ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

強羅花扇 円かの杜の口コミ・宿泊記

4位

強羅花扇 円かの杜

〒250-0408 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-862
4位/209件中 - 箱根の旅館
強羅花扇 円かの杜
〒250-0408 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-862
TEL: 0460-82-4100
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.2 に投稿 獲得票数:8 投稿者: らく
2017年10月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
2本の自家源泉を持つ、木の温もりに包まれた和モダンの高級宿

強羅の閑静なエリアにある全20室の旅館です。全ての客室に源泉かけ流しの露天風呂を備えており、今回はスタンダードルームの「花筏」に平日2名1泊2食付き80,000円(消費税込み)のプランで宿泊しました。

最寄りの早雲山駅や強羅駅からの送迎があります。送迎車はゆったりとした高級車で宿に到着する前から優雅な気分になりました。駐車場に到着すると女性スタッフの方が待機されていて、荷物を持って下さるとそのまま館内へと案内されました。宿へのアプローチには木々が植えられ、大きな水車もあり、どことなくノスタルジックな雰囲気が漂います。玄関はとても広く、靴を脱ぎ履きしやすいよう椅子が置かれており、さり気ない気遣いが感じられました。ラウンジの眺めの良い席に案内されチェックイン手続きを行います。その際ウェルカムドリンクとスイーツのサービスがありますが、ドリンクは数種類から選べ、スイーツはドリンクに合わせたものが出されました。

ラウンジ周辺は広々としたゆとりのある空間で、飛騨の木材がふんだんに使われた、重厚で温もりを感じる和モダンの設えになっていました。ラウンジに置かれた飛騨高山の家具メーカーのソファや、フロントに据えられた神代欅の一枚板のカウンター等、インテリアにもこだわりが感じられます。畳敷きの館内は清掃が行き届き、畳に傷みも見られないので気持ちよく過ごす事ができました。

「花筏」はベッドルームと8畳の和室からなるコンパクトな客室です。玄関を入るとベッドルームがあり、大きなツインベッドは寝心地も良く、テレビや加湿空気清浄機もあるので快適に過ごす事ができました。和室は広くはありませんが収納スペースが多くスッキリとしています。水屋も和室にあり、エスプレッソマシンのコーヒーカプセルやお茶類、冷蔵庫の中の飲み物は宿泊料金に含まれていました。客室も家具や梁に木がふんだんに使われた温もりが感じられる設えで、大人2人が過ごすのにちょうど良い広さではありますが、宿泊料金を考えると少々狭いようにも感じられました。

和室の先にはこぢんまりとしたパウダールームがあり、パウダールームから露天風呂のあるテラスへ出られます。和室とは障子戸で仕切る事も出来ますので脱衣スペースとしても利用しやすいかと思います。アメニティは必要なものは全て揃っており、特にバスアメニティや歯ブラシにはこだわりが感じられました。タオルはフェイスタオルが1枚ずつ、バスタオルが2枚ずつ、バスローブも用意されています。足りない場合は大浴場に替えがたくさん置いてありますのでそちらからお借りすると良いと思います。館内着は浴衣が1枚、ガーゼ生地の作務衣が1着用意されています。作務衣は見た目がパジャマのようにも見えるのですがパブリックスペースでも着用できます。

「円かの杜」には泉質が異なる2本の自家源泉があり、それぞれ大浴場と客室露天風呂に使用されています。客室露天風呂の源泉には保湿効果が、大浴場の源泉にはクレンジング効果があるそうで、先に大浴場に入ってから客室露天風呂に入るとより効果が期待できるとの事でした。

客室露天風呂は木の浴槽で、大人2人で並んで入ると少々窮屈に感じました。浴槽内のステップ部分が広いため半身浴には向いているのですが、肩まで浸かると足を伸ばせません。それでも源泉かけ流しの温泉はとてもなめらかな湯ざわりで、箱根の山々を眺めながらの贅沢な湯あみを楽しむ事ができました。露天風呂からの眺望は客室によって異なりますので事前に確認される事をおススメします。

男女別の大浴場は14時~深夜0時まで、翌朝は5時~10時まで利用できます。朝に男女の入れ替えがあり、どちらも広々とした内湯と木々に囲まれた開放的な露天風呂を備え、柔らかな湯ざわりの源泉がかけ流されていました。露天風呂には屋根がないので落ち葉等が浴槽に入ってしまいますが、森の中で湯浴みをしているようでとても清々しく、滞在中は何度も利用しました。特に手前側にある大浴場の露天風呂からは箱根の山々を見渡す事ができますので、日中の入浴をおススメします。

