ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

金門坑。

〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上460-6
金門坑。
〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上460-6
TEL: 0977-28-8828
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 に投稿 獲得票数:23 投稿者: takechan認証済
2018年6月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
料理長心尽くしの美食が堪能できるくぬぎ林に囲まれた宿

「石と竹と紙にこだわったくぬぎの杜の小さな村」という、宿のHPのキャッチコピーに魅力を感じ、6月中旬に夫婦で宿泊しました。平日二名一泊二食付きで、60,780円(税・サ込)でした。

 当日は車で向かい、県道沿いの大きな看板を目印に急な坂道を登って、母屋の車廻しに着きました。チェックイン時間より少し早めに着いたのですが、笑顔のスタッフが駐車場に誘導してくれ、荷物を持って母屋に案内してくれました。

 母屋は富山県の築270年の合掌造りの古民家を移築したものです。フロントで記帳を済ませ、オーナー拘りの品々が飾られたロビーで、ウエルカムスイーツとドリンクを頂きました。ほっと一息ついた後、母屋の施設や広い敷地内に点在する家族風呂などの説明を受けながら、客室に案内していただきます。スタッフは客室内の設備や客室風呂の使い方を、懇切丁寧に説明してくれました。

 この宿には戸建ての離れ7棟と、メゾネット形式の2棟8部屋があります。今回宿泊したのは「朱」と名付けられ、イギリスの田舎の建物を模したテラスハウスです。山の斜面に建っている為、玄関とリビングは2階に位置しています。46平米のリビングは、メープル系のフローリング、純白のクロス、それに石材のアクセント壁が見事に調和しています。傾斜天井と、由布市内が眺望できる広いガラス窓が相まって、解放感も抜群です。広いテラスも含めて隅々まで清掃が行きわたり、清潔感が漂っています。

 お洒落な鉄製の階段を下りた23平米の1階は、雰囲気ががらりと変わります。枕元のコンクリート打ちっぱなしの壁と、ダーク系の床が、落ち着いた寝室らしさを演出しています。2台のセミダブルベッドはシモンズ製で、程よい硬さのマットレスのおかげで熟睡する事が出来ました。個人的には枕が柔らかすぎ、出来る事ならもう一種類欲しい所です。

 館内着はベッドの上に、この宿オリジナルの着心地の良いガーゼの作務衣、1階のクローゼットに浴衣と防寒着が用意されています。

 洗面室は1畳ほどの広さで、少しだけ手狭に感じました。洗面化粧台には、ボトルタイプの基礎コスメの他、パウチタイプのコスメや、女性に嬉しいシートマスクなども準備されています。タオル類は一人2枚ずつで、温泉三昧にも充分でした。

 部屋風呂は二人が入っても余裕の大きさの石風呂です。2面が広いガラス窓になっていて、くぬぎ林越に由布院の景色を眺めながら、湯あみを楽しむ事が出来ます。高温(60℃超)の源泉と加水用のバルブを開けて、自分たちで湯温調節します。満杯まで15分程掛かりますので、早めのお湯張りがお勧めです。バスアメニティは洗い場のボトルタイプの他、洗面所の棚にお持ち帰り可能なミニボトルなど、潤沢に準備されています。

 夕食はレストラン棟「幻住庵」の完全個室で頂きました。二皿目に供された前菜の、季節感あふれる盛り付けを見た途端、これからの晩餐に対する期待感が膨らみました。絶妙なタイミングで配膳される料理の数々は、地元食材そのものを活かすべく、薄味なのに奥深い味付けが施されています。例えば椀物は、白身魚を射込んだよもぎ饅頭に上品な餡がかかり、トッピングの針きりのウドとの相性が抜群で、ついつい大好きな日本酒の杯を重ねてしまいました。配膳を担当してくれた女性のスタッフは、きさくな方でした。食材や調理方法の説明は勿論の事、日本酒の知識が豊富で、銘柄選びを手伝っていただくなど、お酒好きには嬉しいおもてなしでした。

