ユーザーIDまたはメールアドレス パスワード
パスワードを忘れた場合はこちら
Facebookアカウントでログイン

おくど茶寮 利休庵の口コミ・宿泊記

61位

おくど茶寮 利休庵

〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原817
61位/209件中 - 箱根の旅館
おくど茶寮 利休庵
〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原817
TEL: 0460-85-8282
宿らん調査員を大募集
10万円 現金ゲット!

口コミ

この口コミは宿らん調査員が投稿しました。 宿らん調査員とは?
2.5 に投稿 獲得票数:10 投稿者: 温泉猫
2017年6月頃に一人で滞在 この口コミに投票する
白濁湯の貸切露天風呂でプライベートな入浴を満喫できる宿

箱根仙石原にある1948年創業の宿で、2008年に改装してリニューアルオープンしました。送迎は行っていない為、路線バスで向かいました。最寄りのバス停「台ケ岳」からは徒歩3分程です。玄関に入るとスタッフが笑顔で迎えて下さり、利休の間という小さなラウンジのような部屋に案内されて、抹茶と水羊羹をいただきながらチェックイン手続きを行いました。

お部屋は露天風呂付客室4室、風呂なしの和室4室の全8室です。露天風呂付客室は1階、和室は2階にあります。エレベーターは無く、2階へは階段の上り下りが必要です。和室に宿泊して、1名1室約24,000円(平日料金、夕朝食付)でした。

宿泊したお部屋は2間続きの和室で10畳の広さです。主室と寝室が半分ずつで1間あたりは5畳しかなくやや圧迫感がありました。寝室には最初から布団が2組敷いてあります。宿の周囲には建物があり、窓からの景色は望めず、障子を閉めたままなので日中でも薄暗く感じました。2008年に改装しているとのことでしたが、お部屋はおそらく昔のまま改装していないようで、煙草のにおいと古い建物特有のにおいが気になりました。お香を焚いた形跡がありましたが、お香のにおいで誤魔化すのではなく空気清浄機を置くなど根本的な消臭対応をしていただきたいと思いました。お花が生けてありましたが、萎れていて何日も前から手入れがされていないのが一目瞭然でした。萎れた花に気づかないくらいなので、日々の清掃や点検も杜撰なのではないかと思えて非常に不快でした。

館内着は浴衣で、お部屋に備え付けの浴衣1枚とチェックインの際に選ぶ色浴衣1枚の計2枚あります。バスタオルは2枚でしたが、羽織や浴衣の帯、足袋、浴用タオルが入ったビニール袋などは男女2人分セットされていましたので、バスタオルも2人分で2枚用意されていたのかもしれません。基礎化粧品はお部屋も大浴場もクレンジングミルクとオールインワンジェルのみでしたので、こだわりのある方はご自身がお使いの物を持参なさった方が宜しいかもしれません。

利休の間では抹茶や麦茶、ハーブティーのティーバッグが用意されていて自由にいただくことができます。朝はコーヒーのサービスもありました。玄関のすぐ横には宿の名前にもなっている「おくどさん(かまど)」があり、おくどさんで炊いたご飯が自慢とスタッフから説明がありましたので、美味しいご飯を楽しみにしていました。玄関付近や利休の間は多少改装しているようですが、お部屋(2階和室)やお風呂は古く、改装していないようでした。

お風呂は大浴場と貸切露天風呂があります。タオルはお部屋から持参しますが、基礎化粧品やアメニティは脱衣所に用意がありました。大浴場は男湯と女湯の入替はありませんでした。浴室も脱衣所も老朽化していて古さが目立ち、メンテナンスが必要に感じました。内風呂と外に露天風呂らしき石の浴槽がありましたが、外の浴槽にはお湯が張られておらず、内風呂しか利用できませんでした。内風呂に蟻や小さな虫の死骸が数匹浮かんでいました。露天風呂に虫がいるのは仕方がないと思いますが、内風呂で虫の死骸が複数浮いているのはあまり気持ちがいいものではありません。大涌谷温泉の掛け流しで白濁したいいお湯でしたが、温度調整がされておらず毎回自分で水を足して温度を調整しなければならないのが面倒でした。宿には浴室の清掃やお湯の温度管理をもっと頑張っていただきたいと思いました。

貸切露天風呂は2か所あり、お風呂の前にある予約表に部屋番号を記入して予約します。1回40分で、スタッフから空きがあれば何度でも利用できると説明がありましたが、満室のときは2回以上の利用は難しいかもしれません。貸切露天風呂「香林」は浴槽が小さめで2人だと窮屈かもしれません。貸切露天風呂「なよ竹」は2人でもゆったりと入れる大きさで個人的にはなよ竹の方が広さもお風呂の雰囲気も良いように思いました。ただ、どちらも木の浴槽なのですが、浴槽がかなり傷んでいて清潔感に欠け、メンテナンスが必要に思いました。また、なよ竹の入り口は引き戸で鍵が付いておらず、1人で利用するのは不安に感じました。

