ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

夕日ヶ浦温泉 日本海を見下ろす絶景宿 佳松苑はなれ櫂

〒629-3245 京都府京丹後市網野町浜詰669
夕日ヶ浦温泉 日本海を見下ろす絶景宿 佳松苑はなれ櫂
〒629-3245 京都府京丹後市網野町浜詰669
TEL: 0772-74-9099
みんなの満足度
3.2 詳細評価
接客対応
3.3
清潔感
3.5
客室
3.2
食事
3.1
コスパ
2.9
立地
3.4
スパ・温泉
2.9
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
1
良い
2
普通
1
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
1
家族旅行
1
友人・知人
0
一人
2
全文表示簡易表示
1 - 4件目 / 合計 4件
3.0 2019年11月15日に投稿 投稿者: cmisfh認証済
2019年8月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
丹後半島にある夕日ヶ浦温泉は、大阪からのアクセスが良く、何度も訪れています。 古くからある舟の形の旅館「千松」を全面リニューアル、リノベーションしたとか、温泉露天風呂付和室(セミダブルベッド付 101号室)に宿泊することにしました。 夕日ヶ浦の名前に恥じない、本当に美しい夕陽の見られる海岸として有名で、「日本の夕陽百選」にも選ばれております。 浜詰海水浴場の「夕日の路」にはベンチが設置されており、海岸の散歩をしながらゆっく...

