ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

箱根 藍瑠の口コミ情報・宿泊予約

箱根 藍瑠

〒250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本499-1
箱根 藍瑠
〒250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本499-1
TEL: 0460-85-3300
みんなの満足度
3.1 詳細評価
接客対応
2.5
清潔感
3.8
客室
3.2
食事
3.0
コスパ
2.0
立地
3.0
スパ・温泉
3.2
今すぐ空室を探して最安値で予約
から 1泊 大人2名 解除
大人
小学校高学年
小学校低学年
幼児(寝具のみ)
幼児(寝具・食事なし)
設定
子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。その他の予約サイトにつきましては直接ご確認ください。
空室・最安値を検索
じゃらん楽天トラベルるるぶトラベル
価格は税込みの総額表示です。予約サイトによっては税抜き価格や一人単価が表示されますので、下記金額とは表記上の違いがあります。子供を含む検索は、じゃらん、一休.com、楽天トラベルのみ対応しています。
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この施設には宿らん調査員によって投稿された口コミがあります。宿らん調査員の口コミだけを表示する
ユーザー評価
素晴らしい
0
良い
0
普通
1
悪い
0
非常に悪い
0
滞在目的
ビジネス
0
カップル・恋人
1
家族旅行
0
友人・知人
0
一人
0
全文表示簡易表示
1 - 1件目 / 合計 1件
この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.2 2018年1月30日に投稿 獲得票数:13 投稿者: ともぐり
2018年1月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
2017年12月にオープンしたばかりの、異国情緒あふれるアジアンテイストの宿です。2階~4階に位置する全15室の客室は、和室一間に露天風呂付きで、ほぼ同じ造りになっていますが、眺望の見え方の関係で上の階ほど宿泊費が高くなっています。今回は、1番リーズナブルな2階「木漏れ日の間」の客室タイプを予約しました。宿泊費は、1泊1室2名2食付きで66,540円でした。 当日は車で伺いました。道順は分かりやすく特に迷う事なく到着しましたが、宿名の入っ...

2017年12月にオープンしたばかりの、異国情緒あふれるアジアンテイストの宿です。2階~4階に位置する全15室の客室は、和室一間に露天風呂付きで、ほぼ同じ造りになっていますが、眺望の見え方の関係で上の階ほど宿泊費が高くなっています。今回は、1番リーズナブルな2階「木漏れ日の間」の客室タイプを予約しました。宿泊費は、1泊1室2名2食付きで66,540円でした。

当日は車で伺いました。道順は分かりやすく特に迷う事なく到着しましたが、宿名の入った看板なども見当たらず、外では施工業者が作業中でしたので、もしかしてここでは無いのかと思い一旦引き返しました。宿に確認の電話をしてもう一度向かうと、今度はスタッフが待機していて出迎えてくださいましたが、チェックイン時間でしたので、最初からどなたか常駐していれば良いのにと思いました。

客室は2階「木漏れ日の間」を予約していましたが、案内いただいたのは4階「眺望の間【夕星】」でした。和室一間の主室は12畳ほどの広さがありますが、クロスが黒色のため圧迫感を感じました。設備や内装も新しくて清潔感のある客室でしたが、クローゼットの中と主室の四隅に木屑が落ちていたのが気になりました。

主室の照明は、大分控えめでした。スポットライトが2つと、壁一面に襖風の照明パネルが設置してありますが、近くだけ明るくて室内全体はとても暗いです。この照明パネルは消すことも出来ますが、そうすると更に暗くなってしまい、足元も見えづらい程でした。壁掛けテレビは55インチと大きな物でしたが、暗い中でのテレビ鑑賞は目が疲れてしまいます。一見すると趣向を凝らしたステキな客室ですが、暗いので実際よりも狭く感じられ、目も疲れてしまって寛ぎ難い空間でした。読書灯もありませんので、本を読んだりパソコンの作業をするのにも向いていないかと思います。

客室露天風呂は、2名でも利用できる大きさがあり、カエルの湯口が可愛らしい石風呂でした。温泉は、循環・消毒・加水ありですが、消毒臭もせず常時適温に保たれていたため快適な湯浴みを楽しめました。温度調節をしたい場合は、フロントに電話をすると調節してくださいます。遠くの景色は外輪山一望で、近くの景色は温泉街になります。大型旅館も目に入りますが、それなりに距離があるため個人的には外からの視線は気になりませんでした。入浴目線からは空と山しか見えないので、とても爽快な気分になります。こちらの客室露天風呂はとても気に入りましたので、滞在中は何度も利用しました。

