ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

星のや東京の口コミ情報・宿泊予約

星のや東京

〒100-0004 東京都千代田区大手町1-9-1
星のや東京
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-9-1
TEL: 0570-073-066
みんなの満足度
4.1 詳細評価
接客対応
4.2
清潔感
4.3
客室
3.8
食事
3.9
コスパ
3.3
立地
3.5
スパ・温泉
: -
  • 星のや東京の写真
一番お得な料金で宿泊予約
から 1泊 大人2名 解除
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児(寝具のみ)
幼児(寝具・食事なし)
設定
子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。その他の予約サイトにつきましては直接ご確認ください。
空室・最安値を検索
一休.comJTB
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
2
良い
1
普通
0
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
2
家族旅行
0
友人・知人
0
一人
1
全文表示簡易表示
1 - 3件目 / 合計 3件
この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.7 2018年1月19日に投稿 獲得票数:3 投稿者: ヨナグニ
2018年1月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
大手町エリアの北端に2012年に竣工した「大手町フィナンシャルシティ」の一画に位置する宿泊施設です。17階建てビル一棟すべてが「星のや 東京」になっているにも関わらず、わずか84室しかないというのが驚きです。 今回、1月中旬の木曜日に二人で宿泊しました。 予約は宿泊サイトを通じて行い、「桜ダブル」というカテゴリーの部屋で、宿泊料+軽朝食付き、税・サ込で81,000円でした。宿泊の目的がリラクゼーションだったので、一番安い時期を選んで宿...

大手町エリアの北端に2012年に竣工した「大手町フィナンシャルシティ」の一画に位置する宿泊施設です。17階建てビル一棟すべてが「星のや 東京」になっているにも関わらず、わずか84室しかないというのが驚きです。

 今回、1月中旬の木曜日に二人で宿泊しました。

 予約は宿泊サイトを通じて行い、「桜ダブル」というカテゴリーの部屋で、宿泊料+軽朝食付き、税・サ込で81,000円でした。宿泊の目的がリラクゼーションだったので、一番安い時期を選んで宿泊しました。

 チェックイン時の説明でわかったのですが、「軽朝食」というのは、フリースペースでいただける「おにぎりと味噌汁」という事でした。別料金にて和定食(4,000円/税・サ別)と洋定食(3,300円/同)をいただく事も可能という事だったので、私は洋定食を、家内は和定食を予約しました。

 こちらの施設では、夕食も朝食も部屋でいただくのが基本で、その他にフリースペースで、飲み物、お茶菓子、軽朝食などのサービスを受けることが出来ます。

 まずホテルに到着して驚いたのは、黒塗りのビルの1階の自動ドアが開くと、そこにはとても広い玄関があり、その向こうに作務衣を着たスタッフの方が待っていた事です。

 玄関で靴を脱ぐと、そこから先は畳敷きになっており、館内ではずっと靴下のままで過ごします。玄関先からスタッフの方が荷物を持って下さり、2階のフロントまで案内してくれます。チェックインのあと、係の方とともに客室に移動し、室内の詳しい説明をしていただきました。

 私達が宿泊したのは9階の部屋で、広さは40平米強でした。室内は、バスルームとトイレブースを除いて全て畳敷きになっていました。畳は全て小ぶりで正方形の琉球畳です。

 室内は「和モダン」と表現するのが最適だと感じました。寝具は布団ではなくベッドです。180センチ幅のゆったりサイズで、ベッドは低めで、寝心地は抜群でした。

 窓は大きく取られていますが、すぐ目の前に隣りのオフィスビルがあり、働いている人の姿が見えるので、扉を開けたままにしておくのには抵抗がありました。「レースのカーテン」のようなものは設置されていません。

 室内は装備品や装飾品は少なめで、すっきりとしています。テレビは鏡面に埋め込まれた有機ELタイプで、リモコンで操作します。テレビを消していると鏡でしかなく、一見ではテレビがある事は分りません。原則、星野リゾートはテレビを置かないそうで、大手町という場所柄、このような形でテレビを設置していると説明がありました。

