ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

奥日光 やまみず樹
〒321-1662 栃木県日光市湯元2536
TEL: 0288-62-2563
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.2 に投稿 獲得票数:1 投稿者: 湯桜認証済
2018年12月頃に友人と滞在 この口コミに投票する
硫黄成分の強い温泉が自慢の、アットホームなプチホテル

2018年4月にリブランドオープンした全7室のお宿です。全国屈指の濃さを誇る硫黄泉のにごり湯を堪能したいと思い、今回は大学時代の友人と3人で利用しました。料金は3名一室2食付きで、52000円です。

早めに到着してしまった為車の中で待っていると、オーナーが駐車場まで迎えにきてくださり、寒いからといって宿に通してもらえました。ウエルカムドリンクはなく、ロビーで簡単なチェックインの手続きを終えると直ぐに客室へ案内していただきました。

客室はシングル、ツイン、和洋室、特別和洋室の4タイプあり、今回利用したのは特別和洋室です。3人以上で利用する場合は予め和室に布団が敷かれているので、スタッフがチェックイン後に出入りすることはありません。

柱や絨毯など年季を感じる箇所はありますが、クロスなどリニューアルされている部分も多くて清潔感がありました。また窓の取っ手部分が硫黄成分で真っ黒に錆び付いているところを障子扉で目隠しするといった配慮がなされています。空調設備は冬はヒーター、夏は扇風機だけになります。特別和洋室の場合ヒーター1つだけでは客室全体を温めることができず、洋間のスペースはかなり寒かったです。夏はあまり気温が上がらないので、扇風機だけでも快適なようです。

アメニティは歯ブラシ、櫛、シャワーキャップ、コットンくらいで品揃えが充実しているとは言えません。館内着には浴衣と半纏の用意がありますが、館内は暖房が効いておらず移動の際はかなり寒かったので、冬は温かい上着や部屋着があると便利です。スキンケア用品は客室に用意されていませんが、大浴場に備え付けのセットがあるので持参しなくても困らないと思います。  

大浴場は夜通し入浴可能で、男女の入れ替えはありません。どちらも内湯と露天風呂付きで、女性大浴場の方は内湯が大きめに、男性大浴場は露天風呂が大きめに造られているという違いがあります。硫黄成分が強く源泉は78℃とかなり高めです。水で温度調節は出来ますが、内湯は適度な温度で長湯も出来ました。露天風呂は東屋造りの野趣溢れる雰囲気を楽しめ、寝湯スペースも備わります。源泉は元々透き通ったエメラルドグリーンですが、空気に触れたり水を入れることで白濁していくという特徴があり、到着時は透き通ったエメラルドグリーンだったのに時間が経つにつれて緑がかった乳白色のにごり湯に変わり、色の変化を楽しめました。また天候や気温の影響も受けるらしく、季節や時間帯によって色を変える美しい温泉は大変気に入りました。

大浴場とは別に内湯の貸切風呂が二箇所あり、1グループにつき60分間1回無料で利用できます。温水プールだった場所を貸切風呂へ新たに造り変えたようで、浴室や脱衣場だけではなく貸切風呂前の廊下とトイレを含めて全体的に真新しいエリアでした。陶器風呂が1〜2人用なのに対して岩組風呂は2〜3人用と少し大きめに造られています。浴室は広々としていて、窓際に備え付けられたベンチに座って休憩を挟むと長湯も楽しめました。

食事は朝夕ともにレストランでいただきます。浴衣着用での利用が可能ですがレストラン内の温度が低く、私達は温かい服装に着替えてから食事をいただきました。照明が抑えられていて夕食時は薄暗い印象でしたが、朝は窓から日光が差し込み明るい空間で、奥白根山や五色山など雄大な山々を眺めながら食事をいただけるのが魅力です。外に出るとオープンテラスへと続き、夏の間はテラスで朝食をいただいたり、カフェテラスとしての利用が可能です。

夕食は地元の食材を使った家庭的な創作和食です。お品書きはありませんが、オーナーが1品ずつ丁寧に料理の説明をしてくださいました。日光名物の湯波はお造り、豆乳鍋、煮物と多用されていて、バリエーションに富んだ湯波を楽しめます。陶板焼きの牛肉は少し歯ごたえがありましたが、さっぱりとしていて醤油ベースのタレとの相性も良かったです。天ぷらは揚げたてでサーブされ、中でもオクラ饅頭の天ぷらは宿泊客の間でも特に人気の高い1品らしく、肉汁が口の中で広がり、カリっとした衣の食感も良かったです。

夕食が和食なのに対して朝食は洋食です。ドリンクは牛乳と数種類のソフトドリンクから選べます。スープ、パン、メインプレートが順次運ばれてくるコース形式で、全て出来たてを味わえました。コーンスープはインスタントのような薄さでしたが、とろっとしたスクランブルエッグやレーズンがたっぷり入ったフルーツグラノーラはとても美味しかったです。食後の飲み物は珈琲と紅茶から選べます。

通常はスタッフが1人いるようですが、オフシーズンは女性オーナー1人で切り盛りされています。食事の時は調理とサーブを同時進行で行っているので、複数組の利用がある場合やドリンクのオーダーが重なった場合は慌ただしくなるのではないかと思います。しかし今回は私達だけの利用ということもあり、オーナーとの会話を交えながら楽しい食事になりました。

全7室のこじんまりとしたお宿にも関わらず貸切風呂が2箇所もあり、大浴場と貸切風呂全てが源泉かけ流しという温泉自慢のアットホームなプチホテルです。更に今回は男性客がいなかったので男性大浴場も利用させていただき、正に湯巡り三昧を楽しめました。料理は本格的な懐石コースを希望する方には合わないと思いますが、地元の物をメインにした家庭的な料理の数々は私達の口に合い、満足度が高かったです。テラスからの眺望が素晴らしかったので、次回は夏に利用して、テラスで朝食やお茶をいただきたいと思いました。

接客対応

オフシーズンは女性オーナーが1人で切り盛りされています。手厚いおもてなしはありませんが、オーナーの優しい人柄とアットホームな雰囲気が魅力です。

清潔感

年季を感じる建物ですが、リニューアルされている箇所も多くて快適に過ごせました。

客室

他の客室に比べると特別和洋室はかなり広々としているので、グループや家族利用にお薦めです。

食事

日光名物の湯波を多用した家庭的な料理が並びます。

コスパ

温泉を重視する方にとっては満足度の高い滞在になると思いますが、高級食材が並ぶ食事や館内設備の充実を求める方は割高に感じるかもしれません。

立地

テラスやレストランから雄大な山々を見渡すことができます。

温泉・スパ

硫黄成分の濃い温泉を源泉かけ流しで堪能できます。温泉の質がとても良く、身体の芯まで温まりました。

備考・アドバイス

館内でWiFiが利用できます。

現地でのクレジットカード支払いが可能です。

館内は3階建てでエレベーターは完備されていません。客室フロアは3階に、大浴場とレストランは2階に、貸切風呂は1階にあるので階段の上り下りが苦手な方には合いません。

奥日光 やまみず樹周辺のホテル・旅館