ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら

ホテル・旅館の価格比較・格安予約

万葉の里 白雲荘

〒259-0314 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上716-1
万葉の里 白雲荘
〒259-0314 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上716-1
TEL: 0465-62-2341
通報する口コミのタイトル
違反内容
違反内容の詳細
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.7 に投稿 獲得票数:15 投稿者: すしねこ認証済
2018年3月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
見た目も美しい豪華な料理とアジアンリゾートのような貸切風呂がすばらしい温泉旅館

当日は、JR湯河原駅よりタクシーで向かいました。タクシーを降りる前に、感じのよい係りの方が出迎えてくださり、これからの宿泊に期待感が高まりました。一歩足を踏み入れると、外観からは想像できないほど、モダンで落ち着いたロビーでした。石造りのフロントには京唐紙の壁紙、レストランには見事な組子細工を使うなど、伝統工芸と現代の建築を融合させたすばらしい造りです。

ロビーでお茶をいただきながら手続きを行い、ほどよいタイミングで客室へ案内されました。浴衣はロビーに用意してあり、好みの色柄とサイズを選べます。女性用はほかの宿でも見かけますが、男性用の色浴衣があるのは珍しいと思います。

平日に1名で宿泊し、2食付き32,550円でした。案内されたのは3階にある“さつき”というAタイプの客室でした。玄関とロビーやレストランは2階にあり、大浴場といくつかの客室が1階になります。館内にエレベーターはなく、階段のみとなっていました。

客室は10帖の広さにお縁とトイレ、内風呂が備わっていました。畳敷きの上にロータイプのベッドが並んでおり、シングルサイズよりも少し広い100cm幅でした。普段ベッドに慣れていない方でも、ロータイプであればなじみやすく、寝起きも楽だと思います。

畳には色畳が使われており、同じタイプの客室でも、それぞれ風情が異なるようです。古い客室を基礎に改修してあり、ロビーほどのモダンさはありませんが、明るく使いやすい本間でした。壁紙や襖は張り替えられているものの、柱や扉の木製部分に多くの傷みがあり、清掃に関しても埃が残っていて気になりました。

客室は山手側と川側に分かれており、宿泊した“さつき”は川側でしたが、夜になるとせせらぎの音だけが聞こえていました。周りが静かなだけに音が気になる方は、事前に山側の部屋を相談されてもよいかと思います。また“さつき”からは目の前の桜の木が眺められ、満開の時期だったこともあり、ほかの客室よりも景観がよいように感じました。

係りの方が滞在中に部屋へ来ることはありませんでした。そのため、ホテルのように過ごしたいと思う方には、静かで落ち着けると思われます。お冷ポットはないものの、冷蔵庫のドリンクは無料、コーヒーやお茶のマシーンもあり不足は感じませんでした(冷蔵庫のドリンクに追加補充はありません。)

大浴場“さぬきの湯”が1階にあります。内風呂と露天風呂が備わっており、タオル類はすべて用意されています。利用時間は夜0時半まで、朝は5時半から10時まででした。翌朝から男女の入れ替えが行われます。初日の男性用は小ぶりな造りながら、露天風呂からは満開の桜が眺められ、花見風呂を楽しむ事ができました。入れ替わり後は、前日に比べて倍近くの内湯になり、一面ガラス張りの窓と相まって広々した印象です。露天風呂の大きさは変わらず、景色は下を流れる川を眺めることができました。個人的には小ぶりながらも、前日の浴室のほうが趣があったと思います。

大浴場のほか、野外には貸切風呂“Do湯遊”があります。素泊まり以外の宿泊者は、滞在中1度だけ40分間無料で利用できます(素泊まりの場合は、2,000円税別。)予約は当日先着順となり、私は明るい時間帯に利用する事ができました。アジアのリゾートスパを彷彿される造りで、湯船はジェットバスでした。カップルで利用するならば、すてきなひとときを過ごせそうです。テーブルがあるスペースには、湯上り用ミニビールの用意もあり、とてもサービスが行き届いていました。1人で利用しても、もう少し居たいと思えるほどでした。

食事は2食ともにレストランで用意されました。混みあっていた日のために、2部制ということで、17時半か20時からの選択でした。個室ではなくオープンスタイルのレストランですが、レースカーテンの仕切りや隣席との間隔も十分にあり、食事中はあまり周囲が気になりませんでした。見た目も美しい手の込んだ前菜に始まり、お造りには高級魚のオニオコゼが姿盛りで用意されました。焼石の上に並べた海鮮に、目の前で出汁を掛けて蒸し上げる宝楽焼きなど、ただ用意されるだけではなく驚きも多々ありました。どの料理も上品な味わいながら、しっかりとした旨味を感じられました。デザートは場所を移してロビーで用意され、雰囲気が異なりメリハリのある夕食だったと思います。

朝食も同じく盛り付けが美しく、見た目だけでも満足できました。食用の花が飾られたサラダや選べる焼き魚と卵料理、夕食と比べても手抜きがない朝食です。焼き魚は鯵の干物、アコウ鯛の粕漬け、潮鮭から選べ、卵料理は出汁巻き卵、茶碗蒸し、温泉卵の3種類あり、これだけでも迷いそうな品々でした。これらの選択はチェックイン時に行い、併せて苦手な食材なども丁寧に尋ねられました。ただ一点残念だったのは、土鍋で炊いた白米がとても硬く、口に合いませんでした。

白雲荘はミシュランガイドに掲載された三ツ星の旅館です。以前、ミシュランガイドに掲載されたホテルや旅館を利用しましたが、個人的には残念な印象が多くありました。しかし、白雲荘の客室は一般的であるものの、値段の割に食事がすばらしい内容に感じました。やや敬語の使い方が不自然に感じるスタッフも居ましたが、それらは気にならないほどの心地よい接客応対でした。心配りのできるスタッフが多く、滞在中は大変快適に過ごせ、チェックアウトするのが惜しまれるほどでした。比較的料金の高い湯河原地区において、支払った金額よりも満足度を得ることができる旅館です。

接客対応

付かず離れずのほどよい距離を保った接客でした。とても丁寧な応対で好感が持てました。

清潔感

客室も改修されているものの、木製部分の傷が目立ちます。また、目の届く範囲に埃が積もっており、あまり細やかな清掃が行なわれていないように感じました。

客室

飾り気の少ない客室ですが、本間は明るく過ごしやすかったです。反面、冷蔵庫付近が昼間でも暗く、使いにくく感じました。

食事

食材や味付け、盛り付けや演出ともに、すばらしい料理でした。朝食も夕食に劣らずよかったのですが、白米が硬すぎたのだけが惜しまれます。

コスパ

客室は一般的なものの、食事や貸切風呂が素晴らしく、値段以上の満足感がありました。

立地

湯河原にありながら、山奥の袋小路になっており、行き交う車もなく静かな場所です。

温泉・スパ

客室露天風呂以外は、加水・加温・循環・消毒がされています。大浴場は小ぶりですが、貸切風呂がアジアのリゾートスパのようで、とてもすてきでした。

備考・アドバイス

JR湯河原駅よりバス向かうと、最寄りのバス停から険しい坂道を20分ほど歩きます。宿のお勧めどおりのタクシーですと、所要時間は約10分、料金は1,500円ほどでした。帰りは時間が決まっているものの、宿の車で駅まで送ってくださいます。

客室のシャンプーやソープのアメニティには、石油製品を使わない上質なOlive Branch Botanicalsが用意されていました。

万葉の里 白雲荘周辺のホテル・旅館