夕食は部屋食です。お肉を一切使わない料理でヘルシー志向の方向きの内容に感じました。メインの鍋物はゼンマイや高野豆腐など地味な具材に甘みの強いスープで口に合いませんでした。印象に残るような料理も無く夕食は宿泊料金に見合うものではありませんでした。沢山召し上がる方やメインをしっかりいただきたい方は、別注の肉料理を注文された方が宜しいと思います。朝食は1階の広間で他のお客さんと一緒でした。品数はそれなりにありますが、温かい料理は豆腐とお味噌汁だけで他は作り置きの料理ばかりでした。朝食は一番早い時間にしたのですが、ご飯が炊き立てではなく美味しくありませんでした。宿自慢のおくどさんで炊いたご飯を楽しみにしていたのでとてもがっかりしました。「おくど茶寮」を名乗るのであれば、ご飯には特にこだわっていただきたいものです。

接客は皆さん笑顔で感じの良い対応でした。特に夕食を担当したスタッフは、毎回料理を運んでくるときに話題を振って下さり、楽しく会話ができました。

建物の老朽化と食事が満足のいく内容ではなく、少々残念な滞在になってしまいました。ですが、源泉掛け流しのにごり湯があり、貸切風呂も無料で利用できますので、建物の古さを気にされない方で温泉重視の方でしたら楽しめる宿だと思います。

接客対応

皆さん物腰柔らかく、笑顔であいさつして下さいました。接客の合間に話題を振って下さり会話も弾み楽しく滞在できました。

清潔感

お部屋も館内も老朽化が目立っていてメンテナンスが必要と感じる場所がいくつもありました。

客室

窓からの眺望が無くやや圧迫感を感じました。お部屋全体の老朽化や萎れた花を放置していたりと清潔感に欠けていて居心地悪く感じました。

食事

お肉を一切使わないことにこだわった夕食でしたが、メインの鍋物が口に合わず、印象に残るような品も無く料金相応の内容ではありませんでした。

コスパ

老朽化が目立つメンテナンス不足の館内、食事の内容は満足とは言えず割高に感じました。

立地

周囲に建物があり、お部屋やお風呂からの眺望は楽しめませんでした。送迎は無く、公共交通機関を利用の方は路線バスかタクシーで宿に向かうことになります。

温泉・スパ

源泉掛け流しの白濁湯ですが、温度管理がされておらず自分で温度調整しなければなりませんでした。浴槽の傷みや内風呂に虫の死骸があったりと清潔感に欠けていました。

備考・アドバイス

Wi-Fi設備はありますが、接続は不安定でした。

最寄りのバス停「台ヶ岳」の前にはコンビニがあります。

玄関調理場の「おくどさん」利休の間(ラウンジスペース)抹茶と水羊羹利休の間のフリードリンク麦茶抹茶、ハーブティ―朝のみ利休の間でコーヒーサービスがあります。お土産、観光パンフレット、色浴衣左:大浴場、正面:貸切露天「香林」、右:貸切露天「なよ竹」大浴場 脱衣所大浴場 脱衣所大浴場 アメニティ大浴場 ヘアブラシ大浴場 ドライヤー大浴場 足つぼマッサージ機大浴場 竹踏み大浴場大浴場 洗い場大浴場 バスアメニティ大浴場貸切露天風呂「香林」 脱衣所貸切露天風呂「香林」 洗い場貸切露天風呂「香林」貸切露天風呂「香林」貸切露天風呂「なよ竹」 脱衣所貸切露天風呂「なよ竹」 洗い場貸切露天風呂「なよ竹」貸切露天風呂「なよ竹」和室(10帖)和室(10帖)和室(10帖)左の戸:玄関、右の戸:洗面所&トイレ和室(10帖)和室(10帖)お茶菓子と昆布茶テレビ、DVDプレーヤー、電話冷水ポット電気ケトルお茶セットタオルハンガー寄木細工のティッシュボックス寄木細工のゴミ箱和室(10帖)和室(10帖)和室(10帖)和室(10帖)和室(10帖)和室(10帖)お部屋からの眺めクローゼット浴衣やタオルなど羽織、浴衣、足袋、バスタオル、浴用タオル、ビニール袋金庫萎れた花常備灯洗面所洗面台クレンジング、オールインワンジェル綿棒、コットンアメニティドライヤー冷蔵庫(飲み物は有料)冷蔵庫の飲み物の明細トイレ先付豆乳豆腐先付利休膳お造りお凌ぎ(野菜の寿司)豆乳茶碗蒸し鍋物鍋物(卵とじ)御食事うすい豌豆御飯けんちん汁ちりめんじゃこ香物水物朝食会場の広間朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食朝食

おくど茶寮 利休庵周辺の旅館