丹後半島にある夕日ヶ浦温泉は、大阪からのアクセスが良く、何度も訪れています。
古くからある舟の形の旅館「千松」を全面リニューアル、リノベーションしたとか、温泉露天風呂付和室(セミダブルベッド付 101号室)に宿泊することにしました。
 夕日ヶ浦の名前に恥じない、本当に美しい夕陽の見られる海岸として有名で、「日本の夕陽百選」にも選ばれております。
浜詰海水浴場の「夕日の路」にはベンチが設置されており、海岸の散歩をしながらゆっくりと過ごすことができます。
晴れておれば、砂浜が広く、どこからでも水平線に沈む夕日を眺めることができるお薦めの「夕陽の見どころポイント」が数ヶ所あります。
当日の夕方は、雲に覆われて夕日ヶ浦海岸の夕日、日鏡(ひかがみ、太陽で鏡のごとく輝く海)が見られず、残念でした。
 温泉の泉質は、しっとりつるつるの「美肌の湯」として知られる「アルカリ性単純泉」で、皮膚の角質を柔らかくする作用があり、肌がツルツルになり、柔らかな泉質で肌なじみも良く、気持ち良く浸かることができます。
大浴場の露天風呂から、果てしなく広がる日本海の地平線を見渡せます。
良い点および改善すべき点を、思いつくまま、若干の説明を加え、箇条書きとします。
1)食事
   全室個室の食事処にて用意されています。
  夕日を眺めながら食事が出来るものと考えていましたが、既存の建物をリォームしたという構造上の制約があるためでしょうが、快適とは言いがたい、窓の無い、閉鎖的な部屋となっており、客船の船底にある船室みたいな部屋に押し込められた感じがします。
  舟形の宿と称しており、客船の客室に喩えて述べると、「バルコニー付」とは言わないが、「インサイド」ではなく、少なくとも、「アウトサイド(外側の窓付き)」程度とすべきです。
  夕日ヶ浦海岸に沈む夕日を一望しながら夕食を食べられる食事処、最低でも、庭の景色を眺められるように、早急に、改装すべき点です。
  1500坪の敷地に15室とか、敷地が広いだけでは、宿泊者にとっては何の魅力もありません。
  他の宿泊施設に比較して、日本海を見下ろす高台にもかかわらず、海に面しているという優位な立地条件、ロケーションを上手く活かしきれていないのは惜しいことです。
  <夕食>
   概ね妥当な料理です。
   ・造里
    鬼海老:珍しく、美味しかったです。
    地魚二種:近海で獲れた鮮魚でしょうが、固いだけで、美味しくありません。
   ・煮物
     伊佐木煮付は、味付けが薄く、生臭く、我が家の好みではありません。
    飲み物代は、インクルードとなっておりますが、お酒の飲めない人、医者から飲酒を止められている者にとっては、余り、メリットはありませんが、お酒を飲む人にとっては、経済的では?
  <朝食>
   料理の質、品数共、満足のできる内容です。
2)客室
  <客室>
    日本海を一望できるオーシャンビューです。
   独立した和洋室となっておらず、宿泊料金を考慮した場合、狭過ぎます。
  <露天風呂>
   ・露天風呂付と称していますが、実際は、露天風呂ではありません。
     社会通念上、露天風呂とは、野外、屋外に設置された屋根、囲いを設けない風呂を意味します。
    又、屋内にある浴槽でも、浴槽の2面以上の壁が、床から天井までガラスであるか、開放できる窓である場合、半露天風呂と呼んでいます。
    窓を開けたら露天風呂気分にもなれるからという意味で、露天風呂と称しているのでしょうか?
    露天風呂は、浴室内に熱がこもることがなく、体および精神の両面において、内湯より利点があります。
    温泉と言えば、露天風呂でのリフレッシュを期待して訪れる人が多いと思います。
   ・温度の調節が面倒です。
     入浴温度には、大多数の人が好む「適温(42℃前後)」というものがあります。
    深夜、高温になっており、蛇口(水)が無く、温度調節ができず、シャワーを使い、水を入れております。
    宿側で温度調節する意思が無いのであれば、高温の温泉と水が出る二つの蛇口を付けて欲しいです。
    本来であるならば、加水率を低く抑える必要があり、余分な水を加えたくありません。
   ・何故、客室と同一レベルとしないのでしょうか?
     風呂へ行くためには、階段を降りなければなりません。
    最近、リニューアルしたとのことですが、段差が多すぎ、特に、高齢者にとっては、非常に、危険です。
    バリアフリーまでとは言わないが、可能な限り、段差を無くす努力をすべきです。
   ・トイレの使い勝手が悪いです。
     何故か、客室玄関でわざわざ履き物を履かないと行けません。
    「居抜き改装」かと、疑ってしまいます。
3)共同浴場
   お風呂上りに、湯上り処では無料のアイスキャンデーのサービスもあります。
  <大浴場>
    本物の温泉(源泉100%掛け流し)であれば、気にならないのですが、濾過・殺菌循環している場合、共同の内湯は、汚れていることが多く、レジオネラ属菌の問題もあり、衛生上の理由から、通常、利用することはありません。
  <露天風呂>
   ・海側(インフィニティ露天風呂?)
     感覚には個人差がありますが、露天風呂が不完全なインフィニティ風呂となっております。
    完全なインフィニティであれば、風呂が海・空とシームレスに繋がっており、ほぼ一体化しており、爽快感を感じることが出来ます。
    その為には、浴槽の縁にテーパーを付け、お湯をオーバーフローさせ、縁が無いように工夫しなければなりませんし、当館の場合、浴槽と海との間に視界を遮る物、庭、垣根、砂浜などがあり、基本的に無理があります。
    無限の開放感を期待したのですが、残念な結果となっております。
   ・庭側(庭園露天風呂)
     他からの目線を防ぐためか目隠しが設置されており、明るい時間帯の海、夕暮れの真紅に染まる海と一体感が無く、風呂に浸かりながらのサンセットが楽しめません。
    もっと、大自然と一体化した、開放的な露天風呂にすべきで、海岸線に近いという優位な立地条件を上手く活かしきれていないのは惜しいことです。
    大浴場・露天風呂として、「海側」と「庭側」があり、男女入替制となっていますが、基本的な設計は同じで、海側と同じ石製の浴槽の内側の一部(塀側)に岩を設置しているだけという中途半端な風呂となっており、浴槽を狭くしているだけであり、期待外れで、風呂全体を岩風呂とすべきです。
    男女入れ替えを考えるのであれば、何故、趣の異なる風呂としなかったのか、不思議です。
 細かい話ですが、部屋の冷蔵庫にあるドリンクは無料となっておりますし、共用ラウンジには無料のスナック(クッキー、チョコ等)やドリンク(コーヒー、紅茶、お茶、ココア、ウイスキー等)を用意されております。
ロービー横にカフェスペースがあり、ソファでゆったりとお茶を楽しむことができます。
出発の際、女将から、おにぎりを頂き、帰りの車の中で、食べましたが、大変美味しかったです。

