ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

強羅花扇 円かの杜の口コミ情報・宿泊予約

6位

強羅花扇 円かの杜

〒250-0408 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-862
6位/207件中 - 箱根の旅館
強羅花扇 円かの杜
〒250-0408 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-862
TEL: 0460-82-4100
みんなの満足度
3.8 詳細評価
接客対応
4.2
清潔感
4.1
客室
3.4
食事
3.9
コスパ
3.2
立地
3.3
スパ・温泉
4.1
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 1泊 1泊 2泊 3泊 4泊 5泊 6泊 7泊 8泊 9泊 10泊 11泊 12泊 13泊 14泊 大人2名
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児(寝具のみ)
幼児(寝具・食事なし)
設定
子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。その他の予約サイトにつきましては直接ご確認ください。
解除
空室・最安値を検索
じゃらん一休.comJTBるるぶトラベル近畿日本ツーリスト楽天トラベル
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
2
良い
2
普通
0
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
3
家族旅行
1
友人・知人
0
一人
0
全文表示簡易表示
1 - 4件目 / 合計 4件
4.5 2016年12月19日に投稿 投稿者: りょりょりょ
2016年10月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
9月の平日に宿泊しました。2名1室、1泊2食付きのプランで、宿泊費は1名あたり43,350円でした。 車で行きましたが、到着すると駐車場で係が1名待機しており、誘導に従って車を駐車します。駐車後は、係の案内で、エレベータを使ってフロントまで案内されます。宿の入口ではスタッフ数名が丁寧にお出迎えをしてくださいました。 館内は全て畳敷きなので、玄関で靴を脱ぎ、素足で過ごします(これがなかなか快適です)。 チェックインはラウンジの...

9月の平日に宿泊しました。2名1室、1泊2食付きのプランで、宿泊費は1名あたり43,350円でした。

車で行きましたが、到着すると駐車場で係が1名待機しており、誘導に従って車を駐車します。駐車後は、係の案内で、エレベータを使ってフロントまで案内されます。宿の入口ではスタッフ数名が丁寧にお出迎えをしてくださいました。
館内は全て畳敷きなので、玄関で靴を脱ぎ、素足で過ごします(これがなかなか快適です)。
チェックインはラウンジの席に座って行います(記帳もこのタイミングです)。同時にウェルカムサービスとして黒豆のお菓子とお茶(抹茶・バラ茶・ユカリ茶・黒糖茶などから選択)が振る舞われます。お茶とお菓子をいただき終わったタイミングで、部屋に案内されます。このときの案内の担当者が、夕食・朝食の配膳までお世話くださいました。

部屋は「花筏」という3階の部屋で、ベッドルーム(およそ6畳)+和室8畳、客室露天風呂付です。部屋には木がふんだんに使われており、木の香りが漂っています。
入室後は和室に座り、部屋の設備について説明を受けました。説明は丁寧でしたが、唯一、客室露天風呂の使い方については全く触れられませんでした(客室露天風呂使用時に特に問題は発生しませんでしたが、少しぐらいは説明があっても良かったかな…とは思います)。なお、部屋についての説明の後に、宿オリジナルの梅ゼリーを冷蔵庫に入れてくださるので、好きなタイミングで食べることができます(ウェルカムサービスですでにお菓子をいただいているので、ありがたい配慮です)。
客室の設備は充実しています(露天風呂付きの部屋なので、内風呂はありません)。お茶のティーバッグ・冷蔵庫内の飲料・石けん類を含むアメニティは持ち帰り可能です。コーヒーメーカーは非常に珍しいタイプのものでしたが、使い方について丁寧な説明があったので問題なく使用でき、とても美味しいコーヒーを入れることができました。館内着として浴衣と作務衣が1着ずつ用意されており、好きな方を着ることも、途中で着替えることも可能です。テレビは和室・ベッドルームの両方に大型のものが設置されており、和室のテレビではDVDも見ることができます。DVDはフロントから借りることができ、DVDはフロント視聴の際はサラウンドスピーカーで音響を楽しむことができるという贅沢ぶりです。部屋ではWi-Fiを使うことができますが、和室内では問題なく使えたものの、ベッドルームまでは電波が届きにくいようです。清掃は細かいところまで隅々まで行き届いており、一切の抜かりがありませんでした。露天風呂付きのベランダからは、強羅の自然豊かな景色が楽しめるようになっていました(朝には雲海も見ることができました)。
客室内の設備については、上記の通りこだわり・高級感が感じられましたが、広さについては宿泊費に対して狭い印象が否めませんでした(価格から、もう少し広い部屋を想像していました)。

