ってもらったほうがもっとおいしくできたかもしれません。

■部屋
Webからの申し込み時、2階のたたみツインを選びました。上の階の足音が響きやすいという公式サイトの説明の通りでしたが、想定内のレベルで、夜は静かでよく眠れました。

■温泉
お部屋の温泉は45度に設定してあり、最初は熱いです。翌日はぬるくなるので、沸かしなおして入りました。かけ流しではないのですが、お湯が強いようで、十分体にしみました。
目の前は開放感のある景色と大浴場への通路、大浴場が見えました。人からのぞかれる心配はありませんでした。

大浴場もお湯の強さが十分あり、ぬるくても長時間入れませんでした。他のお客さんと話したところ、その人は長時間入っても平気だったので、人によると思います。自分の体調に合わせて無理のないようにしてください。

■全体的な感想
リピートしたい宿の一つとなりました。食事以外はほったらかしにしてくれる点が良いです。

接客対応

皆さん感じが良いです。かといって、しつこくない。

清潔感

新しいです。

客室

たたみツインは、家具を低く配置し、広く見せていました。

食事

野菜の素材そのものの味が良いと感じました。肉や魚介類も秀逸!

コスパ

ビールやウイスキーなど無料で飲めるので、お酒好きならコスパ良く感じるのでは

温泉・スパ

肌への当たり方がやわらかく、トロッとした泉質。長時間入ると湯あたりしました。

備考・アドバイス

部屋での過ごし方で気をつけたほうが良いこと:
ベランダに出たとき、両サイドの部屋から聞こえた話し声や赤ちゃんの声のほうが気になりました。
話の内容まで丸聞こえなので、窓を開けて過ごす場合は、会話の内容に気をつけたほうが良いです。

5.0 2015年5月24日に投稿 投稿者: ザキヤマ11
2014年12月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
たまたま見ていた情報番組で「温泉のプロが選ぶ温泉宿ランキング」で、1位に選ばれていた里山十帖。人気ありすぎて予約はまず難しいかなぁーと半分諦めムードで検索してみたら、なんと年末に予約がとれたー!!涙 楽しみすぎて年末までがむしゃらに働きました。笑 私の住む町から里山十帖までは高速を使って5時間。高速を下りて里山十帖までの道は雪の量もぐんと増え雪深かったですが、とても綺麗に除雪してあり、なんなくスムーズに到着。駐車場も専用...

たまたま見ていた情報番組で「温泉のプロが選ぶ温泉宿ランキング」で、1位に選ばれていた里山十帖。人気ありすぎて予約はまず難しいかなぁーと半分諦めムードで検索してみたら、なんと年末に予約がとれたー!!涙 楽しみすぎて年末までがむしゃらに働きました。笑

私の住む町から里山十帖までは高速を使って5時間。高速を下りて里山十帖までの道は雪の量もぐんと増え雪深かったですが、とても綺麗に除雪してあり、なんなくスムーズに到着。駐車場も専用のスタッフさんが除雪作業をしてました。スタッフのかたが駐車場から宿まで荷物を持ってくださったり、チェックインの際にビールとチーズケーキを出してくださったり、早速嬉しいおもてなし。
築150年以上の古民家を最新の技術でリノベーションした館内は、懐かしさとぬくもりを感じる造りで、古民家だけど裸足で歩き回っても全く寒さは感じなくて快適。
私たちの予約した部屋は広さはこじんまりとしていましたが、部屋の中の小物や家具どれひとつとっても使い心地の良い高級なものばかりで、居心地の良い空間でした。特に感動したのは、濡れたタオルをかけておくと乾かしてくれるタオルウォーマー!また、部屋にあるハンドソープやサニタリーと、大浴場にあるもの、共同のお手洗いにあるもの が全て違うものになっていて、それぞれの使い心地を試せることが素敵でした。(館内で使ったり食べたり飲んだりして気に入ったものは、館内にあるショップで買う事もできます)また、感動したことは、部屋にあるリラックスウェアの着心地の良さ!やわらかくあたたかく、本当にリラックスできる素敵なリラックスウェアでした。靴下とタオルは持ち帰ることも嬉しかったです。

