ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

海音真里

〒761-4423 香川県小豆郡小豆島町堀越字東脇478
海音真里
〒761-4423 香川県小豆郡小豆島町堀越字東脇478
TEL: 0879-82-0086
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.9 に投稿 獲得票数:5 投稿者: かぴばら子認証済
2019年7月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
全客室がオーシャンビュー!オリーブオイルがふんだんに使われたオリーブ会席も魅力な海辺の島宿

海音真里は小豆島にある6室のお宿です。小豆島で人気を博している「島宿真里」の姉妹館で、2019年4月にオープンしたばかりです。島宿真里が手がける新しい旅館というのが気になり、オリーブをテーマとした会席料理も食べてみたかったので予約を入れました。7月に宿泊し、2名一室利用(2食付)で103,212円でした。

当日は送迎を利用しました。時間は指定ですが、土庄港などの主要な港だけでなく、エンジェルロードやオリーブナビといった観光スポットでも対応して頂けるため、旅行のプランがたてやすいと思います。エンジェルロードでの送迎をお願いし、途中で他のゲストをピックアップしながら宿へ向かいました。送迎は島宿真里と共同になります。

宿に到着すると数名のスタッフが笑顔で出迎えてくださりました。海音真里は本館と離れに分かれており、本館に4部屋、離れが2部屋あります。建設材に地元の木や石をふんだんに取り入れているそうで、特に石は採石場としても歴史のある小豆島の火山岩や花崗岩を使っているそうです。宿の設えや、エステのホットストーン、蒸し料理の敷石にもこれらの石が使われています。本館自体は小さな建物で、共用施設としてレストランと専用のエステルームがあります。ロビーもこぢんまりとしており、机と椅子が置かれているだけなので、雑誌や、飲み物などがあると良いと感じました。建物に入ると、そのまま部屋に案内されます。こちらの宿ではチェックインの手続きがなく、記帳もなかったので楽に感じました。お部屋でウェルカムスイーツを頂きましたが、出てくるまでに15分ほどかかりました。チェックインが重なったためだと思いますが、早く寛ぎたかったのでもう少し早く出して頂きたかったです。ウェルカムスイーツは手作りで、特にスイカの瑞々しい香りのするゼリーが美味しかったです。

今回宿泊した部屋は本館の2階にある、「め」のお部屋です。部屋の広さは63平米あり、テラスが備わっています。派手さはなく、シンプルで和モダンなお部屋です。オープンして3ヶ月あまりのため、木の良い香りがしました。リビングは畳敷きで、ソファが備わっています。ソファが固めで、座り心地がいまいちでした。小上がりの部分にベッドが海に面するように配されています。ベッドサイドに調光パネルがあり、電気の調整がしやすかったです。リビングからつながるデッキテラスには椅子が置かれ、間近に海を臨めます。生憎の雨でしたが、天気が良ければ海を見ながら穏やかな時間が過ごせそうです。オープンしたばかりなので部屋は大変綺麗でしたが、テレビの裏の埃や照明の蜘蛛の糸など清掃が甘いのが残念でした。

アメニティは一通り揃っています。ミニサイズの基礎化粧品が2セット用意されていました。化粧水や乳液はありましたが、できればクレンジングや洗顔料もあると良かったです。タオルは全て今治産で、ふわふわとした肌触りで使い心地も良かったです。浴衣と作務衣が1つずつあり、館内は好きな方で過ごせます。また冷蔵庫の飲み物は無料でした。「香草茶」というレモングラスを使ったオリジナルのハーブティーがあり、やや癖があるため好みが分かれると思いましたが、とても気に入りました。ただこの価格の宿で、空気清浄機や、新聞のサービスがないのは珍しく感じました。

大浴場はなく、各部屋に展望風呂があります。沸かし湯です。循環ではないため、毎回お湯を入れる必要があります。お湯がたまるのにそこまで時間はかかりませんでした。無双窓になっており、開けると海が見えます。日本酒が用意されており、お風呂に入れて香りを楽しむことができました。バスタブはそこまで大きくないため、ゆったりと入るなら1人の方が良いです。一方で洗面所は使いづらかったです。洗面所の洗面ボウルが横長で洗面台のほとんどを占めていたため、ポーチやメガネを置く場所が狭く、使いづらかったです。

夕食はレストランで頂きます。18時と19時半の2部制ですが、すでに18時は埋まっていました。19時でも対応は可能とのことでしたので、19時でお願いしました。準備ができると電話で連絡をくれます。カウンターとテーブル席がありますが、カウンターに案内されました。

