ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

法師温泉 長寿館の口コミ・宿泊記

5位

法師温泉 長寿館

〒379-1401 群馬県利根郡みなかみ町永井650
法師温泉 長寿館
〒379-1401 群馬県利根郡みなかみ町永井650
TEL: 0278-66-0005
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.4 に投稿 獲得票数:11 投稿者: korousa
2017年10月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
素晴らしい温泉とレトロな建物に感動する歴史遺産のような秘湯宿

有形登録文化財の建物と、足元湧出の温泉が有名な宿です。JR後閑駅から猿ヶ京温泉行きのバスに乗り、猿ヶ京温泉からさらに法師温泉行きの町営バスに乗り換えて一時間半ほどで到着しました。バスルートは全て三国街道沿いになっており、昔の人の行き来を追体験するような道程は、素晴らしい旅情を感じさせてくれました。法師温泉は猿ヶ京から車で15分ほど、「永井宿」という宿場の先にある緑に囲まれた谷地にあります。峠を超えるとすぐ新潟の苗場スキー場に至るという立地です。

バスが宿に到着するとスタッフの方が笑顔でお見えになって、すぐ荷物を運んでくれました。バスから降りると、谷の中の小さな平地につくられた秘湯一軒宿の建物が現れます。本館と各棟を繋ぐ渡り廊下の造りや、桧皮葺の屋根に紅葉が舞い散るさまは、これぞ古き良き日本といった風情で、どこを切り取っても絵になります。玄関に入るとさらに重厚な造りに驚かされます。神棚は3つもあり、天照大神や群馬の山々が祀られていました。足元には樹齢120年の切り株で作った座卓、玄関の脇の部屋には囲炉裏端があり、お茶やおせんべいが自由にいただけるようになっています。館内はピカピカに掃除されており、長い間大切に使われて来たことが伝わってきました。玄関を上がるとスタッフの方がすぐ客室へと案内してくださいました。記帳は客室で行いました。

こちらの宿には本館、別館、法隆殿、薫山荘の4つの宿泊棟があります。今回は手頃な価格の別館のお部屋を10月の土曜日に2名1室2食付39,600円で予約しました。アサインしていただいたお部屋は別館2階の2号室というお部屋です。 8畳の本間に4畳ほどの踏み込みがあるお部屋でトイレはありますがお風呂は付いていません。本館と別館の間を流れる法師川や、宿の建物の特徴である渡り廊下などが見渡せる、素晴らしい景色のお部屋です。但し古い建物のため、壁が所々はげおちるなど、経年劣化がありました。また客室入り口の格子戸を開けるとすぐ踏込の襖となりますので、プライバシーを気にされる方はご留意なさってください。

こちらの宿で一番名高いのは温泉かと思います。共同浴場としては「法師の湯」「長寿の湯」「玉城の湯」があります。「法師の湯」はこの宿の象徴とも言える温泉で、建てられてから100年ほど経つ浴場の風情と足元湧出の温泉が特長です。通常の時間帯は混浴ですが、お湯が透明かつタオル禁止の為に女性が混浴にチャレンジするには難易度が高い条件かと思います。その代わり20時から22時の間は女性専用時間帯が設けられていました。

浴槽の下に敷き詰められた玉砂利の中から湧き出す温泉は、有効成分が失われることがなく、新鮮な温泉をそのまま楽しむことができます。浴槽は4つに区切られ、脱衣場下から湧き出す温泉が注がれる湯口のある槽は湯温42度、そこから一番遠い槽の温度は38度程度となるそうです。一切の肌の刺激を感じさせないお湯は素晴らしく、こんな軽やかな感触があるのかと感動しながら入浴しました。湯船には丸太が渡してあり、足を載せたり、寄りかかったり、好みの姿勢が取れるのも昔の人の知恵を感じました。いつまで入っても疲れず、入浴後も肌がピカピカになり、その効果を一日中実感することができました。泉質にほとんど興味を持たない主人もお湯の気持ち良さに感動して、何度も湯浴みに向かっていました。

「長寿の湯」は「法師の湯」と同じく足元湧出の温泉です。ゆとりを持って入るには定員4名ほどの小さめの浴場です。法師の湯のような風情はありませんが清潔感があり、こちらも大変素晴らしい泉質が実感できました。また、3つの浴場の中でもっとも照明が明るい浴室で、手すりなども付いているので、足腰が不安な方にも向いているかと思います。(長寿の湯、法師の湯は撮影禁止のため写真はありません。)

