ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

上牧温泉 旅籠 庄屋

〒379-1311 群馬県利根郡みなかみ町石倉269-2
上牧温泉 旅籠 庄屋
〒379-1311 群馬県利根郡みなかみ町石倉269-2
TEL: 0278-72-6141
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.6 に投稿 獲得票数:7 投稿者: korousa認証済
2019年2月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
蔵造りの客室と湯治場風貸切風呂に癒やされる、古民家の宿

水上エリアの温泉地「上牧温泉」にある古民家の宿です。平日利用で客室「壱の蔵」に2名1室2食付53000円で宿泊しました。

宿へは上牧駅から徒歩で向かいました。のどかな村の中に突如現れる、巨大な宿の門の佇まいにまず驚かされます。こちらの宿はいくつかの建物で構成されていますが、受付や食事をするのは「母屋」と呼ばれるメイン棟となります。宿に入ると母屋の囲炉裏部屋に案内され、ぜんざいとお茶をいただきました。鉄瓶からお湯を取り、美しい所作で淹れてくださったお茶はとても美味しく感じられました。この際に、女性客にのみミニポーチのプレゼントサービスがありました。カード入れに使えそうなかわいいポーチで嬉しかったです。

こちらには4つの客室があるようですが、1日2組までしか予約を受け付けておらず、元群馬県知事の蔵をリノベーションした「壱の蔵」と「二の蔵」の2つの客室を利用するケースが多いようです。隣り合わせに建てられており、母屋から渡り廊下でつながっています。渡り廊下自体も雰囲気が良く、途中には読書室も用意されていました。

利用した「壱の蔵」はメゾネットの客室となっています。1Fは5畳程度の和室+3畳程度の小上がり、2Fは8畳程度の和室がありました。1Fの小上がりには長火鉢があり、鉄瓶のお湯でお茶をいただくことができます。寒い季節でしたが、部屋には火鉢の他にエアコンとガスストーブがあり、とても暖かかったです。

浴衣やタオルは一人2枚ずつ用意されていて、ストレス無く湯浴みが楽しめました。基礎化粧品はDHCのパウチタイプのもの、冷蔵庫はビール、ジュース、ウーロン茶が用意されていました。アメニティ袋には新品の爪切りが入っているのが珍しかったです。

お風呂は渡り廊下の途中の「竹ノ花の湯」と「鼬沢の湯」と名付けられた2つの貸し切り風呂を利用する形となります。どちらも湯治場を思わせるような木造のお風呂で、脱衣場と内湯が一室になったタイプです。檜風呂に加温のみを行った透明な温泉が24時間掛け流しになっており、滔々と流れるお湯に窓の光が反射して、とても清々しい雰囲気です。浴室が空いていれば利用中の札をかけて何度でも利用できますが、当日は宿泊客が、私たち一組だけだったため、この2つの浴室を思い存分利用することができました。客室から何度も通い、1人で1つ湯船を独占しての湯浴みを楽しみました。

夕朝食は母屋のお食事部屋でいただきます。時間になるとスタッフの方が呼びに来てくださいました。夕食は綺麗に盛り付けられた先付けからはじまり、お刺身、焼き八寸、お椀、豚をキャベツで巻いた蒸し物、ステーキ、天ぷら、デザートと続きました。品数多くボリュームたっぷりで大食漢の方も満足できるお食事だと思います。コース後半の食事は白米、またはうどんから選ぶことができました。うどんは豚肉がはいった煮込みうどんで、上州らしさを感じられました。

朝食も卵焼き、野菜のおひたし等の定番のお料理に加え、蒸籠に入ったシュウマイや野菜の炊き合わせ、揚げ出し豆腐など多くの品をだしてくださり、夕食同様お腹いっぱいになりました。食後はコーヒーか紅茶をいただけます。

接客は女性の方が担当してくださいました。必要以上に干渉しない接客サービスとなってはいますが、ウエルカムティーや食事の際は非常に丁寧に対応してくださいました。一方、客室にフロント直通電話がないため、お願い事はフロントまで出向く必要があります。プライバシー性を重視して電話を設置していないとのことでしたが、なにかとお願いしたいこともあったため、この点はすこし不便に感じました。

一日2組までの宿ですが、宿泊者向けの占有面積が広く、贅沢な滞在ができます。蔵を生かした客室、ボリュームたっぷりのお料理など様々な魅力を堪能できましたが、一番印象に残ったのは、掛け流しのお湯がたのしめる貸切風呂です。滔々と流れるお湯を思い存分楽しめて、心から癒されました。この満足感は、他の宿泊客がいなかったことも幸いしているかと思います。次回宿泊するならまた全棟貸切を狙って、閑散期を選んで宿泊したいと思います。

接客対応

女性の方が担当してくださいました。サービスはシンプルですが、ウエルカムティーや食事の際は、心のこもったサービスをしてくださいました。

清潔感

古民家の宿ですが、綺麗にリノベーションされ、どこも非常に清潔に保たれていました。

客室

蔵を利用したメゾネットタイプの客室です。大きな開口部はありませんが、長火鉢が置かれた小上がりのある1F、広々とした寝室の2F、どちらも居心地の良かったです。

食事

地元の食材を生かした、品数多めのボリュームたっぷりの食事がいただけました。

コスパ

2組限定とは思えないほど、占有スペースが大きく、贅沢に感じました。特に広々とした客室や貸切風呂は大きな魅力です。

立地

上牧温泉の駅から徒歩5分程度です。

温泉・スパ

2つの貸切風呂が利用できました。湯治場を思わせるような木造の内湯にお湯が掛け流しになっており、幸せな湯浴みが楽しめました。

備考・アドバイス

姉妹館「ホテルニュー上牧」の露天風呂を1000円で利用することができます。

公式サイトや予約サイト等には送迎の案内がありませんでしたが、手が空いている場合は対応できるようなので、宿の方に相談してみてください。上牧温泉駅だけでなく、水上温泉駅や後閑駅まで送っていただける場合もあるようです。