ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

うぐいす谷温泉 竹の葉

〒319-1541 茨城県北茨城市磯原町磯原2275
うぐいす谷温泉 竹の葉
〒319-1541 茨城県北茨城市磯原町磯原2275
TEL: 0293-42-2288
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.1 に投稿 獲得票数:5 投稿者: 湯桜認証済
2018年3月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
竹林と渓流に囲まれた、ノスタルジックな宿

北茨城温泉郷にある全11室のお宿です。以前大洗で食べた本場のあんこう鍋がすっかり気に入った母を連れて久しぶりの母娘の二人旅で利用しました。こちらのあんこう鍋はとても評判が良くて、あんこうでも肝に上質な脂が乗った「きあんこう」と呼ばれる種類をいただけるのが魅力です。3月いっぱいで終了するあんこう鍋の季節にギリギリ間に合っての訪問となりました。料金は2名1室2食付き、1人あたり15000円でした。

チェックインの15時に到着したところ、玄関先でのお出迎えはなく、宿の中へ入ってもラウンジの明かりが消えていたので少し不安になりました。

ラウンジはノスタルジックな雰囲気があり、ラウンジの一角にはライブラリースペースが備わります。蔵書は少ないですが、マッサージチェアが無料で利用できたり、珈琲と紅茶がフリーなので、何度か足を運んで寛ぎました。また大きな窓から渓流や眼鏡橋を見ることもでき、景色が良いです。

ラウンジでチェックインの手続きを終えると直ぐに客室まで案内していただきました。客室には山百合・紅葉・山茶花など花や樹の名前が付けられていて、客室のドア横にはそれぞれ客室名に因んだ押し花が額に飾られています。宿泊棟の廊下を通るたびに、額に飾られた様々な押し花を見ることができ、美術館巡りが好きな私にとっては移動が楽しくなるデザインでした。

客室は本館の和室「辛夷(こぶし)」に泊まりました。本館のパブリックスペースは経年劣化が気になる箇所がありましたが、客室は2015年にリニューアルされているので壁紙や畳はとても綺麗です。案内時に廊下に漂う古い建物独特の臭いが気になったので心配になりましたが、客室は嫌な臭いもせず居心地が良かったです。和室10畳程でコンパクトな造りのカップルや二人旅にお薦めのお部屋です。川に面していますが、中庭を挟むので客室から川は見えにくかったです。また一部建物が目の前を遮り、解放感はありませんでした。

館内着には浴衣の用意があります。バスタオルは薄手で肌触りもゴワゴワとしていてあまり質の良いものには感じられませんでした。スキンケア用品はオールインワンタイプです。苦手な方は大浴場の基礎化粧品セットを使うのも良いかと思いますが、客室によっては大浴場から離れている場合もあるので、持参すると便利です。

大浴場は新館を進んだ先にあるため、本館の客室からだと少し離れています。また本館と新館を繋ぐ渡り廊下が吹きさらしなので、寒い季節や雨風の強い日には移動が少し大変です。男女別に1箇所ずつあり、それぞれ内湯と露天風呂を完備しています。翌朝男女の入れ替えがありますが、どちらもデザインはそこまで変わりません。バスタオルは客室から持っていきます。脱衣場・浴室共に清潔感があり、内風呂は換気も十分でした。露天風呂からは渓流が眺められます。光が反射してキラキラ光る水面が木々の隙間から見え隠れしていてとても美しかったです。また竹林が生い茂る涼やかな風景は暑い季節にぴったりだと思いました。温泉は塩素の臭いがかなりきついので泉質に拘りたい方には合わないかと思います。

大浴場の他に家族風呂が1箇所あります。今回利用はしませんでしたが、浴槽は2〜3人ならば足を伸ばして寛げる大きさでした。脱衣スペースにベビーベッドの用意もあり、小さなお子様連れにもお薦めです。

大浴場・家族風呂前のお休み処に自動販売機・冷水機・製氷機が完備しています。無料でマッサージチェアが使えて、湯上がり後には中々居心地の良い空間でした。氷を客室に持ち帰れるように製氷機の横に袋が用意されています。

敷地が広くて散策するのが楽しかったです。敷地内の一角にある池では鯉が泳いでいます。あまり手入れがなされていないようで、近くに寄ると池の臭いが少し気になりました。また歩道が整備されていない箇所も多く、用意されているサンダルだと足元が不安定で歩きにくかったです。

食事は夕朝共に部屋食です。夕食に出たあんこう鍋の匂いが換気扇を回しても暫くは強く残り、部屋に食事の匂いが付くことを嫌う方には不向きだと思いました。空気清浄機などを置く工夫がほしかったです。

夕食はあんこう鍋以外の料理がお膳でまとめて提供されます。一つのお膳に盛り付けられているので、そこまでボリュームがないように見えましたが、実際食べてみるとかなりのボリュームで、完食するのが難しかったです。ソイの煮付けは大きめなサイズのものを1人一匹いただけ、濃いめの味付けはご飯が欲しくなります。名物のあんこう鍋は上質な肝がたっぷりと溶けだした濃厚なスープが絶品です。2人前とは思えない程のボリュームでしたが、あんこうの旨味がたっぷり出た出汁で作る雑炊が格別で、ついつい食べすぎてしまいました。お造りの鮮度も良かったです。生の海鮮が苦手な母にはお造りをボイル蟹に、貝の酢の物を雲丹焼きに変更していただきました。特にこの雲丹焼きは風味が良くて絶品だったようです。

朝食は和食膳です。朝から新鮮な鰤のしゃぶしゃぶが食べられるのが嬉しかったです。鰤のお造りが好きな私はそのまま醤油で食べましたが、臭みが全くなく、脂の乗った美味しい鰤でした。鯵の干物は少し冷めていましたが、身が柔らかく巧い焼き方でした。

スタッフと接する機会は食事と布団を敷いてもらう時くらいでしたが、作業が早くて手際が良いです。苦手食材に関しては細かく対応してくださり、事前の連絡事項も丁寧なやり取りをしてくださったのは嬉しかったです。

木々に包まれるようにして佇む自然豊かなロケーションです。パブリックスペースは古い建物の臭いがかなり気になってしまいましたが、料理がどれもとても美味しく、料理自慢の宿だと思いました。日帰りの宴会にも利用される宿で夕食時には少し騒がしくなりますが、客室まで声が届くことはないので静かに過ごすことができました。

接客対応

手際はとても良いですが、口数は少ないように感じました。もう少し丁寧に料理の説明をしてほしかったです。

清潔感

パブリックスペースは老朽化が気になる箇所が多いですが、客室はリニューアルされているので、壁紙や畳が綺麗でした。

客室

コンパクトな造りなので、カップルや二人旅にお薦めです。中庭から客室の様子が見えてしまうのが気になりました。

食事

全体的にかなりのボリュームです。あんこう鍋が絶品で、その他海鮮料理も新鮮で美味しかったです。

コスパ

料理を重視している私たちにとっては、食材の豪華さを考えるとコストパフォーマンスに優れていると感じました。

立地

竹林と渓流に囲まれた、自然豊かで静かなロケーションです。

温泉・スパ

温泉は塩素の臭いがします。しかし涼やかな竹林と渓流を眺めながらの入浴は気持ちが良かったです。

備考・アドバイス

館内にエレベーターはありません。客室は全て2階にあります。また大浴場へ行くには短い階段の上り下りがあるので、その点を踏まえて宿選びをなさると良いです。

うぐいす谷温泉 竹の葉周辺のホテル・旅館