施設は地下1階~地上3階建てとなっており、地下1階が大浴場、1階がフロント・ラウンジ・売店(箱根土産はあまり揃いません)・食事処、2~3階が客室です。館内はエレベーター内を含めて全て畳敷きとなっており、また全てのフロアで木がふんだんに使われており、暖かみを感じます。清掃は非常に行き届いていますが、山の中にあるという立地の関係上、共用スペースに虫が入ってきてしまうのは避けられないようでした(廊下に大きなクモがいたときには少し驚きました…)。

大浴場は地下1階にありますが、1階から階段36段を下ってのアクセスとなります(足が不自由な場合は、一度館外に出てエレベーターで行くことも可能ですが、外履きが必要なので、スタッフに一声かける必要があります)。階段は比較的緩やかで、手すりも設置されています。営業時間は14:00~24:00、5:00~10:00の男女入れ替え制で、どちらも露天風呂付きの大浴場です。脱衣所にバスタオル・フェイスタオル、歯ブラシ、ひげ剃り等アメニティは揃っているので、部屋からは手ぶらで行くことができます。
脱衣所には仕切りで仕切られたきれいな洗面台が並んでいます。また、給水器があり、おいしい冷たい水を飲むことができますが、備え付けの紙コップホルダーが壊れかけているのか、紙コップを一つだけ取り出そうとしても、3つぐらいが一度にまとめて出てきました…。脱いだ服は鍵付きのロッカーか脱衣カゴに入れますが、この棚も木製できれいなものでした。ただ、ロッカー扉が勢いよくバタン!と閉まるので、最初は少し驚きました(館内のほとんどの扉がそっと閉まるような設計になっているため、余計にこのロッカー扉の造りだけが気になりました…)。
内風呂・露天風呂ともぬるめ・熱めの浴槽に分かれており、好みに応じて使い分けることができます。露天風呂は特に広く、開放感があります(夕方~夜に女性用、朝に男性用として使われる露天風呂からは眺望が楽しめますが、もう一方の露天風呂からは眺望は臨めません。ただ、木々に囲まれているので、それだけで十分心地よい環境です)。洗い場は仕切りで仕切られており、シャワーはボタン式ではなく、ひねってお湯を出すタイプで、水圧は十分な強さです。シャンプー・ボディーソープ類はTAMANOHADAシリーズで、香りが長く持続し、心地よいです(部屋にも備えられており、持ち帰り可能です)。
湯上がり処には冷たいユカリ茶のサービスと、マッサージチェア2機(無料)が置かれています。平日の宿泊だったからか、マッサージチェアが2機ともに使用中になっていることはなく、使いたいときに使うことができました。

夕食は1階の個室食事処で提供され、開始時間を18:00、18:30、19:00から選ぶことができます。個室は、外や他の部屋とは完全に仕切られており、抜群のプライベート感でした。テーブルにもこだわりがあるようで、とても大きな木でできており、立派でした。献立には名前がフルネームで印刷されており、仕事の細かさに感心しました。料理は一品ずつできたてが運ばれてきますが、器も盛り付けも非常にきれいで、味も美味しかったです。配膳のタイミングも、外から除いているのではないかと思うほどバッチリで、お箸・おしぼりの交換もしっかりと行われました。なお、円かの杜が属する花扇グループが高山発祥であることから、肉料理には飛騨牛が使用されています。
また、夕食中に客室の茶器が交換され、夕食後に部屋に戻ると、使った湯呑みが全て交換されていました(部屋の設備説明時に、夕食中に茶器交換のためスタッフが入室することについて丁寧な断りがありました)。

