ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

吉池旅館の口コミ・宿泊記

38位

吉池旅館

〒250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本597
38位/208件中 - 箱根の旅館
吉池旅館
〒250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本597
TEL: 0460-85-5711
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.3 に投稿 獲得票数:10 投稿者: chokotto
2017年6月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
一万坪の日本庭園とコスパの良さに魅力的を感じた箱根の老舗旅館

敷地内の庭園を鑑賞したいという両親のリクエストで、6月の平日に訪問しました。予約サイトのタイムセールで、「山側か庭園側の標準客室(和室10畳)、食事処はお任せ、料理内容の変更やアレルギー対応は不可」という条件付きのプランを利用しました。料金は大人3名、2食付きで一人あたり16200円(税・サ込)です。早期割引プランより5%ほどお安かったようです。

旅館は箱根湯本駅から、お土産店が並ぶ国道を7分程歩いた距離にあります。チェックインまで少し時間があったので、車と荷物を預けて周辺を散策しました。観光客が集まる賑やかな場所なので、時間を潰すのには困りません。お土産店を見て歩くのも楽しいですが、静かな川沿いの裏通りを散歩するのもおススメです。

チェックインはフロントで行います。手続きはスムーズで、荷物はお部屋まで運んでくださいます。担当は笑顔が素敵な若い女性でした。高齢の両親を気遣って歩調を合わせてくださいましたが、階段を上ったり、エレベーターを乗り継いだりしたので、母は億劫だったようです。丁寧に道順を案内してくださいましたが、館内は複雑ですぐには把握できませんでした。5分以上歩いて到着したのは敷地内の一番奥にある宿泊棟「山荘」です。廊下は薄暗く寂しい印象で憂鬱な気持ちになりましたが、ドアを開けると緑がパッと目に飛び込んでくる、庭園側のとても明るいお部屋で安堵しました。あとになってわかった事ですが、大浴場と食事処に近い、便利な場所でもありました。

プランには「標準客室(和室10畳)」と記載されていましたが、実際は和室10畳のほかに約6畳分の洋室があり広々としています。洋室には4人掛けのダイニングテーブルがあり、座りやすいと両親に好評でした。側の窓を開け放つと心地よい風が吹いてきて、ほとんどの時間をこのテーブルで過ごしました。予約時に年齢を伝えたわけでも、リクエストをしたわけでもなかったので、これは嬉しい偶然でした。古さは否めませんが、定期的にメンテナンスをされているようで、カーペットやイスのカバーは張り替えてあり、畳もイ草の香が残っていました。清掃状態も良かったです。

内風呂はトイレと一体型のユニットバスです。温泉でしたが大浴場を利用したので使用しませんでした。バスタオルと浴用タオルは一枚づつです。大浴場に備えはないので持参します。室内に男性用の整髪料とローションはありましたが女性用はなく、大浴場に化粧水、乳液、試供品のかかとクリームやヘアケア製品などが置いてありました。

大浴場は男女入れ替え制ではないため、利用できるのは1カ所となります。男性用は湯上り処を挟んで、内風呂と露天風呂が離れているため、移動のたび服を着なくてはなりません。父の話によると木々に囲まれた露天風呂には花殻や葉っぱが一面に浮かび、お湯からでると全身に張り付いてしまったそうです。後から来た方はその様子を見て入浴せずに帰ったとか。女性用の露天風呂は、そこまで酷くはありませんでしたが、花殻がたくさん浮かんでいて、手で避けながら入浴しました。せめて網があれば対処できたのですが、せっかくの露天風呂を快適に利用できなかったのは残念です。

ジャングル風呂と呼ばれる男性用の内風呂は、天井がガラス張りで明るく開放感があったそうです。浴槽の一部は立ち湯が楽しめ、奥には滝が流れていたと聞きました。女性用の内風呂は二つの浴槽が並ぶ、至ってシンプルな造りでした。浴室の広さに対して窓が小さく昼間でも薄暗かったです。男女によってかなり趣が異なるようなので、ぜひ入れ替え制にして頂きたいと思いました。(現在、大浴場は撮影禁止のため写真はありません)

貸切風呂は2カ所あり、予約なし、無料で利用できます。見た限りではいつも空室でした。どちらも同じような造りで大差はありませんが、左側のお風呂は天窓があり明るかったです。ご家族やカップルでの利用にぴったりな広さでした。

お食事は二食共に「放心亭」で頂きました。大きな窓から庭園のパノラミックな眺めを楽しめる、今風のお洒落なダイニングルームです。私たち3人はテーブル席でしたが、2人の場合は窓側のカウンター席が基本のようです。グループ客は個室に案内されていました。

夕食は季節の会席料理です。器や盛り付けは美しかったのですが、冷静に見ると八寸は干ぴょう巻き(旅館の名物だそうです)カボチャの煮物、魚や鳥の焼き物などが華やかに盛り付けられたものでした。昆布を敷いた器に盛られた足柄牛のローストビーフは、牛肉と昆布の相性が微妙な上、お肉が固くてなかなか噛み切れませんでした。鱸バター焼の上に金平がのっているのは不自然に感じましたし、留肴は、揚げ鮎、煮豆、ミョウガ、磯辺揚げをカレー風味で仕上げた不思議な組み合わせの一品でした。個人的には奇抜で、見た目重視の内容に感じられましたが、季節によって献立がかわりますので、再訪したら違った感想をもつかもしれません。量は私たちには丁度良かったですが、お茶碗の白米が驚くほど少量で、お替わりの声掛けもなかったので、若い方は物足りないかもしれません。朝食は一般的な献立が並ぶ和定食でした。食事中は6~7名のスタッフが、厨房の前に横一列に並んで様子を見ています。そのため給仕のタイミングはぴったりで、夕食は1時間弱で終わりましたが、厨房に一番近い席だったこともあり、全く落ち着けませんでした。翌朝も同じ席でした。衝立か観葉植物を配置するなどの配慮が欲しかったです。

