ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

鬼怒川温泉 旅館 若竹の庄 別邸笹音

鬼怒川温泉 旅館 若竹の庄 別邸笹音
〒321-2521 栃木県日光市鬼怒川温泉藤原136
TEL: 0288-76-3000
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.8 に投稿 獲得票数:8 投稿者: アメネコ認証済
2019年1月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
鬼怒川を臨み里山の風景が広がる閑静な大人の温泉宿

鬼怒川温泉郷にある温泉旅館「若竹の庄」の別館です。小学生以下はお断りされています。宿へは鬼怒川公園駅から予約制の迎車で向かいました。駅から徒歩圏内ですが、通り道は坂道で商店もないため、送迎車を利用したほうがよいと思います。

1月の平日に宿泊しました。「Dタイプ/お日にち限定・季節の会席料理」を予約し、大人2名2食付き50,300円(諸税込)でした。

出迎えスタッフの誘導で立派な長屋門をくぐると、一気に雰囲気が変わり、竹林を配した閑静な中庭がありました。池には美しい錦鯉が泳ぎ、夜は幻想的にライトアップされます。松の内の宿泊だったため、季節のしつらえの美しさも感じながら移動しました。

チェックイン・アウトの手続きは本館の若竹の庄で行います。ロビーラウンジで記帳とプラン確認が終わり、抹茶と和菓子をいただいた後、別邸笹音へ案内されました。本館と別邸は長い渡り廊下でつながっています。長屋門から直接別邸へ入るルートもあるので、移動距離が心配な方は、事前に相談されるとよいでしょう。

全16室の客室はすべて渓流に面し温泉給湯の半露天風呂を備えています。部屋の広さによって4つのカテゴリがあり、一番コンパクトなDタイプ(全室喫煙可能)を予約したのですが、空きがあったのでとのことでCタイプ(全室禁煙)が用意されていました。予約時の消臭対応のお願いに配慮いただいたようです。お礼を述べると、微笑みで返され、入館早々素敵なおもてなしを受けました。

最上階3階の「椎谷」は二間続きの和洋室です。8帖のシンプルな和室は渓流側がガラス張りで、室内からも長閑な里山の景色が楽しめます。6帖弱のベッドルームは100cmサイズのベッドが2台ありました。デッキテラスからは眼下に鬼怒川が見えます。浅瀬で野趣に富む流れは川下りエリアの穏やかな水面とはまた違った魅力がありました。

半露天風呂は想像より広く洗い場が独立しています。御影石の浴槽は手足を伸ばしても余裕がありました。眺めは室内と同じ渓流側ですが、目隠しの格子があるため、開放感は今一つです。温泉は終日止まることなく注がれ、温度はお湯と水で調整できます。入室すぐの湯船は塩素のようなにおいが気になりました。スタッフに確認すると、源泉(加水)かけ流しで、循環ろ過はしていないそうです。深夜になると無色無臭の肌当たりが柔らかいお湯になっていたので、掃除で使う消毒の残り香だったのかもしれません。

脱衣洗面所も広く2連ボウルで快適に利用できました。使い切りアメニティは一通り揃っています。基礎化粧品はボトルタイプの雪肌精です。ナノケアスチーマーは就寝モードの効果を期待しましたが、突然鳴る動作音が気になり諦めました。館内着は浴衣2枚とちゃんちゃんこです。タオルは大小各1枚でした。大きなタオル掛けがありますが、あまり乾かず不便さを感じます。大浴場のタオルの備えは、エコの観点から廃止したとの案内があり、追加は頼みにくい状況でした。洗面台に手拭きがないのも困ります。衛生面も踏まえ、タオル類はもう少し多く用意していただきたいと思いました。

浴場は男女別の大浴場(露天風呂、内風呂)が本館1階にあります。湯船の雰囲気や広さは男女ほぼ同じようです。女湯は基礎化粧品と使い切りアメニティが一通り揃っていました。タオルは部屋から持参です。温泉は加水加温と循環ろ過がされ、特徴はありませんが、露天風呂は川瀬の音を感じながら入浴を楽しめました。男湯は渓流側の目隠しがなく見晴らしもよいそうです。内風呂と脱衣所は客室数に対し広めで清潔感がありました。有料の貸切風呂(45分・3,240円)も別邸1階に2つあります。本館と共用施設で当日予約制です。

