ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

NIPPONIA HOTEL 奈良 ならまち

〒630-8345 奈良県奈良市西城戸町4
NIPPONIA HOTEL 奈良 ならまち
〒630-8345 奈良県奈良市西城戸町4
TEL: 0120-210-289

NIPPONIA HOTEL 奈良 ならまちのレストラン

源郷

日本酒発祥の地・古都奈良の元酒蔵で楽しむ日本酒と地元奈良の食材を活かしたお料理とのペアリングをご堪能ください。
ランチ 11:30~15:00(14:00)
ディナー17:30~22:00(20:00)
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.1 に投稿 獲得票数:7 投稿者: tanuko222認証済
2019年3月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
日本酒の魅力を堪能できる、酒蔵をリノベーションした美食の宿

古い街並みが残る「ならまち」に建つ、8室のみの宿です。明治創業の蔵元「豊澤酒蔵」が利用していた建物を改装し、2018年秋にオープンした宿で、以前にテレビで見かけてから気になっていました。期間限定のお得なプランを一名で利用し、一泊二食付きで約45,000円(税込)でした。

当日はJR奈良駅から徒歩で向かいました。趣ある白壁の建物に入ると、スーツ姿の男性が丁寧に迎えてくださり、すぐにお部屋にご案内いただきました。少し経ってから別のスタッフがいらっしゃり、記帳しながら、大和ほうじ茶、甘酒、升に入ったおかきをいただきます。丁寧にお部屋についてご説明いただいた後、地図には載っていないスポットや、観光地についての豆知識など、オリジナリティ溢れる観光案内をしていただき、嬉しく感じました。

今回宿泊したのは、昭和に増築された離れにある106号室「KINOTO」です。離れにある客室は、隣の「HINOE」と二室のみで、他のスペースはスタッフルーム等として利用されているようでした。

お部屋は、二間続きの板間に、バス、トイレという間取りで、約52平米の広さがありました。手前は、ソファやテーブルが置かれている他、冷蔵庫、金庫などが揃ったリビングルーム、奥は、ゆったりとしたベッドが2台置かれたベッドルームになっています。二面に設けられた大きな窓から光が射し込む明るいお部屋で、大変開放感がありました。テラスに出て、お庭の木々を眺めることもできます。

ベッドは、世界の一流ホテルが採用している「サータ社製」のものを、シーツや枕カバーは皇室御用達の最高級リネンを使用されているそうで、大変寝心地が良かったです。

その他の家具や家電も、機能的で、洗練されたデザインのものでした。「非日常を味わっていただきたい」という宿の想いから、お部屋にテレビや時計はありません。重宝したのは「handy」という無料で使えるスマートフォンで、多くの国への国際電話含め、通話も無料でした。飲み物は、無料のミネラルウォーターの他、ドリップコーヒー、紅茶、緑茶などが用意されていました。

窓がある明るい浴室には、職人手作りの檜風呂が置かれています。特筆すべきは、冷蔵庫に用意された酒粕を浴槽に入れ、「酒粕風呂」を楽しむことができることで、酒粕の甘い香りが心地よく、心身共に癒されるようでした。バスアメニティはフィトテラピー(植物療法)から生まれた「羅漢和」というシリーズが揃えられていました。

アメニティは、布製の巾着に入っており、歯ブラシ、ブラシ、ボディタオルなどが揃っていました。化粧水などの基礎化粧品の用意はないので、持参が必要です。他には、和柄の色浴衣、上質な羽織、足袋が用意されており、タオル類は厚手のものが一枚ずつ用意されていました。

食事は二食とも、酒蔵の土間をリノベーションしたシェフズカウンター「ルアン」でいただきます。昔の梁や天井をそのまま生かした趣ある空間で、目の前でシェフが腕を奮う姿を見ながら、創作フレンチを楽しむことができます。

