ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

海の旅亭おきなわ名嘉真荘の口コミ・宿泊記

1位

海の旅亭おきなわ名嘉真荘

〒904-0401 沖縄県国頭郡恩納村名嘉真855-1
1位/7件中 - 西海岸の旅館
海の旅亭おきなわ名嘉真荘
〒904-0401 沖縄県国頭郡恩納村名嘉真855-1
TEL: 098-911-6650
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.5 に投稿 獲得票数:3 投稿者: はやどん
2017年4月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
沖縄と北海道の競演がユニークな、沖縄初の和の旅亭

今回訪れた「海の旅亭 おきなわ名嘉真荘」は、沖縄・恩納村の東シナ海沿岸を通る国道から山側に少し上った小高い丘の上にあります。「沖縄初 和の旅亭」というコンセプトで、2016年12月にグランドオープンしたばかりの新しい宿です。チェックイン時間ほぼぴったりにレンタカーで到着したら、スタッフの方がすでに外で待っていましたが、バレーサービスはなく、荷物を車寄せで降ろした後、車は自分で駐車場に入れました。

エントランスを入ると下足場があり、そこで館内スリッパに履きかえ、ロビーにてチェックイン手続きを行います。ウェルカムドリンクは沖縄のサンピン茶と、北海道のスイートポテトのお菓子でした。こちらの宿は、北海道の旅館「森の旅亭びえい」の姉妹館ということで、ロビーの棚に飾ってあった陶磁器も、北海道と沖縄の焼物が交互に配置されていました。

こちらの宿は全25室で、「オリジナルルーム」(21室・44平米・洋室)と、「モダンルーム」(3室・68平米・和洋室)、「スイートルーム」(1室・95平米・和洋室)の3タイプがあり、今回は「オリジナルルーム」に宿泊しました。ホテル予約サイトのタイムセールで販売されていたオープン記念特別プランで、平日1泊夕朝食付き2名合計でおよそ36,000円と、通常の半額以下という大変お得なプランで宿泊することができました。

客室は、玄関を入ると手前にベッドルームがあり、その奥の窓辺がリビングになりますが、リビングはベッドルームより一段低くなっていて、ベッドに横たわっていても外の景色がよく見えるよう設計されています。洋室という設定ですが、天井や柱、床にナチュラルな色合いの木がふんだんに使われていて、壁もザラっとした感触の砂壁風で、さらに玄関とベッドルームの間や、風呂場との仕切り戸が障子というのもあり、和モダンな雰囲気です。まだほのかに新築の匂いが残っています。

浴室は大きな窓を開け放つと半露天風呂になり、窓の外に広がる沖縄の青い海を眺めながらお風呂を楽しむことができます。一人で入るのにちょうどいい大きさの陶器風呂で、温泉ではありませんが、蛇口のひねり具合で温度を調節するタイプではなく、壁の給湯パネルで温度設定ができたので便利でした。

部屋に備え付けのタオルは、フェイスタオルとバスタオルがそれぞれ1人2枚ずつ用意されていましたが、洗面所にハンドタオルが無く、手を洗った時や、洗面台周りをちょっと拭きたい時などに少々不便でした。

こちらの宿には大浴場もあり、客室風呂と同じく温泉ではありませんが、大きな窓から美しい紺碧の海が眺められて、湯加減も良く、思いがけず長湯をしてしまいました。客室すべてに半露天風呂が付いているのもあってか、大浴場で他の宿泊客と会うことは一度もなく、滞在中いつ行っても貸切状態でゆったり過ごせて快適でした。タオルは脱衣所に用意されているので、部屋から手ぶらで行くことができます。しかし館内着の作務衣にポケットが無いため、いくら手ぶらとはいえ、部屋のキーや財布などを持って出るので、少し不便を感じました。尚、女性客には、部屋に館内用のかごバッグが用意されていましたが、ちょっとした小物を入れるには大き過ぎて、結局ほとんど使いませんでした。

