ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

匠味の宿 はん水盧の口コミ・宿泊記

8位

匠味の宿 はん水盧

〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原358
匠味の宿 はん水盧
〒321-2522 栃木県日光市鬼怒川温泉大原358
TEL: 0288-77-2212
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
4.0 に投稿 獲得票数:8 投稿者: izaiza
2017年6月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
SLを間近で見られる客室露天風呂と二八蕎麦が美味しい豪華な夕食が魅力のお宿

6月上旬の平日に、大人2名、幼児1名で利用しました。宿泊プランは「人気のとちぎ霧降高原牛を堪能 ~しゃぶしゃぶプラン」の一泊二日夕朝食付きで、料金は税込で大人1名23,760円、子供は2,160円(食事・布団なし)でした。今回は、子供が好きな東武の特急列車に乗るのがメインの旅でしたが、あわせて、お蕎麦の美味しい高級旅館として以前から気になっていたこちらのお宿に宿泊することにしました。高級旅館というと乳幼児お断りのところが多いですが、こちらのお宿では一日一室限定「楓」という客室で受け入れ可能とのことで、私たち子連れにはありがたい限りでした。

「匠味の宿 はん水慮」は、鬼怒川温泉の南部に位置する、客室わずか6室の小さなお宿です。2009年の開業後、2014年にも新装しているとのことで、建物の外観、内観がまだ新しく見えました。敷地内では、宿泊施設だけでなく、そば処としても営業しています。また、天然温泉はありませんが、代わりに人工のラジウム温泉が用意されています。宿までのアクセスは、鬼怒川温泉駅から無料の送迎サービスがあり、車で5分ほどです。事前に連絡した特急列車の到着時刻に、私たち家族だけのために駅まで車で迎えに来ていただきました。車内では、ヒーリング系の音楽が流れており、観光地の喧騒から離れ、早速癒しの雰囲気に浸りました。到着すると、玄関に仲居さんが待機していて、手荷物の運搬やチェックインの手続きを丁寧に行ってくれました。ロビーは、ダークブラウンの家具が特徴的な和モダンの落ち着いた雰囲気のラウンジと大きなガラス越しに臨む緑の庭園のコントラストが美しく、お香の上品な香りも相俟って、座っているだけで旅の疲れが癒されました。ウェルカムスイーツ&ドリンクは、自家製そばだんごと抹茶のセットでした。

客室の「楓」は、ロビーと同じく1階にあり、居間(和室8畳+広縁4畳)+寝室(和室10畳)+檜露天風呂のある大変広い造りになっていました。東武線の線路沿いに位置するため、列車通過の際に騒音があります。そのため「楓」だけは、訳あり部屋として、子供の同伴が可能で、お得なプランも用意されています。実はこの日は、2017年8月に運転開始予定のSL「大樹」の試運転が行われていて、私たちの入館した時間のおよそ20分後に宿のそばを通過予定とのことでした。SLを見られるようにとの仲居さんの配慮で、館内・室内の説明は必要最小限にしていただき、露天風呂に出てSLの通過を待ちました。おかげでタイミングよく、汽笛を鳴らしながら走り去るSLの姿を、草木の間から間近に見ることができました。

居間には、広めの座卓と、座椅子+脇息のセットが二組、子供用にクッションが一つ多く用意されていました。また、広縁には、大きめのソファーとガラステーブルがあり、そのときの気分にあわせてくつろげるように、和洋の両タイプが設えられていました。特に、ソファーは張り地の肌触りが心地よく、滞在中はずっとソファーに座ってくつろいでいました。近くにコンセントもあり、デスクワークのスペースとしても便利な場所です。座卓の上には、直筆のウェルカムメッセージがあり、細やかな心遣いが嬉しく思いました。一方の寝室は、中央が一段高くなっていて、その上に布団が敷いてありました。壁に設えられた織物のライトアップが、あたかもベッドの上のヘッドボードのようで、和の設えでありながら、どことなく洋を感じる雰囲気がありました。寝室の脇には小さなクローゼットがあり、浴衣、茶羽織、足袋が用意されていました。