 浴室は黒を基調とした色どりで、設備は比較的シンプルですが、ゆったりとしています。浴槽とシャワーブースが別になっており、その間に洗面台があります。 

 タオル類は充実しており、バスタオルとフェイスタオルは一人2枚以上ありました。一方で、シティホテルのバスルームアメニティような小さな容器入りのシャンプー、リンス類などはなく、大きなボトル入りのスタイルでした。

 浴室は全面ガラス張りになっており、スイッチ一つでガラス面を擦りガラスに切り替え出来るものでした。

 朝食は、指定した時間に客室まで運んでくださるスタイルで、旅館の部屋食と言うより、ホテルのルームサービスのイメージでした。

 「和定食」「洋定食」ともに品数が豊富で、料理は美味しく、更に盛り付け方も美しく、とても優雅な朝食でした。ただお値段的にはかなり高い印象があります。

 こちらの宿泊施設は、ワンフロアに客室が6室しかなく、各フロアごとに、中央部分にフリースペースが設けられ、自由に飲食が出来るようになっていました。ホテルのVIPラウンジが各フロアに設けられているようなイメージですが、ホテルラウンジのような閉鎖的な空間ではなく、開放的な造りになっていました。

 こちらのスペースにはソフトドリンクやお茶、缶ビールなどが置いてあり、自由に飲んだり部屋に持ち込めるようになっていました。また時間帯に応じて、朝はおにぎりと味噌汁のサービスが、昼間の時間帯はお茶菓子などが振る舞われます。

 館内全般に言える事ですが、デザイン的にとても優れています。室内、共有部分ともビジュアルを追求しており、視覚的なインパクトのある光景があちらこちらで見られます。

 周囲のビル群に違和感なく溶けこみつつも、「星のや」としての主張を失わない外観も素晴らしく、建築物としての完成度の高さが感じられました。

 宿泊全般を通じて、素晴らしいリラクゼーションタイムを過ごす事が出来ました。エントランスをくぐってから、館内すべてで靴を脱いで過ごせるというのは、やはり日本人にはとてもありがたく、リラックスできます。

 宿泊客以外の館内の立ち入りは禁止されており、飲食施設のみの利用も出来ないので、シティホテルのような使い勝手の良さはありませんが、その分、プライベート感は非常に高いものがあります。

 スタッフのサービスレベルは非常に高く、ホスピタリティに溢れています。ゲスト一人一人の希望を最大限の努力でかなえてくれる姿勢は、オモテナシの国・日本の中でも屈指のレベルだと感じました。

 宿泊中に他のお客さんとすれ違う機会は多くはありませんが、スタッフの方にお聞きすると、ゲストは海外からの観光客が多いという事でした。既に海外でも話題の宿泊施設のようです。

 一点、私たちの宿泊した部屋でマイナスポイントを挙げるとするならば、眺望の悪さと、外光を採りいれる造りになっていない点だと感じました。当日は曇りがちでしたが、晴れた日であれば、より太陽光への欲求は強くなったと思います。

 都心のど真ん中に、このような究極の和モダンリゾートが誕生したという事は、とても画期的な事だと思います。世界に冠たる5つ星のラグジュアリーホテルチェーンも素晴らしいですが、それとは異なるテイストのリラクゼーションを得られる、大変貴重な施設だと感じました。

 今回、朝食代を含めたトータルの支払額は9万円強でした。絶対額として安くはありませんが、遠出をせずとも、日常生活の延長線上で味わう事の出来る「究極の癒し」と考えれば、それだけの金額を支払う価値は充分あると感じました。