朝食も個室食事処で提供され、開始時間を8:00、8:30、9:00から選択できます。夕食と同じ部屋でしたが、夕食時と異なり陽光が非常に明るかったので、少し驚きました。前日の夕食時に、お粥・普通のご飯のどちらかを選ぶよう求められました。珍しかったのでお粥を選択しましたが、お粥の中心に桜の花びらの塩漬けがあしらわれており、とてもきれいでした(なお、お粥を選択しても、お願いすれば後からご飯も出してくださいます)。メニューはご飯の進む味付けのものが多いですが、素材の味も生かされており、美味しかったです。
食事を終えてに朝食会場を出ると、ラウンジでスタッフの方が「よろしければどうぞ」とコーヒーを入れてくださいました。細かい気遣いに感心しました。

チェックアウトはラウンジの座席で座った状態で行い、手続終了後は係の誘導で駐車場まで案内されます。途中、施設の入口で写真を撮ってくださいました。車で出発するときには、車が見えなくなるまで手を振ってくださっていました。

接客について、担当の仲居さんは少しのんびりした感じの方で、ゆったりと過ごしたいと思っていた我々とはとても相性が良く、気持ちよく過ごすことができました。その他、館内ですれ違ったスタッフ皆さんが、必ず立ち止まって挨拶してくださったので、とても気持ちが良かったです。唯一、駐車場の案内担当の方がやや冷たさを感じる応対だったのが、少し残念でした。

全体を通して、宿泊費は高いですが、物足りなかったのは上記の部屋の狭さ・駐車場係員の接客ぐらいで、その他は不満のない滞在となりました。特に食事・温泉については大満足です。今回の居心地が良かったので、箱根にあと2つある花扇グループの宿にもぜひ泊まってみたいと思います。

接客対応

駐車場案内係を除き、全員が親切で丁寧な接客でした。

清潔感

山の中にあるので、虫が迷い込んでしまうこともあるようです。ただし、施設・設備の清掃状況はバッチリで、塵一つありませんでした。

客室

奥行きはありますが幅が狭く、全体的に手狭な印象が否めませんでした。設備は文句ありませんでした。

食事

完全個室で、提供のタイミングも完璧だったので、自分のペースで食事を進められました。素材の味をしっかりと生かした料理で、見た目もきれいでした。

コスパ

サービスは行き届いていますが、価格相応だったと思います。価格に対して客室が狭い印象があったので、コストパフォーマンスが高いとは言えません。

立地

強羅の自然の中にあります。早雲山駅からは徒歩圏内ですが、送迎車による送り迎えも行っています。車で行きましたが、施設が新しくカーナビでヒットせず、少し迷いました。

温泉・スパ

熱めの湯・ぬるめの湯の両方が用意されており、好みによって使い分けができます。サウナ設備はありません。

備考・アドバイス

宿の場所は少々わかりにくい場所にあります。新しい施設でありカーナビに登録されていないケースもあるので、道が分からなくなったら素直に宿泊施設に電話した方が良いでしょう。非常に親切に対応していただけます。
全室客室露天風呂付きの宿ですが、大浴場を利用する場合は階段36段を使ってのアクセスが主となります。足が不自由な場合は、館外の通路を経由して大浴場へ行く必要があるため、留意が必要でしょう。
施設周囲に温泉街のような散策できる場所はありませんが、お籠もり宿なので早めのチェックイン・遅めのチェックアウトでゆっくりと館内で過ごすべきだと思います。自然に囲まれた環境にあり、とても居心地がいいですよ。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.9 2016年6月21日に投稿 獲得票数:1 投稿者: のあざみ
2016年6月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
「強羅花扇 円かの杜」は強羅の高台の深い緑に包まれた閑静な場所にあります。全客室が露天風呂付で間取りや眺望が異なる客室が20室あります。私たちが予約したのはこの宿で一番お安いワンルームタイプの客室「薯莪」で、一泊2食付き2人で70,000円(税込)でした。 箱根の新緑が美しい6月中旬の平日に家内と車で出かけました。宿は分かり難い場所なのでカーナビを頼りに出かけましたが、着いた所は宿から少し離れた場所でした。電話で宿の方に道筋...

