ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

清水小路 坂のホテル京都 (2017年12月1日グランドオープン)

〒605-0862 京都府京都市東山区清水4-200
清水小路 坂のホテル京都 (2017年12月1日グランドオープン)
〒605-0862 京都府京都市東山区清水4-200
TEL: 0799-22-2521

清水小路 坂のホテル京都 (2017年12月1日グランドオープン)のレストラン

清水茶寮

坂のホテル京都のダイニング「清水茶寮」では、美食の都・京都から集めた食材を枠にとらわれず素材の個性を引き出した日本料理としてご提供致します。
17:30 ~ (20:00)
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.8 に投稿 獲得票数:4 投稿者: 湯桜認証済
2019年10月頃に友人と滞在 この口コミに投票する
清水寺の参道である5つの坂に囲まれた、高級感のある館内と美味しい食事を堪能できるホテル

2017年12月にグランドオープンした清水寺の参道である5つの坂に囲まれたホテルです。今回は秋の京都観光を目的に高校時代の友人と利用しました。料金は2名一室2食付きで52000円でした。返金不可の事前決済プランで通常よりもお得に泊まることが出来ました。

観光客で賑わう参道から宿の敷地内に一歩足を踏み入れると静寂な空間が広がり、アプローチは京都の裏路地や小路を彷彿させる造りとなっています。またアプローチに設えられた鹿威しから涼やかな音が響き渡り、風流な気分になりました。正面玄関の横に置かれた人力車は記念写真の撮影スポットとしても人気なようです。

ロビーは左官職人の久住有生氏が手掛けた土壁が印象的な和モダンのデザインで、1階の通路とロビーバーから和の趣きがある中庭を眺めることができます。宿に到着後はロビーバーへ案内され、玉露入りのお茶とお茶菓子をいただきながらチェックインの手続きを行いました。お茶菓子は丹波の黒豆を宇治の抹茶とほうじ茶で包んだ2種類のチョコレート菓子でした。

客室は全17タイプあり、予約したのはスーペリアツインですが、サービスでデラックスツインにグレードアップしていただきました。47平米の広々とした空間で、白木の家具をアクセントにした落ち着いたデザインで統一されています。デスクも大きく、ちょっとした作業や調べものをするにも便利でした。障子戸をあけると二重サッシになっており、断熱効果や防音効果に優れています。

バスルームに窓は設えられていませんが閉塞感はなく、檜の浴槽は1人なら足を伸ばしてゆっくりとお湯に浸かることができるサイズです。温泉は引かれていませんが、京都伏見のお酒が用意されており、日本酒風呂を堪能できます。日本酒風呂は美肌効果や保温保湿効果があるらしく、普段から美容に気を使っている友人は長風呂を楽しんでいました。

アメニティは一通り揃っていたので特に持参する必要はありませんでした。基礎化粧品は化粧水と乳液の他にフェイスパックが揃う嬉しいラインナップでした。またアイマスクが用意されており、長旅の疲れも癒せました。館内着の浴衣とは別にルームウェアも用意されており、肌触りが良くて就寝時に重宝しました。

3階ゲストラウンジ「音羽ラウンジ」では飲み物、おつまみ、アイスキャンディ&アイスクリームが自由にいただけるようになっています。珈琲はエスプレッソマシーンとは別にミルも用意されており、紅茶も拘りのラインナップを楽しめます。またマッサージチェアやライブラリーコーナーが設けられているので、お休み処や読書スペースとして利用するにもお勧めの空間です。蔵書は少ないですが京都に纏わる書籍が揃い、絵本が用意されているのもお子様連れに優しい配慮だと思いました。16時〜18時のアペリティフタイムにはスパークリングワインが追加されます。チェックインから夕食前の僅かな時間なので、利用したい方は早めにチェックインなさると良いかと思います。

貸切風呂「蕩 八坂」は1回50分4000円(税抜)で利用できます。小窓から京都の街並みと東山エリアのシンボルである「八坂の塔」が眺められ、景色を眺めながらお湯に浸かりたいという方はこちらがお勧めです。暦湯といって、季節ごとに様々なお風呂を楽しめるようになっています。10月はりんご湯で、湯船に沢山のりんごが浮かべられます。毎年決まった種類ではなく、今年の9月は柚子、8月はレモンだったようです。