接客対応

皆さんとても親切丁寧です。シティホテルとは異なるホスピタリティを感じました。

清潔感

施設は真新しく、清潔感に溢れていました

客室

シティホテルとも旅館とも異なる、和モダンの素晴らしい空間でした

食事

見た目にも美しく、とても優雅な朝食でした

コスパ

二人で9万円を超える支払額は、妥当ですが安くはありません

立地

「大手町フィナンシャルシティ」の一画という大変便利なロケーションです

備考・アドバイス

客室内で過ごす時間を出来るだけ長くとるようなスケジュールが良いと思います。
宿泊客以外は建物内に入れないルールなので、注意が必要です。

5.0 2017年2月15日に投稿 投稿者: しまえび
2016年8月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
大手町駅からすぐですが、東京駅からも徒歩で行けて、観光や買い物に出かけるのにとても便利です。黒い格子柄のとても格好良い建物で、玄関を入ると竹製の靴箱がずらりと並び、テンションが上がります。宿泊客しか入館できないため、静かでくつろげます。ご家族で宿泊されている方が多かったようです。全館、エレベーターの中も畳敷きで、スリッパは無く裸足で歩きましたが、とても良い香りで気持ちが良かったです。 温泉の露天風呂がとても気に入りま...

大手町駅からすぐですが、東京駅からも徒歩で行けて、観光や買い物に出かけるのにとても便利です。黒い格子柄のとても格好良い建物で、玄関を入ると竹製の靴箱がずらりと並び、テンションが上がります。宿泊客しか入館できないため、静かでくつろげます。ご家族で宿泊されている方が多かったようです。全館、エレベーターの中も畳敷きで、スリッパは無く裸足で歩きましたが、とても良い香りで気持ちが良かったです。

温泉の露天風呂がとても気に入りました。朝も夜もそれほど混んでおらず、静かでした。東京に旅行に来て温泉にも入れるのは嬉しいです。浴衣を着てお風呂に行けるので、気軽に利用できます。お部屋の洗面所の照明は暗めなので、メイクは朝に大浴場に行った際に、そこのドレッサーで済ませていました。

お茶の間ラウンジでは、スタッフの方がコーヒーを淹れて下さり、会話をするのも楽しかったです。冷蔵庫には、アイスキャンデーやジュースがあり、お風呂上がりなどに自由に利用できます。朝はおにぎりと味噌汁が出ます。おにぎりの具は、普段あまり食べる機会のないような佃煮で、とても美味しかったです。朝からたくさん食べる私には少し物足りなかったので、次回宿泊する時は、お部屋での朝食を申し込んでみたいと思います。

接客対応

清潔感

客室

向かいはビルなので眺めは良くないかも

食事

お茶の間ラウンジにおやつがあります

コスパ

立地

温泉・スパ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.3 2017年2月12日に投稿 獲得票数:9 投稿者: りすざるマン
2017年1月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
「星のや東京」は、2016年7月に開業したばかりホテルです。大手町のビルが立ち並ぶ場所にあるホテルですが、江戸小紋をイメージしたメッシュのような外壁が目立ち、すぐにここだとわかりました。 入口には「宿泊者専用」と書かれており、オブジェのように美しい竹細工の靴箱がある玄関でした。畳敷きのエレベータに乗り、客室まで案内していただきました。館内はすべて畳敷きで、玄関で履物を脱ぐと、館内では素足または足袋ソックスで過ごします。ホテ...

「星のや東京」は、2016年7月に開業したばかりホテルです。大手町のビルが立ち並ぶ場所にあるホテルですが、江戸小紋をイメージしたメッシュのような外壁が目立ち、すぐにここだとわかりました。

入口には「宿泊者専用」と書かれており、オブジェのように美しい竹細工の靴箱がある玄関でした。畳敷きのエレベータに乗り、客室まで案内していただきました。館内はすべて畳敷きで、玄関で履物を脱ぐと、館内では素足または足袋ソックスで過ごします。ホテルにチェックインしたという実感はなく、まるで知人の家に遊びに来たような気分でした。

星のや東京では、お茶の間ラウンジとよばれる共有スペースがあります。チェックインは、宿泊フロアのお茶の間ラウンジで行います。このお茶の間ラウンジは、各階にあるそうですが、宿泊フロアしか利用することができません。時間ごとにふるまいがあるため、客室とお茶の間ラウンジを何度も行き来して過ごします。チェックインから20時頃までは、おしるこをいただくことができ、17:30頃から20:00までは、日本酒のふるまいもありました。日本酒は季節の限定品が用意されているそうで、訪問したときも三重県の貴重な限定酒をいただくことができました。夜は、セルフサービスの「お夜食ラーメン」が用意されていました。