カウンターバー併設のラウンジはバング&オルフセンの音響機器や上質なソファを備えたスタイリッシュな空間でした。朝はモーニング珈琲のサービスがあります。夜はバー営業で賑わっていました。

食事は朝夕ともに個室食事処でいただきます。イス席と掘りごたつ席があるそうです。案内された掘りごたつ席は床暖房とヒーターで足元まで暖かく快適に食事ができました。通路側が障子のため隣席の話し声はよく聞こえます。

夕食は季節に合わせた和会席でした。昨年料理長が代わったそうです。先代料理長の京会席を楽しみにしていたため、残念な気分で食事をスタートしましたが、先付けから丁寧な品が並び、椀物をいただく頃には嬉しい誤算となりました。鯛と赤飯を竹絵の器で蒸した寿蒸しは、とても香りがよく、新春を祝う素敵な一品でした。それほど上質なお肉ではありませんが、最後は白飯とステーキが出され、健啖家の同行者も満足したそうです。

朝食の和定食は豆腐や納豆など朝食の定番品がなく珍しい献立だと思いました。主食は白飯とお粥が選べます。惣菜はほぼ冷菜で炊合せは器まで冷えていました。雪が降りそうな寒い朝はもう少し温かみのある品をいただきたかったです。

客室案内や食事処の若いスタッフはあっさりした対応でした。配膳の料理説明もシンプルで、産地や調理法の説明はなく、このクラスの宿としては少々寂しく感じます。質問に対しあやふやな返答をされたのも残念です。対象的に共用部ですれ違うベテラン風のスタッフからは優しい声かけが多くありました。主に接するスタッフによって接客の印象が大きく異なりそうです。チェックアウト時はラウンジに接客スタッフが並び丁寧な見送りがありました。大女将の心のこもった挨拶も心に残ります。

華やかな夕食と客室で半露天風呂を楽しめる宿です。眼前に広がる里山の景色と鬼怒川のせせらぎにも癒やされました。シックなラウンジも素敵です。館内は上品な美術品や生け花がふんだんに飾られ目の保養になりました。竹取物語を連想させる竹や笹のモチーフも可愛らしいです。先代の旅館から数えると50年続く老舗の安心感もあります。どなたにもおすすめできる上質な温泉宿でした。

接客対応

若いスタッフはあっさりした対応です。ベテラン風のスタッフからは優しい声かけが多くありました。主に接するスタッフによって印象が異なりそうです。

清潔感

所々に経年劣化を感じますが、目の届く場所の清掃は徹底され清潔感もあります。大浴場は数年前に改装され新しいです。

客室

半露天風呂を備えたシンプルな二間続きのツインです。鬼怒川と里山の景色に癒やされます。水回りにいると隣室の会話や物音がよく聞こえました。

食事

夕食は季節に合わせた華やかな和会席です。朝食は冷菜ばかりで出来たて感がなく物足りない内容でした。

コスパ

すべてにおいて標準以上の満足感があり値段に納得の宿です。今回は客室のアップグレードも受けお得感が増しました。

立地

鬼怒川公園駅から徒歩約8分。温泉街の中心部より上流の鬼怒川沿いにあります。鬼怒川観光の拠点としても便利です。

温泉・スパ

全客室に源泉(加水)かけ流しの半露天風呂を設置。柔らかい肌ざわりのアルカリ性単純温泉。広々とした大浴場と有料貸切風呂もあります。大浴場は消毒臭を感じました。

備考・アドバイス

館内はWi-Fiが利用できます。

禁煙ルームはCタイプのみです。その他のカテゴリは喫煙可能です。

食事は本館のスタンダードプランとほぼ同じ献立とのことです。夕食の素材の質が少し上がるそうです。朝食は同じ内容です。

予約制の無料送迎(東武鉄道の駅~宿)があります。迎車は鬼怒川公園駅待ち合わせです。送車は鬼怒川公園駅行きと鬼怒川温泉駅行きがあります。

鬼怒川温泉 旅館 若竹の庄 別邸笹音周辺のホテル・旅館