ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

強羅花扇の口コミ・宿泊記

5位

強羅花扇

〒250-0408 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-681
5位/207件中 - 箱根の旅館
強羅花扇
〒250-0408 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-681
TEL: 0460-87-7715
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.9 に投稿 獲得票数:7 投稿者: chokotto
2016年4月頃にカップルで滞在 この口コミに投票する
上質な空間に包まれた、全室露天風呂完備のお籠り宿

4月の休日に大人2名で宿泊しました。一日3組限定の「カップルプラン」を利用し、一人あたり33000円(税・サ込み)でした。「一般室」の和室タイプまたはベットタイプから選択できるプランでしたので、ベットタイプを指定しました。広さはどちらも同じです。

案内して頂いたのは2階のお部屋でした。決して広くはありませんが、ベランダの露天風呂まで見渡せるので開放感があり、梁が見える天井のお陰で空間にゆとりが感じられました。ソファーがロータイプなのも、広く見える効果に一役かっています。天然木が豊富に使われた室内は、自然のぬくもりが感じられリラックスできました。特にフローリングは素足に優しく、歩き心地が良かったです。少し肌寒かったので床暖房を入れましたが、暑い夏は適度にヒンヤリとして気持ちがよさそうです。ただ水回りはデザイン重視のようで、蛇口の水の出し方がすべて異なり使いにくかったです。

アメニティ類は一通り揃っていました。バスタオルは2枚づつあり、使い終わったものは夕食の間に交換して頂けます。室内の飲み物は、煎茶と昆布茶、コーヒー、ポットに冷水がありました。館内の自販機は良心的な価格でした。

客室露天風呂には24時間、温泉が注がれています。そのため湯船は黒ずみ、周りのサッシや溝には温泉成分が付着していました。やや気になりましたが、きちんと清掃されていましたので、朝に晩に温泉を楽しみました。ベランダのフェンスは透明ですが、外からの視線をカットする加工がされているそうです。また室内からはシェードで目隠しができます。使い勝手が良く、浴槽の隣には独立したシャワーブースと脱衣スペースがありました。季節を問わず快適に利用できるのではないかと思います。

館内の大浴場は1箇所で、男女の入れ替えはありません。温泉は姉妹館「早雲閣」の自家源泉から引いているそうです。色は無色に近く、湯の花も目立ちませんが、湯上がりは身体が温まり、肌がしっとりしました。広々とした内風呂は、一部が寝湯になっており、のんびり浸かるのに最適でした。露天風呂は2つあり、外階段を下りた先に岩風呂、外のテラスに信楽焼の壺風呂がありました。どちらも小ぶりな浴槽でしたが、いつも貸切状態でしたので、ゆっくり過ごすことができました。全てのお部屋に露天風呂が付いているので、大浴場の利用者は少ないようです。内風呂は手摺り付きでしたが、露天風呂へは外階段を利用するため、足腰の悪い方やご高齢者はご注意ください。

「花扇」の宿泊者は「早雲閣」の大浴場も利用できます(仲居さんに伺ったところ、この逆も可能だそうです)徒歩で数分の距離なので、ぜひ楽しみたいと思い、湯カゴを手に浴衣姿で向いました。庭園を通り抜け、屋外の専用エレベーターで昇ると到着です。右手にケーブルカーの「早雲山駅」、正面に目的の「早雲閣」が見えました。声を掛ける前に快く出迎えて頂き、館内で出会った方々も笑顔で歓迎して下さったので、こちらにも宿泊してみたくなりました。

「早雲閣」の温泉は、湯の花が沈殿した茶色のお湯です。浴槽脇の源泉の吹き出し口から、時々お湯が高く噴き出す様子は迫力がありました。その姿から湯量が豊富で、成分がしっかり含まれた温泉だとわかります。ポカポカと身体が温まり、帰り道の冷たい風も心地よかったです。「花扇」の大浴場と比べると規模は小さいですが、内風呂も露天風呂も段差が少ないので利用しやすいと思いました。

どちらの大浴場も、基礎化粧品やタオルが完備されていますので、手ぶらで湯巡りができます。「花扇」の方が設備が立派なので、個人的には先に「早雲閣」へ行かれるほうが、両方を楽しめるのではないかと思いました。

お食事は、2食共に食事処で頂きます。夕食時は完全な個室を用意してくださり、声の大きさや話題を気にすることなく楽しみました。ワイン付きのプランでしたが、夫婦揃って苦手なため、ソフトドリンクに交換して頂きました。アルコールを飲まないため、食事の席では、ペースが早く、間があくことがあるのですが、給仕のタイミングが絶妙で感心しました。お箸とお絞りは、2度も交換してくださり、そのたびに気持ちも新たになり、お箸が進みました。どれも素材の味が感じられるお料理で、たいへん美味しく頂きました。特に陶板焼きの飛騨牛は、厚みがあっても溶けるように柔らかく、旨味が口に広がりました。