「強羅花扇 円かの杜」は強羅の高台の深い緑に包まれた閑静な場所にあります。全客室が露天風呂付で間取りや眺望が異なる客室が20室あります。私たちが予約したのはこの宿で一番お安いワンルームタイプの客室「薯莪」で、一泊2食付き2人で70,000円(税込)でした。

箱根の新緑が美しい6月中旬の平日に家内と車で出かけました。宿は分かり難い場所なのでカーナビを頼りに出かけましたが、着いた所は宿から少し離れた場所でした。電話で宿の方に道筋と目印をお聞きして、なんとか宿に到着することができました。車寄せに着くと2名の男性スタッフが待っていて下さり、その方の誘導で車をすぐ前の駐車場に停めました。車寄せ横にあるエレベーター棟から1階上がり、水車が回るせせらぎにかかる木橋を渡ったところが宿の玄関です。

この宿は全館畳敷なので足の感触がとても柔らかく感じました。フロントやラウンジのカウンターには神代欅の大きな1枚板、玄関ホールやラウンジの柱と梁には太い欅材が使われていますが、粗削りではなく丸みのある柔らかな仕上げなのでとても上品な印象を受けました。柱や大梁にはまだ木の香が残っており、この宿の心地よい香りになっていました。ラウンジの形のよいソファーでチェックインを済ませ、わらび餅と好みの飲み物を選び、少し寛いでから客室に案内していただきました。

客室は2階の東南側に3室並ぶワンルームタイプのひとつです。客室にも木が多く使われているので自然な温もりを感じました。部屋の広さは30平米で、踏込みが狭くいきなりツインベッドの置かれた8畳の間に入る感じです。ベランダ側には洗面と2畳ほどの広縁がありますが、部屋全体に開放感がなくとても窮屈な印象を受けました。広縁の椅子とテーブルは小ぶりでソファーもなく、ベッド以外ではゆっくり寛げませんでした。

ベッドはシモンズ製で、幅125センチのゆったりしたサイズのとても寝心地がよいものでした。シーツはノリがほどよく効いた麻地、枕カバーは上質なローンで、寝具にこだわりのある方も満足できると思います。客室には浴衣とガーゼ地の作務衣、バスローブが用意され、バスタオルが1人2枚あり快適に過ごせました。

客室の冷蔵庫には、ビールの中瓶など数種類の無料の飲み物が入っており、コップもよく冷えていたのも嬉しかったです。エスプレッソはイリ―でカプセル2個が用意され、飲み物は充実していました。

洗面化粧台はシンクが一つでさほど広くありませんが、椅子が置かれていてサイドに大きな鏡があるので、使い勝手が良かったと思います。基本的なアメニティが一通り揃っており、男性用基礎化粧品はPaul Stuart、女性用基礎化粧品は資生堂、バスアメニティはノンシリコン系のTAMANOHADAアメニティセット、SASAWASHIの天然豚毛歯ブラシが用意されており、ここにもこの宿のこだわりを感じました。大浴場の洗い場のバスアメニティもTAMANOHADAでした。

円かの杜は異なる泉質の自家源泉を二つ持っており、一つは大浴場と露天風呂、もう一つは客室露天風呂に使われています。客室係りの方のお話しでは、大浴場の温泉はクレンジング効果があり、客室露天風呂の温泉は保湿効果があるので、先に大浴場に入ってから客室露天風呂に入るのがお薦めとのことでした。どちらの温泉も無色透明で見た目の違いは分かりませんでしたが、客室露天風呂に入ったあとはやはり肌がしっとりしていました。

客室の露天風呂は源泉かけ流しで、檜の湯船は大人2人が入れる大きさがありました。すぐ近くにリゾートマンションがあるので、ベランダの外側全面が木製の目隠しになっており、外の景色がほとんど見えずとても残念でした。