露天風呂は、ラジウム鉱石にイオン水を通した人工のラジウム温泉で、大人一人がゆったりと入れる広さがありました。給湯口は浴槽の中にあり、そこから常時お湯が流れていました。適温より少し高めの温度で供給され、熱いときは蛇口から加水して湯温を調節できます。格子戸を開けると、庭園の草木と東武鉄道の電車用の架線が見えました。この日は激しい雨が降りましたが、雨音と列車の通過音の奏でるハーモニーにどことなく趣があり、雨に打たれる草木も気持ちよさそうに目に映りました。涼しい外気に当たりながら入る露天の湯は格別で、何時間でも入っていられそうな心地よさがありました。浴槽の脇には洗い場があり、すぐそばにバスローブとバスタオルも用意されていました。

一方、室内のバスルームは、ラジウム温泉ではありませんが、浴槽は深く、洗い場もあり、設備は整っていました。寒い日は、露天よりこちらの洗い場を使用する方がよいでしょう。洗面台には、通常のアメニティに加えて、女性用の基礎化粧品もあり、備え付け(ポーラ)と使い捨て(クラシエ)で異なるブランドのものが用意されていました。

お風呂は、客室以外に無料の貸切風呂がありました。予約制で、15~23時の間に50分単位で利用できます。私たち家族は22時から利用しました。こちらもラジウム母岩による人工温泉で、浴槽は4人ぐらいは一度に入れる広さがあり、ちょっとした開放感を味わいながら入浴しました。 タオルやアメニティは常備されているので、客室から持ち出す必要はありません。冷水のサーバーも用意されていました。

食事は、夕食、朝食いずれも個室の食事処でした。隣室との仕切りは障子戸一枚のようでしたが、この日は宿泊客が少なかったのか、周辺から話し声は全く聞こえませんでした。BGMにこだわりがあり、夕食時は箏曲、朝食時はジャズボーカルと、時間帯によって雰囲気を変えるセンスが粋に感じました。

夕食は、贅を尽くしたお料理のオンパレードで、量・質ともに大変充実したものでした。なかでも印象的だったのが酸味を活かした創作料理で、穴子月冠巻、レモン釜(海老と雲丹のゼリー寄せ)はいずれも、海鮮物の旨味と柑橘系の酸味のバランスが見事で、爽やかで味わい深い不思議な食感を堪能しました。鬼怒川でいただく海の幸のお造りは意外性がありましたが、鮑、雲丹は鮮度の良さを感じました。特に、鮑は生で食べるコリコリ感としゃぶしゃぶにして食べる弾力感の二つの食感を贅沢に楽しみました。そして、一番の楽しみだった〆の打ちたて二八蕎麦は、蕎麦の風味とこしのある食感が格別で、ほとんどたれをつけずに蕎麦そのものの味を楽しみました。定番の生わさびだけでなく、宿の方おすすめの七味とあわせるとまた違った風味がありました。実は、子供は食事なしのプランだったのですが、子供が蕎麦好きだという話をしたところ、急遽特別に子供にもお蕎麦を用意してくれました。大人用は少し硬めのゆで加減でしたが、子供用は柔らかめにしていただき、ここでも細やかな心遣いが嬉しく思いました。

一方の朝食も、バラエティに富んだ見た目にも豪華なお料理が並びました。特に、手作りのがんもどき、湯葉の豆乳鍋、大きなお椀に入った具だくさんの味噌汁が印象的でした。朝食後は、ラウンジでコーヒーの無料サービスがありました。

帰りも車で駅まで送っていただきました。玄関先では、お世話になった仲居さんに見えなくなるまで手を振っていただき、最後は深々とお辞儀をしていただきました。スタッフの方は少人数ながらも、家庭的で温もりのある接客で心が和みました。終わってみれば、すべての点で満足度の高いお宿だったように思います。特に、今回宿泊した「楓」は、鉄道好きのお子さんがいるご家族におすすめの客室です。SLの運転開始後に、是非再訪したいと思っています。

