ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

オーベルジュ オー・ミラドーの口コミ・宿泊記

6位

オーベルジュ オー・ミラドー

〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根湖尻159-15
6位/63件中 - 箱根のホテル
オーベルジュ オー・ミラドー
〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根湖尻159-15
TEL: 0460-84-7229
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
3.9 に投稿 獲得票数:15 投稿者: 美湯
2017年5月頃に家族旅行で滞在 この口コミに投票する
箱根の森で美しい絶品フレンチを堪能できるオーベルジュ

日本に初めてオーベルジュを開いた、勝又登シェフのお料理を目当てに、5月中旬の平日に宿泊いたしました。大人2名2食付き「お部屋お任せプラン」で41580円(税・サービス料込み)でした。

当日は小田原駅からバスで伺いました。バス停がホテルの目の前なのでアクセスも良かったです。当館は、メインダイニングのある「(本館)オー・ミラドー」フランスのシャトーのような「パヴィヨン・ミラドー」森の中にあるバリ風の「コロニアル・ミラドー」の3つの建物で構成されています。本館でチェックインの手続きを行いました。こじんまりとしたラウンジでウエルカムドリンクのハーブティーをいただき、女性スタッフの方に部屋に案内していただきました。

今回宿泊したのは、一番新しい建物の「コロニアル・ミラドー」1階の217号室でした。本館から、一番離れているので徒歩で5、6分かかります。コロニアル・ミラドーのみ温泉大浴場があります。予約の際、温泉好きであることを告げてありましたので、お任せプランでしたが、こちらの棟のお部屋にしてくださったとのことでした。

コロニアル・ミラドーはバリ島をテーマにしたパビリオンです。館内にはお香が焚かれ、フランスのオーベルジュというより、まさにバリ風の建物でした。クマ笹が生い茂る中庭に面した部屋は、間接照明のみなので、かなり薄暗く、書物をしたりするのには不自由でしたが、その分幻想的でリゾートの気分を味わえました。案内してくださったスタッフの方が庭にイノシシが出るのでご注意くださいと仰っていましたが、イノシシの代わりに可愛い子狸に会えました。

部屋は30平米ほどでツインベットとテーブルセット、ドレッサーがあり、二人で宿泊するには十分な広さがあります。ベッドは程よい硬さで寝心地はよかったです。浴衣やパジャマの備えはありませんので、寝巻きになるようなものをご自身で用意なさることをおススメします。掛け布団はセッティングされておらず、乾燥機がかかっているクローゼットの中にあり、自分たちでセッティングするようになっています。森の中なので湿度がとても高く、除湿のための乾燥機をかけているそうです。また、オーベルジュというコンセプトを大切にしているため、部屋にTVと冷蔵庫、ポットやお茶類はありません。500mlの天然水が2本用意されていましたが、館内に自販機もありませんので、飲料はルームサービスを頼むことになります。コロニアル・ミラドーの客室はバスルームもありません。アメニティも最低限(歯ブラシ、ブラシ、カミソリのみ)で、基礎化粧品は大浴場にも備えがないので、持参なさってください。(レセプションで販売はしています)

大浴場はコロニアル・ミラドーのみにあり、男女の入れ替えはありません。タオル類は脱衣所に用意されていますので、他のパビリオンに宿泊なさっても不自由はないと思います。内湯のみですが、5、6人は入れる大きさで、森林の緑が美しく見える開放感のある浴室です。温泉は循環・消毒ありですが、塩素の匂いや軋みを感じることもなく、よく温まるお湯でした。冷蔵庫もなく飲料が不自由だと思っていましたが、脱衣所に冷水機が置かれていたので、助かりました。

パヴィヨン・ミラドーにクワハウスとしてジャグジーと露天風呂が、本館にプールとサウナがありますが、男女兼用で水着着用での利用となります。どの施設も小さく、経年劣化を感じましたので特に利用したいとは思いませんでした。3棟の裏手は散策路でつながっており、バスローブでの移動が可能となっております。標高が高く5月でも夜は冷えてストーヴを使いましたので、バスローブで移動できる時期は限られると思います。

夕食は、18時から本館のテラスサイドのダイニングでいただきました。テラスサイドは前庭に面した明るいダイニングで、暮れゆく景色を眺めながらゆったり食事ができました。平日でしたのでゲストが少なく、話し声がダイニングに響き渡ってしまうくらいの静けさでした。ドリンクメニューは豊富でオリジナルのシャンパンの用意もありました。メニューがなかったので、お願いしたところ簡単なものがいただけました。基本、メニューはその日に入荷した食材やシェフのインスピレーションで決まるので用意していないとのことでした。また、リピーターの方には同じメニューを出さないようにしているそうです。

全てのお料理が、お皿に絵のように美しく盛られ、繊細な味に感動の連続でした。食材も地物で新鮮で高級なものが使われているのがよくわかりました。アミューズやスープは、後からスープを注ぎ、色の変化を楽しむ工夫がされていて遊び心も感じられる演出に嬉しくなりました。メインの近海魚のマルセイユ風はパリッと皮まで焼き込まれた地物の魚をブイヤベースソースに絡めていただきましたが、見た目が美しいだけでなくソースが絶品でした。お肉は富士金華豚三枚肉のグリルでしたが、とろけるようなお肉に三色のソースが添えられ、その美しさと美味しさに脱帽でした。プチフールはラウンジに移動していただきましたが、コーヒーが飲めない私のためにフレッシュハーブティを用意してくださいました。唯一、残念だと思ったのは、おしぼりがタオルではなく紙製の袋入りのものでした。(朝食はタオルのおしぼりでした)