一万坪の日本庭園は素晴らしく見応えがありました。須雲川から取り入れた清流が、小川や池、滝となって園内を流れる様子が清々しく、たいへん気持ちが良かったです。ツツジの見ごろが終わってしまい残念に思っていましたが、新緑の庭園も素敵でした。フロントで鯉の餌を買い、童心にもどって楽しんだり、写真を撮ったりして過ごしました。ですが、池には沢山の飛び石があるので、思った以上に注意が必要です。庭園の入口に屋外用のスリッパが用意されていますが、歩きやすい靴で散策される事をおススメします。

海外の旅行客が多く至る所で英語が飛び交っていました。スタッフは二十代と思われる方が圧倒的ですが、みなさん慣れた様子です。男女ともにスーツ姿で、着物の方はダイニングルームで数名見かけただけでした。接客はホテルライクですが、廊下ですれ違う際は、立ち止まり「いらっしゃいませ」「ごゆっくりなさってください」などの声を掛けてくださり、困り事にも親切に対応してくださいました。

箱根は人気の温泉地のため、料金設定が高いのですが、こちらは老舗の旅館でありながら1万円台半ばから宿泊ができます。運良く天候に恵まれ、眺めの良い広いお部屋に滞在できたこともあり、さらにコスパが良く感じられました。早期割引プランもありますので、箱根旅行をお考えの方に、候補としてご提案したいお宿です。

接客対応

スタッフは二十代と思われる方が圧倒的ですが、みなさん慣れた様子です。丁寧で親切な接客でした。

清潔感

建物の古さは感じますが、大浴場や湯上り処、ダイニングルームなどは新しくなっていました。

客室

定期的にメンテナンスをされているようで、カーペットやイスのカバーは張り替えてあり、畳もイ草の香が残っていましたが、水周りは古さを感じました。

食事

二食共に、眺めの良いお洒落なダイニングルームで頂きました。夕食は出来立てを運んでくださる会席料理です。朝食は一般的な和定食でした。

コスパ

コスパが良かったと思いますが、日本庭園に興味がない方は満足度が低いかもしれません。

立地

箱根湯本駅から近く便利です。有名な和菓子店や行列のできる蕎麦店に近く、人が集まる立地です。

温泉・スパ

大浴場は内風呂、露天風呂ともに広々としています。貸切風呂も無料で利用できます。

備考・アドバイス

こちらの旅館は3つの宿泊棟があります。「標準客室(10畳)」といっても宿泊棟によって、広さが異なります。「本館」は広縁付きの10畳ですが、「池の棟」と「山荘」は10畳+ダイニングテーブルを備えた洋間があります。

眺望は山側、庭園側がありますが、全体の7割が庭園側です。

庭園側は、宿泊棟によって見えるお庭が違います。「本館」と「池の棟」は旧岩崎別邸と大きな池があるメインのお庭ですが、「山荘」はさらに奥の「山荘庭園」が見えるお部屋です。

チェックイン前もチェックアウト後も車と荷物を預かってくださいます。車のキーと荷物を預ける際に引換証をくださいますが、どちらも切符サイズの紙片なので紛失にご注意ください。

お布団は夕食の間に敷いて下さいます。翌日のお布団上げのタイミングは希望を聞いてくださいます。

ロビー庭園側から見た本館ロビーライトアップされた庭園ロビーロビーフロントとお土産処廊下館内図庭園の出入り口日本庭園日本庭園宿泊棟「池の棟」庭園内の徳川家ゆかりの茶室「真光庵」茶室「真光庵」日本庭園内の旧岩崎邸別邸庭園を一望できる展望テラス日本庭園の奥にある「山荘庭園」宿泊棟「山荘」「山荘」エレベーターホール「山荘」廊下客室 ダイニングテーブルからの眺め客室からの眺望 眼下に庭園が見えます。お着き菓子、おしぼりタオル、浴衣は一着づつ、足袋ソックス、丹前大浴場に続く廊下大浴場の湯上り処湯上り処では冷たい麦茶が自由に頂けます。湯上り処湯上り処の自販機コーナー貸切風呂貸切風呂貸切風呂  脱衣所貸切風呂 アメニティ貸切風呂 ドライヤー貸切風呂 シャンプー類貸切風呂貸切風呂天窓付きの明るい貸切風呂貸切風呂貸切風呂ダイニングルーム「方心亭」ダイニングルーム「方心亭」 入口ダイニングルーム「方心亭」ダイニングルーム「方心亭」「方心亭」 2名は窓側のカウンター席に案内されます「方心亭」 翌朝は庭の水盤が反射して綺麗でした。「方心亭」 厨房のカウンター前でスタッフが待機しています。食前酒先付  新緑豆腐と玉蜀黍玉子豆腐と海老、トマトお造り お刺身と湯葉お椀 紫陽花真蒸 金目 わかめ八寸 干ぴょう巻き、マス香焼き、大山鳥南部焼など炊き合わせ 足柄牛のローストビーフ、底に敷かれているのは昆布焼き物 鱸バター焼 金平留肴  蟹磯辺揚げや稚鮎のカレー風味水菓子 ゼりー、杏仁豆腐朝食朝食朝食 シューマイ朝食朝食朝食館内の自販機

吉池旅館周辺の旅館