ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

ふたりとわに 縁(えん)の口コミ情報・宿泊予約

8位

ふたりとわに 縁(えん)

〒410-3304 静岡県伊豆市小下田1341-4
8位/92件中 - 伊豆・修善寺の旅館
ふたりとわに 縁(えん)
〒410-3304 静岡県伊豆市小下田1341-4
TEL: 0558-98-1692
みんなの満足度
3.7 詳細評価
接客対応
3.5
清潔感
4.2
客室
3.8
食事
3.7
コスパ
3.2
立地
3.5
スパ・温泉
3.3
日付を選択して主要な旅行サイトの最安値を比較
から 1泊 1泊 2泊 3泊 4泊 5泊 6泊 7泊 8泊 9泊 10泊 11泊 12泊 13泊 14泊 大人2名
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児(寝具のみ)
幼児(寝具・食事なし)
設定
子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。その他の予約サイトにつきましては直接ご確認ください。
解除
空室・最安値を検索
じゃらん一休.comJTBるるぶトラベル楽天トラベル
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
0
良い
2
普通
0
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
2
家族旅行
0
友人・知人
0
一人
0
全文表示簡易表示
1 - 2件目 / 合計 2件
この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 2017年11月9日に投稿 獲得票数:5 投稿者: kitty
2017年11月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
2017年1月にグランドオープンした宿です。11月の上旬、日曜日に宿泊しました。大人2名、部屋タイプD(103平米)の一番広い客室で12万円でした。 全10室、全ての客室に専用露天風呂付きのテラスがあり、富士山や海の景色を眺められるようになっています。それぞれ離れになっているので、プライベートはしっかりと守られていました。客室は全て2部屋ずつ、AからEタイプまであります。Dタイプのみバリアフリーの造りで、フロントや食事処から一番近い客室...

2017年1月にグランドオープンした宿です。11月の上旬、日曜日に宿泊しました。大人2名、部屋タイプD(103平米)の一番広い客室で12万円でした。

全10室、全ての客室に専用露天風呂付きのテラスがあり、富士山や海の景色を眺められるようになっています。それぞれ離れになっているので、プライベートはしっかりと守られていました。客室は全て2部屋ずつ、AからEタイプまであります。Dタイプのみバリアフリーの造りで、フロントや食事処から一番近い客室でした。AからDタイプの客室は外廊下で繋がっており、内装や広さに違いはありますが、客室テラスからの景色は左程変わらないと思いました。Eタイプの客室は階段を使用する必要があるのと、他の客室と比べると低層階に位置しているので、眺めは少し劣るかもしれません。

チェックイン時間を17時頃と事前に連絡を入れたままでしたが、少し早い16時過ぎに到着してしまいました。ですが、車が着くと同時にすぐに出迎えて下さいました。荷物は全て係の方が運んで下さいます。チェックインの手続きはフロントにて、抹茶と自家製ロールケーキを頂きながら行いました。客室にもウェルカムドリンクとしてフレッシュオレンジジュースが用意されていました。

私達が今回宿泊したのは、バリアフリーの客室Dでした。ですが、バリアフリーといっても完全ではありません。トイレはとても広く、車椅子でも移動できるくらいでしたが、手すりは壁に1か所だけしか設置されていない為、安全とは言えません。また、浴槽に関しては一切手すりなどがなく、洗い場の椅子も低いですし、浴槽は段差がありました。ほんの少し足が不自由な方であれば問題はないかもしれませんが、想像していたバリアフリーとはかけ離れていました。

和モダンの客室は、リビングとベッドルームが2間続きとなっていますが、それぞれがとても広いのでプライベート感が保たれています。リビングは床張りになっており、大きなソファーが設置されています。ベッドルームの延長線、リビングの後ろは和の畳風になっており、テーブルやクッションも用意されているので、地べたでも寛げるのが良かったです。客室は全て床暖房になっているので、朝晩の冷える時間帯でも快適に過ごせました。畳やベッドに寝転んで天井を見上げると、ピンクと赤の大きな花が照明の一部として飾られていたり、玄関やリビングなどいたるところに造花や生け花が飾られていたりと、とても華やかな雰囲気でした。ですが、畳の質や天井の造花などは少し下品さもあり、宿泊代に対して安っぽく見えてしまう部分もあったのが残念でした。