接客対応

家庭的な温もりのある、それでいて、滞在時のプライバシーを大切にする接客で、居心地の良さを感じました。随所に見えた細やかな心遣いが嬉しく思いました。

清潔感

広い客室にもかかわらず、普段は目の届かないところまで清掃が行き届いていました。客室内の家具・調度品も新しく、気持ちよく過ごせました。

客室

家族三人で過ごすにはとても広い客室で、露天風呂もゆったりとしていました。SLの通過する様子を間近で見られたのは、嬉しいサプライズでした。

食事

夕朝食は量・質ともに豪華なもので、大変満足しました。和牛のしゃぶしゃぶはもちろんのこと、酸味が特徴の創作料理や打ちたての二八蕎麦は絶品でした。

コスパ

訳ありとはいえ、広い客室、豪華なお料理、専用の露天風呂が付いてこの料金であれば、費用対効果は高いと思います。

立地

鬼怒川温泉駅や温泉の中心街からは離れていますが、東武ワールドスクウェア駅ができれば電車でのアクセスはかなりよくなるでしょう。

温泉・スパ

天然温泉ではありませんが、人口のラジウム温泉は体がよくあたたまり、気持ちよく入浴できました。緑の草木と東武の列車を臨む客室露天風呂は独特の趣があります。

備考・アドバイス

2017年7月に東武ワールドスクウェア駅が開業予定で、電車でのアクセスがさらに便利になります。実際に建設中の駅まで歩いたところ、宿からは徒歩5分弱でした。

特急列車の通過する様子を見たい方は、事前に東武の特急列車の時刻表を入手しておくとよいでしょう。鬼怒川温泉駅の発着時間に合わせてタイミングよく、通過の様子を見ることができます。SLに関しては、現時点では運行プランが不明のため、お宿の方に聞くのが一番だと思います。

お茶請けは、旅館・ホテル限定商品の牛蒡せんべいと抹茶チョコレートでした。さらに、ミネラルウォーターのペットボトル、コーヒーのドリップバッグ、アールグレイのティーバッグが無料で用意されていました。

無線LANが利用できますが、スマートフォンはアプリのインストールが必要です。

洗面台の女性用のアメニティは、備え付けでは、ポーラの化粧水、乳液、クレンジングウォッシュ、除光液、使い捨てでは、クラシエのクレンジングオイル、フェイスウオッシュ、ローション、ミルキーエッセンス、そして、コットン、綿棒、ヘアターバンが用意されていました。それ以外では、歯ブラシとボディタオルが二組ずつ、かみそり、くし、ヘアブラシが一つずつ用意されていました。

道路沿いの看板宿(左)とそば処(右)の外観宿の外観フロントラウンジ(右側が食事処)ラウンジラウンジ前の庭園ラウンジウェルカムスイーツ&ドリンク(そばだんごと抹茶)玄関・フロント客室前の廊下客室前の廊下客室前の廊下の置物客室入口廊下居間居間、寝室居間、寝室居間居間居間居間居間座卓、座椅子お茶請け床の間金庫加湿空気清浄機寝室寝室寝室寝室寝室寝室寝室のクローゼット浴衣茶羽織足袋廊下戸棚、冷蔵庫お茶のセットと無料のミネラルウォーター冷蔵庫の中戸棚の中コーヒーのドリップバッグとアールグレイのティーバッグ客室入口のクローゼット洗面台備え付けのアメニティ使い捨てのアメニティ洗面台高性能ヘアドライヤー脱衣かごトイレバスルームバスルームバスルームバスルームのシャンプー類客室露天風呂客室露天風呂客室露天風呂の洗い場客室露天風呂のシャンプー類客室露天風呂のシャンプー類客室露天風呂SLの通過する様子客室露天風呂客室露天風呂から見える庭外の貸切風呂へ向かう出口と専用スリッパ貸切風呂入口貸切風呂貸切風呂貸切風呂貸切風呂の脱衣場貸切風呂の洗面台貸切風呂のアメニティ貸切風呂のヘアドライヤー貸切風呂の冷水サーバー貸切風呂の建物の入口玄関・フロント生ビール栃木のお酒飲み比べ(惣誉、門外不出、天鷹)食前酒(自家製梅酒)、先付け、旬菜穴子月冠巻百合根の枇杷見立て、レモン釜、鴨ロース諸味焼、自家製唐墨など子供用の白米とふりかけ(無料)とオレンジジュース(有料)毛蟹豆腐のお吸物お造り(雲丹、鮑、鮪、車海老、海苔)鰻茄子博多煮、鰻印籠煮など若鮎笹焼とちぎ霜降高原牛しゃぶしゃぶとちぎ霜降高原牛しゃぶしゃぶとちぎ霜降高原牛しゃぶしゃぶとちぎ霜降高原牛しゃぶしゃぶ二八蕎麦焙煎七味クレムブリュレ、チョコレートムース、果物食事処朝食朝食朝食朝食朝食後のコーヒーのサービス

匠味の宿 はん水盧周辺の旅館