レストランのコンセプトは「SAKE」で、蔵元から直送される搾り立ての日本酒や、「ルアン」限定の希少な日本酒が豊富に用意されており、料理とのペアリングを楽しむことができます。この日は体調不良でお酒をいただけなかったのですが、酒造りについてのお話をうかがったり、蔵元直送の美味しいお水を注いでいただいたりと、間接的に日本酒に触れることができました。

地元の旬の食材にこだわった料理は、日本酒に合うよう、シンプルなソースで仕上げられているそうです。一品一品手が込んでいて美しく、運ばれてくる度にワクワクしました。特に心に残ったのは、平目と春キャベツを使った蒸し物「ヴァプール」で、濃厚なブイヤベースのソースと、あさりのエキューム(泡状のソース)との相性が抜群でした。また、大和牛のサーロインに杉を乗せ、目の前で炙る「杉の木焼き」は、木の芳ばしい香りと上質なお肉の風味がマッチして、格別な味わいでした。迫力ある火のパフォーマンスも楽しむことができ、心に残る夕食となりました。

朝食は、地元の大和野菜をふんだんに使った、優しい味の和食です。和歌山県産の鯛の塩麹焼きや、椎茸の佃煮入りの卵焼きなど、一見シンプルですが、厳選された素材を使い、丁寧に調理されていることが伝わってきました。個人的には、デザートや食後の珈琲などをいただければ、より嬉しかったです。

全体的に満足度が高い宿でしたが、特筆すべきは接客の素晴らしさで、マニュアル通りではなく、それぞれのゲストに応じた柔軟な対応をされている姿が印象的でした。特に海外からのゲストに対し、ユーモアを交えながら、英語でスマートに対応されている姿に感心しました。チェックアウトの際には、スタッフから直筆のお手紙をいただき、嬉しい旅の思い出となりました。

二日間を通じ、ウェルカムドリンクの甘酒や、ディナーの酒粕入りチョコレート、酒粕風呂など、お酒をテーマにした様々な演出により、日本酒の魅力を再発見することができました。日本酒が好きな方はもちろん、そうでない方も日本酒ファンになってしまうような、唯一無二のホテルです。

接客対応

マニュアル通りではなく、それぞれのゲストに応じた柔軟な対応をされている姿が印象的でした。

清潔感

古民家の趣を残した建物ですが、必要な部分は改装してあり、快適に過ごすことができました。清掃も隅々まで行き届いており、大変清潔でした。

客室

二面に大きな窓があるお部屋で、大変明るく、開放感がありました。ヒノキのお風呂や自動洗浄式のトイレなど、快適に過ごせる設備も整っています。

食事

カウンターでいただく料理は、繊細で美しく、一品一品大変手が込んでいました。蔵元から直送される日本酒が充実しており、料理とのペアリングを楽しむことができます。

コスパ

最初は割高な印象がありましたが、料理や客室、接客面などを考えると、妥当な宿泊代だと感じました。

立地

歴史的建造物が立ち並ぶ「ならまち」にあり、散策も楽しめる立地です。近くの「元興寺」など、世界遺産の寺社仏閣へも徒歩圏内です。

備考・アドバイス

・8室全て間取りが違い、漆喰の壁が残るお部屋や、ロフトのある隠れ家のようなお部屋などもあるそうです。HPに詳しく掲載されているので、お好みのお部屋を選ばれるとよいかと思います。(一部の客室はユニットバスです)

・古民家を改装した宿なので、現代建築と比べると、断熱性や遮音性が劣っているそうです。断熱性に関しては、暖房設備が充実していたので問題ありませんでしたが、遮音性に関しては、隣の部屋の声や物音が響くことがありました。個人的には気にならない程度でしたが、静かな環境をお求めの方や、音に神経質な方には不向きかもしれません。

・レストランは、ランチやディナーのみでの利用も可能です。

NIPPONIA HOTEL 奈良 ならまち周辺のホテル・旅館