今回利用した客室は、一番リーズナブルな桜ダブル(禁煙室)で、平日2名1泊で1人あたり37,000円でした。宿泊費には、朝食時のおにぎりとお味噌汁が含まれています。客室は、42平米ほどの広さで、ベッドと竹のソファがありました。バスルームのガラス戸がスケルトンになっており、空間を広く見せる演出もされています。そのため、42平米でも十分な広さとゆとりを感じました。都心のホテルでは、他のビルから客室が見えているのではないかと心配になりますが、星のや東京では建物全体が、江戸小紋の紋様に囲まれており、目隠しの役割もしています。外から客室の中が見えないだけでなく、客室から紋様を楽しめるようになっています。

客室のTVは、スイッチを入れるまでTVと気づきませんでした。壁に鏡があり、TVのスイッチをいれると画面が表示されます。凹凸がなく、TVが消えている時は鏡の役割をしますので、部屋が広くすっきりと見えます。バスルームは、透明のガラスですが、「瞬間調光ガラス」を使用しているため、ボタンを押すと、不透視になります。カーテンを開閉するのとは異なり、部屋をすっきりとスタイリッシュに保てるため、大変便利だと思いました。客室の入口はオートロック式でしたが、オートロックをオフにするボタンが用意されていたのは便利でした。ルームウエアは、染色作家「斉藤上太郎氏」がデザインされたお散歩着物でした。お散歩着物は、デザインも美しく、ジャージ素材の為、着心地も抜群でした。不器用な私も簡単に帯をしめることができました。館内だけでなく、皇居などホテル周辺を散策してもよいようにデザインされており、ホテルの玄関には、歩きやすい草履も用意されていました。

今回のプランでは夕食が含まれておらず、レストランは、すでに満席だったため、利用できませんでした。今回は、ルームサービスをいただくことにしました。星のや東京御膳は、フランス料理のコンクール「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」で銅メダルを獲得された浜田シェフ監修の数量限定御膳であり、宿泊している時にしかいただけないルームサービス限定メニューです。付け合せの野菜は美味しく、ドレッシングや、ローストビーフのソースまで丁寧に作られているのがわかります。柔らかいローストビーフは、メインディッシュにふさわしく、「御膳の一品」の域を超えていると思いました。星のや東京カレーは、スタッフの皆さんにも材料が知らされていないそうで、野菜と肉が時間をかけて煮込まれたルーは、味わい深く、大変おいしくいただけました。レストランの食事は、宿泊者以外も利用できるそうですので、是非いただいてみたいと思いました。

エレベータはルームキーをかざすと、宿泊フロア、フロント、大浴場のフロアのみボタンを押すことができました。

大浴場は最上階の17階にあり、男女の入れ替えはありません。洗い場、内湯、内湯の奥には塔のように高く吹き抜けになっている露天風呂がありました。うまく写真に収められなかったのですが、望遠鏡を見るように空を眺めることができます。雨や雪の時は、直接湯船に降り込んできますので、好みが分かれるところです。個人的には大変気持ち良い温泉だと思いました。ほんのりと色づいた温泉は、寒い冬もゆっくりと体を温めてくれます。少し薄暗い浴室は、ゆっくりと長湯を楽しむのに適していると思いました。

夜9:30からは、ラウンジで雅楽の演奏がありました。短い演奏時間でしたが、酒をいただきながら、美しい音色に耳を傾けることができる贅沢な時間でした。

朝の8時から10時までは、お茶の間ラウンジでおにぎりと味噌汁のふるまいがあります。南魚沼の八海山の近くでとれた米を釜で炊いているというこだわりの白米を使用し、朝からスタッフの皆さんが、おにぎり作りをされているそうです。シンプルな朝食ですが、お米のおいしさがよくわかる大変おいしいおにぎりでした。またこの日は、妻が体調をくずしてしまい、食欲がなかったのですが、相談すると部屋におかゆを用意してくださいました。スタッフの皆さんが最後まで気遣ってくださり、大変助かりました。

