ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

宿場に佇む1日2組の宿 海野宿 ふる里館の口コミ・宿泊記

1位

宿場に佇む1日2組の宿 海野宿 ふる里館

〒389-0518 長野県東御市本海野1013
1位/5件中 - 東御市の旅館
宿場に佇む1日2組の宿 海野宿 ふる里館
〒389-0518 長野県東御市本海野1013
TEL: 0268-75-5331
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.6 に投稿 獲得票数:7 投稿者: korousa
2017年9月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
素晴らしいホスピタリティとゆっくり過ごせる客室に癒される、宿場町の中の古民家宿

「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されている北国街道の宿場町「海野宿」の中にある宿です。地域活性化と観光振興を目指し、平成26年にオープンした施設とのことです。ゆっくり過ごせる宿との評判が気になり宿泊しました。以前こちらの系列宿を利用した際に、フレンドリーな接客が印象に残ったのも宿泊の決め手の一つでした。タクシーで宿に向かう予定でしたが、支配人の方の手が空いたとのことで、最寄り駅から送迎していただくことになりました。駅からは車で5分程度でしたが、道中では街の歴史をとてもテンポよく説明してくださいました。明るく丁寧な接客は期待通りで、思わず嬉しくなりました。

宿は滞在型交流スペース「うんのわ」の中にあります。「うんのわ」は、海野宿の民家の敷地内にある数棟の建物を、様々な用途にリノベーションした施設です。昭和4年築の母屋を利用した宿泊棟の他に、蔵を改装したお土産ショップ、明治時代の蚕倉の建物を改装したレストラン施設などから構成されています。宿泊棟は海野宿の街道側に面し、メゾネットの客室が2つあるのみで、2組限定で泊まることができます。お土産ショップやレストラン施設は、日中に宿泊者以外も利用できる形となっていました。

チェックインは宿泊棟の中の一室に作られた、4畳程度の共用ラウンジで行いました。こちらのロビーには和箪笥があり、浴衣や足袋、歯ブラシや石鹸、入浴剤などのアメニティを必要に応じて客室に持っていくことができます。入浴剤や浴衣、足袋は一つ一つ種類や柄が違い、選ぶ楽しさがあります。それ以外のアメニティもデンタルフロスや石鹸など、種類充実で、必要なものはほとんど揃っていたかと思います。ウエルカムティーなどはありませんでしたが、客室に豊富なお茶の用意があるので不満は感じませんでした。記帳が終わると、客室内を丁寧に説明をいただきました。

9月の土曜日に「胡桃」というメゾネット客室を予約し、2名1室2食付きで61,600円で宿泊しました。こちらには夕食の際のドリンク一人一杯分の料金と、チェックアウト時にいただけるソフトクリーム一人一個のサービスが含まれていました。予約した「胡桃」は、1階が10畳程度の和室、2階がツインベッドルームとバス・トイレの間取りとなっていました。

1階和室は街道に面していますが、窓際には植栽が植えられていてゆっくりと風情を楽しむことができます。サイドボードにはエスプレッソマシンがあり、カートリッジも飲みきれないほどの量が用意されていました。お茶や紅茶のカートリッジもあるので、コーヒーが苦手な方も利用できるかと思います。

この1階のお部屋は隣の客室と壁が面しているようで、もう一組の宿泊客の方の声がよく聞こえます。伝統的建築物の貴重な造りをそのまま生かさなければならないという制約があり、防音材は入れることができなかったそうです。普通の話し声でも少々響くので、防音性の問題からか、テレビは2階のお部屋のみの用意となっていました。

2階のベッドルームは屋根の梁がむき出しになった作りです。棟梁さんの名前がダイナミックに書かれた梁は、この地方独特のものだそうで、一見の価値がありました。応接セットも置かれ、宿場の風情を窓から眺めながらくつろぐことができます。冷蔵庫内のものは全て無料で、お土産品として有名な「胡桃の醍醐味」というチーズケーキや、地元の方手作りの大変美味しいおかき、品評会でお墨付きの地ビール等、地元のこだわりの品が揃えられています。チーズケーキをコーヒーとともにいただきましたが、最高の組み合わせでした。地ビールとおかきも大変良い相性で、よく考えられた品揃えだと思います。