接客対応

清潔感

客室

食事

コスパ

立地

温泉・スパ

5.0 2018年2月18日に投稿 投稿者: ちぬちぬ未認証
2017年12月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
この旅館の入口は和風で礼儀作法的な感じのかたさもありでもなぜか実家に帰ってきた時のような安心感がありました。入ると落ち着きのある香りと店員さんに出迎えられ すごく良い気分になりました。すぐに部屋に入りくつろいでいると本当に実家に帰った 気分になりました。 料理は非常に良かったです。味付けが私の好みでした。 個人的に魚料理が一番気にいりました。 仕事で忙しかったのでその疲れが抜けていくようにゆっくり寝てから旅館を でました。

この旅館の入口は和風で礼儀作法的な感じのかたさもありでもなぜか実家に帰ってきた時のような安心感がありました。入ると落ち着きのある香りと店員さんに出迎えられ
すごく良い気分になりました。すぐに部屋に入りくつろいでいると本当に実家に帰った
気分になりました。
料理は非常に良かったです。味付けが私の好みでした。
個人的に魚料理が一番気にいりました。
仕事で忙しかったのでその疲れが抜けていくようにゆっくり寝てから旅館を
でました。

接客対応

清潔感

客室

食事

コスパ

立地

温泉・スパ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.6 2017年10月27日に投稿 獲得票数:9 投稿者: 温泉猫認証済
2017年9月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
夕日ケ浦温泉にある2015年オープンの宿です。近くにはグループ宿の佳松苑もあります。夕日ケ浦木津駅から送迎をお願いしました。(所要時間約5分)チェックインはフロントで手続きをします。オールインクルーシブで夕食時の一部のプレミアム酒を除き、宿泊費以外は一切費用がかかりません。精算はチェックインのときにします。温泉宿で先に精算するのは珍しいですが、明朗会計ですし翌朝はチェックアウトギリギリまでお部屋で寛げてむしろ好都合でした...

夕日ケ浦温泉にある2015年オープンの宿です。近くにはグループ宿の佳松苑もあります。夕日ケ浦木津駅から送迎をお願いしました。(所要時間約5分)チェックインはフロントで手続きをします。オールインクルーシブで夕食時の一部のプレミアム酒を除き、宿泊費以外は一切費用がかかりません。精算はチェックインのときにします。温泉宿で先に精算するのは珍しいですが、明朗会計ですし翌朝はチェックアウトギリギリまでお部屋で寛げてむしろ好都合でした。フロントで館内の説明等を受け、精算後すぐにお部屋に案内していただきました。

お部屋は露天風呂付客室5室、海側特別室1室、海側客室5室、川側客室4室の全15室です。川側客室を予約して、1名1室27,000円(平日料金、夕朝食付)でした。案内されたお部屋は海側客室で、ご厚意でアップグレードして下さいました。3階建てでエレベーターは無く、階段移動となります。露天風呂付客室は1階、海側客室と川側客室は2階と3階にあります。

宿泊したお部屋は、和室10畳+広縁で和室にツインベッドがあります。高台にあって窓からは日本海の大海原を見渡せます。広縁には座り心地の良い椅子2脚が窓向きに置かれていて、椅子に座って目の前に広がる海の絶景を心行くまで堪能しました。この日はあいにくの天気でしたが、晴れていると海に沈む夕日も見られるそうです。

