ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

本格湯波懐石 日光星の宿の口コミ・宿泊記

23位

本格湯波懐石 日光星の宿

〒321-1401 栃木県日光市上鉢石町1115
本格湯波懐石 日光星の宿
〒321-1401 栃木県日光市上鉢石町1115
TEL: 0288-54-1105
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.2 に投稿 獲得票数:16 投稿者: すしねこ
2017年4月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
各種湯葉料理と美しく盛り付けられたおいしい料理の味わえる旅館

日曜日(翌平日)から「自分へのご褒美で優雅な休日 」というプランを利用し1名で宿泊しました。料金は2食付で24,450円でした。このプランの特典として、ウエルカムドリンク・モーニングコーヒー・バスタオル2枚用意とアーリーチェックイン・レイトチェックアウトが付いていました。特に前後1時間追加のアーリーチェックインとレイトチェックアウトは大変お得に感じ、ゆっくりと過ごすことができました(通常レイトチェックアウトは1時間当たり2,500円。)

当日は東武日光駅まで列車で向い、駅から電話をすると5分ほどで迎えに来ていただけました。到着するとすでに印刷済みの宿泊帳があり、サインをするだけで手続きが終わります。チェックインからストレスを感じることがありませんでした。その後に、ロビーでウエルカムドリンクをいただき、客室へと案内されました。

宿泊したのは、一般客室である12帖の和室になります。踏み込みとトイレは別になりますが、12帖の客室の中に洗面所とお縁部分も含まれています。施設が高台にあることから窓からの見晴らしもよく、天気がよい日には遠くに雪が残った山々も見えました。また、宿泊した客室からは、庭園や池が見渡せてよい景観でした。

客室の天井にはシミがあり、やや老朽化はみられるものの、ほかは改修されおり比較的奇麗です。窓の桟のみ掃除のしづらい造りになっているとはいえ、そこだけ汚れが見受けられるのは、ほかが奇麗に清掃されているだけに残念に感じます。

客室のアメニティは最低限の用意で、化粧品関係はありませんでした。大浴場には用意がありますが、必要な方は持参されたほうがよいかと思われます。同じくドライヤーも客室にはなく、希望者のみの貸し出しとなります。浴衣は分かりやすいサイズ表があり、用意のものが合うかを最初に確認していただけました。もしも、着てみて合わない場合は、後からでも交換が可能です。また、バスタオルも通常は1枚のみの用意で、2枚目からは有料となるようでした。

大浴場は2階からつながる別棟に用意されていました。男性が“けんぎゅうの湯”、女性が“しょくじょの湯”となり、男女とも同じ造りのために入れ替えはありません。利用時間は15時から24時まで、朝は6時から9時まで入浴が可能でした。木枠でできた浴槽の底は石造りになっており、木張りの床など雰囲気のよい浴場でした。大きな窓や明るい照明があり、足元もしっかり見えるために、昼夜とも安心して入浴できました。しかし、半露天風呂側はやや暗く、浴槽も小さいことから2名程度しか入れません。温泉は加水・加温・循環になります。

食事は2食ともに1階の食事処“宵むらさき”で用意されます。オープンテーブル式の食事処ですが、当日は宿泊客も多くないため、それぞれの席を離して案内されました。おかげで周りを気にせずに、私を含め個々の方が食事を愉しんでいるようで、さり気なくうれしい心配りでした。夜はライトアップされた庭園を、朝は自然な庭園を眺めながら、心ゆくまで食事を堪能できます。

夕食には名物の湯葉料理が用意され、目の前でおこなう引き上げ湯葉がとてもおいしく、作り立てを3枚ほど味わえました。その後は、にがりを入れて豆腐としていただけます。前菜から丁寧に美しく盛り付けられており、最後まで手を抜くことのない料理が並びました。味付けは個々がしっかりしており、特に柔らかい和牛のポワレが気に入りましたが、どれも満足のいくものでした。別注品ではあますが、珍しい鹿刺しや鹿のステーキも味わえます。

朝食はやや品数が少なめで、足りない方はミニブッフェの温野菜や郷土料理で補うことができます。揚巻湯葉や八潮鱒の刺身など、日光らしさを感じる品ぞろえでした。

フロントスタッフは黒服姿で、ホテルのような雰囲気があり、説明も丁寧で親切な応対でした。質問をしても応対が早く、即答できないことはしっかり確認をしてくれることから、滞在中は不安なく過ごせました。特に夕食時のスタッフは素晴らしく、細やかな心配りと丁寧な応対でした。料理の提供具合やお冷の継ぎ足しも申し分ない絶妙なタイミングで感心しました。