夕食は小豆島の特産品であるオリーブオイルをふんだんに使ったオリーブ会席です。何が出てくるかお楽しみのため、最初に各料理を一文字の漢字で表したメニューを見せてくれ、最後にお品書きがもらえます。レストランはオープンキッチンになっており、料理人の手さばきを見ながら楽しく食事が頂けました。料理の内容はもちろん、料理に使うオリーブオイルも一つ一つ丁寧に説明頂けます。料理に使われるオリーブオイルは、約20種類から料理にあわせてセレクトするそうです。特に印象に残ったのはお造りです。オリーブの葉っぱのパウダーを入れたオリーブオイル、小豆島や淡路島でとれたブレンド塩、粗粒のもろみ、生醤油の4つの調味料が出され、味比べをするのも楽しかったです。メインのオリーブ牛は肉の塊を炭火であぶり、良い部分だけトリミングして提供してくれます。口に入れるととろけるくらい上質な脂ののったお肉でした。2切れしかなかったので、ボリュームがもう少しあると良かったです。しめはお寿司でした。カウンター越しにお寿司を握る姿が見えます。どの料理も工夫されており、味も大変良かったのですが、料理の出てくるのが遅いのが気になりました。食事が終わるのに3時間以上かかり、料理が出るまでに結構待たされたのは残念でした。

朝食も同じ食事会場で頂きます。朝食は8時半と9時から選べました。夕食と同様、準備が整ったら連絡をもらえます。朝食は海の見えるテーブルに案内してくださりました。お盆におかずの入った小皿が沢山置かれており、見た目も良かったです。卵は卵がけご飯にするか、目玉焼きにするか選べたので、1つずつお願いしました。ここでもオリーブオイルを渡されたので、サラダや、蒸し物、ヨーグルトにかけて頂きました。お釜で炊いたご飯はつやつやで固さも好みのものでした。

接客についてはやや不満が残りました。どのスタッフもアットホームで親しみやすい接客でしたが、満室だったせいもあり、部屋までの案内や、ウェルカムスイーツ、食事、精算時等で待たされる場面が多々あり、人手不足や、オペレーションに不慣れな部分が見受けられたのが気になりました。

高価格帯の宿ですが、施設や設備自体はシンプルで、高級旅館と同程度のものと思っていくと、少々物足りなさを感じるかもしれません。パブリックスペースも少ないため、部屋以外でも過ごしたい方は、大浴場やラウンジの備わっている島宿真里を利用された方がよろしいかと思います。一方で間近に海を臨むロケーションは素晴らしく、何もせずのんびり過ごす宿としては最適です。またチェックアウトも12時までと長く滞在できるのも魅力だと思います。オリーブ会席をはじめとするお食事も大変美味しいので、こちらを目当てに来られるのも良いです。海を見ながら日頃の疲れをとり、お部屋でのんびりと過ごしたい方にお勧めの宿だと感じました。

接客対応

親しみやすい対応でしたが、食事や、部屋の案内、精算時に待たされることが多く、まだまだ改善の余地があると思われます。

清潔感

オープンしたばかりなので、傷みもなく綺麗です。部屋の一部や、廊下の窓ガラス等、やや清掃の甘いところがありました。

客室

60平米以上あり、開放的なお部屋です。設えもシンプルですが、快適に過ごせました。

食事

食材にオリーブオイルをはじめとする小豆島の幸がふんだんに使われており、見た目にも綺麗でとても満足しました。朝食もボリュームがあります。

コスパ

同価格帯の宿と比べると、設備や、サービスにやや不満があり、少々割高に感じました。海に面した立地がここの宿の良さなので、天気次第で満足度も大分変わると思います。

立地

小豆島の各港での送迎に対応してくださるので、神戸、高松、岡山など各方面からアクセスできます。海に近いロケーションも良いです。

温泉・スパ 未評価

こちらの施設には大浴場や温泉はございません

備考・アドバイス

・館内でWi-Fiが使えます。
・敷地内に「三風舎」というレセプションとお土産売り場を兼ねた建物があります。精算はここで行いました。宿泊者以外でも入ることができます。
・島宿真里にあわせているため、チェックアウト後の送迎は10時過ぎしかありません。ですが港行きの路線バスが12時過ぎにあるため、チェックアウトの時間である12時までゆっくりと過ごせました(2019年7月現在)。

海音真里周辺のホテル・旅館

関連ページ