館内着は浴衣と作務衣があり、浴衣は男女共用のものが2着と女性用の花柄の色浴衣が1着ありました。更に館内には男女色浴衣が用意されていて好きな色柄のものも選べました。アメニティは一通り揃っていて、基礎化粧品はDHCのオリーブゴールドシリーズでした。持ち帰り可能なアメニティとして、ロクシタンのミニボトルのバスアメニティもありました。オールインクルーシブなので冷蔵庫の飲み物も無料で、ビール、チューハイ、ジュースなど全部で7本のドリンクが用意されていました。

オープンは2015年ですが、新築ではなく古い建物を改装しているようでした。ロビーは吹き抜けで天井が高く、ロビーや廊下などのスペースもゆったりとしていて重厚な造りでした。ウェルカムドリンクのサービスはありませんでしたが、カフェスペースでコーヒー、紅茶、緑茶などのドリンクをセルフサービスでいただくことができます。クッキーやチョコレートなどのお菓子も数種類用意されていました。時間限定ですが、オレンジジュースやウイスキーもいただけ飲み物や小菓子の種類も多く嬉しいサービスでした。他には図書室や中庭を望む休憩スペース、テラスもあり館内で寛げるスペースがいくつもありました。

大浴場は男女入替制で、利用時間は6時から24時までです。タオルやアメニティは脱衣所にあるので手ぶらで利用できます。大浴場は2カ所とも内湯のみでしたが、今年6月に露天風呂の新設工事をして夏に完成予定と発表がありました。露天風呂に入浴するのを楽しみにしてたのですが、まだ完成していませんでした。露天風呂自体はほぼ完成しているそうですが、温泉を通す配管関係に不具合があり、工事に時間がかかり完成の目途が立っていないそうです。露天風呂に入浴できないのは残念でしたが、内湯も窓が大きくとられていて海を眺めながら入浴ができます。温泉は循環ろ過と塩素消毒を行っていてお湯に特徴は感じられませんでしたが、日本海を一望する景色は魅力的で内湯のみでも開放感を感じました。露天風呂が完成すれば更に魅力的なお風呂になると思います。

無料の貸切風呂が1ヶ所あります。こちらは眺望はありませんが、定員3人程度の内湯で家族やカップルなどでプライベートな入浴ができます。

食事は1階にある個室の食事処でいただきました。夕食は海に近いこともあり、お造りや地鱈の蒸しものなど魚介を使った料理は特に鮮度もお味も良かったです。魚介料理の他にも木の子麺や焼き松茸、秋茄子など秋の味覚満載でした。中でも秋茄子茶巾は中に雲丹や海老が入っていてトロトロの茄子と餡が絡みとても美味しかったです。朝食は羽釜で炊いた地元の新米に熱々の出汁巻き玉子や牛のしぐれ煮などおかずの種類も多く美味しくいただけました。

スタッフの皆さんは笑顔で挨拶して下さり、チェックインやチェックアウトもスムーズに手続きが行われました。チェックアウトのとき麦茶とおむすびをいただき、心遣いが嬉しく思いました。

お部屋や大浴場からの日本海の大海原を一望できる絶景に癒されました。オールインクルーシブでドリンクサービスが充実していて館内の雰囲気も良く居心地の良い寛ぎの宿でした。