露天風呂のある大浴場は別棟にありロビーから畳敷の階段を下りて行きます。大浴場と露天風呂はほぼ同じ大きさのものが左右に2か所あり、早朝に男女が入れ替わります。どちらの内湯の湯船も2つに仕切られており、温度差がありました。左側の大浴場の露天風呂は箱根連山の眺望がよく、湯船は棚田のような形状で、3つの湯船は温度が違いました。右側の大浴場の露天風呂は湯船もデッキスペースもゆったりとしており、森の緑に包まれて温泉を楽しむという雰囲気でした。こちらも湯船も手前が熱く奥がぬるめになっていました。内湯も露天風呂も好みの温度の湯船に入ることができました。

食事はスイートと一部のデラックスの客室を除いて個室の食事処でいただきます。夕食は品数が多くバラエティに富んでおり、一つ一つの料理はほどよい量が上品に盛り付けられていました。お出汁がよく効いた椀物や煮物はどれも美味しく繊細で料理長のこだわりを感じました。この宿自慢のA5ランクの飛騨牛を私はステーキ、家内はしゃぶしゃぶを選び、どちらも美味しくいただきました。食事処のサービスも同じ客室係りの方で、私たちのペースに合わせて頃合いよく料理を出して下さり、気持ちよく食事ができました。

朝食はよくあるお料理でしたが品数も多く、一つ一つが丁寧に造られていて上品なお味でした。飛騨高山の郷土料理「朴葉味噌」は、焼いた野菜をいただいたあと、香ばしいお味噌をご飯にのせていただきました。食後はラウンジに席を移して、外の庭木を眺めながら珈琲をいただきゆっくりできました。

この宿のスタッフの皆さんはどなたも礼儀正しく、温かい笑顔で接して下さいました。客室係りの仲居さんは控えめですが、よく気配りをして下さりとても好感が持てる方でした。チェックアウトの時はあいにくのお天気でしたが、足元に気を配りながら傘をかざして車まで送って下さいました。

円かの杜は客室の選び方に注意が必要な宿だと思いました。客室によって眺望の良い部屋と眺望の無い部屋があります。私たちの泊まったワンルームタイプの客室は眺望が無く、とても窮屈でゆっくり寛げる場所がありませんでした。お料理が美味しく大浴場の露天風呂も楽しめたので、次回泊まるなら眺望がよく2間ある客室にしようと思いました。

接客対応

どのスタッフも礼儀正しく、心配りのある応対でした。

清潔感

清掃はいき届いていました。施設はまだ新しく清潔感がありました。

客室

客室設備やアメニティは充実していました。方位によっては眺望がない客室があります。ワンルームタイプの客室は開放感に欠けます。

食事

夕朝食とも満足できる内容でした。飛騨牛はとても美味しくいただけました。

コスパ

値段相応だと思いますが、ワンルームタイプの客室は眺望がなく割高に感じました。

立地

緑に包まれた閑静な場所にありますが、リゾートマンションが隣接していました。最寄り駅から遠く分かり難い場所ですが、強羅駅や早雲山駅との間に送迎車があります。

温泉・スパ

泉質の異なる2種の自家源泉が楽しめます。大浴場・露天風呂は清潔で開放感があります。

備考・アドバイス

宿の電話番号がカーナビにまだ登録されてないとのことなので、車で出かける方は宿のスタッフに道順や目印を確認されることをお薦めします。

客室の方位によって眺望に大きな差があります。客室を選ばれる時には、ベランダの形状や目隠しの有無について宿の方に問い合わせをされると良いと思います。

客室とロビーラウンジやお食事処との間はエレベータがあり段差はありませんが、大浴場に行く途中には長い階段があります。大浴場の内風呂の湯船には手摺がありますが、露天風呂には手摺がありません。

