ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

小田急 箱根ハイランドホテル

〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940
小田急 箱根ハイランドホテル
〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940
TEL: 0460-84-8541

小田急 箱根ハイランドホテルのレストラン

ラ・フォーレ

グランド・キュイジーヌの伝統技法をベースに日本料理の食材や技法、盛り付けを取り入れた新境地を開く「フレンチジャポネ」をお愉しみいただけます。
朝 7:30 ~ 9:30
昼 11:30 ~ 14:00
夜 17:30 ~ 20:30
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.6 に投稿 獲得票数:8 投稿者: アクビ認証済
2018年11月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
独創的なフレンチジャポネの美食を味わえる温泉リゾート

仙石原の国道138号線沿い、箱根ガラスの森美術館の隣にある小田急リゾーツ系列のホテルです。早期予約プランを利用して11月上旬の金曜日に宿泊し、2名1室2食付きで合計35,000円でした。

当日は小田原駅からバスで向かいました。「品の木・箱根ハイランドホテル」のバス停で降車すると目の前にホテルがあります。ロータリーを進むと大涌谷の雄大な景色が現れ、迫力ある自然美に息を呑みました。15,000坪の広い敷地には芝生の敷きつめられた庭園と森があり、金時山の伏流水が湧き出ています。ホテル内のお料理や飲み物にはすべてこの天然水を使用しているそうです。エントランスに入るとフロントはチェックイン手続きを待つ宿泊客で少し混雑しており、ロビーのソファに座って10分ほど順番を待ちました。夕食の時間と朝食メニューを決め、鍵を受け取るとスタッフの方が荷物を持って客室まで案内してくださいました。

本館は傾斜地を活かした造りの建物で、フロントやレストランなどのあるロビーフロアは3階、エレベーターを下りて1階~2階に客室があります。今回は1階の127号室に宿泊しました。部屋は32平米のスタンダードツインで、落ち着きのある柔らかな色調のインテリアでまとめられています。ベッド周りやカーテン、テーブルセットの椅子はストライプの模様が可愛らしいアクセントになっていました。引き出しにはルームウェア、クローゼットには館内スリッパと室内スリッパ、散策用のサンダルが用意されています。テレビ下の棚には庭園散策マップとバードウォッチング用の双眼鏡が置かれており、窓から広い庭を眺めていると思わず散策に出たくなりました。カウンターの上には電気ケトルとお茶セット、下には冷蔵庫が格納されており、有料ですが数種類のドリンクが用意されています。バスルームは白とベージュの市松模様のタイルが明るい雰囲気で、ややコンパクトなユニットバスです。洗面には人数分のタオルとアメニティが用意されていました。水道からは敷地内の湧き水が出ますので、天然水をいつでも贅沢に使用できるのは嬉しいサービスでした。

夕食前にはラウンジでコーヒーとケーキをいただきました。ゆったりとした空間にはソファセットとピアノが置かれており、窓からは広い庭園を一望できます。日が暮れるにつれて変わっていく空模様を眺めながら、のんびりと過ごしました。ラウンジでは早い時間はアフタヌーンティーも楽しめますし、気候の良い時期はテラス席が人気だそうです。17時になると照明が控えめになり、その後はバーとして営業していました。

夕食は本館3階のレストラン「ラ・フォーレ」でいただきました。和とフレンチを融合した独創的なフレンチジャポネのお料理が評判で、以前から気になっていたレストランです。今回はオードブル・スープ・メイン・デザートを数種類のメニューから選択できる、プリフィックスの「フォンテーヌ」コースにしました。アミューズは3品の盛り合わせで、海老のビスクが濃厚で少量でも満足感があります。かんぱちのグリエは2種類の焼き方で食感の違いを味わい、松茸のコンソメスープは香りと帆立の出汁を楽しみました。穴子真丈の香味焼きはふっくらと焼かれた穴子に帆立がくるまれており、やさしい味が好みで特に気に入りました。メインディッシュの肉料理は、テラスに備えた薪火のかまど「ガーデンブロッシュ」で焼き上げてくださいます。煙を上げてダイナミックに調理される様子が見えて期待が膨らみました。出来上がったイベリコ豚の薪火焼きは、内側がほんのりピンク色をした絶妙の焼き加減で、ジューシーで美味しかったです。スタッフの方はメニューを選ぶ段階から食材や調理法について丁寧に説明してくださり、好みの料理を選ぶことができて大変満足しました。