食事は全面の窓から海が一望できる食事処「海の坊」にていただきます。夕食のときにはすでに日が暮れた後でわかりませんでしたが、朝食のときに正面に水平線まできれいに見渡せる海が広がっていて息を呑みました。こちらの食事処では、宿の親会社の本拠地・北海道から直送される食材と、沖縄の地物食材が楽しめます。焼きズワイガニの後に、アグー豚のローストが出てくるなど、交互に展開されるご当地メニューが楽しく、どちらも新鮮で質の良い食材を惜しみなく使っていて、とても美味しかったです。数千キロも離れた美食の競演は、この宿の一番の持ち味ではないでしょうか。

食事の最後には料理長がテーブルまで挨拶に見えられ、料理に対する誇りと自信を感じました。しかし配膳してくださるスタッフによるメニューの説明が、どれもあっさりし過ぎていて、もう少し北海道と沖縄という両極のユニークさを魅力的にプレゼンテーションしてくれれば、食事をエンターテインメントとしてもっと楽しめたような気がします。また、食事処のインテリアが殺風景で、せっかく新しくて綺麗なのに、ガランとしていてシンプルというより物寂しい雰囲気だったのが、もったいなく感じました。

オープンしてまだ半年もたっていないので、館内はピカピカで気持ちよく、全体に木のぬくもりを感じ、静寂に包まれ落ち着いた雰囲気の宿で、 “南国リゾート沖縄”のイメージとはまた違った個性を感じました。沖縄のホテルに付き物のプールやプライベートビーチはありませんが、そのような大規模リゾートホテルより、和風旅館のきめ細やかなおもてなしを好む方にはおすすめです。

また、インテリアや館内BGMなどについては、沖縄カラーが極力抑えられていて、個人的にはもう少し沖縄らしさを感じるあしらいがあってもいいかな?と思いましたが、もう何度もリゾート体験をしてきた沖縄リピーターにとっては、いつもと違う気分で沖縄旅行が楽しめるのではないかと思いました。

接客対応

時々ぎこちなさを感じましたが、皆穏やかな笑顔で好印象でした。

清潔感

建物内のすべてが真新しく快適でした。

客室

真っ青な沖縄の海を一望できる、シンプルな和モダンのお部屋です

食事

北海道と沖縄の食のコラボレーションがユニークでした

コスパ

今回は格安プランだったのでコスパは良い方だったと思います。

立地

目の前に美しい沖縄の海が広がっています。

温泉・スパ

温泉ではありませんが大浴場もあります。

備考・アドバイス

今回、特別プランで予約したため送迎サービスはありませんでしたが、通常プランには那覇空港からの無料送迎が含まれていました。那覇〜恩納村エリア間をタクシーで往復すると1万円を超えてしまうことを考えると、非常に親切なサービスだと思います。

国道から入る道の角に看板があります。国道から坂を上ると、宿が見えてきます。エントランス下足場ロビーロビーロビーからエントランス方向チェックインはこちらで行いますおみやげコーナーロビーに飾られていたシーサーロビーの飾り棚。北海道と沖縄の陶器ウェルカムドリンク&スイーツオリジナルルームオリジナルルームオリジナルルームオリジナルルームオリジナルルームオリジナルルームオリジナルルームオリジナルルームオリジナルルームオリジナルルームオリジナルルーム:玄関オリジナルルーム:バスルームオリジナルルームオリジナルルームオリジナルルームオリジナルルーム:クローゼット空気清浄機は障子に隠れるようにありましたアメニティはビニール巾着に入っています部屋着の作務衣とナイトウェア館内用のかごバッグ館内着は食事処でも着用可でした客室入口客室廊下から中庭をのぞむ大浴場入口大浴場:女湯脱衣所大浴場:脱衣所大浴場:女湯洗面所大浴場:女湯湯上がりどころ大浴場:女湯大浴場:女湯大浴場:女湯大浴場:女湯洗い場大浴場:女湯大浴場:女湯脱衣所大浴場:男湯脱衣所大浴場:男湯脱衣所大浴場:男湯湯上がりどころ大浴場:男湯大浴場:男湯洗い場食事処食事処食事処食事処からの眺め食事処夕食お品書き夕食日本酒の品揃えはすべて北海道のものでした朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食お品書き朝食客室前の廊下