朝食も同じ個室の予定でしたが、眺めのよい席が空いたということで、そちらに案内して下さいました。言われてみれば前日の個室には窓がなかったのです。全く気にしていませんでしたが、嬉しい配慮でした。掘りごたつ式のテーブル席は、一見すると個室のようでしたが、お隣とつながっていました。ときどき会話が聞こえてきましたが、気になるほどではありませんでした。朝食は和定食で、一般的な品揃えでした。焼魚は大きなお皿に盛り付けられたものを3種類づつ取り分けて下さいます。冷めていたので、その手間は省き、焼きたてを提供して下さる方が良いのにと思いました。

専属の仲居さんは、まだお若い方でしたが、おもてなしの気持ちが伝わってくる方でした。朝食の席もそうですが、こちらから要望しなくても、一歩先を読んで提案したり、案内して下さいます。給仕も素晴らしく、雑談にも快くつきあって下さり、楽しい滞在ができました。他の仲居さん達も、笑顔を絶やさない、感じの良い方ばかりでした。そのせいでしょうか、男性スタッフの方々の対応が事務的に見えてしまいました。初日の送迎時には残念に思う場面があり、じつは第一印象はあまり良いものではありませんした。ですが、その後は快適な滞在でしたので、こちらに宿泊して良かったです。

すべて畳敷きの館内は、足音が響かずとても静かでした。歩く度に畳の良い香りに包まれて気持ちが良かったです。天然木を使った内装は上品で重厚感があり、特に吹き抜けのロビーが素敵でした。

共有スペースはゆったりとしていますが、広いお部屋は少ないです。全20室のうち、17室が34平米の「一般室」で、そのうち和室タイプ(3室)は3名まで宿泊が可能ですが、ベットタイプ(14室)は定員2名です。これらの点や館内全体の雰囲気から、ファミリーやグループよりも、大人のカップルでの利用がふさわしいと感じました。静かな環境でゆっくり過ごせるお宿です。

接客対応

気になる点もありましたが、全体的には素晴らしい接客でした。特に専属の仲居さんが素晴らしく、楽しい滞在ができました。

清潔感

経年による多少の劣化はみられますが、畳敷きの館内は、歩く度に畳の良い香りに包まれて気持ちが良かったです。天然木を使った内装は上品で重厚感がありました。

客室

天然木が豊富に使われた室内は、自然のぬくもりが感じられリラックスできました。二人で過ごすのには丁度良い広さでした。

食事

どのお料理も美味しかったです。A5ランクの飛騨牛などメニューも充実していました。

コスパ

高価格帯のお宿ですが、それにふさわしい満足感がありました。

立地

ケーブルカーの「早雲山駅」からすぐの立地です。観光にも便利です。強羅駅から送迎していただけます。

温泉・スパ

大浴場は利用が少なく、ゆっくりと過ごすことができました。姉妹館の「早雲閣」の温泉も利用できます。

庭園内の専用エレベーターに向う様子エレベーターへの入り口はトンネル風になっています。エレベーターのエントランス(花扇側)エレベーターのエントランス(「早雲山駅」「早雲閣」側)姉妹館「早雲閣」が見えます。お部屋の前の廊下お部屋の扉入り口右手にクローゼットクローゼットの隣のトイレ内側の扉を開けると、手前にベット、奥に畳のスペースがあります引き出し式のセーフティーボックスDVDプレーヤー脱衣所、洗面所引き出しに入っていたソーイングセットシャワーブース客室露天風呂客室露天風呂からの眺め部屋からの眺望大浴場の入り口男湯の脱衣所女湯の脱衣場洗面は各ブースにわかれています大浴場からの眺望テラスに壺風呂、階段下に岩の露天風呂露天風呂からの眺望夕食 前菜小吸物お造り焚合せ台の物焼き物揚げ物蒸し物留椀、ご飯、香の物水物食事処の個室声掛けはお手玉で知らせます2階、食事処前のソファーコーナー2階から下を眺めた様子(お土産コーナーが見えます)お土産コーナー館内図朝食朝食後のフルーツ朝食で利用した食事処天井や壁の一部がお隣とつながっています食事処からの眺望朝食後のコーヒーを囲炉裏のコーナーで頂きました

強羅花扇周辺の旅館