大浴場の露天風呂の湯船や通路には屋根がなく、雨の時でも傘がありませんでした。

玄関ホールの式台に椅子が置かれていて靴に履き替える時とても楽でした。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 2015年8月27日に投稿 獲得票数:4 投稿者: みぃ
2015年8月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
こちらは2014年12月に開業された強羅花扇グループの宿です。今回は2階にある8畳の和室とベッドルームがある藤袴を利用しました。平日2名1泊2食付で1人当たり40,000円のプランでした。全20室の客室はすべて和室で温泉の露天風呂付きです。 客室はドアや収納などの家具も無垢の木が使われていて、まだ開業から1年経過していないため、今でも木の香りがします。8畳のリビングにベッドルームとテラスがある客室でしたが、2人で利用するのにはちょうど良く、...

こちらは2014年12月に開業された強羅花扇グループの宿です。今回は2階にある8畳の和室とベッドルームがある藤袴を利用しました。平日2名1泊2食付で1人当たり40,000円のプランでした。全20室の客室はすべて和室で温泉の露天風呂付きです。

客室はドアや収納などの家具も無垢の木が使われていて、まだ開業から1年経過していないため、今でも木の香りがします。8畳のリビングにベッドルームとテラスがある客室でしたが、2人で利用するのにはちょうど良く、畳の部屋でゆっくりとくつろぐことができました。生花がいけてあり、床の間をイメージさせる空間は、和室をモダンな雰囲気にしていました。木の素材がナチュラル系であり、重々しい雰囲気はなく、部屋全体は明るい雰囲気だったため、大変居心地が良かったです。テラスには2人で入浴するには少し狭い大きさの湯船と2つのチェアがありました。テラスからの景色を眺めながら入浴するには程よい広さで、こちらの空間も大変気に入りました。

朝食夕食ともにお食事処の個室でいただきました。ダイニング付きの広いお部屋を利用した場合は、お部屋食も対応いただけるようです。彼のペースに合わせて食事が運ばれたため、私のところにはお料理が並んでしまうこともありましたが、お食事の量はちょうど良く、大変美味しくいただけました。こちらの看板料理であるA5級の飛騨牛を使用したしゃぶしゃぶと陶板焼きは、どちらも大変美味しくいただけました。特にしゃぶしゃぶは、出汁まで大変美味しかったです。陶板焼きとしゃぶしゃぶは事前に選択できますが、しゃぶしゃぶを選ばれたほうがこちらのお食事の美味しさを実感できるように思います。朝食も同じ個室で頂きました。朝食は、飛騨高山の郷土料理「朴葉焼き」を頂くことができました。

大浴場は地下1階にあります。男女入れ替え制になっていて、露天風呂は棚田のように3つの湯船が配置されている点が印象的でした。露天風呂は屋根がないため、葉っぱなど自然のものが湯船に入ることはありますが、内湯も露天風呂も大変きれいでした。客室露天風呂とは泉質が違い、大浴場は消毒の効果があるとおっしゃっていました。どちらも無色透明で匂いもあまりなかったので違いはわかりづらかったですが、開放的で景観の良い大浴場の露天風呂と、いつでも好きな時に入浴できる客室露天風呂はそれぞれの良さがありました。

ドリンク無料チケットをいただいたため、夜にバーを利用させていただきました。天井が高く無垢の木のカウンターは温かみもあり落ち着ける空間でした。座席は6席のみでしたので、空いている時間にゆっくり利用したい場所です。

生花も含めて「円」をイメージさせるものが多く、宿全体がやわらかい雰囲気でした。どこにいても木の温かみを感じられる素敵な宿でした。このできたばかりの新しい雰囲気も大変素晴らしいのですが、何年か後の雰囲気も味わってみたいと思える宿でした。