浴衣、上下に分かれた室内着、羽織り、バスローブと揃っています。バスローブ以外は、館内でも着用可能です。アメニティは一通り揃っています。基礎化粧品やバスアメニティは、宿オリジナルの物で使用感の良いものでした。また、ボディスクラブの用意があるのも珍しくて嬉しかったです。バスタオルは1枚ずつでしたが、ふかふかの厚手のものでタオルウォーマーもあるので、常時快適に使用できました。

温かい飲み物は、緑茶とほうじ茶の用意があります。客室の冷蔵庫の中は有料ですが、ご当地ビールや外国産のジュースなどもあり揃いは良かったです。ですが、この価格帯の宿でしたら、無料のミネラルウォーターや、紅茶やドリップコーヒーなどの用意があっても良いのではないかと思いました。また、ポットに入ったお水やターンダウン時に用意される冷水は、カルキ臭が凄くて飲めたものではありませんでした。館内に自販機等もありませんので、飲料系は予め持参されても良いかと思います。

大浴場は、男女ともに1箇所ずつあります。どちらも半露天風呂といったような造りでしたが、女性用の方が浴槽が大きく、内装も凝った造りになっていました。浴槽の周りには観葉植物が生い茂り、一際目立つ大きな石像からは、お湯が流れでて打たせ湯のようになっていました。石像の後ろの壁からは、数分おきに滝のように水が流れてきます。凝った演出ですが、湯船に浸かっていると冷たい水しぶきが飛んでくるのが不快でした。浴槽内は季節がら湯気が立ち込めて辺りが見渡しづらく、夜は照明が控えめで少々怖く感じましたが、他には無さそうな個性的な大浴場は楽しめました。また、脱衣所にはタオルや一通りのアメニティが揃っているため手ぶらで利用でき、冷水とレモン水の用意があるのも、湯上りの水分補給に便利でした。

黒と青を基調とした館内は、エキゾチックなアジアンテイスト、といった雰囲気がありました。家具類やオブジェの他に、積み上げた石壁や模様の入った鉄製の天井板まで、本場バリから調達した資材で仕上げてあるそうです。滝のようなオーバーフォールも圧巻の造りで、お土産コーナーには現地から調達した品々が所狭しと並んでおり、随所にオーナーの拘りを強く感じます。夜にはブルーライトが点灯しますので、昼間とはまた異なった雰囲気も楽しめます。

他に、熱帯魚を鑑賞しながらお酒を楽しめるアクアリウムバーがありますが、こちらはまだ一部完成しておらず、カウンターのみでの営業でした。プロジェクターが設置してあるラウンジのような施設もありましたが、こちらもまだ未完成で使用できないとの事でした。ホームページ上にデザイン画が載っていた特注照明もまだ設置前で、楽しみにしていただけに残念です。客室も何部屋か未完成で稼働しておらず、食事処や外装などもこれから仕上げるそうです。

館内も照明がとても控えめです。廊下は特に暗いので、客室ドアの鍵穴に鍵を入れるのも難儀しました。共同のお手洗いも、かなり薄暗くて落ち着きません。

お食事は、カウンター席の個室食事処でいただきました。椅子の座り心地も良く落ち着いた造りでしたが、目の前の窓ガラスの汚れが気になりました。BGMもなく静まり返った空間で、バックヤードにいるスタッフ同士の雑談が筒抜けなのも気になりました。

夕食は、正直なところ期待はずれでした。前菜の中には、1ヶ月ほど前に宿泊した姉妹店「彌榮館」でいただいたのと同じ品が何品かありました。いくら姉妹店であっても価格帯が全く異なりますので、同じ品を提供するのは如何なものかと思いました。お椀は上品な味付けで、メインの和牛の鉄板焼きも柔らかくて美味しいお肉でしたが、どのお料理も拘りや手間が感じられず残念な内容でした。

朝食では、鯛の切り身入り湯豆腐や、籠盛りのおかずはそれなりに美味しいのですが、鯵の干物は焼き過ぎのうえに冷めて硬くなっていました。夕食同様、こちらよりリーズナブルな姉妹店と、同じようなクオリティだった事も残念です。食事中には温かい緑茶を淹れてくださいましたが、カルキ臭が強くて飲めませんでした。

