ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

僧伽小野 一秀庵

〒819-1331 福岡県糸島市志摩久家2143-2
僧伽小野 一秀庵
〒819-1331 福岡県糸島市志摩久家2143-2
TEL: 092-328-3938
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.9 に投稿 獲得票数:10 投稿者: tanuko222認証済
2018年10月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
糸島の旬の味覚と絶景を満喫できる、一日二組限定の和のオーベルジュ

海と山に囲まれた自然豊かな地、糸島にある、1日2組限定のオーベルジュです。十月の平日に一名で宿泊し、一泊二食付きで29,500円(税込)でした。宿のオーナーのご実家がお寺ということで、珍しい宿の名前を始め、客室や食事処の名前も、仏教に由来しているそうです。

当日は駅から送迎をお願いしました。宿に着くと仲居さんが迎えてくださり、最初に小さな離れにご案内いただきました。こちらのカウンターからは海が一望でき、思わず感嘆の声をあげてしまう程の美しさです。記帳を済ませた後、竹や梅など、六種の香りの中から、お部屋用のお香を選びました。

玄関に入ると、正座をされた副料理長から丁寧なご挨拶があり、夕食が待ち遠しい気持ちになりました。館内をご案内いただきながら二階に上がり「鹿野苑」という食事処で、お茶とパウンドケーキをいただきます。食事は二食共こちらにご用意いただきましたが、唐津の高島まで見渡せる眺めの良いお部屋で、隣に設けられたテラスに出ることもできました。

今回宿泊したのは、10畳の和室の「竹林」と、6畳の和室の「鶏林」で、それぞれに洗面とお手洗いがついていました。予約サイトには「二間続きの客室」と記載がありましたが、実際には独立した二つの客室を利用する形で、大変贅沢に感じました。客室を行き来する際には一旦廊下に出る必要がありますが、「竹林」のすぐ斜め前に「鶏林」があり、不便には感じませんでした。

「竹林」は海側ではありませんが、里山を望む落ち着いた雰囲気のお部屋で、布団もこちらに用意されます。海が一望できる「鶏林」には、窓に向かってチェアが置かれており、外を眺めながらゆっくりするのに最適です。特に夕暮れ時、空と海が茜色に染まっていく景色は、とても美しかったです。窓際に用意された真空管アンプから流れる音楽も心地良く、自分だけの隠れ家のようなお部屋でした。

こちらの宿で特筆すべきは、テレビが設置されていないことです。最初は退屈ではと思いましたが、読書を楽しんだり、目の前の砂浜を散歩したりと、ゆっくりとした時間を堪能することができました。その他の設備は「竹林」に揃っていましたが、金庫はなく、貴重品は貴重品袋に入れて帳場に預ける形でした。冷蔵庫には冷水が用意されており、追加でお水をいただくこともできました。

基本的なアメニティは揃っており、素敵な布の巾着に、櫛や歯ブラシ、ボディタオルなどが入っていました。浴衣はなく、代わりに作務衣が用意されています。タオル類は、浴用タオルの他、上質なバスタオルが2枚あり重宝しました。糸島産の無添加石鹸が洗面台やお風呂にありましたが、その他の基礎化粧品の用意はないので、必要な方は持参が必要です。

共用施設はほとんどありませんが、一階にミニライブラリーと、お土産物が並べられた小さな売店がありました。設備の古さや経年劣化を感じる部分もありましたが、館内はどこも丁寧に清掃されており、清潔感がありました。

「蓮」という名の貸切風呂には、檜の露天風呂と内風呂があり、一人で入るには十分な広さでした。温泉ではなく、柵があるため海はあまり見えませんが、潮風を感じながらの入浴は、気持ちの良いものでした。入浴予定時間をお伝えすると、その直前にお湯を張っていただけるのも嬉しかったです。バスアメニティはポーラ製のものが揃っていました。ただ、シャワーの調子が悪く、お湯が出にくかったのは残念でした。

夕食は、採れたての糸島産の食材にこだわった、創作和食料理です。丁寧に盛り付けられた料理が、一品一品、絶妙なタイミングで提供されました。

「秋薫伊都の恵み」と題された「鰆の酒蒸し」は、ふっくら柔らかで、添えられた野菜と果実のソースのハーモニーが素晴らしい一品でした。「糸島の陽だまり」という名のメイン料理は、上質な糸島牛や、唐墨をまぶした赤ウニが盛り付けられた、贅沢な内容です。内側にフォアグラが隠された芽キャベツの横には「カカオの土」が飾られており、糸島の肥沃な土壌を連想させる料理でした。地元の棚田米を使った「カマスと万願寺の土鍋ご飯」や、和のデザートもまた絶品で、創意工夫に富んだ料理の数々を、心から堪能することができました。

朝食も品数が多く、こだわりの料理が食卓一杯に並びます。イカやタコなどの魚介類の他、ベーコンやハムも地元産とのことで、どの品も美味しくいただきました。土鍋で炊いたツヤツヤのご飯も美味しく、満足度の高い朝食でした。夕食、朝食共に、食後に珈琲か紅茶をいただけるのも嬉しかったです。

驚いたのは、夕食のソフトドリンク代と、通常有料である送迎代を、ご好意で無料にしていただいたことです。車で駅に着いた際には、おにぎりと宿特製のお醤油をいただき、ここまでしていただけるとはと恐縮してしまいました。

接客はほぼマネジャーの男性にご担当いただきましたが、常に笑顔で、丁寧にご対応いただき、一人でも安心して滞在することができました。言葉の端々に地元への愛情を感じる方で、私にも糸島の素晴らしさが伝わってくるようでした。絶景に素晴らしい料理、細やかなおもてなしという贅沢を堪能できる、上質な宿です。

接客対応

マネジャーの男性の温かく、きめ細やかな接客が印象的で、一人でも安心して滞在することができました。

清潔感

老朽化が目立つ部分もありましたが、清掃は行き届いており、清潔感がありました。

客室

それぞれに個性のある二つの客室を使うことができ、快適でした。特に「鶏林」からの眺望は絶景です。

食事

糸島の旬の食材を贅沢に使った創作和食料理を、心行くまで堪能することができました。

コスパ

お部屋や料理の内容を考えると、良心的な価格設定だと思います。

立地

海の目の前という好立地で、海を独り占めしているかのような絶景を楽しむことができます。駅からは距離がありますが、福岡市内からも近く、便利な立地かと思います。

温泉・スパ

貸切風呂には、檜の露天風呂と内風呂があり、一人で入るには十分な広さでした。入浴予定時間をお伝えすると、その直前にお湯を張っていただけるのも嬉しかったです。

備考・アドバイス

・客室では、Wi-Fiを利用することができます。

・もう一方の客室「松林」は12畳の和室で、宿で一番眺望の良いお部屋だそうです。

・客室や食事処には、それぞれのお部屋のテーマに合った水墨画が飾られており、どれも素敵でした。特に「鹿野苑」の鹿の絵や、良寛和尚のお言葉が記された絵は素晴らしかったので、ぜひ食事の前後に鑑賞していただきたいです。

・送迎は「筑前前原駅」か「加布利駅」からお願いすることができますが、日によって対応が難しいこともあるようなので、早目にお問い合わせされることをおすすめいたします。基本的には有料サービスで、駅によって価格が異なるようでした。

僧伽小野 一秀庵周辺のホテル・旅館

関連ページ