接客対応

皆さん笑顔で挨拶して下さり、気持ちの良い対応でした。

清潔感

古い建物を上手く生かした造りで掃除も概ね行き届いていました。

客室

海を一望できる眺めの良いお部屋で景色に癒されました。設備も整っていて快適に過ごせました。

食事

魚介の鮮度や美味しさはもちろんのこと、秋の味覚満載の内容で美味しくいただけました。

コスパ

オールインクルーシブでドリンク以外のサービスもあり、コスパは悪くないと思います。

立地

海を一望できる高台に立地しています。夕日ケ浦木津温泉駅より送迎があります。

温泉・スパ

温泉はあまり特徴が感じられませんでしたが、海を望むお風呂で景色が良かったです。露天風呂が完成すればより素晴らしいお風呂になると思います。

備考・アドバイス

Wi-Fiが利用できます。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 2016年12月31日に投稿 獲得票数:6 投稿者: waka認証済
2016年12月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
佳松苑グループのお宿「はなれ櫂」は、2015年11月にオープンした日本海を一望できる全15室からなる純和風な佇まいの旅館です。公式ホームページから予約し、カニ尽くし会席プランで、平日2名1室、1泊2食で78,060円(1人39,030円)でした。 駐車場まで女性の従業員の方がお出迎えに来て下さり、フロントへと案内して頂けました。オールインクルーシブで、チェックインの際に支払いも済ませます。夕食時や客室冷蔵庫のドリンク、ロビーにあるカフェなど...

佳松苑グループのお宿「はなれ櫂」は、2015年11月にオープンした日本海を一望できる全15室からなる純和風な佇まいの旅館です。公式ホームページから予約し、カニ尽くし会席プランで、平日2名1室、1泊2食で78,060円(1人39,030円)でした。

駐車場まで女性の従業員の方がお出迎えに来て下さり、フロントへと案内して頂けました。オールインクルーシブで、チェックインの際に支払いも済ませます。夕食時や客室冷蔵庫のドリンク、ロビーにあるカフェなどの料金も含まれますので、ワイン等高価な飲み物などをオーダーしない限り、追加料金は必要ありません。

ロビーは天井も高く、明るく清潔感のある空間になっています。改装前のものと思われる大きな梁はそのままに、和の中にも、家具や観葉植物はリゾート感を演出するようなものが置かれてあり、調和の取れた落ち着いた雰囲気です。またロビースペースのカフェでは15時から24時と翌朝6時から10時まで、クッキーやHERSHEY'Sのチョコレートと、コーヒーや紅茶などが頂けます。21時からはウイスキーも準備されているようです。セルフサービスなので気兼ねなく何度も利用することができ、とても寛げました。

客室は1階、オーシャンフロントの露天風呂付客室に宿泊しました。客室で、食事の時間や、客室設備について丁寧に説明をして下さいました。客室はさほど広くはありませんが、大きく取られた窓からは視界を遮る建物もなく日本海を眺めることができ、視覚的な開放感があります。天気が良ければ濡れ縁で、波の音を聞きながら海に沈む美しい夕陽を満喫できると思います。

濡れ縁の脇に露天風呂に続くアプローチがあります。客室露天風呂にも温泉が引かれています。循環ろ過式で、常に適温に保たれており足し湯の必要はありませんでした。浴槽も広くはありませんが、ガラス越しに海を眺めることもでき、閉塞感を感じることはありませんでした。ただ浴室自体は清潔でしたが、せっかくの海を眺められるガラスが汚れていたのは残念に感じました。ガラスの外側の汚れのようで海風の影響もあり汚れやすい環境にはありますが、宿泊客目線での行き届いた清掃がされていればさらに満足度も高かったように感じました。この他は、客室も含め、清掃面で気になる点はありませんでした。

アメニティは最低限必要なものが一通り、スキンケアやバスアメニティはDHCオリーブグリーンシリーズで揃えられています。浴衣のほかに作務衣やバスローブもあります。浴衣は糊がきいており、バスローブはとても柔らかく肌触りの良いものでした。

