ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

別邸 翠風荘 慶山の口コミ・宿泊記

1位

別邸 翠風荘 慶山

〒311-3505 茨城県行方市浜字箱根2796-1
1位/3件中 - 行方市の旅館
別邸 翠風荘 慶山
〒311-3505 茨城県行方市浜字箱根2796-1
TEL: 0299-57-3838
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.7 に投稿 獲得票数:8 投稿者: あねもね
2017年8月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
霞ヶ浦の畔に佇み、美しい庭園を愛でながら過ごせる6室だけの隠れ家旅館

8月下旬の金曜に訪問しました。こちらの宿はオープンして1年ほどになる、全6室の温泉旅館です。今回は、専用露天風呂を備えたメゾネットタイプのお部屋を利用しました。2名1泊二食付で54000円の宿泊料金でした。

霞ヶ浦の畔に佇むお宿は、大変景観の良い立地です。周囲に田畑が広がる中、高い岩壁に囲まれた建物の姿は、要塞のような印象を受けました。チェックイン時間を5分ほど過ぎた頃に到着しましたが、出迎えの様子はありませんでした。自分達で車から荷物をおろしている最中に、料理人らしきスタッフさんが近くを横切りましたが、特に挨拶もなかったのが残念です。

エントランスを入ると吹抜けになった開放的なロビーがあり、太い柱に重厚感が感じられます。女性スタッフさんが笑顔で迎えてくださり、ホッとしました。ロビーはガラス張りで、庭園をぐるりと見渡せます。以前は個人の別荘だったそうですが、滝の流れる池や四季の草木を配した日本庭園に、並々ならぬこだわりを感じました。お庭は自由に散策する事も出来ます。

ロビーで簡単な記帳を済ませると、すぐにお部屋へ案内されます。ウェルカム茶などはなく、お部屋にお菓子もなかったのが個人的には寂しく感じました。案内してくださった年配の男性スタッフさんは、のんびりした口調で必要最低限の説明をしてくださいます。どのスタッフさんも、どこか間延びしたような様子が感じられました。私達は気になりませんでしたが、高級感のある施設と接客のギャップを感じる方もいらっしゃるかもしれません。

案内されたのは、3室あるメゾネットタイプの「霞」というお部屋です。2階はツインベッドのある洋室で、1階は池を望む和室に露天風呂を備えています。1階と2階で大きく雰囲気が異なるのが面白く感じました。階段の幅が狭く、和室から露天風呂へ繋がる箇所に急な段差もありますので、足腰に不安のある方は注意が必要です。また、ガラスの引き戸が重く、女性の力では開閉に苦労するかもしれません。

洋室は広くはありませんが、天井が高く開放感がありました。和室もこぢんまりしていますが、2方向に足元までのガラス窓があり、間近に池を望む景観に非日常を感じられます。和室の隣には新設されたばかりの露天風呂があり、いつでも温泉を楽しめるのは嬉しい事でした。ただ、時折お庭をスタッフさんが横切る事がありましたので、脱衣の際はロールカーテンを下しておくと宜しいかと思います。

和室にある冷蔵庫の他に、ベッドサイドにも小さな冷蔵庫を備えており、合計1人4本のミネラルウォーターが用意されています。湯浴みを繰り返して、喉が乾いていたので助かりました。館内で色浴衣を選ぶ事ができ、サイズも豊富ですが、足袋の用意はありません。アメニティは不足なく揃っており、基礎コスメは大浴場にのみ置かれていました。大小タオルは1人1枚ずつですが、大浴場に持参する必要はないので困る事はありませんでした。

「露天岩風呂」と「展望風呂」の2つの浴場があり、夜通し利用できます。男女の入替を2度(20時と翌朝7時)行っています。入替の際、男女の暖簾のかけ替えがされていない事があり、少々混乱する場面もありましたのでご注意ください。

「露天岩風呂」は露天風呂ではありますが、庭や通路の隣にあるため、塀に囲まれています。桶風呂と岩風呂があり、昼間でも暗めで落ち着いた雰囲気でした。もう一つの「展望風呂」は2階にあり、八角形の浴槽からは霞ヶ浦を一望できる爽快な眺望です。こちらは洗い場も広く、サウナや水風呂も備えていました。「展望風呂」の女性の利用時間が夜のみなのが残念ですが、浴場の一部が外から見える可能性があるようでしたので、仕方ありません。源泉温度が17℃と低いため、加温しています。メタケイ酸を豊富に含んだ温泉はなめらかな肌触りで、湯上りの肌がしっとりしていました。茨城に温泉のイメージがなく、あまり期待していませんでしたが、思いのほか良いお湯でしたので、何度も湯浴みを楽しみました。

