ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

若竹の庄 別邸笹音の口コミ・宿泊記

9位

若竹の庄 別邸笹音

〒321-2521 栃木県日光市鬼怒川温泉藤原136
若竹の庄 別邸笹音
〒321-2521 栃木県日光市鬼怒川温泉藤原136
TEL: 0288-76-3000
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.9 に投稿 獲得票数:14 投稿者: korousa
2017年6月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
鬼怒川の渓流と里山の眺望に癒される高級旅館

6月の平日に宿泊しました。「若竹の庄」という旅館の別館で、この宿に伺うのは2回目となります。この宿に再訪を決めたのは、前回客室から見える渓流と里山の眺望に非常に魅了されたからです。アクセスは鬼怒川公園駅からの無料送迎を利用しました。あらかじめ電話をしておくと、駅で待っていてくださるので便利です。

若竹の爽やかな緑に包まれたエントランスに送迎車が到着すると、すぐにスタッフの方が表れて荷物を持ってくださいました。庭園に囲まれた本館のロビーでお茶とお菓子をいただき、記帳を済ませます。宿帳にはほとんどの情報が書き加えられており、サインのみで済みました。

利用したお部屋は「Dタイプ」というお部屋で、「別邸笹音」では一番安いカテゴリの客室です。ベッドルームと和室が一続きになった和洋室に渓流を望むテラス、そして半露天のお風呂がついています。こちらを平日2名2食付き54,000円で利用しました。客室テラスから見下ろせる鬼怒川上流の、迫力ある渓流と里山の景観は大変美しく、川の音も爽快な気分にさせてくれます。客室テラスの横の半露天風呂はさほど大きくはありません。対岸に民家があるため、窓も少し開けられる程度なのですが、温泉がやわらかい質感で、湯温も高すぎないので、渓流に耳を傾けながらゆっくりと湯浴みを楽しむことができました。

浴衣は2枚ずつの用意、基礎化粧品は男性用・女性用の両方が用意されています。女性用は「雪肌精」が置かれていました。また、美顔器の備えがあるのは珍しいと思います。冷蔵庫は空なのですが、お菓子2種類、コーヒー・緑茶・ほうじ茶に加え、安眠用のハーブティがあるのが嬉しかったです。客室でいただく冷たい飲み物やビールは館内にある自販機を利用しました。

男女別大浴場は「若竹の庄」本館にあります。それぞれ内湯1箇所露天1箇所で男女とも似た作りになっているようです。女性用の露天は、目隠しの木があるため眺望はいまひとつとなりますが、渓流の音が楽しめる広くて清潔なお風呂でした。男性用露天は目隠しの木が少ないので、川の眺めを楽しみながら湯浴みできるかと思います。この本館の大浴場の他には「別邸笹音」に有料の貸切風呂もありました。

「別邸笹音」のもう一つの魅力は美しく広々としたラウンジです。デッキもあり、こちらでも川の眺めが楽しめます。大きなオーディオからいつも雰囲気の良い音楽が流れていました。いつも宿泊客がいらっしゃらないので少々寂しい雰囲気ですが、逆に他の方を気にせず、のびのびと寛ぐことができます。さらにこちらでフリーのドリンクサービス等があれば尚一層満足度が高かったかもしれません。夜はラウンジ併設のバーもオープンし、一段と素敵なムードになります。シックな雰囲気を好まれる方はこちらで過ごされるのも一興かと思います。

このラウンジ以外のその他の共用部としては、「若竹の庄」本館に二次会用のカラオケスナックや、ラーメン処もありました。お土産処の品揃えは豊富で、買い物が楽しめます。

夕食は個室の食事処でいただきました。こちらでは一手間かけた創作会席料理がいただけます。薄味で手の込んだものが少しずつ出てくる上品な京会席で、好みのお食事コースでした。特に口の中でとろりとほぐれる焼き豚が乗った「温泉茄子田楽」と「射込み加賀太」という蕪の煮物が絶品でした。同じ料理でも2人のお皿が違うものが選ばれており、見た目の工夫も目を楽しませてくれました。ただ、ボリュームたっぷりお肉が台の物で出てくるような、わかりやすい豪華さがないので、そういったものを期待される方には不満が残るかもしれません。

朝食も同じ個室を利用しました。様々なメニューが少しずついただけるバランスの良い献立で美味しくいただきました。主食は白米かおかゆが選べます。ベビーリーフたっぷりのサラダや、タジン鍋で提供される煮物がほっとするお味でした。焼き魚がもう少し焼きたてであれば嬉しかったですが、ご飯に合うおかずがたくさんあり、食がすすみました。

接客は皆さん丁重に対応していただきました。物腰やわらかというよりは、サバサバ、テキパキとした雰囲気の仲居さんが多い印象でした。また、全体的に笑顔やゆとりといった点について、多少ばらつきを感じました。ただ、給仕をしてくださった男性の方々は大変親切な雰囲気で、配膳タイミングも良く、とてもくつろいで夕食をいただくことができました。チェックアウト時にはラウンジに女将さんらしき女性がいらっしゃって、笑顔で挨拶していただくことができました。