お風呂は温泉ではありませんが、大変清潔で、大きめのバスタブでゆっくりと浸かることができます。バスピローやヒノキ玉、オーガニックのバスアメニティーや基礎化粧品も備えられていて、宿の心遣いを感じました。

夕食は18時の開始となります。宿の奥にあるレストラン棟、「Dining楽」でいただきました。2階建のレストランで、それぞれのグループが別々のフロアを貸し切ることができるので、他の宿泊客と顔を合わせることはほとんどありません。お料理は地元の素材を活かした、手作り感のある美味しいお料理がいただけます。

信州サーモンの3種類の前菜は、お酒のおつまみにぴったりでした。次に登場した、手打ち蕎麦は更科粉100%の喉越しの良いタイプで、角もきっちり立っており、お代わりしたくなるほど美味しかったです。イワナの塩焼きは三枚に卸されて、中骨は頭からいただけるほどパリパリの骨せんべいになっていました。身の部分もふかふかして、日本酒によく合いました。メインは豚肉、牛肉の薄切りを、焼き肉またはしゃぶしゃぶでいただける「焼きしゃぶ」でした。焼肉用の鉄板としゃぶしゃぶ鍋が一体になった料理器具を使って好みの食べ方でいただけるので、どんな方でも満足感があるかと思います。ご飯は揚げたての天ぷらと韃靼蕎麦茶飯、岩魚の出汁のお吸い物でした。天ぷらはお塩が添えられており、サクサクの食感を楽しめました。デザートの自家製あんみつは、甘さ控えめの餡子やアイスクリーム、フレッシュなフルーツの相性が絶品で、こちらもお代わりをいただきたいくらい美味しかったです。飲み物もお手軽な料金で、途中にはサービスで一口サイズの地酒も2品も登場し、地元の味を存分に楽しむことができました。

食後には線香花火のサービスがあり、食後の好きな時間帯に中庭で楽しむことができます。随分久しぶりに行う花火は、古き良き遊びを再発見する楽しさがありました。地元で作られている花火を一つ一つ丁寧に解説してから花火セットを渡してくださるのも、とても嬉しかったです。

朝7時からは支配人さんによる海野宿の散策ガイドがあります。20分程度ですが、歩調に合わせて街並みの様々なエピソードをテンポよく説明してくださいました。宿場の先端に来たところで支配人さんは先に帰られ、あとはゆっくりと自分達だけで散策して戻ります。解説を思い出しながら、ゆっくりと街並みを観察しながら歩くことになるので、人それぞれの発見があるかと思います。あまり観光地化されておらず、素晴らしい街並みが残されているこの地は、ただ歩くだけでも豊かな時間が過ごせました。

朝食は8時からで、夕食と同じレストランでいただきました。ワンプレートに鯵の一夜干し、生ハムやベーコンが隠れているサラダ、八重原米の焼きおにぎり等が並べられており、ワクワクするようなビジュアルです。途中には「ほうとう」も用意され、朝の眠い体が目覚めるような美味しさでした。焼きおにぎりが食べきれない場合は、ラップに包んでお弁当にしてくださるのも嬉しいサービスです。最後は抹茶茶碗に注がれた十分な量のコーヒーをいただき、満足感たっぷりの朝食の締めとなりました。

接客は主に宿の支配人の方と思われる若いご主人が行ってくだいました。食事の支度、昼間のレストランやカフェの利用客へのサービスなど、お一人で何役も兼任して働かれているのですが、送迎や、食事時間、散策ガイドなどの際に素晴らしいホスピタリティーで対応してくださいました。宿泊サービスの案内だけでなく、周辺地域についての解説や地元の食材の説明が非常にわかりやすく、一泊すれば誰もがこの地のファンになってしまうのではないかと思います。宿の主人としてだけでなく、地域の広報マンとしても素晴らしい方でした。

かなり少人数で運営されている宿ですので、スタッフにいろいろとお願い事をしたい旅にはあまり向いていないかもしれません。木造家屋ということもあり、音も少々響きやすいので、ご夫婦やカップルで、ゆったりくつろいで静かに過ごしたい方がメインターゲットかと思います。見事な街並みを今に残す海野宿の風情を1日かけて楽しみ、ゆっくりと古民家の客室で過ごすことができる、大変満足度の高い宿でした。是非また再訪したい宿です。