朝食は本館3階の「ラ・フォーレ Hanare」でいただきました。窓側の席からは森の木立を眺められます。洋食はフレンチジャポネとアメリカンブレックファストの2種類があり、さらにメイン料理などを2種類のメニューから選べます。今回はフレンチジャポネで人気の味噌漬けベーコンサラダと雑穀リゾットを選び、コンソメジュレの温泉卵に野菜やベーコンを絡めて美味しくいただきました。和食は小鉢・八寸・焼物・煮物など品数が豊富で、朝からボリューム満点です。夫は具だくさんのお味噌汁を気に入っていました。

大浴場は本館1階にあります。タオルサービスがあり、高性能のドライヤーや基礎化粧品が完備されていますので手ぶらでも利用できます。脱衣場は少し手狭に感じましたが、朝夕とも混雑なく快適に利用できました。パウダールームや洗い場には1人づつの仕切りがあり、プライベート感を保てます。大涌谷から引き湯をしている白濁した硫黄泉は体が芯から温まり、肌もすべすべして泉質の良さを感じられました。露天風呂、内風呂、ジャグジーを備えており、存分に湯浴みを楽しめます。また、個人的にサウナは苦手なのですが、ガラス張りで明るく解放感のあるミストサウナは蒸し暑さや閉塞感がなくて気に入りました。湯上り処の「アクアラウンジ」は大きく採られた窓から中庭を眺められ、天然水をいただきながらゆったりとしたカウチやソファで寛げるようになっています。スタイリッシュなデザインの空間にはアロマの香りが漂い、つい長居してしまう素敵なラウンジでした。

こちらのホテルはチェックアウトが12時ですので、朝はゆっくりと過ごせます。広い庭園と森を散策したり、露天風呂で再び湯浴みをしたり、出発まで休日の朝を存分に楽しみました。レストランはランチメニューも充実しており、フレンチジャポネのお料理を味わいにまた訪れたい気持ちになりました。のんびりと寛いで過ごせるリゾートホテルです。

接客対応

チェックイン手続きは少し待ちましたが、スタッフの方は感じよく応対してくださいました。レストランでは丁寧にお料理の説明をしていただき、好印象でした。

清潔感

建物は少し古さを感じる部分がありますが、きちんとメンテナンスされています。窓が汚れていたり、細かい部分で清掃の粗が見えました。

客室

本館スタンダードツインは32平米の広さで、柔らかな色調のインテリアでまとめられています。廊下にいる人の話し声が聞こえるのは少し気になりました。

食事

フレンチに和の食材や調理法を取り入れた独創的なお料理や、薪火のかまどで焼き上げたお肉料理をいただけます。朝食メニューも充実しています。

コスパ

美食と温泉を満喫し、翌日も12時までゆっくりできましたので価格以上の価値を感じられました。

立地

15,000坪の自然に囲まれて静かに過ごせます。ホテルの目の前に高速バスも停まるバス停があり、車でもわかりやすく、観光の拠点としても便利です。

温泉・スパ

大涌谷から引き湯をしている白濁した硫黄泉は泉質の良さを感じられます。湯上り処の「アクアラウンジ」はアロマの香りが漂う素敵な空間でした。

備考・アドバイス

館内ではwifiを使用できます。

朝食は和食・洋食のどちらかを1人づつ選択できます。洋食は「ラ・フォーレ」、和食の人がいる場合は「ラ・フォーレ Hanare」でいただきます。

別館「森のレジデンス」には温泉露天風呂付きツインとドッグフレンドリールームがあります。レストランや大浴場までは距離がありますが、プライベート感を重視される方にはこちらがお勧めです。チェックイン手続きなどは本館フロントで行います。

小田急 箱根ハイランドホテル周辺のホテル・旅館