ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

ENSO ANGO 富小路通 II

〒600-8062 京都府京都市下京区富小路通高辻下ル恵美須屋町187
ENSO ANGO 富小路通 II
〒600-8062 京都府京都市下京区富小路通高辻下ル恵美須屋町187
TEL: 075-585-5790
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.1 に投稿 獲得票数:4 投稿者: 波子認証済
2019年3月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
アーティストの個性光る五つの棟を自由に利用できる、独特のコンセプトの宿

えんそう(円相)とあんご(安居)と言う言葉から名付けられたこの宿は、2018年10月にオープンした、5つの棟からなる分散型ホテルです。また、京都のホテルとして初めて、スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールドに加盟したそうです。スペイン料理のピンチョスを中心とした珍しい朝食に興味があり、3月の平日に、2人で1泊しました。富小路通IIのキング(約19平米)は、素泊まりでおよそ1万円ほどでした。

阪急河原町駅から歩いて5分ほどで宿泊棟に着きました。その途中に別の3棟が点在しています。残りの1棟は、京阪祇園四条駅からすぐのところに位置しています。チェックインはどの棟でしても良いそうです。

5棟はそれぞれ、国内外のアーティストが、入り口の手水から室内装飾や家具など全てを手がけたもので、富小路通IIは、スイスのデザイングループ「アトリエ・オイ」が、日本で初めて関わった空間デザインとインスタレーションだそうです。

入り口は目立たず、思わず見過ごしてしまいそうですが、一歩中に入ると別世界が広がっていました。フロントへの通路も洗練されたデザインで、アート感があふれています。フロントはバーと続きになっており、スタイリッシュなデザインで素敵でした。1階には、テラスのある中庭を囲むようにレストランとラウンジがあります。

チェックインの後、鍵をもらい自分たちで部屋に向かいます。エレベーターから降りると、客室までの通路は中庭に面して解放されているので、外と一緒で肌寒かったです。他の棟を行き来せず館内で移動する場合も、外に一旦出るつもりの服装をしておいた方が無難でしょう。季節にもよりますが、できるならガラス張りでも囲いがあったら良かったのにと思いました。

客室は一番コンパクトなサイズです。小ぶりなテーブルと椅子は、キッチンスペースとクローゼットの前に配置されており、クローゼット中の物を取り出したりする場合は、狭くて使いづらいものがありました。

キッチンスペースにはタブレットPCがあり、説明はありませんでしたが、電話やネット、またチェックアウトもここからできるようでした。その他電気ポット、小さなお水のペットボトル、お茶セットが用意されています。引き出しにはナイトウェア、タオル類、ドライヤー、コットンなどがありました。環境保全や社会貢献の一貫として、歯ブラシやレーザーなど、使い捨てプラスチックを用いたアメニティは置かれていません。しかし、申し出るといただけるようです。洗面所とキッチンが兼用となっているようでした。

窓側にベッドが配置されています。カーテンも窓も開けることができないようになっており、窓は乳白色のガラスで景色はのぞめません。横の壁との間にはあまりスペースがなく、出入りも窮屈なのは残念でした。ただ、肌触りの良いナイトウェアが用意されており、ベッドも快適でその点は良かったです。

浴室はシャワーのみで、浴槽はありません。レインシャワーも備えられていました。

5棟にはそれぞれ違う雰囲気のラウンジがあり、宿泊者はどの棟のラウンジも自由に利用できます。コーヒーや紅茶、野菜チップスなどのおつまみが用意されており、夕方の時間帯はそれに加えてワインもありました。朝はラウンジごとに、軽い朝食が用意されています。富小路通IIでは、パンとジュースがありましたが、キッチンがある棟では、自分でサンドイッチを作ることもできるそうです。他の棟には、いなり寿司や生麩田楽と言ったものもあり、各棟を回って軽めの朝食をとるのも楽しいかもしれません。どの棟も、アーティストが手がけただけあって良い雰囲気を醸し出していました。

レストランの朝食ブッフェは、1人2500円です。カウンターには色々なピンチョスやサラダ、オリーブ、生ハム類が並べられています。暖かいピンチョスやスープはオーダー制となっており、テーブル席まで運んでいただけます。その他、パン、ヨーグルト、フルーツ、シリアル、シフォンケーキ、チーズケーキ、チュロスもありました。スクランブルエッグなどの卵料理もオーダーできますが、追加で300円支払わないといけません。朝は結構込み合っており、注文してからも結構時間がかかりました。注文していないものが来るなど、接客に不慣れなスタッフも見受けられました。

飲み物は、ポットに入った水だしコーヒー、フレッシュジュース、牛乳がありました。エスプレッソやカプチーノ、カフェラテ、カフェオレが欲しい場合は、追加で300円となっていました。

とても期待していた、スペイン料理の朝食ブッフェでしたが、特にこれといって印象に残るものはなく、価格に見合わない内容だと感じました。ポットのコーヒーはぬるくて残念でした。欧米人と思われる方も、ぬるいということをスタッフに告げていました。セルフサービスでも良いので、コーヒーマシンがあれば良かったです。

この宿は、色々な個性あるインスタレーションが素晴らしいホテルです。客室はコンパクトなサイズでしたので、客室で長く過ごすには手狭でしたが、より広い客室もあるので選び方次第でしょう。5棟の共用スペースを自由に利用できるのは、今までにない経験で楽しめました。アートやインテリアに興味のある人は、特に楽しめるのではないかと思います。

接客対応

丁重な対応でしたが、チェックアウト時の質問に対しては、細やかな気くばりは見られませんでした。スタッフの質にばらつきがあるように見受けられました。

清潔感

客室やラウンジなど、清掃がきちんとされており、気持ちよく利用できました。

客室

空いたスペースがあまりなく、室内で移動する場合は窮屈さを感じました。また、トイレには手洗い場所がないため、不便でした。

食事

色々な種類があり見た目には楽しめましたが、お味の方は期待したほどではなく、少し残念です。

コスパ

5棟の共用スペースを自由に利用できる為、かなりお得な価格設定だと思います。

立地

徒歩圏内にレストランやデパート、スーパー、コンビニなどがあり便利です。

備考・アドバイス

客室の無料のペットボトルは小さいサイズですので、必要な方はあらかじめ用意しておいたほうが良いでしょう。

客室の快適さから言えば、スーペリア(約24平米)以上の広さの客室をお勧めします。

5棟で唯一のレストラン「ラ・ロトンダ」は、富小路通IIにあり、朝食とディナーを提供しています。宿泊客でなくても利用できます。

麩屋町通IIは一番大きくて、ラウンジ、24時間利用できるジム、茶室、タタミサロンがあります。タタミサロンでは座禅などのイベント(有料)もあります。

ENSO ANGO 富小路通 II周辺のホテル・旅館