食事は夕朝ともに離れのダイニング「さとざくら」でいただきました。離れのダイニングはいくつかの個室に分かれていて、1つの個室を2組で利用することになります。夕食時は私達だけで個室を使わせていただき、おかげで周りに気を使うことなく会話を楽しめました。離れのダイニングとは別にオープン席のダイニング「清水茶寮」もあり、こちらは照明を巧みに用いたスタイリッシュなデザインとなっています。広々とした空間で、席の間隔も広く、離れのダイニングのこじんまりとした個室を二組で利用するよりもこちらの方が寛げるのではないかと思いました。

夕食はリーズナブルに利用できる湯豆腐会席や京御食国懐石などいくつかのプランが用意されています。「御食国」とは皇室・朝廷に多彩な食材を納めた3つの美食の国「若狭・志摩・淡路」のことを指し、京都と御食国の食材が融合した懐石がいただけるとのことで、私達は京御食国懐石を選びました。前菜はあまり印象に残らなかったのですが、その後に続く料理は大変美味しくて満足できました。黒毛和牛は口の中でとろける程に柔らかく、お造りの鮮度も良かったです。ご飯は各グループごとに土鍋で炊かれ、煮えばな(中心部分の炊きたてご飯)と蒸らし後の2回に分けてよそってもらえました。

朝食は品数が豊富な和食膳です。料理の前に提供される京の野菜と果物を用いたジュースはロビーに併設されているセレクトショップで購入もできます。出汁巻き卵は上品な出汁の美味しさを感じられる1品です。鯛の西京焼きは味噌の味が良く染み込んでいてご飯に合う1品でしたが、ちょっと焼きすぎて固くなっていたのが残念でした。食後の珈琲は京都で有名な小川珈琲で淹れ方をマスターしたスタッフがドリップしているそうで、老舗のカフェでいただくような濃厚で香り高い珈琲でした。

若いスタッフが多いですが、所作は洗練されています。ゲストを迎えるために正面玄関で待機していたスタッフが、宿の前を通る通行人全ての方に丁寧なお辞儀をしており、京都のおもてなし文化を教えていただいたような気分になりました。

清水寺の参拝や観光にとても便利なロケーションです。コインランドリーやロッカーが備わり、連泊して観光の拠点として利用するにも良いです。また館内の洗練された高級感や美味しい食事は観光を目的にせずとも十分満足度の高い滞在になるのではないかと思いました。

接客対応

スタッフの所作が洗練されており、高級感のある接客を受けられました。また外で待機していたスタッフが宿の前を通る全ての通行人に挨拶をしていたのが印象に残りました。

清潔感

オープンから2年も経っていないので、館内はとても綺麗で、掃除も行き届いています。

客室

アースカラーを基調とした落ち着いたデザインで、白木の家具がアクセントになっています。

食事

どの料理も大変美味しく、また食材にも拘った懐石をいただけます。特に繊細な出汁を用いた茶碗蒸しや出汁巻き卵が絶品でした。

コスパ

ゲストラウンジのフリードリンクが充実しており、また高級感のある館内や拘りの食材を用いた懐石は素晴らしく、観光にも便利な立地からコスパは良いと思いました。

立地

清水寺の参拝や人気観光地へのアクセスが大変良く、観光の拠点として利用するのにも便利です。

温泉・スパ

温泉は引かれていませんが、客室風呂で日本酒風呂を楽しめます。また貸切風呂ではりんご湯などの暦湯を楽しめます。

備考・アドバイス

館内でWi-Fiが利用できます。

現地でクレジットカードが使えます。

JR京都駅周辺、京阪清水五条駅周辺、阪急京都本線河原町駅周辺から宿まで送迎があります。送迎を希望する方は前日までの予約が必要となりますので、お気を付けください。また帰りの送迎はありません。

市バスを利用する場合、最寄りのバス停は「五条坂バス停」です。

清水小路 坂のホテル京都 (2017年12月1日グランドオープン)周辺のホテル・旅館