ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

皆生游月

〒683-0001 鳥取県米子市皆生温泉3-11-1
皆生游月
〒683-0001 鳥取県米子市皆生温泉3-11-1
TEL: 0859-31-0080
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.8 に投稿 獲得票数:9 投稿者: waka認証済
2019年4月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
日本海一望の絶景インフニティ露天風呂が魅力の全室オーシャンビューの温泉宿

游月は日本海一望のインフィニティ露天風呂と全室に客室露天風呂を備えた温泉宿です。2019年5月グランドオープンで、プレオープン中の4月中旬に訪問しました。通常より1割ほどお得なオープン記念のプランで、平日2名1室、1泊2食付きで48,900円(1人24,450円)でした。

JR米子駅から車で15分ほど、皆生温泉街の外れの静かな海辺に佇む宿です。フロントでチェックイン手続きを済ませ、色浴衣を選び終えるとラウンジへ案内されました。大きく取られたガラス窓から海を臨めるラウンジは、明るく開放感があり寛げる空間です。こちらのラウンジではチェックイン当日22時までと翌朝6時から10時まで、コーヒーやオレンジジュースなどのフリードリンクが提供されております。

全32室ある客室は全てオーシャンフロントビューの和洋室です。今回は4階のスタンダード和洋室に宿泊させて頂きました。和洋の調和の取れたスタイリッシュな客室で、広さは59平米と大人2人で過ごすには充分な広さです。バスルームの水栓の水滴跡が多少気になりましたが、客室内の全てが真新しく気持ち良く過ごすことが出来ました。

色浴衣の他にバスローブも用意されており、バスタオルは肌触りの良い今治製です。アメニティは一通り揃っておりますが、客室にスキンケア用品の備えがなく宿泊料金から考えるとやや残念に感じました。

オーシャンフロントのテラスには露天風呂を備え、客室でも温泉を満喫できます。打ち寄せる波を眺めながら、心行くまで湯浴みを愉しむことが出来ました。外からの視線が気になる際は、ロールスクリーンを下ろせば視線を遮ることも出来ます。またテラスの露天風呂とは別にバスルームも備わっています。シャワーやバスアメニティはこちらのバスルームに備えられており、ガラス扉で外気が遮断されていますので季節や天候を問わずゆっくりと髪や身体を洗う事が出来ます。

浴場は7階で、25時までと翌朝は5時半から利用できます。海原に湯船が溶け込むように一体となるインフィニティ露天風呂と、天候に左右されることなく湯浴みを愉しめる内湯も完備しています。露天風呂の湯船は幅十数メートルあり、ゆったりと寛ぎながら日本海を臨む絶景を満喫できます。夜は七色の水中照明が湯船を彩り、また目の前の浜辺もブルーライトでライトアップされ幻想的な雰囲気に包まれます。バスアメニティはKOSE「predia」シリーズ、パウダールームのスキンケア用品は男性はPaul Stuart、女性は雪肌精のボトルタイプが用意されていました。

食事は夕食、朝食とも2階のレストラン「漣」で頂きます。調理している様子を眺められるオープンキッチン席もありますが、今回は夕暮れの海を愉しめる窓際のオーシャンビューの席に案内して頂きました。ワインや日本酒なども非常に充実しております。ソムリエや利酒師の資格を持ったスタッフの方がおられ、ワイン選びの相談にも乗って頂けました。お料理もワインとペアリングしやすいフレンチを融合させたような創作和食です。お造りには泡醤油が添えられていたり、大根と人参を紅白の市松に見立てた炊合せのロブスター市松など手の込んだお料理は彩りも美しく上品に盛り付けられていました。フォアグラを桜鯛で包んだ一品は新玉葱が添えられており、様々な食感を同時に愉しむことができました。ただ、どのお料理もボリュームは控えめで、印象に残るようなメインとなるお品がありませんでした。すぐに食べ終えてしまうお料理が多く、お酒を嗜まない方には物足りなく感じるかもしれません。配膳ペースもややムラがあり時折、時間を持て余すことがありました。

朝食はビュッフェスタイルで和食、洋食のバランスが良い満足感の得られる朝食でした。野菜とイカのラタトューユや赤魚カレー南蛮など手の込んだ料理や、だし巻玉子に魚の干物など定番の和朝食も揃っております。幅広い世代や好みに対応する充実したメニューでした。

接客は新人スタッフの方が多く、スマートな接客とは言い難い印象です。館内の説明や客室案内もたどたどしく、チェックアウトの手続きなども少々時間を要しました。ただ一生懸命な姿勢は総じて好印象ではありました。

スタイリッシュな客室や、非日常感を味わえるインフィニティ露天風呂は非常に満足できました。プレオープンの時点では接客応対にややスキル不足を感じましたが今後、接遇レベルが向上されれば特別な日を過ごすのにぴったりな素晴らしい宿になると感じました。

接客対応

チェックアウトの手続きなども少々時間を要し、プレオープンの段階ではスマートな接客とは言い難いです。ただ一生懸命な姿勢は総じて好印象ではありました。

清潔感

客室バスルームの水栓の水滴跡が少し気になりましたが、館内全てが真新しく快適に過ごせました。

客室

オーシャンフロントビューのスタイリッシュな和洋室です。広さも充分で遮音性にも優れ、設備や備品も使い勝手の良いものでした。

食事

ワインや日本酒が充実しており、お料理もワインとペアリングしやすい創作和食でした。彩りが美しく手の込んだお料理ですが全体的なボリュームは少なく感じました。

コスパ

スタイリッシュな露天風呂付客室に絶景インフィニティ露天風呂とハード面は申し分ありません。今後、ソフト面も伴えば料金以上の満足度を得られる宿になると感じました。

立地

JR米子駅から車で15分ほどの皆生温泉街の外れの静かな海辺に佇む宿です。宿の裏が浜辺のため海水浴シーズンは賑わうかもしれません。

温泉・スパ

海原に湯船が溶け込むように一体となるインフィニティ露天風呂と内湯も完備しています。旅の醍醐味ともいえる非日常感を得られるオーシャンビューの温泉でした。

備考・アドバイス

色浴衣はラウンジ横にサイズ別に並べられています。

浴場は男女入れ替えはありませんが、どちらの浴場も内湯とインフィニティ露天風呂が備わり同じ造りとの事でした。

泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉ですが、加水加温・循環ろ過されています。

ラウンジ脇から直接浜辺にも出られる玄関もあり、浜辺側のエントランス付近には海水や砂を洗い流せるシャワーやランドリーも備えております。

皆生游月周辺のホテル・旅館

関連ページ