他に類を見ないような、個性的で拘りのつまった施設は一見の価値があるかと思います。ですが、滞在中は不便や不満に感じる事が多く、ゲストの気持ちに寄り添って造りあげた施設ではないように感じました。全ての面において不満ばかりが残りましたが、中でも1番遺憾に思ったのは、グランドオープンしたにも関わらず、まだ施設が未完成で工事中だった事です。完成したらまた来てくださいなどの言動があった事も、大変不快でした。伺ったところ、夏頃には全て完成予定との事でしたので、宿泊を検討されるのであれば、それ以降がよろしいかと思います。全て完成済みでしたら、また違った感想になったかと思いますが、この状態でオープンされた事には疑問を感じずにはいられませんでした。今回は、大変不満の残る滞在となりました。

接客対応

親しみ易い方もいましたが覇気のない方もいて、ハイクラスの宿としては物足りなく感じます。総じて案内が不十分で、夕食中には配膳ミスもありました。

清潔感

オープン直後ですので全体的に綺麗でしたが、客室の四隅やクローゼットに木屑が落ちていた事と、大浴場の脱衣所に埃が目立つのが気になりました。

客室

個性的な内装で室内も照明が控えめで暗いので、個人的には寛ぎ難く感じました。

食事

夕朝食ともに在り来たりな内容で、拘りや手間が感じられませんでした。1人3万円以上の価格帯の宿のお料理としては、クオリティが低いと思いました。

コスパ

大浴場、客室露天風呂には満足しましたが、それ以外の内容を考慮しますと、非常に割高に感じます。完成していない施設があり工事中である旨も、宿泊前に伝えるべきです。

立地

全客室、外輪山を一望できますが、近場の景色は温泉街でした。箱根湯本駅から徒歩10分ほどの場所に位置しています。

温泉・スパ

大浴場は南国風の個性的な造りで楽しめました。宿泊した4階の客室露天風呂は、景色も良く湯温も適温で快適に利用できました。

備考・アドバイス

客室でWiFiが利用できます。速度は快適でした。

全客室、テラスも含め禁煙です。1階に喫煙室があります。

夕食の開始時間は18時からの一択でしたが、朝食は8時、8時半から選択できました。

現地での支払いは、現金のみでクレジットカードは使用できません。

ウェルカムドリンクは、生ビール、シャンパン、コーヒー、オレンジジュース、グレープフルーツジュース、緑茶、ほうじ茶から選択できました。

今回は私の誕生日旅行でしたので、別注でバースデーケーキをお願いしました。生クリームと苺のデコレーションケーキの価格は、4号サイズで約6000円でした。お祝いにシャンパンのミニボトルをサービスしてくださいましたが、ケーキの見た目やお味は至って普通で、かなり割高に感じました。ケーキは持ち込み料なしで持参する事も可能ですので、その方がおススメです。

1 - 1件目 / 合計 1件

施設情報

施設名
箱根 藍瑠
かな
はこね あいる
所在地
〒250-0311
神奈川県足柄下郡箱根町湯本499-1
電話番号
0460-85-3300
チェックイン
15:00
チェックアウト
11:00
アクセス
箱根湯本駅から徒歩7分
送迎
あり/箱根湯本駅前ロ-タリ-より旅館組合巡回バス(オレンジと白色)Bコ-ス行きにて藍瑠下車、片道100円にて送迎いたしております。
駐車場
有り 予約不要
部屋数
12
設備・サービス
○ インターネット ○ 大浴場 ○ 温泉 ○ 露天風呂 × 貸切風呂 × 客室露天風呂 ○ 源泉掛け流し × 駅から徒歩5分以内 ○ コンビニまで徒歩5分以内 × ビーチ近く × ゲレンデ近く ○ 駐車場 ○ 送迎サービス × ランドリー × クリーニング ○ マッサージ ○ エステ × サウナ × 屋外プール × 屋内プール × フィットネス × ペット対応 ○ ルームサービス
アメニティ
シャンプー・リンス ボディソープ・石鹸 フェイスタオル バスタオル 歯磨きセット くし・ブラシ シャワーキャップ ドライヤー 髭剃り 浴衣 ナイトウェア バスローブ 洗顔料 綿棒 冷蔵庫 ミニバー 湯沸かしポット お茶セット テレビ 金庫 洗浄機付トイレ 無線LAN接続

箱根 藍瑠周辺のホテル・旅館