 貸し切り露天風呂「オン・ザ・ヒル」は、宿の敷地内の比較的奥まった小高い台地の上にあり、由布岳に向かって真っすぐに立った孟宗竹で囲まれています。浴槽は2か所が板壁で仕切られていて、2組が同時に入浴出来ます。そのほかに貸し切り家族風呂が3か所あります。何れも入口のドアにかかった札が「使用中」でなければ、予約なしで湯あみが楽しめます。源泉かけ流しで、由布院では珍しい塩化物泉の美肌効果を、たっぷりと楽しむ事が出来ました。バスアメニティは客室と同じものが揃っていますが、タオル類は客室から持参してください。

 この宿には敷地内を一周できる散歩道があります。散歩の途中では、スタッフ全員と左官さんが3か月かけて積んだ、延べ600メートルの石垣や、美しく空に伸びた竹林、面白い形をした椅子たちなどに出会う事が出来ます。

 朝食はレストラン棟の半個室で頂きました。料理は一気出しではなく、一皿ずつ丁寧に配膳され、この宿のホスピタリティを肌で感じ取る事ができました。白磁の皿に盛られた、彩りが見事な地元野菜のサラダや、ミートソースをかけた茶そばなどが秀逸でした。

 スタッフの方々には礼儀正しく、フレンドリーに接して頂きました。宿の名前の由来や、石積みの苦労話など話題が豊富で、心和む会話を楽しむ事ができました。また、敷地内ですれ違う時には、必ずにっこり笑って一声かけていただき、気持ちの良い滞在になりました。

 くぬぎの杜の小さな村に滞在し、温泉三昧の合間に、料理長心尽くしの美食を堪能する、まさに至福の時があっという間に過ぎてしまいました。おこもり系のテラスハウスや、お子様やペットも泊まれる離れなど、幅広い方々に自信をもってお薦めできる宿です。

接客対応

適度な距離を保ちながらきめ細かい優しい対応をして頂きました。夕食の時の女性スタッフには豊富な日本酒の知見などで対応頂き、楽しい時間が過ごせました。

清潔感

開業1年半で老朽化は全く感じませんでした。清掃は隅々まで行きわたっていて、清潔感が漂っていました。

客室

解放感とプライバシーの確保が両立していて、素敵なディザインでした。1Fの寝室のコンクリート打ちっぱなしの壁とダーク系の床のコントラストが安眠を誘ってくれました。

食事

随所に気配りが感じられる板長の創作会席が目と舌を充分に楽しませてくれました。 お酒好きにとって大切な配膳のタイミングが絶妙で、至福の晩餐でした。

コスパ

素敵な部屋、温泉三昧、美食が堪能出来て、一人30,000円強は妥当な料金です。

立地

繁華街の喧騒から離れ、静かなクヌギ林に佇み、観光地まで車で数分の場所に立地しています。最寄りの駅は由布院ですが、送迎サービスはありません。

温泉・スパ

家族風呂・貸し切り露天風呂及び離れの客室では源泉かけ流しが楽しめます。テラスハウスの客室風呂は60℃超の源泉に加水して入浴する仕組みで、少しだけ不満でした。

備考・アドバイス

・Wifiが使えます。SSIDとパスワードはテレビの宿の案内画面に従って設定してください。
・冷蔵庫には缶入りの緑茶が人数分無料で提供されます。アルコール類やソフトドリンクはルームサービスまたは母屋のラウンジで提供されます。
・スタッフの話では開業間もない為ほとんどの機種のナビに登録されていません。車でお越しの方は、近くまで進んで宿に電話で誘導して頂くのが賢明です。
・部屋着は浴衣・作務衣が準備されていますが、レストランなど共用施設では、作務衣のみ着用可能です。
・宿の名前は、玖珠出身のオーナーが幼いころ遊んだ金鉱の廃坑をイメージして命名したとの事です。

金門坑。周辺のホテル・旅館