こちらの最大の魅力は、温泉街中心地から少し離れた静かな環境と、客室デッキから眺められる鬼怒川の爽快な景観かと思います。客室露天風呂や京会席のお料理、そして素敵なラウンジも満喫することができました。綺麗な渓流の眺望を持つ高級宿をお探しの方におすすめしたい旅館です。

接客対応

物腰やわらかというよりは、テキパキとした雰囲気の仲居さんが多い印象でした。給仕をしてくださった男性の方々は大変親切な雰囲気で良い印象でした。

清潔感

多少の経年劣化が見受けられましたが、気になるほどではありません。清掃状態も問題なく、気持ちよく過ごせました。

客室

利用した「Dタイプ」のお部屋は「別邸笹音」の中では一番リーズナブルなカテゴリのお部屋でしたが、半露天と素晴らしい渓流の眺めのデッキに満足しました。

食事

手の込んだ京風会席がいただけます。優しいお味で見た目も綺麗です。ボリュームたっぷりのお肉を期待される方には不満が残るかもしれません。

コスパ

素晴らしい川の眺望や半露天風呂を満喫することができました。お食事も美味しく、バランスの取れたお宿かと思います。

立地

鬼怒川温泉街から少し離れた渓流部の鬼怒川の眺望が楽しめます。

温泉・スパ

客室露天ではやわらかいお湯を楽しむことができました。大浴場は広々とした作りです。男性風呂の方は川の眺めでのびのびと湯浴みができるかと思います。

備考・アドバイス

Wi-FiのIDとPASSは部屋ごとに用意されいているので安心感がありました。

21時〜23時の間、本館のお食事処で提供されている、ラーメンや焼き鳥などをルームサービスでいただくことができます。

「若竹の庄」本館エントランス「若竹の庄」本館エントランス「若竹の庄」本館エントランス「若竹の庄」本館エントランス「若竹の庄 別邸笹音」エントランス「別邸笹音」ラウンジ「別邸笹音」ラウンジ「別邸笹音」ラウンジ「別邸笹音」ラウンジ「別邸笹音」ラウンジ「別邸笹音」Dタイプ客室「別邸笹音」Dタイプ客室「別邸笹音」Dタイプ客室「別邸笹音」Dタイプ客室「別邸笹音」Dタイプ客室「別邸笹音」Dタイプ客室「別邸笹音」Dタイプ客室「別邸笹音」Dタイプ客室「別邸笹音」Dタイプ客室「別邸笹音」Dタイプ客室「別邸笹音」Dタイプ客室「別邸笹音」Dタイプ客室 眺望「別邸笹音」Dタイプ客室 眺望「別邸笹音」Dタイプ客室 眺望「別邸笹音」Dタイプ客室 眺望「別邸笹音」Dタイプ客室 洗面ルーム「別邸笹音」Dタイプ客室 洗面ルーム「別邸笹音」Dタイプ客室 洗面ルーム「別邸笹音」Dタイプ客室 洗面ルーム「別邸笹音」Dタイプ客室 洗面ルーム「別邸笹音」Dタイプ客室 洗面ルーム「別邸笹音」Dタイプ客室 半露天「別邸笹音」Dタイプ客室 半露天「別邸笹音」Dタイプ客室 半露天「別邸笹音」Dタイプ客室 半露天「別邸笹音」Dタイプ客室 半露天「別邸笹音」Dタイプ客室 備品「別邸笹音」Dタイプ客室 備品「別邸笹音」Dタイプ客室 備品「別邸笹音」Dタイプ客室 備品「別邸笹音」Dタイプ客室 備品「別邸笹音」Dタイプ客室 備品小物入れ「別邸笹音」Dタイプ客室 備品「別邸笹音」Dタイプ客室 備品「別邸笹音」Dタイプ客室 備品「別邸笹音」Dタイプ客室 備品「別邸笹音」Dタイプ客室本館 女性大浴場本館 女性大浴場本館 女性大浴場本館 女性大浴場本館 女性大浴場本館 女性大浴場本館 女性大浴場本館 女性大浴場本館 女性大浴場本館 女性大浴場男性大浴場食事処食事処食事処食前酒、前菜、先付海素麺玉寄せ、磯つぶ貝、日光サーモン砧巻き等向付、吸物(鱧縮緬)凌ぎ貝寿司、射込加賀太温泉茄子田楽、養老寄せ鰻彩揚げ 鬼手長海老南蛮漬食事果物 シルキーコッタ売店本館 スナック本館 二次会処エステサロン「若竹の庄」本館エントランス 夜「若竹の庄」本館エントランス 夜「若竹の庄」本館エントランス 夜「若竹の庄 別邸笹音」エントランス 夜「別邸笹音」ラウンジ 夜「別邸笹音」ラウンジ 夜「別邸笹音」ラウンジ 夜「別邸笹音」ラウンジ 夜「別邸笹音」ラウンジ 夜「別邸笹音」ラウンジ 夜「別邸笹音」ラウンジ 夜「別邸笹音」ラウンジ 夜女性大浴場 夜「別邸笹音」夕方の眺望「別邸笹音」3階ラウンジ夜に提供される水差し朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食

若竹の庄 別邸笹音周辺の旅館