ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

鉄板ダイニング ゆとりろ熱海

〒413-0002 静岡県熱海市伊豆山1173-534
鉄板ダイニング ゆとりろ熱海
〒413-0002 静岡県熱海市伊豆山1173-534
TEL: 0570-055-666
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.2 に投稿 獲得票数:10 投稿者: たび金魚認証済
2018年11月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
相模湾を俯瞰する足湯や地料理を楽しむカジュアルな宿

宿は熱海駅から送迎車を利用して15分ほどの高台にあります。周辺は企業の福利厚生施設が多く、この宿も保養所だった建物を改装して2015年3月にオープンしました。11月の平日に2名2食付き20,000円(税サ込)+入湯税300円で宿泊しました。

宿に着くとスタッフが出迎えてくれました。小さな美術館を思わせる重厚な造りの玄関を入ると、スリッパに履き替えロビーに通されます。雰囲気のいいロビーにはゆったりとしたソファが置かれ、景色を楽しめるよう窓際のカウンターテーブルには足湯が設けられています。温泉ではありませんが、標高400メートルの高台にある窓から、1キロほど先の相模湾と、そこに浮かぶ初島が見えました。

ロビーのソファでウェルカムドリンクをいただきながらチェックインをしました。落ち着いた雰囲気の女性スタッフから館内の説明を受け、各自部屋へ向かいます。エレベーターホールには色浴衣が用意され、男女とも好きな柄を選んで持参します。

ゆとりろ熱海は、畳敷きの和室やベッドの置かれた和洋室、露天風呂付の和洋室など30室を擁する全室オーシャンビューの宿です。指定された部屋は3階の「和室ツインベット」タイプで、8畳+広縁と洗面、トイレがついた32平米の客室です。畳に合わせて襖やクローゼットは黒く、黄色い布団カバーや赤いソファの、目に鮮やかな和モダンの趣でした。これら色使いは部屋によって異なるようです。ベランダからは初島の浮かぶ海を一望できます。この日は天気が良く、わずかに伊豆大島の島影も見えました。

ベッドはシモンズで、やや硬めのマットが使われています。タオル類は1人2枚ずつ用意され、イタリア・カフィタリー社のカプセル式コーヒーマシンや女性に嬉しいナノケアスチーマーが置かれ、この価格帯の宿としては備品が充実していました。客室に化粧品類はありませんが、男女とも大浴場に揃っていました。

客室内は目につくところにホコリは見受けられませんが、ベットメイクされた布団に長い髪の毛が落ちていたり、電子蚊取りに薄っすらホコリが積もっていました。壁紙は3年前のリニューアル時に張り替えられていますが、クローゼットの扉は歪んで開け閉めしづらく、広縁の床やテーブル、建具の木枠などは年季が入っていました。廊下の声は聞こえますが、この日は宿泊客が少なかったせいか、気にはなりませんでした。残念だったのは、ロビーや客室の窓が薄っすらと汚れていたことです。景色を遮るほどではありませんが、眺望がウリの宿だけに、キレイにしていただきたかったです。

地下2階に男女別の大浴場があります。撮影禁止のため写真はありません。脱衣場のドライヤーは男女ともパナソニックで、女湯はエステロワイエの基礎化粧品類が置かれ、男湯にはポーラのガチのリキッド等がありました。他のアメニティ類は、女湯は綿棒とシャワーキャップのみで、男湯は綿棒だけと少なめです。シャンプー類は男女ともポーラで、エステロワイエと「ひととき」の2種類がありました。

お風呂場の造りは男女とも同じで、内風呂には十和田石の大きな湯船と丸いジャグジーがあり、露天風呂とこぢんまりとしたサウナも設けられています。温泉はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉で、さほど特徴はありません。加温循環、消毒されていますが、臭いはそれほど気になりませんでした。少し熱めの内風呂では、身体をじっくり温めながら、窓から庭の緑を眺めました。石造りの露天風呂は窪地に造られ、草木に囲まれています。ややぬるめのお湯は長く入っていられるので、緑で目を休めたり、青空を見上げたりと、のんびり浸かることができました。

