ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

赤城温泉 花の宿 湯之沢館

〒371-0241 群馬県前橋市苗ケ島町2027
赤城温泉 花の宿 湯之沢館
〒371-0241 群馬県前橋市苗ケ島町2027
TEL: 027-283-3017
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
2.5 に投稿 獲得票数:8 投稿者: ぴょん認証済
2018年6月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
四季の恵みを生かした旬の会席料理を頂ける山奥の小さなお宿

レンゲツツジが赤城山を綺麗に彩る6月初旬の週末、山合に静かに佇む赤城温泉を訪れました。大人2名1泊2食付きと幼児食事布団無しで28060円の宿泊料金でした。

お宿は赤城山の中腹にあります。道路はカーブが多く、場所によってはすれ違いが困難な狭い所もあります。車は赤城温泉の共同駐車場に停めます。駐車場からは急な階段のある細い通路を2~3分歩きます。特にお出迎えはありませんので自分達で荷物を運びます。入口を入り中へ声を掛けるとようやくスタッフが出てきました。小さなロビーがありそこで記帳のみ済ませます。その後簡単な館内の説明を受けながら部屋に案内されます。ロビーは少々下水臭と芳香剤が混ざった匂いが漂っていて、到着早々残念な気持ちになりました。

こちらのお宿は明治13年創業です。改修を重ねながら今に至るそうで建物の古さは否めません。5部屋ある客室は別館の2階と3階に配されています。エレベーターはなく館内の移動には階段の昇り降りが多くなります。「花の宿」ということで駐車場から向かう通路の壁や館内には、可愛らしい造花が沢山飾られてありました。

今回宿泊したのは別館3階にある「花ぼうろ」です。「8畳和室」で申し込んでありましたが12畳のお部屋に案内されました。床の間付の和室は横一面に広い窓がありとても明るかったです。障子を開けると目の前に新緑の山肌が広がり、緑と一体になれる感覚を味わえました。ベランダに出ると非常に爽快でしたが、手摺が低く少々危険でした。お部屋の広さは十分で快適でしたが、畳の凹みや窓枠の歪みなど随所に古さを感じました。

アメニティは浴衣・羽織・足袋があります。大小タオルが1枚ずつあり大浴場まで持参する必要があります。タオルはあまり質の良い物ではありませんでした。基礎コスメと髪留めがなかったので持参されると良いです。大浴場にはリンスインシャンプーとボディシャンプーしか用意がありませんでしたので、拘りのある方はお気に入りの物を用意した方がいいと思います。湯上り処では赤城の銘水が用意されており、隣に自動販売機もありました。部屋の冷蔵庫の中には有料の飲み物が数本用意されています。その他にポットで冷水の用意がありました。

大浴場は2ケ所あります。露天風呂のみの「瀬音露天風呂」と内湯のみの「赤城名月風呂」です。露天風呂は非常に風情がありそうでしたので楽しみにしていました。しかし、女性専用の時間帯は18時半から20時半のみで、ちょうど夕食時間と重なっていました。20時半から翌朝まではどちらのお風呂も混浴になります。(但し混浴時間帯の内、20時半から22時半まではどちらも貸切での利用が可能)内湯は2~3人が限界の広さで、露天風呂は脱衣所が1ケ所しかありません。混浴風呂としては非常にハードルが高く混浴時間帯に女性が利用するのは実質難しい状況でした。

内湯・露天風呂共に、20時半から22時半は希望があれば貸切で利用することができます。1回の利用時間は30分目安でした。利用するには部屋から受付に電話をかけ、スタッフが空き状況を確認し、折り返し電話をもらうという方法でした。事前予約は不可で毎回確認をして頂く手間などを考えると利用しづらかったです。

食事は通常大広間で他のゲストと一緒に頂きます。テーブル席をリクエストしましたが用意がないとのことで、別室にて座卓で頂きました。子供用の椅子はありませんでしたが代わりに高座椅子を用意して頂き助かりました。季節の食材をふんだんに利用している会席料理は、品数豊富でボリューム満点でした。中でも印象的だったのは天ぷらで様々な山菜が盛られており季節を感じられる1品でした。揚げたてを頂けたら尚良かったです。お料理は初めからセットされている物も多いですがその後も続々と運ばれ、こちらの食事ペースを気にしている様子は伺えませんでした。見た目や素材は良かったのですが、全体を通して濃い味付けの物が多かったので好みが分かれるところだと思います。

朝食は同じ食事処で、一般的な和定食が並びます。朝食もご飯が進むような濃い味付けが目立ちました。お味噌汁は具沢山で美味しく頂けました。朝食後はチェックアウト時までロビーでコーヒーのサービスがあり嬉しかったです。

接客については皆さん飾らない温かな対応の方が多かったです。案内や説明は最低限でシンプルでしたが、こちらが質問したことについては丁寧に答えていただけました。

レトロな古き良き旅館とも言えますが、やはり建物の老朽化は気になる点でした。古い中にも清潔感がもっと感じられたら良かったのですが、館内には清掃不足と感じる不衛生なところもありました。赤城の名湯はしっとりと肌に染み込む素晴らしいお湯でとても気に入りました。建物の古さを気になさらず、山奥の秘湯でゆっくりと静かに過ごしたい方におすすめできるお宿です。

接客対応

皆さん朗らかな雰囲気の方が多く会話に優しさが滲み出ていました。帰り際には飲み物をお土産に下さるなどお心遣いが嬉しかったです。

清潔感

年月を感じさせる建物は床の剥がれなどメンテナンス不足を感じました。お部屋は綺麗に掃除されていましたが、館内所々埃がたまっている場所もあり不衛生に感じました。

客室

12畳の和室は広々と快適に過ごせました。窓を開けると川のせせらぎが心地良かったです。窓枠の歪みで窓の開け閉めが難しく少々不便に感じました。

食事

お品書きはなくお料理の詳しい説明はありません。旬の物を取り入れた夕食は品数豊富でボリュームもあります。お料理全般濃い味付けが目立ちました。

コスパ

自然豊かな山奥で非常にしっとりする温泉を楽しめます。古い建物が気にならず、入浴スタイルや味の好みが合う人には金額的に満足感を得られると思います。

立地

山奥にある秘境の宿です。大自然の中で静かに過ごすことができます。狭い山道を通らなくてはいけないので運転になれていないと厳しいと思いました。

温泉・スパ

内湯の窓からは緑鮮やかな山肌がのぞめ、露天風呂からは滝が見え非常に風情があります。しっとりと肌に馴染む温泉でした。

備考・アドバイス

大浴場のシステムが非常に特徴的です。

15:00~18:30 露天風呂(男性)・内湯(女性)
18:30~20:30 内湯(男性)・露天風呂(女性)

20:30~06:30 内湯・露天風呂共に混浴
(混浴時間帯の内20時半から22時半のみ30分程度の貸切利用が可能 )

06:30~チェックアウト 露天風呂(男性)・内湯(女性)

女性が景色が綺麗に見える時間帯に露天風呂を楽しむことはできません。


wi-fiはありますが不安定でした。

他の部屋の声も聞こえることがありましたので防音は良くありません。

大浴場は日帰り入浴も受け入れているようでした。

夕食は18時と18時半から選べました。

朝食は7時半、8時、8時半から選べました。

お部屋での喫煙は可のようで灰皿が置かれていました。タバコの匂いは全く感じませんでした。

赤城温泉 花の宿 湯之沢館周辺のホテル・旅館