食事は、夕食、朝食ともに食事処で頂きます。カニ刺しは、個人的には冷水にくぐらせて花が咲いたようなプリッっとした食感が好みなのですが、トロッっとした柔らかい食感のむき身でした。甘みもあり、好みの合う方には満足できる一品だと思います。普段は食べにくさから敬遠しがちだった外子と内子は、セコガニの甲羅に食べやすく盛り付けされていました。タグ付きの松葉カニの蒸し物も美味しく頂きましたが、中でも特筆すべきは焼きガニです。目の前で焼いて下さり、表面を炙って中はレアな状態で出して頂けました。生でも食べられるほどの鮮度で、炙った香ばしさと、火を通すことで食感も生まれ、さらに甘みも増してカニの旨味が凝縮された一品でした。かにすき鍋の出汁を使って、かに雑炊か、かに茶漬けもお品書きにあったのですが、とても食べきれないことをお伝えすると夜食用におにぎりに変更して下さいました。お腹いっぱいカニを堪能したいという方にはうってつけの、かなりボリュームのある夕食でした。

朝食は、籠に彩り豊かな小鉢が可愛らしく盛り付けられていました。牛肉のしぐれ煮はしっかり味が染み込んで、ご飯が進みます。量はちょうど良く全体的にヘルシーで、バランスも良く、色々な種類を少しづつ食べたいという女性には嬉しい朝食だと思います。

大浴場は、男女入れ替え制で15時から24時までと、翌朝6時から9時まで利用出来ます。肌がしっとりとする美人の湯と呼ばれるアルカリ性単純温泉です。さらっとした無色無臭の温泉で、循環ろ過で加水加温されています。客室数から考えれば、ゆとりのある広さに感じました。充分な数のタオルとバスタオルが備えてありますので安心して何度も利用できます。大浴場のバスアメニティはPOLA「ひととき」で揃えられていました。また湯上りには、アイスキャンディーのサービスもあります。

絵本などが置かれたとても静かなライブラリースペースなどもあり、オールインクルーシブに含まれるサービスやハード面は満足度の高いものでした。今回、「はなれ櫂」を選んだ理由の一つに、以前、佳松苑グループの系列旅館に宿泊した際に申し分のない接客に満足したこともあったのですが、こちらのお宿は若い従業員の方が多く、まだオープン1年ということもあってか接客面では少し頼りない印象を受けました。

オーシャンビューの旅館はそれだけで、非日常感を演出してくれますが、食べきれないほどのカニ尽くし会席に、温泉と至福の時間を過ごすことが出来ました。

接客対応

お若い従業員の方が多く、少し頼りない印象を受けました。一所懸命、接客対応はして下さり悪い印象ではありませんが高級旅館のような所作は見受けられませんでした。

清潔感

改装オープンから1年ほどのため設備なども綺麗です。目に付きやすいところは丁寧に清掃されていましたが清掃の難しい場所は少し汚れが気になるところもありました。

客室

眺望もよく、寛げる客室です。洗面スペースが少し暗い印象を受けましたが、身支度を整える鏡やドライヤーは客室内の明るい場所に備えられていたので問題ありませんでした。

食事

食べやすく調理された鮮度の良いカニ尽くし会席で、中でも焼きガニは絶品でした。夕食はかなりボリュームのある内容になっています。

コスパ

納得の出来る価格設定に感じました。フリードリンクのため、食事の際にアルコールなどをたくさん飲まれる方にはお得感があるのではないでしょうか。

立地

夕日ヶ浦木津温泉駅から徒歩で約20分、送迎バスで約5分です。夕日ヶ浦温泉の中でも高台に位置しとても静かな場所です。近隣にはコンビニなどはありません。

温泉・スパ

美人の湯と呼ばれるアルカリ性単純温泉です。大浴場から海を眺められるところもあり、寛いで温泉を満喫出来ました。

備考・アドバイス

・今回利用したプランは、「【1周年記念★平日限定】カニ尽くし会席がお2人様で6000円引に◆タグ付地蟹会席」です。

・木造のため館内は禁煙で、中庭が喫煙スペースになっています。

・全室Wi-Fi利用完備です。

1 - 4件目 / 合計 4件

夕日ヶ浦温泉 日本海を見下ろす絶景宿 佳松苑はなれ櫂周辺のホテル・旅館