夕食は個室のダイニングでいただきます。繊細で上品な味付けのお料理が多く、特に焚合せは出汁の香りが金目鯛のほんのりとした甘みを引き立て、たいへん美味しくいただきました。メインの飛騨牛やお造りからも良い食材が使われているのが分かります。お料理が出されるタイミングもちょうど良く、美しい器も目の保養になりました。朝食も同じ個室でいただきます。充分な種類のおかずがあり、桜の塩漬けが入ったおかゆとともに美味しくいただきました。焼き魚が鮭と鯖の2種類が用意されていたのも良かったです。

滞在中は数人のスタッフの方とお話しする機会がありましたが、どの方も丁寧で温かみが感じられる接客でした。食事を担当して下さった女性スタッフさんはにこやかで話し上手な方でしたし、フロントスタッフの方には館内の展示品について興味深いお話も聞く事ができ、楽しいひと時を過ごす事ができました。

「円かの杜」は木の温もりが感じられる館内や美味しい夕食、笑顔が素敵なスタッフの方々のおてなし等、様々な魅力にあふれた宿という印象でした。特に自家源泉かけ流しの大浴場が素晴らしいので、温泉にこだわる方にもおススメできると思います。

接客対応

食事を担当して下さった方やフロントスタッフの方はとても温かみが感じられる接客でした。他のスタッフさんもにこやかで礼儀正しい方ばかりでした。

清潔感

オープンして3年目という事もあり新しく、清掃も行き届いていました。

客室

木の温もりと和モダンの設えがとても落ち着く客室でした。玄関のドアが二重扉で静かに過ごせました。

食事

夕食は繊細な味付けでとても美味しくいただきました。器の美しさも印象に残りました。

コスパ

宿泊料金を考えると少々客室が狭いように感じました。

立地

強羅駅・早雲山駅からの送迎があります。

温泉・スパ

大浴場と客室露天風呂で異なる源泉を楽しむ事ができます。特に大浴場の露天風呂は木々に囲まれた開放的な造りでした。

備考・アドバイス

・客室露天風呂からの眺めは客室によって異なりますので、事前に確認される事をおススメします

・ダイニングルームを備えた客室では部屋食になるそうです

・Wi-Fiは問題なく繋がります

アプローチと水車玄関玄関ラウンジラウンジラウンジラウンジウェルカムドリンクのビールとおつまみウェルカムドリンクの抹茶と和菓子ショップコーナー館内 廊下客室前の廊下スタンダードルーム「花筏」スタンダードルーム「花筏」玄関スタンダードルーム「花筏」ベッドルームスタンダードルーム「花筏」ベッドルームベッドルームの読書灯ベッドルームのテレビと加湿空気清浄機男性用の浴衣・作務衣・足袋ソックス女性用の浴衣・作務衣・足袋ソックススタンダードルーム「花筏」和室スタンダードルーム「花筏」和室スタンダードルーム「花筏」和室飾られた生花テレビとDVDプレーヤーお菓子クローゼットバスローブ館内で使用できるかごバッグ水屋茶器エスプレッソマシンはilly ポットは冷水とお湯コーヒーカプセルの他にバラ茶、こくとう茶冷蔵庫の飲み物は宿泊料金に含まれます「花筏」和室からの眺望パウダールームと和室は障子戸で仕切る事もできますパウダールームと和室は障子戸で仕切る事もできますスタンダードルーム「花筏」パウダールームバスアメニティはTAMANOHADAスキンケア類 男性用はポール・スチュアート、女性用は資生堂歯ブラシは天然豚毛フェイスタオルが1枚ずつ、バスタオルは2枚ずつ露天風呂の隣に置かれたデッキチェアとテーブルスタンダードルーム「花筏」テラスからの眺望スタンダードルーム「花筏」客室露天風呂スタンダードルーム「花筏」客室露天風呂大浴場への階段大浴場 手前が女湯、奥が男湯で翌朝に男女が入れ替わります大浴場(手前)の脱衣室 奥もほぼ同じです大浴場のアメニティ(女性用)大浴場にはタオルが用意されています脱衣カゴと鍵付きロッカー大浴場(手前)内湯大浴場(手前)内湯大浴場(手前)洗い場大浴場 バスアメニティ大浴場(手前)露天風呂大浴場(手前)露天風呂大浴場(手前)露天風呂大浴場(奥)内湯大浴場(奥)洗い場大浴場(奥)露天風呂大浴場(奥)露天風呂大浴場(奥)露天風呂大浴場前のお休み処(マッサージチェア)大浴場前のお休み処(ゆかり茶のサービス)個室のダイニング夕食のお品書き夕食夕食夕食夕食夕食夕食夕食夕食夕食夕食夕食夕食夕食バー朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食

強羅花扇 円かの杜周辺の旅館