世界遺産である日光東照宮などの観光地へも徒歩圏内で、日光駅からのアクセスも非常に便利です。客室数は21部屋と多くないために、あまり騒がしくなく落ち着いた滞在ができました。客室タイプは一般客室か特別室の2タイプがあり、人数や目的に応じて部屋を選べます。また、禁煙ルームが用意されているのも、タバコの臭いが気になる者としては有難いと感じます。それほど高級感の漂う施設ではありませんが、手抜きのない料理と全体的な心配り、および接客が素晴らしかったです。

接客対応

全般的に親切で丁寧でしたが、食事処の係りの方は素晴らしかったです。ただ、どこでも私語が少し見受けられました。

清潔感

客室、施設ともに少々老朽化が目に付きます。清掃は丁寧におこなわれている分、窓の桟の汚れがいっそう目立ちました。ロビーは近年改装されて奇麗でした。

客室

シンプルな造りですが、一般客室でも12帖あり広々としていました。

食事

料理に創意工夫を感じ、盛り付けと器もよいものでした。味もよく、大変おいしい料理を堪能できました。

コスパ

客室の広さと料理を考慮すると、食事処が個室でなくても満足がいく価格でした。

立地

日光の観光地にも近く、見晴らしのよい高台で、日光駅からも車で5分ほどと便利です。

温泉・スパ

温泉が循環なのは残念ですが、雰囲気のある造りの大浴場でした。

備考・アドバイス

冷蔵庫は空ですが、館内に飲料水の自販機が用意されており、市販価格と変わらない良心的な設定でした。

日光駅からの送迎は予約不要です。14-18時の間であれば、駅から連絡をすると迎えに来ていただけます。

エントランス前旅館の火災を免れて残る蔵庭園庭園庭園フロントロビーと売店ロビーロビープランのウエルカムドリンク(柚子ジュース)ロビー階ロビー階ロビー階食事処「宵むらさき」食事処「宵むらさき」食事処「宵むらさき」客室階踊り場客室階通路一般客室和室12帖一般客室和室12帖一般客室和室12帖一般客室和室12帖一般客室和室12帖一般客室和室12帖一般客室和室12帖一般客室和室12帖一般客室和室12帖一般客室和室12帖一般客室和室12帖一般客室和室12帖一般客室和室12帖一般客室和室12帖32インチテレビ大浴場への通路湯上り処湯上り処大浴場大浴場「けんぎゅうの湯」大浴場「けんぎゅうの湯」大浴場「けんぎゅうの湯」大浴場「けんぎゅうの湯」大浴場「けんぎゅうの湯」大浴場「けんぎゅうの湯」大浴場「けんぎゅうの湯」大浴場「けんぎゅうの湯」大浴場「けんぎゅうの湯」大浴場「けんぎゅうの湯」大浴場「けんぎゅうの湯」食前酒の梅酒(夕食)別注日本酒:清開 1,100円税込(夕食)ひきあげ湯葉(夕食)前八寸(夕食)蓬チーズ胡桃寄せ(夕食)水雲酢(夕食)鱸柏葉寿司(夕食)初鰹ちりサラダ(夕食)合鴨味噌松風(夕食)蛤煮凝り(夕食)蛤煮凝り(夕食)玉子豆腐と鱧火取り(夕食)日光湯葉、真鯛、鮪、甘海老の造里(夕食)別注料理:鹿刺し 1,620円税込(夕食)国産黒毛和牛のポワレ(夕食)南瓜利休煮と鶏団子、筍紅梅煮(夕食)竹の子炊き込み(夕食)御食事(夕食)香物(夕食)赤出汁(夕食)抹茶と練乳クリームケーキ、トンプソン葡萄、柏餅(夕食)ほうじ茶(夕食)朝食ミニブッフェ(夕食)朝食全景小松菜と油揚げのお浸し(朝食)辛子明太子、蛸と筍のサラダ、日光たまり漬け(朝食)プレミアム八潮鱒の刺身(朝食)鹿沼玉蒟蒻味噌煮(朝食)銀鮭と自家製玉子焼き(朝食)揚げ巻き湯葉と信田巻き(朝食)ミックスビーンズとグリーンサラダ(朝食)栃木県産こしひかりの釜炊き(朝食)味噌汁(朝食)那須高原ヨーグルトに自家製とちおとめのジャム(朝食)プランの食後の紅茶(朝食)

本格湯波懐石 日光星の宿周辺の旅館