朝食はコロニアル・ミラドーの2階のダイニングで9時にいただきました。アジアン調の落ち着いたダイニングは本館のフレンチダイニングとはまた違った雰囲気を楽しめました。焼きたての数種類のパンと自家製のジャムがとても美味で、朝から食べ過ぎてしまいました。

とにかく、お食事が素晴らしいの一言に尽きるオーベルジュです。箱根の森の美味しい空気と相まってより美味しくいただけるのかもしれません。勝又シェフのコンセプトをひしひしと感じられますが、客室に冷蔵庫がない、経年劣化している箇所が多いなど、残念ながら、宿泊施設についてはもう少し見直していただきたい点がありました。スタッフの方はお若い方が多いのですが、皆さん上品でプロ意識の高い接客をされ、気持ちよく過ごせました。四季折々変化する森の景色も楽しみなので、季節を変えて是非再訪したいと思いました。ランチ、ディナーだけの利用も可能です。美食家の方はお食事だけのお試しもオススメです。

接客対応

お若い方が多いのですが、きちっと正装され、物腰の柔らかい上品な対応です。

清潔感

敷地が広いので庭などには、清掃が行き届いていない箇所も見受けられました。建物は経年劣化している箇所もありますが、清潔は行き届いていました。

客室

経年劣化している箇所がありましたが、広さもありくつろげる空間でした。クマ笹に囲まれた森の中なので自然を感じられます。

食事

素晴らしいの一言です。お食事だけいただきに、足を運ぶ価値もあると思いました。

コスパ

お料理の満足感がとても高いので、客室の行き届かない点を鑑みてもコスパはかなりいいと思います。

立地

最寄駅からバスで1時間です。ホテルの目の前がバス停ですのでアクセスはいいです。芦ノ湖にも近く観光も楽しめる立地です。

温泉・スパ

本館やパヴィヨン・ミラドーの施設は経年劣化が進んでいますが、コロニアル・ミラドーの大浴場は綺麗で広々しています。

備考・アドバイス

・温泉を楽しみたい方は「コロニアル・ミラドー」に宿泊なさることをオススメします。本館やパヴィヨン・ミラドーから大浴場まで散策路を移動なさるのは時期によっては億劫と感じられると思います。

・本館やパヴィヨン・ミラドーのジャグジーやプールを利用なさりたい方は、水着をお持ちください。

・客室にはバスローブしか備えがないので、寝巻きになるようなものをお持ちになることをオススメします。また基礎化粧品の備えもありませんので、ご自身のものをお持ちになってください。

・パヴィヨン・ミラドーの2階客室からは、芦ノ湖が一望できるそうです。眺望にこだわる方にはオススメです。

・コロニアル・ミラドーにはチャペルがあり、レストランウエディングも行えるようになっています。

・携帯の電波の入りが若干悪いです。フリーwi-fiは各棟のレセプション付近で使えます。

・ブティク(売店)では勝又シェフ愛用の食材などが置いてあります。興味のある方は是非お立ち寄りください。

本館本館本館 ガーデンテラス本館ラウンジ本館ラウンジ本館ラウンジ本館ラウンジウエルカムドリンクコロニアル・ミラドーコロニアル・ミラドー散策路コロニアル・ミラドー散策路コロニアル・ミラドー散策路コロニアル・ミラドー散策路コロニアル・ミラドー 1階入り口コロニアル・ミラドー 1階廊下コロニアル・ミラドー 217号室コロニアル・ミラドー 217号室 前中庭コロニアル・ミラドー 217号室 クローゼットの除湿乾燥機お着き菓子コロニアル・ミラドー 1階コロニアル・ミラドー 1階コロニアル・ミラドー 1階大浴場前コロニアル・ミラドー 1階 大浴場前パヴィヨン・ミラドー 露天風呂パヴィヨン・ミラドー シャグジーと露天風呂用更衣室パヴィヨン・ミラドー シャグジーパヴィヨン・ミラドー シャグジーパヴィヨン・ミラドー シャグジーと露天風呂パヴィヨン・ミラドーから本館へ散策路本館 プール本館サウナ本館のプールサイドの浴室売店売店売店売店売店売店本館からパヴィヨン・ミラドーへの小道パヴィヨン・ミラドーパヴィヨン・ミラドーパヴィヨン・ミラドー大浴場入り口大浴場大浴場大浴場大浴場大浴場本館本館 ダイニング入り口本館 暖炉サイドダイニングディナー セッティングオリジナルシャンパンアミューズ・プーシュ前菜魚介類にスープを注いでいるところスープ近海魚と野菜のマルセイユ風近海魚と野菜のマルセイユ風 手前にブイヤベースソースディナー チーズセレクトデザートプチフールフレッシュハーブティーコロニアル・ミラドー 1階コロニアル・ミラドーコロニアル・ミラドー チャペルコロニアル・ミラドー 2階レストランコロニアル・ミラドー 2階レストラン朝食朝食朝食朝食朝食朝食コロニアル・ミラドー 外玄関コロニアル・ミラドー 外玄関コロニアル・ミラドー レセプションコロニアル・ミラドー 2階コロニアル・ミラドー 2階コロニアル・ミラドーで焚かれているお香

オーベルジュ オー・ミラドー周辺のホテル