「玉城の湯」は総檜造りの内湯と露天風呂を備える浴場です。3つの浴場の中で唯一シャワー施設があり、きちんと汗を流したい方に良いでしょう。こちらもお湯は良かったのですが、先の2つのお湯と比べると少し落ちるような気がしました。露天風呂は石風呂となっていて、人造の滝などを見ながらお風呂に浸かれます。サッシが木枠になっていて、照明の演出も素敵な、高級感と品の良さを感じる浴場でした。一部「法師の湯」を思わせるアーチ窓も付いています。

なんといっても3つの浴場では「法師の湯」の魅力が圧倒的に素晴らしく、こちらを十分満喫するという意味では、女性が不利なのは少々残念に感じました。もう少し女性が混浴しやすい何らかの配慮か、または明るい時間帯に少しでも女性専用時間があれば嬉しいなと感じました。

夕食はお部屋でいただきました。時間は到着順に決められているのか、私たちは 18時の回と案内いただきました。内容は栃木の名産を生かした少し素朴さを感じる和食コースでした。印象に残ったのは豚鍋です。甘辛いつゆと豚肉の相性は抜群でした。幅広のうどんが入っていたのも楽しく感じました。地元のものを生かしながら、全体的にさっぱりとしていて胃にもたれない、秘湯の宿らしい献立でした。

朝食もお部屋でいただきました。卵料理はありませんでしたが、生ハムのサラダや湯どうふを美味しくいただきました。お米は魚沼産コシヒカリで、ご飯が進みました。

接客は人により差がありますが、みなさん気さくで親切です。敬語を使わない方もいらっしゃいましたが、笑顔いっぱいで地元の話を聞かせてくださるのは、なによりのおもてなしです。帰りには見送りの方々がバス停まで荷物を持ってくださり、傘を使って雨で濡れないように配慮してくださいました。バスが出発すると、大雨の中を手を振って挨拶してくださり、暖かい気持ちで宿を後にしました。

木々や渓流に溶け込むように佇む重厚感のある建物、情緒ある浴室の風情、泉質の素晴らしさ等、どれをとっても代わりが見つからないほどの魅力を備える、唯一無二の宿だと感じました。特に温泉の肌当たりの気持ち良さには感動しました。この素晴らしさをまた満喫するために、季節を変えて是非再訪したいと思います。

接客対応

接客はカジュアルな面もありましたが、皆さん気さくで親切にしていただけました。

清潔感

別館客室は、経年劣化少々みられましたが、共用部は綺麗に維持されていました。

客室

別館客室は建物は古く、少し経年劣化がみられますが、渓流に面し、素晴らしい建築が楽しめるコスパの高い客室かと思います。

食事

地元ならではの食材を利用した、和食コースです。華やかさはありませんが、山の幸がたくさんいただけました。

コスパ

古い建物に位置する客室は経年劣化がありますが、素晴らしい環境と温泉は唯一無二で、他のどの場所でも体験できない特別な魅力があります。

立地

駅からはかなり遠く、バス2本乗り継いでのアクセスとなりますが、自然に囲まれた素晴らしいロケーションです。

温泉・スパ

足元湧出のお湯は鮮度が良く、肌当たりの良さに感動しました。「法師の湯」はアーチ窓や桧皮ぶきの屋根が美しい重厚な建屋も素晴らしい魅力がありました。

備考・アドバイス

別館客室には基礎化粧品の備えがありません。共同浴室の基礎化粧品を利用するか、持参されることをおすすめします。

本館‥‥明治8年築の宿で一番古い重厚なお部屋です。昔ながらの風情を感じたい方におすすめです。客室にトイレはなく、共同トイレの利用となります。
別館‥‥法師川の渓流が楽しめる、眺望の良いお部屋です。昭和15年築の古い棟ですが、客室内は本館ほどの重厚感はありません。
法隆殿‥‥平成元年にたてられた山側の客室棟となります。広く快適な客室となります。他の棟よりすこし高い位置にあり、客室によるかと思いますが本館を見下ろす素敵な眺めが楽しめます。
薫山荘‥‥昭和53年築の建物です。別館と同じく法師川の渓流が楽しめます。眺望の良さと客室の快適さを合わせもったお部屋になります。