食事は朝夕ともに大広間のテーブル席でいただきます。贅を凝らした造りの大広間は、両サイドに庭園があり、大変開放的でした。夕食が開始された18時はちょうど日没時間でしたので、石庭越しに霞ヶ浦に沈む夕陽を眺める事ができました。席の間に仕切りがないためプライベート感はありませんが、徐々に暮れ行く庭園の様子を眺めながらの食事は、とても贅沢な時間でした。

「鯉の洗い」から始まる夕食は、地の魚介をふんだんに使った懐石料理です。お椀や焼物など、塩気を強く感じるものもありましたが、総じて美味しくいただけました。新鮮なお造りや鯖寿司など、魚尽くしの献立の最後に「常陸牛のしゃぶしゃぶ」が出され、健啖な夫も満足できる内容でした。ボトルワインは赤白1銘柄のみの用意でした。個人的にはドリンクメニューの更なる充実を望みます。

朝食は9品の小さなおかずに、生ハムサラダや厚焼き玉子などボリュームのある内容です。甘く味付けた厚焼き玉子がふっくらとして美味しく、印象に残りました。

まだ新しいお宿ですので、接客面などに改善の余地を感じましたが、日頃の雑事を忘れさせてくれる非日常感のあるお宿です。霞ヶ浦の雄大な景色を眺められ、思いがけず良質な温泉で湯浴み三昧の滞在になりました。お庭が色付く紅葉の季節などに、また伺いたいと思います。

接客対応

重厚感のある施設の雰囲気と、少しギャップを感じるようなのんびりとした接客対応でした。アットホームとも言えますが一般的な旅館の接客とは少し異なるかもしれません。

清潔感

旧施設の名残を感じる部分も見受けられます。浴場や共有スペースの清掃は行き届いており、広いお庭も美しく保たれていました。

客室

露天風呂付きメゾネットのお部屋は1階に池を望む和室、2階にベッドルームを備えています。高さのある天井や調度品に高級感が感じられました。

食事

大広間のテーブル席で地元食材を使った懐石料理をいただけます。塩気が強く感じられる物もありましたが、全体的には美味しく、満足できる内容でした。

コスパ

立地

霞ヶ浦の畔にあり、周囲には田畑が広がる静かな環境です。天候が良ければ、美しい夕陽を眺める事ができます。

温泉・スパ

岩の露天風呂と眺望の良い展望風呂を備えた大浴場があり、夜通し利用できます。メタケイ酸を含んだ温泉はマイルドで、すべすべとした触り心地でした。

備考・アドバイス

・お部屋でWi−Fiの利用が可能です。快適に使用できました。

・周囲に店舗はなく、最も近いコンビニまで車で5分ほどかかります。

・ゴルフ等で早い時間の朝食を希望の方は、前日までの連絡で対応可能のようです。

・夏の時期は虫が多く見られます。居室には蚊取り機能付空気清浄機を備えていますが、虫の侵入は防ぎきれないようでした。苦手な方は季節を考慮されると宜しいかと思います。

ロビーロビーロビーフロントロビーからの眺望選べる色浴衣エレベーター客室フロア専用露天風呂付きメゾネット「霞」専用露天風呂付きメゾネット「霞」専用露天風呂付きメゾネット「霞」専用露天風呂付きメゾネット「霞」専用露天風呂付きメゾネット「霞」専用露天風呂付きメゾネット「霞」専用露天風呂付きメゾネット「霞」電気ケトル・コーヒー・お茶などベッドサイドにミニ冷蔵庫専用露天風呂付きメゾネット「霞」専用露天風呂付きメゾネット「霞」客室からの眺望客室からの眺望専用露天風呂付きメゾネット「霞」専用露天風呂付きメゾネット「霞」専用露天風呂付きメゾネット「霞」専用露天風呂付きメゾネット「霞」専用露天風呂付きメゾネット「霞」ドルチェグスト・お茶など専用露天風呂付きメゾネット「霞」専用露天風呂付きメゾネット「霞」専用露天風呂付きメゾネット「霞」客室からの眺望蚊取り機能付き空気清浄機専用露天風呂付きメゾネット「霞」専用露天風呂付きメゾネット「霞」専用露天風呂付きメゾネット「霞」大浴場入口脱衣所大浴場・露天岩風呂大浴場大浴場大浴場・露天岩風呂大浴場・脱衣所大浴場・脱衣所大浴場・脱衣所大浴場大浴場シャンプーバー大浴場サウナ水風呂大浴場・展望風呂大浴場・展望風呂大広間大広間からの眺望夕食・お品書きドリンクメニュー別注のボトルワイン鯉の洗い枝豆豆腐・水蛸・焼き蛤・しめじ酒盗和え・鮎甘露煮鱧・松茸鮪・平目・帆立鯖寿司鯛・めかぶ素麺の栗真丈鰊と丸茄子炊き合わせ無花果の天ぷら鯛のマリネ常陸牛のしゃぶしゃぶごはん・なめこ汁香の物メロン・巨峰朝食朝食