接客対応

送迎・食事の仕込み・街のガイドと1人で何役もこなしながら、素晴らしいホスピタリティで対応してくださいました。

清潔感

古民家の宿ですが、綺麗に改装されており、清掃状態もとても良好でした。

客室

古民家を生かしたメゾネットの造りになっています。1F和室、2Fがベッドルームになっており、広々と使うことができました。

食事

支配人の方が作られているようですが、地産地消にこだわったヘルシーで美味しい料理がいただけました。お蕎麦やあんみつはとても美味でした。

コスパ

宿泊費は一見高めに感じますが、冷蔵庫のドリンク無料でおやつも豊富、ダイニングのドリンクの価格もお手軽料金で、総合的には満足感がありました。

立地

海野宿の中に一軒だけある宿です。周辺環境の風情は非常に素晴らしく、宿場に暮らしているような気分が味わうことができます。

温泉・スパ 未評価

大浴場はなく、客室バスルームのみとなります。お湯は沸かし湯となります。

備考・アドバイス

宿泊だけでなく、昼間のレストラン営業を少人数で対応されているので、送迎はご主人の手が空く時間のみとなります。当日の予定にも左右されるかと思いますが、必要な方は相談してみてください。

海野宿のお店などは16~17時には閉店してしまうお店が多いです。あまり観光地化されてはいないのですが、街並みが大変素晴らしいので、ぜひ早めに到着し、チェックアウト後もゆっくりされることをおすすめします。

街道側エントランス土間のディスプレイ日帰り客への案内中庭中庭中庭ショップ宿・レストラン受付廊下ロビーロビー自由に選べるアメニティ自由に選べるアメニティ自由に選べるアメニティ自由に選べる備品自由に選べる備品自由に選べる備品客室「胡桃」1F和室客室「胡桃」1F和室客室「胡桃」1F和室客室「胡桃」1F和室客室「胡桃」1F和室客室「胡桃」1F和室客室「胡桃」1F和室客室「胡桃」1F和室 備品客室「胡桃」1F和室からの眺望客室「胡桃」1F和室客室「胡桃」1F和室 備品客室「胡桃」1F和室 備品客室「胡桃」1F和室 備品客室「胡桃」1F和室 備品客室「胡桃」1F和室 備品客室「胡桃」1F和室 備品客室「胡桃」1F和室 備品客室「胡桃」1F和室 備品客室「胡桃」階段客室「胡桃」2Fベッドルーム客室「胡桃」2Fトイレ客室「胡桃」2Fベッドルーム客室「胡桃」2Fベッドルーム客室「胡桃」2Fベッドルーム客室「胡桃」2Fベッドルーム客室「胡桃」2Fベッドルーム客室「胡桃」2Fベッドルーム客室「胡桃」2Fベッドルーム客室「胡桃」2Fベッドルーム 棟梁の銘客室「胡桃」2Fベッドルーム客室「胡桃」2Fベッドルーム 備品客室「胡桃」2Fベッドルーム 備品客室「胡桃」2Fベッドルーム 備品客室「胡桃」2Fベッドルーム 備品客室「胡桃」2Fベッドルーム客室「胡桃」2Fベッドルーム 眺望客室「胡桃」2Fベッドルーム 眺望客室「胡桃」2Fベッドルーム 眺望(中庭側)冷蔵庫内は全て無料です。コーヒーに合うチーズケーキとビールに合うおかき洗面所洗面所 備品洗面所 備品洗面所 備品洗面所 備品客室風呂客室風呂客室風呂客室風呂備品2Fからの眺望夜の外観夜の中庭レストラン入り口レストラン棟の土間食事処「Dining 楽」食事処「Dining 楽」食事処「Dining 楽」の梁夕食お品書き夕食:サーモンの前菜3品夕食:食前酒夕食:ひとくち十割そば ゴマだれ夕食:イワナの塩焼き夕食:サービスの一口日本酒夕食:信州米豚・信州牛の焼きしゃぶ夕食:信州米豚・信州牛の焼きしゃぶ夕食:ハーブ鷄の茶碗蒸し夕食:天麩羅、韃靼そば茶飯夕食:デザート夜の中庭花火の種類を丁寧に説明してくださいます。花火のサービス宿の裏手朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食(ほうとう)朝食食後のコーヒープランに付いていたソフトクリーム

宿場に佇む1日2組の宿 海野宿 ふる里館周辺の旅館