ロビーの足湯はカフェも兼ねていて、夜は22時まで利用可能です。昼間は足湯に浸かりながら窓外の景色を楽しんだり、夜は読書をしたりと、ここで過ごすことが多かったです。また1階のアミューズメントコーナーには、卓球台とビリヤードが置かれ、24時まで予約不要で利用できました。

夕食はレストラン「響」でいただきます。テーブル席と窓際のカウンター席があり、運よく二人掛けのソファがあるカウンター席に案内されました。この時期は、日が落ちる時刻が早く窓からの景色は望めませんが、目の前の庭はささやかなライトアップがほどこされていました。料理はプランにあった「ゆとりろ御膳」で、大半の品はあらかじめテーブルに用意されていますが、ホワイトソースのポトフは熱々が運ばれました。ただ、食事の途中、食べ終えた皿がなかなか片づけられなかったことと、ご飯を終えてデザートが運ばれるまで間が空いてしまったことが気になりました。

先付はイタリアンソースのかかったサーモンのマリアージュで、トマト風味がきいて美味しかったです。お造りはお茶の葉を混ぜた餌を食べている茶葉鯛(ちゃっぱだい)と鰹でした。メインの豚ロースの陶板焼きは、野菜に火が通りづらくカボチャが半生でした。重ねられた豚肉もくっついてしまい食べづらかったですが、肉自体の量が多く味もよかったです。デザートのバニラアイス最中はガラスの器がキレイで目でも楽しめるひと品でした。全体的に驚きや意外性のある料理は少なかったですが、宿泊代金から考えると満足感がありました。

朝食も同じ場所でいただきます。ご飯は土鍋で炊かれ、目玉焼きは焼き加減を選べました。黒はんぺんや駿河湾でとれた釜揚げしらすなど、静岡の名物料理も並びます。鰆のたたきは、醤油をつけてもいただけますが、出汁をかけてお茶漬けにすると、薄味の汁と相まって、さっぱりとしてとても美味しかったです。

スタッフは控えめながらもカチッとした、丁寧な接客でした。客室は年季を感じる箇所もありますが、見晴らしのいい足湯をはじめ、コーヒーマシンや美容系の備品が用意され、リーズナブルな料金ながら満足度が高かったです。チェックアウトは11時ですが、熱海駅への送迎は12時まであるのもよかったです。日常を忘れて気分転換をしたい時や、宿でのんびり過ごしたいという方にはおすすめの宿だと思います。

接客対応

全体的に控えめな接客でした。フロントのスタッフはカチッとしていて丁寧で、レストランのスタッフもソフトな対応です。

清潔感

2015年のリニューアルオープン時に改装され、客室はキレイですが、特に広縁の床や建具などの木造部に傷などが目立ち、年季を感じる箇所もありました。

客室

色合いの華やかな和モダンの部屋で、窓から相模湾を望めます。カプセル式のコーヒーマシンやナノケアスチーマーが置かれ、タオルが1人2枚用意されていました。

食事

和洋折衷の夕食は独創性のある料理こそ少ないですが、美味しくいただきました。朝食は地元静岡の名物食材が使われ満足感がありました。

コスパ

客室の老朽化は気になりますが、大変手頃な価格ながら、料理や上品な接客、眺望などを考えると、コスパはいいと思います。

立地

熱海の駅からは車で15分の、標高400メートルほどの高台にあるため、1キロ先の海を望めます。周辺は静かな地区で、お店などはありません。

温泉・スパ

大浴場の温泉はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉でさほど特徴はなく、加温、循環、消毒されています。内風呂にはジャグジーとサウナがあり、露天風呂を併設しています。

備考・アドバイス

Wi-Fiはロビー、アミューズメントコーナー、レストランで利用できます。

カード払いが可能です。

客室アメニティは歯ブラシ、ヘアブラシ、カミソリ、コットンセットで、化粧品類はありません。

事前予約で熱海駅から送迎車を利用できます。

グループホテルが全国にあり、関東近県にある7箇所の宿でサービスカードに5回スタンプを貯めると、1泊分が無料になります。

鉄板ダイニング ゆとりろ熱海周辺のホテル・旅館