どの客室でも浴室の造りはほぼ同じです。広さは若干変わりますが、扉を開けると半露天風呂になり、浴槽は丸いタイプでした。ヒノキの浴槽は大人が2人で入っても余裕があります。直前に消毒をされたのか、到着日は塩素の匂いをきつく感じたのが非常に残念でした。また、テラスと同じ木を洗い場でも使用されているのですが、洗い場の下に排水溝がなく、洗った泡がいつまでも残っていたり、浴槽近くまで流れてしまったりするのがとても気になりました。大浴場はありませんが、いつでも客室内で温泉を楽しめるのは良かったです。

アメニティは、必要な物は全て揃えられていました。基礎化粧品やバスアメニティは「オムニサンス」でした。洗面所はとても広いのですが、洗面台は1つしかないので、少し使いにくかったです。また、タオルは2枚用意されていましたが、どこにもタオル掛けがなく不便でした。バスローブを掛けるハンガーは浴室内に設置されていましたが、長時間掛けたままでいると湿気で湿ってしまいました。

館内着としても使用可能な、浴衣と作務衣が男女それぞれ1枚ずつ用意されていました。女性のみ浴衣の柄を選べますが、種類はとても少なかったです。また、選んだ1枚以外は全て片付けられてしまうのも残念でした。バスローブもありますが、パジャマはありませんでした。

冷蔵庫と冷凍庫はそれぞれ別に設置されていました。冷蔵庫の中には有料の瓶ビールとお茶しか入っていません。
ジュースなどは外廊下の自動販売機で売られていました。常温のミネラルウォーター2本、コーヒーメーカーのカプセルは4つ、お茶パックは無料で用意されていました。

食事は、朝夕共に食事処の「結」にて頂きました。夕食の時間帯は幅が広く、18時から21時の間で選択が可能でしたが、到着時間がよほど遅くない場合は、19時30分頃までの開始を勧められました。朝食は、8時から9時までの間でした。食事処や、その前にあるテラスからは天気の良い日は富士山を眺められます。当日は残念ながら天気が悪くて見えませんでしたが、食事処は解放感がありました。ですが、個室ではなく簾のようなもので区切られているだけなので、座る場所によっては丸見えでした。

夕食は、伊豆の新鮮な魚介や無農園野菜を使用した創作懐石料理でした。出汁にもこだわっておられ、「おだし香紡」の鰹削りを使った大根とフォアグラのスープは、他では味わったことのない組み合わせではありましたが、とても美味しかったです。地魚の盛り合わせは、魚のお頭と刺身が違って盛り付けられている物もあり、見た目の華やかさ重視で少し残念な盛り付けではありましたが、刺身は新鮮な物ばかりで味は良かったです。その他、牛肉と海鮮から選べる鍋、和牛の鉄板焼き、伊勢海老の出し汁を使って使った雑炊などボリューム満点で、盛り付けも良かったので、目でも舌でも楽しめました。

朝食は、夕食の際に見本の写真を見ることが出来、洋食と和食のどちらか好きな方を選択できます。それぞれ別の料理を選択することも可能でしたので、私達は両方を選択しました。洋食は、残念ながらどこの宿でも出されそうな定番の味でしたが、サラダやフルーツ、自家製のパンは4種類もあり、内容は充実していました。和食は全体的に薄味ながらもひじきの土鍋ご飯や焼き魚、出汁巻き卵など体に優しい内容でした。感想としましては、夕食のクオリティが高かっただけに、朝食では宿のオリジナル性を感じられなかったのが物足りなかったです。

ロビーの前には「星にねがいをてらす」があり、360度の景色を楽しめます。当日は少し曇っていたので、見える星の数は少なかったですが、景色を楽しむ場所としてはとても解放感があり、広々としていて良かったです。

スタッフは、男性が多かったです。皆さんとても優しそうな雰囲気で、一生懸命もてなそうとして下さる姿がとても伝わってきました。食事の時間帯以外は、誰とも会わずに客室にてゆったりと過ごせるので、プライベートな時間を楽しみたい方にはとてもお勧めの宿でした。