絶景がウリの露天風呂は、テレビで紹介されたのよりもずっと素晴らしくて、雪景色の山々が目の前に雄大に広がり、本当に圧巻!男女にお風呂が入れ替えになり両方入りましたが、それぞれ落ち着いた雰囲気でのんびりと入れました。
楽しみにしていた夕食は、個室でゆったり二時間半かけて食べました。季節の旬のものを、野菜を中心にひとつひとつ丁寧に手をかけたものがコースで出され、派手さはないけれど、素材自体の美味しさを楽しめる、身体にも心にも沁み渡るやさしい料理たちに感動しました。新潟の地酒メニューも取り揃えられていました。
夕食後は、サロンスペースでお酒を飲みながら本を眺めたり、部屋にある露天風呂(狭いです)で夜風に当たりながら長風呂したり、贅沢な時間を過ごすことができました。
朝食には最高級レベルの炊きたて白米が絶品!!思わずおかわりが止まりませんでした。
お見送りまでしっかりとスタッフの皆さんのおもてなしの心が感じられ、満足感に満ち満ちた旅行となりました。
値段は安くはないし、山深い場所で周りには何にもないけれど、頭と心と体を思いきり解き放して、ゆったりとした時間を過ごすことのできるお宿でした。

接客対応

構われ過ぎず、適度な距離感で気持ち良い接客でした。

清潔感

客室

泊まった部屋は広くはなかったけど、部屋の中のものひとつひとつが使い心地の良い高級品でした。

食事

コスパ

立地

温泉・スパ

絶景露天風呂にも選ばれた露天風呂は圧巻!!

備考・アドバイス

ジャンクフードやカップラーメンなどは持ち込まないでください との注意書きがありましたが、飲み物は自由に持ち込めるようです。部屋の冷蔵庫にサービスドリンクもありました。食事場所にも持ち込み料を払えば自分の好きなワインを持参できます。

1 - 6件目 / 合計 6件

施設情報

施設名
里山十帖
かな
さとやまじゅうじょう
所在地
〒949-6361
新潟県南魚沼市大沢1209-6
電話番号
025-783-6777
アクセス
■電車でお越しの場合
上越新幹線越後湯沢駅は東京駅から最速68分。通常の便でも1時間15分。
上越新幹線越後湯沢駅からは定額タクシーがございます。(約20分)夏季は4,000円、冬季は5,000円、里山十帖にご連絡いただければタクシーを手配いたします。料金は直接運転手にお支払いください。往路については前日までにご乗車時刻をお知らせいただければ手配可能です。東京から合計約1時間40分程度。
または越後湯沢駅で在来線に乗り換え2駅、大沢駅下車。下車後無料送迎5分(要予約)。
無料送迎接続便
12:40 MAXとき321号 東京駅発・越後湯沢行き
14:00 越後湯沢着 在来線乗り換え
14:14 越後湯沢発 上越線長岡行き・普通列車
14:25 大沢駅着 送迎
14:35 里山十帖着
■お車でお越しの場合
関越道練馬ICから塩沢石打ICまでは175km、約2時間。ICからは約10分
・関越自動車道 練馬IC→約2時間→塩沢石打IC
・関越自動車道 新潟西IC→約1時間30分→塩沢石打IC から約10分
送迎
あり(無料)
駐車場
あり(宿泊者無料)
駐車場台数: 20台
部屋数
12
設備・サービス
× インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 ○ 露天風呂 × 貸切風呂 ○ 客室露天風呂 × 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 × コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く ○ ゲレンデ近く ○ 駐車場 ○ 送迎サービス × ランドリー × クリーニング × マッサージ × エステ × サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 × ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 バスタオル 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り ナイトウェア バスローブ 綿棒 コットン 冷蔵庫 湯沸かしポット お茶セット テレビ 金庫
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS
情報提供: 一休.com

里山十帖周辺の旅館