接客対応

大変丁寧な対応でした。どのスタッフの方も大変印象が良かったです。

清潔感

開業して半年ほどですので、どこもきれいでした。

客室

家具の配置もよく、寝室は陽の入りにくい場所にあり、とても機能的な部屋でした。床暖房もあり、冬季も快適に過ごせると思います。

食事

お食事処の個室で頂きました。他のお客様の話し声が聞こえることもなく、落ち着いていただけました。大変美味しいお料理でした。

コスパ

お部屋やお風呂の清潔感を重視する方は満足度が高いと思います。

立地

温泉・スパ

美しいお風呂でした。大浴場は湯船ごとに温度が異なり、好みの温度の湯船に入ることができ、便利だと思いました。

備考・アドバイス

・基礎化粧品はそろっていますので手ぶらでの宿泊も可能です。

・冷蔵庫の中にはフリードリンクが用意されていました。持ち込みも可能な冷蔵庫が用意されています。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.5 2015年1月13日に投稿 獲得票数:6 投稿者: 健太
2015年1月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
1月の土曜に妻と二人で宿泊しました。部屋は「野旬菊(のしゅんぎく)」で、2名1室(朝夕食付き)で114,480円でした。 「強羅花扇 円かの杜」は、「強羅花扇」と「強羅花扇 早雲閣」の姉妹館で、2014年12月にオープンしたばかりの新しい旅館です。強羅駅から車(施設の無料送迎)で10分程の場所にあります。 「強羅花扇」同様、館内は畳敷きです。到着後は、ロビーにてチェックイン手続きを行いました。ウェルカムドリンクは、コーヒ...

1月の土曜に妻と二人で宿泊しました。部屋は「野旬菊(のしゅんぎく)」で、2名1室(朝夕食付き)で114,480円でした。

「強羅花扇 円かの杜」は、「強羅花扇」と「強羅花扇 早雲閣」の姉妹館で、2014年12月にオープンしたばかりの新しい旅館です。強羅駅から車(施設の無料送迎)で10分程の場所にあります。

「強羅花扇」同様、館内は畳敷きです。到着後は、ロビーにてチェックイン手続きを行いました。ウェルカムドリンクは、コーヒー、抹茶、煎茶、バラ茶、黒糖茶、ユカリ茶、オレンジジュース、アップルジュースの中から選びました。チェックイン手続きを終えると、担当の仲居さんに客室まで案内いただき、室内と施設の説明を丁寧に受けました。

今回宿泊した客室「野旬菊」は客室露天風呂付きで、リビング(14畳)+ハリウッドツインの寝室+ダイニング(8畳)の間取りです。通常は専用の食事処(共用ダイニング)での食事となるようですが、ダイニング付きの客室の場合は部屋食となるようです。

客室の構造は、宿泊客のプライバシーを保つためによく考えられています。玄関は引き戸の扉とその内側にオートロックの扉が付いた二重扉です。玄関に入ってすぐの扉を開けるとダイニングがあります。ダイニングを抜けるとリビングがありますが、その間もまた扉で仕切られています。部屋食の場合でも、仲居さんはダイニングまでしか立ち入らず、リビングから先(寝室、バスルーム含む)の様子は伺えないようになっています。部屋食の場合、仲居さんが頻繁に出入りするため落ち着かないといったこともありますが、そういった心配はありません。また、客室露天風呂の目隠しもしっかりと出来ており、昼夜問わず、外部の視線が気になることは一切ありません。

客室デザインは「和モダン」で、姉妹館の「強羅花扇」と同様です。まだオープンしたばかりの宿ですので当然とも言えますが、全体的に非常に清潔感があります。ダイニング、リビング、寝室には3カ所それぞれにテレビが設置されており、また、リビングのテレビにはBOSE製のスピーカーが付けられていました。寝室のベッドはハリウッドツインです。質の高いマットレスと布団を使用しており、寝心地が良く快眠できました。

客室露天風呂はとても気持ちの良い檜のお風呂で、源泉掛け流しです。外部からの目隠しがしっかりとされているため、肩まで湯に浸かると眺望は空しか見えませんが、湯船の中の段になっている部分に腰を掛けて浅く浸かると、自然溢れる山々の景色が見渡せます。

大浴場の露天風呂もまた、開放的で眺望が良く、自然を満喫できる気持ちの良いお風呂です。姉妹館の「強羅花扇」では、大浴場の露天風呂が小さく、眺望と言えるようなものもなく、全体としては素晴らしい宿でありながら、それが唯一の不満でした。「円かの杜」ではそれが大幅に改善された印象です。