接客対応

丁寧に接客をしようという姿勢は見られるのですが、少し気の利かない部分も感じられました。

清潔感

オープンしてまだ1年くらいなので、どの場所もとても綺麗でした。

客室

客室Dはバリアフリーでした。階段もなく、フロントやレストランにも一番近くて便利です。

食事

出汁にこだわったり、他ではない食材の組み合わせの料理を堪能出来ました。

コスパ

客室に対してのみで考えますと少し割高に感じてしまいました。

立地

晴れた日は客室や館内どこの場所からでも富士山を眺められます。

温泉・スパ

少し塩素の匂いが気になりましたが、浴槽は大きくてゆったりと入浴出来ました。

備考・アドバイス

自動販売機や洗濯機は外廊下に設置されていました。

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.2 2016年12月20日に投稿 獲得票数:10 投稿者: colline
2016年12月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
「ふたりとわに 縁」は、2016年10月に西伊豆にプレオープンした全10室の宿です。新しい宿なのでカーナビで検索できませんでしたが、土肥温泉の中心地から136号線を暫く南下した所に宿の看板が出ていたので迷うことはなかったです。12月の平日に「プレオープン記念プラン」を利用し、2名1泊2食付き1人当たり39,600円で宿泊しました。 宿の駐車場に車をとめると、すぐにスタッフがやってきて荷物を持って中に案内してくださいました。スタイリッシュでシ...

「ふたりとわに 縁」は、2016年10月に西伊豆にプレオープンした全10室の宿です。新しい宿なのでカーナビで検索できませんでしたが、土肥温泉の中心地から136号線を暫く南下した所に宿の看板が出ていたので迷うことはなかったです。12月の平日に「プレオープン記念プラン」を利用し、2名1泊2食付き1人当たり39,600円で宿泊しました。

宿の駐車場に車をとめると、すぐにスタッフがやってきて荷物を持って中に案内してくださいました。スタイリッシュでシックな雰囲気のロビーは胡蝶蘭などの花が彩りを添えています。チェックインの手続きをした後に抹茶と自家製ロールケーキをゆっくりといただきました。苦手な食材の確認の際に、事前に伝えていたもの以外にもないか訊いてくださり、細やかな気遣いを感じました。

客室は全室温泉露天風呂付きの離れで、広さと趣の異なるA~Eタイプがあります。Eタイプは1階下がった所にあり、階段を使うことになるので足腰に自信のない方は他のタイプの部屋を選択した方がよいかもしれません。A~Dタイプは海に面して一列に並んでいて、外廊下で繋がっています。ロビーとお食事処のある建物から一番離れているのがAタイプで、一番近いのがDタイプです。冬場の外廊下は寒いので、移動を少なくしたい方はDタイプを選択するとよいかもいしれません。

宿泊したのはAタイプ「赤い糸」です。ピンクを基調とした和モダンの部屋で、リビングとベッドルームが二間続きになっています。一番狭いタイプですが、2人で過ごすには十分な広さでした。生け花や豪華な造花のアレンジメントが飾られ、シンプルながらも華やかさがあります。リビングはソファーの座り心地がよく、床暖房も入っていて快適でした。ベッドはシモンズ製のセミダブルサイズで、硬さも程よく寝心地が良かったです。広いテラスからは駿河湾と富士山が望めます。電線が少々気になりましたが、雄大な富士山は素晴らしく見飽きることがありませんでした。

室内着はバスローブと浴衣(女性は色浴衣が選べました)、作務衣が1人1枚用意されていました。作務衣と浴衣はお食事処にも着て行けます。アメニティは一通り揃っていました。基礎化粧品とバスアメニティは「オムニサンス」のミニチューブタイプのものが1セットしか用意されていませんでしたが、足りない場合は追加してもらえるので困ることはないと思います。タオルは、今治タオルのフェイスタオルとバスタオルが1人2枚あり、吸水性の良いものでした。お茶はティーバッグのものが用意されていましたが、静岡はお茶の名産地なのでお茶っ葉が欲しかったです。

洗面所は爽やかで清潔感があり、広く使いやすかったです。ただ、タオル掛けがないのが不便でした。風呂は、2面の窓を閉めると内風呂になり、開けると半露天風呂になります。完全な露天風呂ではありませんが、窓を開けると思った以上に開放感があり気持ちのよいものでした。檜の湯船は2人で入っても余裕があるくらい広く、内側にステップがあるので半身浴も楽しめます。刻々と変化する富士山を眺めながらゆったり浸かる温泉は格別でした。特に朝方の富士山は表情が豊かなのでおすすめです。

食事は朝、夕共にお食事処「結」でいただきます。時間は夕食が18時から21時、朝食が8時から9時の間で好きな時間を決められました。時間に関しては柔軟に対応してくれるようでした。華やかなフラワーアレンジメントがひと際目を引くダイニングは、テーブルとテーブルの間に簾のようなものが掛けられており、プライベートに配慮されていました。当日は、私達を含めて3組の宿泊客しかいなかったので周りは気になりませんでしたが、満室の場合は隣の席の会話などが気になると思います。