東京駅周辺に泊る時は、ビジネス、ショッピング、観光の中継地点として考えがちですが、アクセスの良い東京駅で温泉に入りながら、くつろぐことができる宿泊施設があることは大変貴重だと感じました。海外からのゲストにもおすすめしたい日本の良さを感じることができる素晴らしい施設だと思いました。

接客対応

丁寧で優しい対応でした。

清潔感

開業して1年たっていない新しい施設です。どこをみてもきれいでした。

客室

客室はそれほど広くありませんが、狭さを感じさせない工夫が見られました。都心ホテルは近隣のビルが気になりますが、こちらは目隠しがあるため安心して過ごせました。

食事

今回はルームサービスをいただきました。レストランでのディナーを希望される場合は、夕食付プランを予約する必要があります。

コスパ

東京駅至近で温泉に入れるため、特別感があり、価値を感じます。客室に広さを求める方は、価格以上の価値を感じにくい可能性があります。

立地

東京駅から近く、アクセスの良い宿です。周辺には飲食店、買い物をする場所もあり、大変便利です。

温泉・スパ

大浴場は、空が見える気持ちの良い温泉です。煙突のようになっており、露天部分は屋根がありません。客室は、ガラス張りのドアが備わった内湯です。

備考・アドバイス

・星のや東京では、チェックイン前、チェックアウト後は、お茶の間ラウンジ(共有スペース)で過ごすことはできないそうです。

・お茶の間ラウンジのアルコール類は、夕方は無料ですが、夜8時以降有料となります。

・夜の9:30からは雅楽の演奏があり、夜の10:00からは、大浴場のある17階で、「お休み前の深呼吸」と呼ばれるストレッチがあります。どちらも無料で参加できます。

・夕食をレストランでいただく場合は、夕食付プランを予約されることをお勧めいたします。また空席がある場合に限り、宿泊者以外もレストランでディナーをいただくことができます。事前予約が必要で、2か月先の月末まで予約できるそうです。

・星のや東京では伝統工芸をはじめ、こだわりの品々が取り揃えられていますが、ゲストが質問しない限り、情報を教えていただけないようです(積極的に案内をするのは、押しつけがましいという考え方だそうです)。興味のあることは、スタッフに質問されることをお勧めいたします。

1 - 3件目 / 合計 3件

施設情報

施設名
星のや東京
かな
ほしのやとうきょう
所在地
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-9-1
電話番号
0570-073-066
チェックイン
15:00
チェックアウト
12:00
アクセス
■電車でお越しの場合
東京駅 丸の内中央口より徒歩10分(850m)
丸の内中央口乗り場よりタクシーで11分(2.6km)約1,000円
■お車でお越しの場合
首都高速「神田橋出入口」から車で2分(300m)
フィナンシャルシティの駐車場(有料)をご利用ください。星のやの入り口は駐車場内にございます。
 7:00 - 22:00 30分 300円 1泊 5,500円(24時間まで、税込)
送迎
なし
駐車場
なし
部屋数
84
設備・サービス
○ インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 ○ 露天風呂 × 貸切風呂 × 客室露天風呂 × 源泉掛け流し ○ 駅から徒歩5分以内 × コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く × ゲレンデ近く ○ 駐車場 × 送迎サービス × ランドリー × クリーニング × マッサージ ○ エステ × サウナ × 屋外プール × 屋内プール ○ フィットネス × ペット対応 ○ ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 バスタオル ボディタオル・スポンジ 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り 浴衣 ナイトウェア 洗顔料 化粧水 乳液 化粧落とし 綿棒 コットン 冷蔵庫 ミニバー 湯沸かしポット お茶セット テレビ 金庫 衛星放送 ポータブルオーディオ用スピーカー
カード情報
VISA MASTER JCB AMEX DINERS 銀聯 デビットカード
情報提供: JTB 一休.com

星のや東京周辺のホテル・旅館