夕食は飛騨牛のしゃぶしゃぶをメインとした全11品の本格懐石です。女性や年配の方では完食することが困難な程の量かと思います。一品一品が手の込んだ、完成度の高い美味しい料理です。ただ、私は決して食事のペースが遅い方ではありませんが、前の料理を完食する前に次の料理が運ばれ、全体を通して食事を急かされたような気になりました。食事のタイミングは難しい部分でもあるのでしょうが、もう少しだけスローペースにされた方が良いのではないかと思います。

朝食も美味しくいただきましたが、ごく一般的な程度のもので、特筆するほど素晴らしいものではありませんでした。

チェックアウトは11時で、施設の車で強羅駅まで送っていただきました。

まだオープン間もない旅館ではありますが、目立った不手際もなく、満足できる滞在となりました。

接客対応

仲居さんの素敵な笑顔が印象的でした。

清潔感

オープン間もない旅館ですので当然ではありますが、非常に清潔感の高い旅館です。

客室

プライバシーに対する配慮が行き届いた和モダンな客室です。

食事

一品一品手の込んだ本格懐石です。女性や年配の方では完食することが困難な程の量です。

コスパ

価格以上に十分満足できる滞在となりました。

立地

強羅駅から車で10分程の距離です。

温泉・スパ

客室露天風呂も大浴場もいずれもとても気持ちの良いお風呂です。

1 - 4件目 / 合計 4件

施設情報

施設名
強羅花扇 円かの杜
かな
ごうらはなおうぎ まどかのもり
所在地
〒250-0408
神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-862
電話番号
0460-82-4100
チェックイン
14:00
チェックアウト
11:00
アクセス
【お車】
小田原厚木道路箱根口ICから国道1号線約15km(約25分)→県道734号線約2km(約5分)
目標物:レジーナ・ヴィラ強羅壱番館
※冬期太平洋側で雪の予報が出た時は、国道138号線や国道1号線は積雪の可能性があります。冬用タイヤの装着やタイヤチェーンの携行をおすすめします。
【電車】
■東京駅から
東京駅→(JR東海道・山陽新幹線)小田原→(箱根登山電車)箱根湯本駅→(箱根登山電車)強羅→(箱根登山ケーブルカー)早雲山駅→(徒歩)円かの杜
■羽田空港から
羽田空港→(リムジンバス羽田空港線)新横浜駅→(JR東海道・山陽新幹線)小田原→(箱根登山電車)箱根湯本駅→(箱根登山電車)強羅→(箱根登山ケーブルカー)早雲山駅→(徒歩)円かの杜
■成田空港から
成田空港→(徒歩)空港第2ビル→(JR成田エクスプレス)品川→(JR東海道・山陽新幹線)小田原→(箱根登山電車)箱根湯本駅→(箱根登山電車)強羅→(箱根登山ケーブルカー)早雲山駅→(徒歩)円かの杜
箱根登山鉄道強羅駅(送迎あり)
送迎
あり/箱根登山鉄道強羅駅・箱根登山ケーブルカー早雲山駅・ならびに近隣観光施設のみ可能 事前予約不可(当日要連絡)
駐車場
あり(宿泊者無料)
駐車場台数: 10台
部屋数
20
設備・サービス
○ インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 ○ 露天風呂 × 貸切風呂 ○ 客室露天風呂 ○ 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 × コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く × ゲレンデ近く ○ 駐車場 ○ 送迎サービス × ランドリー × クリーニング ○ マッサージ × エステ × サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 ○ ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 フェイスタオル バスタオル 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り 浴衣 作務衣 ナイトウェア バスローブ 洗顔料 綿棒 コットン 冷蔵庫 ミニバー 湯沸かしポット お茶セット テレビ 金庫 朝刊 衛星放送 DVDプレイヤー 洗浄機付トイレ 無線LAN接続
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS 銀聯

強羅花扇 円かの杜周辺の旅館