夕食は厳選した食材を使った創作懐石料理で、盛り付けも綺麗で美味しいものばかりでした。前菜の無農薬野菜は彩りも良く、瑞々しく甘みがあります。地魚のお造りのユメカサゴは初めてでしたが、新鮮で癖がなくさっぱりといただけました。三島の「おだし香紡」の鰹削りを使った大根とフォアグラのスープは味わい深く、黒コショウが良いアクセントになっていました。フォアグラは臭みもなく、鰹出汁と相性があって美味しかったです。三ケ日牛の鉄板焼きはサーロインですが、重たくなくジューシーで柔らかかったです。食材から器まで拘りがあり料理人の意気込みを感じました。夜食に届けてくださったおにぎりとお吸い物も美味しく最後まで手抜きがありません。

朝食は洋食と和食から選択でき、私たちは和食にしました。伊豆の鶏の卵を使った出汁巻き卵や、ひじきの土鍋炊き込みご飯、サヨリの刺身など、拘りの食材を使った食事は薄味で健康的でした。飲み物は牛乳、野菜ジュース、オレンジジュースから選べて、お代わりもできます。主人が和食を希望したので和食にしましたが、私は洋食の自家製パンを食べてみたかったので別々に頼めるとよかったです。

お食事処の前には「結てらす」があり、椅子に座ってゆったりと駿河湾と富士山を眺めることができます。塀がないので部屋よりも視界が開けていて、夜は対岸の街の灯が綺麗でした。また、ロビーの前には「星にねがいをてらす」があり、夜空を楽しむことができます。当日は星があまり見えませんでしたが、仄かに光る月が幻想的でした。

スタッフは皆さん丁寧で親切でした。富士山を見られたことを我がことのように喜んでくださったり、星があまり見えなかったことを気にかけてくださったりと優しい気遣いがありました。食事の時には女将さんから丁寧な挨拶を受け、おもてなしの心を感じました。帰りにはポインセチアまでいただきました。

館内のフラワーアレンジメントや外廊下の現代アートのような個性的なオブジェ、部屋の壁紙など女将さんの趣味が反映されているそうですが、一つ一つに拘りを感じました。オープンしたばかりなので不安がありましたが、食事が美味しく、露天風呂からの眺めも良く、施設も新しいので大変満足しました。大浴場や貸切風呂のような共用施設がない分ゆったり過ごせるので、部屋でのんびり寛ぎたい方におすすめです。

接客対応

スタッフは皆さん丁寧で親切でした。

清潔感

設備が新しく、清掃も行き届いていました。

客室

ピンクを基調とした和モダンの部屋は宿で一番狭いですが、テラスからの眺めが良く、快適に過ごせました。

食事

厳選された食材で作られた料理はどれも美味しかったです。

コスパ

立地

アクセスは悪いですが、部屋のテラスからは富士山と駿河湾が望めます。

温泉・スパ

富士山を眺めながらの入浴は格別です。

備考・アドバイス

・夕食の強肴はブイヤベースとすき焼きから選択できました。

・館内には自動販売機とランドリーがあります。

1 - 2件目 / 合計 2件

施設情報

施設名
ふたりとわに 縁(えん)
かな
ふたりとわに えん
所在地
〒410-3304
静岡県伊豆市小下田1341-4
電話番号
0558-98-1692
チェックイン
15:00
チェックアウト
11:00
アクセス
東名高速沼津IC~伊豆縦貫道経由約75分
送迎
なし
駐車場
あり(宿泊者無料)
駐車場台数: 10台
部屋数
10
設備・サービス
○ インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 ○ 露天風呂 × 貸切風呂 ○ 客室露天風呂 × 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 × コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く × ゲレンデ近く ○ 駐車場 × 送迎サービス × ランドリー × クリーニング ○ マッサージ ○ エステ × サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 × ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 フェイスタオル バスタオル ボディタオル・スポンジ 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り 浴衣 作務衣 ナイトウェア バスローブ スリッパ 洗顔料 化粧水 乳液 化粧落とし 綿棒 コットン 冷蔵庫 お茶セット テレビ 金庫 ズボンプレッサー 衛星放送 Blu-rayプレイヤー 洗浄機付トイレ 無線LAN接続
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS 銀聯 デビットカード

ふたりとわに 縁(えん)周辺の旅館